1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
コロッケテイクアウト店での販売
on 2021/01/21 1,722 views

メディアにも多数出演!コロッケのテイクアウト店、販売スタッフ募集!

合同食品株式会社

合同食品株式会社のメンバー もっと見る

  • 創業37年のコロッケ専門メーカーを経営しております。小さなお子様にも安心してお召し上がりいただける、美味しくて人を健康に、そして地球を健康にする食品づくり、つまり食の本質を追求しながら、食を通じて社員、より多くの皆様の健康、癒し、感動、幸福を提供できる会社にますます成長していきたい!と考えています。

    プライベートでは、妻と娘2人の4人家族。趣味は読書。他にカメラ、ピアノ、茶道、華道を少し嗜んでいます(^^)

    お腹にはいつもコロッケが入っています(^。^)/

    2023年までには、しっかり人を導いていける、周りの人の人生をもっともっと明るくできる人間に成長したいと思っています。

  • 伊藤 郁
    工場長

  • 濵口 洋平

  • 黒木 徹

なにをやっているのか

  • 国産・無添加こだわり自社コロッケ
  • 川下の事業:magoコロっ販売店にて直接お客様に販売小さなお子様にも安心してお召し上がりいただけるよう、とことんこだわった素材のコロッケを、とことんこだわった揚げ油(国産菜種100%使用圧搾一番搾りの油)で揚げています。

弊社にご興味をお持ちいただきありがとうございます!
最初は会社見学など会社の雰囲気を知っていただくご案内をしております。
各職種、求人記事を出していますが気軽にご応募いただければと思います。
中途採用につきましては、内定まで2週間!皆様からのご応募お待ちしております!
*-------------------------------------

コロッケ専門食品メーカーとして約36年、食材へのこだわりや小ロットで自社商品としてコロッケを扱いたい地方自治体や企業の要望を徹底的にこだわることで食品の中でも”小ロットオリジナルコロッケ”という分野では「ご当地コロッケの聖地」と言われるぐらいのメーカーにはなりました。コロッケの可能性を追求し続け、代表の和田自ら「コロッケはどんな食材の可能性も引き出すことのできる食の小宇宙」と称するほど可能性に満ちた商品であると惚れ込んでいます。
コロッケという「一点突破の経営スタイル」から「川上から川下までの食の安心一貫システム」を構築。さらには人を幸せにする食及びその他さまざまな事業への全方位展開を行っていきます。まずは自然栽培、オーガニックにこだわり自社農園運営や全国の志のある農家さんと提携し、老若男女に安心安全な食べ物として愛され続けたいという想いをもっています。今後は全国に提携農場、自社農園をさらに広げ、2025年までに自然栽培や有機栽培の食材割合を40%以上にまで引き上げる算段です。

また、長年スーパーマーケットを中心とした流通に自社名ではなくOEMとして卸売をメインに行ってきましたが、こだわってきたコロッケを知り尽くしている会社として①直販を強化、②高品質スーパー、③OEM・ODM(コロッケのデザインから販売まで)、を3つの柱としていくことを決定しプロジェクトも動き出しています。直販事業では2029年までに直営店舗10店舗、FC店舗100店舗、合わせて110店舗を運営するグループになることを目標にしています。

現在の事業展開(2020年6月現在)

▶️OEM
 大手鶏肉加工メーカー、大手お豆腐メーカー、スーパー、レストラン、居酒屋、サービスエリア、道の駅など
▶️ご当地コロッケ
 44都道府県製造実績あり
▶️スーパーマーケット、通販会社へ自社商品の卸
▶️学校給食
▶️直営店 1店舗 「magoコロっ」
▶️ネットショップ楽天「玄華屋」「magoコロっ」

【新しいことに挑戦するフードビジネスの会社】

ー2090年までに実現する長期ビジョンマップー (一部抜粋)

2020–2029年 川上から川下までの食の安心一貫システムの構築
2030–2034年  食以外の、人を幸福にするたくさんの横軸を展開
2035年–     食と幸福のテーマパーク設立

◯先見性のありすぎた地域とのコミュニケーション型レストランの失敗。そして再チャレンジへ。

「地域の方に喜んでいただける食起点のプラットフォーム」をテーマに代表の和田が2007年のときにオーガニックレストラン「四里四方」オープン。しかし、力及ばず5年後の2012年に閉店した。
現在では蔦屋書店やその他業態でも多くの企業がモノからコトへと消費者の購買行動の変化に合わせた店舗としてオープンしていますが、四里四方はまさに先駆けともいえるコンセプトショップでした。コンセプト自体は今でも時代を先取りしていたと自負していますが、立地選定、社内の役割やコミュニケーションの部分の整備が追いつかず継続できなかったというのが閉店に至った背景です。

和田は「コロッケには無限大の可能性がある!ただもう少し食の幅を広げて地域の方に喜んでいただける場所を作りたい」という想いで「四里四方」をオープンしました。店名の由来は「自分の身の回りのものが健康に繋がる」、由来の通り目的を実現するべくさなお子様からお年寄りの方まで本当にリラックスして楽しんでいただける場所を作りました。コロッケだけではなく各地方のいい食材が集まり美味しい料理の提供はもちろんのこと、食材以外も音楽や芸術作品も集まるコンサートやアトリエとして情報を発信していける場所にしていきたいと思っていました。

未だにたくさんのお客様から「早く再開してほしい」というお声をいただいており、必ず地域に愛される地域のための場所として以降でチャレンジし続けたことで得たノウハウも詰め込んだ店舗を改めてオープンしたいと考えております。

2035年には”食と幸福”を掲げたテーマパーク設立を予定。
2090年までの長期ビジョンを掲げています。

2020年4月の工場新設や直営店オープンは全てを実現するための再スタート、新しい仲間も迎えて加速していきたいと思っています。

なぜやるのか

  • 社員一人ひとりが宝。個々人の創造性が発揮できる組織を目指す
  • 食を通して美味しさ、健康そして笑顔と幸せを提供

コロッケ(食)を通じて、たくさんのお客様に「美味しい!」という満面の笑顔がこぼれるような幸せと、身体を作る食を通じて健康を、さらには癒し、感動を提供したいからです。

単身世帯や共働き世帯の増加に伴い「個食」のニーズも増している昨今。
手軽に食べられる冷凍食品の売上は食品業界でも右肩上がりが続いています。
さらにコロッケはその冷凍食品の中でも長年製造ランキングNo.1、スーパーの惣菜コーナーでもNo.1の地位を築いています。

「人」に「良」と書いて食。人の体を作るものはまさに「食」
どんな時も、たくさんの人に体にいいものを食べていただきたい。
食は美味しさや体の健康だけではなく、癒しや心が温まるような幸せ、感動をも与えてくれます。

そしてコロッケにはもう一つ与えてくれるものがあります。
様々な食材とコラボをし何者にでもなれるコロッケ、それは一人ひとりが他にない個性を持った大切な存在であるということを伝えてくれる、そんな力がコロッケにはあると思っています。

さらにできる限り無添加・自然な素材を使うことによって(川上の農業では農薬・化学肥料を使わない作物)、人の健康に加え地球の健康、地球環境の回復にも繋げていきたいと思っているからです。
食の本質を追求する。
 人を健康に、そして地球を健康に!

・経営をする中で大切にしていること
 食は体を作り、心を作る。小さなお子様にも安心してお召し上がり頂けるよう、できる限り自然な素材を使ったコロッケを世の中に普及することで、人の健康と地球の健康に貢献する。

そのために農業~製造~販売までの一貫した食の安心システムを2029年までの10年間で構築していきます。

 「人」に「良」いと書いて『食』
  食の本質を追求する

食の変遷

食の一次機能  カロリー摂取、生命維持(人類黎明期〜)

二次機能 美味しさ、見た目、食感などの向上(近年)

三次機能 人の身体に良い作用をする(今からここから)

四次機能 地球の健康、持続可能な社会に役立つ(未来、目指すべきターゲット)

沖縄では、食べ物をはじめ、人を幸せにするものを「ぬちぐすい」(命の薬)という。まさに食べ物が命の薬となる食べ物を作ることが、提供者の責任であり、誇りでもある。

食が本来持っている、美味しくて人の健康に役立ち、幸せを広げるという機能を最大限発揮できるコロッケを提供していきたい!

一人ひとりの幸せに繋がる、食とサービスをこれからも提供してまいります!

・具体的な実践事例
 食の安心一貫システム

●川上 自然栽培・オーガニックの自社農場〜 豊岡市、丹波春日でのじゃがいもオーガニック栽培
    能勢、八ヶ岳、滋賀、埼玉、栃木、MOA、箕面の自然・有機・特別栽培農家と提携

●川中 ハイレベルの製造工場〜 2020年5月移転完了
   衛生管理、急速冷凍などの最新設備の中で、素材は無添加、かつ国産の高品質なものを使用したコロッケ・ミンチカツを製造する

●川下 圧搾安心油などで調理する販売店 2020年4月1日magoコロっ オープン

この食の安心一貫システムを構築していき、「本当の意味での食の安心安全」を広げていく先導者として影響力を拡張していく。

どうやっているのか

  • 川上の事業:自社農園全国の有機・自然栽培の農家からじゃがいもをいただいていますが、自ら栽培に取組むことによってその難しさを実感しながらノウハウを蓄積し、今後の安定供給に向けての土台作りをしています。
  • 川中の事業:製造工場2020年5月に移転した新工場にて、より衛生的で、スタッフがより働きやすく、ご来社のお客様もしっかりおもてなしが出来る工場です。急速冷凍機で鮮度も高い、無添加安心コロッケをこれからさらに日本、世界に発信します。

〇他社にない極小ロットでオリジナルコロッケの製造受注!
小ロットで作ってほしい、また手間が掛かる商品を作ってほしいということで、色々なメーカーにお願いしたがすべて断られ、最終的に当社にたどり着いた。というお話しはよく聞きます。まさに我が社は業界で「コロッケの駆け込み寺」のような存在。
ご依頼に基づき、試作を繰り返し、ご納得のいく製品までこぎつけるというのは弊社の専門メーカーとしての自負でもあり、プライドでもある(中にはとん挫するものもあります)。こまめで迅速な対応はご評価いただくことが多いです。

〇国産、無添加など素材にこだわりあり!冷めても美味しいコロッケ作りを追求
じゃがいもは全国の自然栽培・有機栽培・特別栽培のものを厳選して使っています。パン粉も無添加で焼いた特注品、塩は自然海塩、砂糖は粗糖などできるかぎり美味しくて安心なものを使用しています。
自社農園も2019年より運営スタート!
また2020年4月に工場新設。より衛生的でスタッフが働きやすい職場を実現。また瞬間凍結システムを導入することで、鮮度そのままで揚げたての美味しさをお客様にお届けしております。

〇直営店、ネットショップで一人ひとりのお客様にコロッケをお届け
直営店「magoコロっ」2020年4月1日オープン。おかげ様でたくさんのお客様にご来店いただいており、大繁盛!直営店、ネットショップでは自社商品の特徴「無添加」をウリに小さいお子様からご高齢の方までたくさんのお客さまに安心して食べていただけるコロッケをご提供しております。

こんなことやります

【2020年4月1日移転リニューアルオープンのテイクアウトコロッケ店】
お客様に注文をお伺いして、コロッケを揚げてお渡ししていただくお仕事です。(調理・販売)

◆36年続くコロッケ専門メーカー
◆全国のご当地コロッケを手掛け全国ネットのテレビにも多数出演
◆お子様にも安心の無添加コロッケをまごころ込めて販売!

常時1~2名で店舗運営しています!
現在店舗で働いている仲間は学生さん、ミュージシャンを目指すフリーランスの方、40代半ばの社員です。
1日4h~OK!

営業時間11:00~(火定休日)

会社の注目のストーリー

magoコロっ一周年!
米澤製油さん訪問
ノアール
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
合同食品株式会社
  • 1983/08 に設立
  • 25人のメンバー
  • 大阪府豊中市中桜塚2-27-8-102
  • メディアにも多数出演!コロッケのテイクアウト店、販売スタッフ募集!
    合同食品株式会社