1
/
5
中途採用
PAコンサル 兼 人材事業開発
8
エントリー
on 2021/01/15 1,086 views

公共と民間を繋いで社会課題解決を目指す、人材事業開発 兼PAコンサルタント

マカイラ株式会社

マカイラ株式会社のメンバー もっと見る

  • 金融・決済、ICT、医療・ヘルスケア、モノづくり、個人情報、スタートアップ・中小企業経営、非営利セクターなど幅広い領域の知見を活かして、戦略的見地からコンサルティングを行う。
    日本銀行でエコノミスト、金融市場・決済システム関連を経験、様々な業界に精通。その後、中小工具メーカーに転じて企業再生を主導、楽天でグループ経営企画やネットメディア系の新事業開発などを経て、医療×ITのスタートップ企業Welbyに参画。製薬企業とのアライアンス事業、医療機関向け事業の担当役員としてがん・糖尿病・希少疾患などの患者さん向けサービスを立ち上げるなど同社のIPOに貢献。この間、プロボノとしてNPO向けの寄付...

  • 公共セクター(国土交通省、内閣府、国際連合UN-HABITAT)での12年の勤務と国内IT企業(楽天、メルカリ)での8年の勤務経験を持つ。国土交通省では地域振興や航空政策等、内閣府では防災政策、また、国連では各国で深刻化する都市問題に対応するための調査分析を担当。楽天では法務課長、メルカリでは法務・政策企画マネージャーとして、IT分野における各種法律を運用。官民の両セクターの経験から、両者の協働による発展的な政策立案の必要性を実感し、その推進のためマカイラ株式会社に参画。

  • 経済産業省で8年間勤務した後、教育ベンチャー企業を経て、現在は、政策提言、自治体連携、世論喚起などの公共政策(パブリックアフェアーズ)活動を専門にしています。また、官民両方の立場からパブリックに関わる人を増やすべく、人材紹介・それにかかわる情報発信も行っています。

  • パーソルキャリア(株)(旧・インテリジェンス)にてIT・インターネット企業の中途採用支援、転職サイトDODAのマーケティング企画及びマネジメントに従事した後、NPO法人クロスフィールズにて広報・マーケティング・新規事業開発に取り組む。この間、ソーシャルセクターとビジネスパーソンをマッチングするDODAソーシャルキャリアフォーラム、国家公務員とNPOを副業先としてマッチングするイベントを立ち上げるするなど、セクターを跨いだ人材流動の取り組みを進める。
    マカイラでは、人材業界での知見とクロスセクターでのマッチング経験を活かし、国家公務員とパブリックアフェアーズに取り組む企業を繋ぐ人材紹介事業...

なにをやっているのか

  • 非市場戦略:外部環境を整えることを構想

■マカイラは「社会変革組織のための公共戦略パートナー」。

パブリックアフェアーズ(PA)コンサルティングを通じて、イノベーションの社会実装を目指す企業やNPOなどの民間組織が、そのミッション実現のための環境(法制度・業界ルール、社会からの好感・支持)を整えることを、一緒に構想し、実現に向けて活動します。

FinTech、HealthTech、Mobility as a Service・・・・こうした新しいサービスを社会実装するためには、法制度などのルールを整える必要があるケースが少なくありません。教育格差、貧困問題、地方創生・・・。こうした社会課題解決のための活動を促進する環境を整えるためにも、法整備や行政との連携が必要になるケースは多々あります。

かつて、企業やNPOなどにとって、法制度などの外部環境は、いわば変えることのできない”所与の前提条件”でした。しかし、社会もビジネスも変化のスピードが増す近年では、その変化に応じた新しい規制やルールを作っていくことが政治・行政にも求められ、政治・行政自身も最先端のビジネスや社会課題に向き合う企業やNPOの現場の知恵を求めています。つまり、企業やNPOにとって、法制度などの外部環境は、自分たちが目指す理想のために、変える・整えるべき”可変の条件”になっているのです。

マカイラが提供する「パブリック・アフェアーズ(PA)コンサルティング」は、こうした外部環境をどのように変えるかを構想し(非市場戦略の検討・立案)、「3L」と定義する各種の活動の実行までを伴走します。
 RuLe:政策提言とその実現のためのロビイング
 DeaL:政府・自治体、NPO等と企業の連携
 AppeaL:社会の好感・支持を得るためのPR/コミュニケーション

なお、クライアントの企業やNPOが自らのミッションの実現を目指し、結果として「よりよい世の中」に向けた社会変革につながるよう、お引き受けする案件を注意深く選ばせていただいるのもマカイラの特徴です。本当に世の中をよくしようとしている人たち、世論操作などではなく、世論との正直な対話により価値を訴え、社会変革を行う覚悟と勇気のあるクライアントのみと仕事をすることを旨としています。

■人材事業について

様々な社会課題の解決やイノベーションの社会実装のために、企業やNPOが採るべき手段として、政治・行政や社会に働きかけるパブリックアフェアーズへの関心も徐々に高まっています。しかし、「公共と民間を繋ぐ」ことができる人材が、いま、日本で広く活動しているとは言い難いのが実態です。

これまでパブリックアフェアーズコンサルティングの日本における先駆者として実績を積み重ねてきたマカイラは、公共セクターで働く数多の議員、議員秘書、公務員と、民間セクターの企業やNPOの経営者とご一緒に仕事をしてきました。そのなかで、公共セクターで培った力がいかに民間部門の課題を解決するのか、民間セクターの様々な情報やノウハウがいかに公共部門を助けるのか、双方が気づいていないことを痛感させられました。とりわけ、とりわけ、昨今のコロナ禍は、公共と民間を繋いで問題解決を図ることができるプレーヤーがいかに重要で、かつ希少なのか、認識を強くする機会となりました。

そこでマカイラでは、公共部門(政・官)ー民間非営利部門(NPOなど)-民間営利部門(企業)を結び付けて社会変革を促す「トライセクター人材」を増やすことを通じて、さらに社会変革を加速させることを目指し、人材事業を立ち上げました。まずはPA人材に特化した人材紹介サービス「Pubcari」を運営を皮切りに人材関連事業を立ち上げ、官民の人材流動および協業を通じた社会変革がさらに加速することを目指しています。

なぜやるのか

「よりよい世の中」とはどんな社会でしょうか。マカイラが目指すのは、「ホリスティックにアップデートし続ける社会」です。

「ホリスティック」とは、全体の参画によるバランスです。一部の強者だけでなく、マイノリティを含めた多様なプレイヤーの参画。単に経済的に豊かなだけでなく、文化的・社会的・精神的にも豊かで健全な社会を目指します。
「アップデートし続ける社会」は、よりよい世の中を目指して、主体的に改善し続けます。ゴールは「自由・平等・持続可能性」。不遇や抑圧からの「自由」、参加と配分における「平等」、地球・社会・経済の「持続可能性」を目指し、全員参加で前進し続けます。

どうやっているのか

パブリックアフェアーズは、複雑な課題の本質的な問いを見極めた上で、多様なステークホルダー(利害関係者)と向き合い、関係調整をする仕事です。顧客から寄せられる課題は、政策提言のために法律の知見や政治・行政とのネットワークが求められるもの、複雑な課題解決のための高い思考力と調整力が必要なもの、世論を動かすためにPRやマーケティングのスキルが必要なものまでさまざま。
これらを効果的に解決するために、マカイラには、官僚、政治家、政治家秘書、金融、商社、報道、スタートアップ、事業開発、デザイナーといった多様なバックグラウンドのメンバーが集まっています。ステークホルダーも影響範囲も多岐に及ぶ複雑な課題を解決できるのは、こうした多様なメンバーが知恵と強みを出し合っているから。
大切な行動原理の一つとしている「Help others succeed」を実践して、感染症対策で専らリモートワーク中心のメンバーが多い中でもサービス・クオリティを保ちながら成長を続けています。

こんなことやります

■募集職種■ パブリックアフェアーズコンサルタント 兼 人材事業の開発リーダー

■業務内容■
パブリックアフェアーズのコンサルティング業務と、人材事業開発推進を同時に担っていただきます。パブリックアフェアーズ業務と、パブリックアフェアーズに関連する人材事業双方を経験することでのシナジーを期待し、兼務としています。

(1)PAコンサルタント
・クライアント企業・団体に対する公共政策戦略のコンサルティング
 (関連する政策課題分析、ステークホルダー分析を含む)
・政策課題の解決方策の検討、立案
・政治、行政、業界、大学など関係ステークホルダーとの関係構築、交渉、議論等
 (国レベルだけでなく、地方自治体レベルも含む)
・シンポジウムや勉強会等の企画、運営
・関係する政策分野の情報収集、分析、将来予測
・潜在的なクライアント企業へのプロジェクト提案、契約交渉
・プロジェクトの管理、チームメンバーのマネジメント
・その他、当社でやってみたいプロジェクトや業務は応相談

(2)新規事業-人材事業「Pubcari」の事業開発・推進
・事業ミッション(日本のトライセクター人材の厚み・流動化)を踏まえた戦略構築
・事業戦略を実現するためのKPI設計と事業運営
・トライセクター人材予備軍に向けた啓発/マーケティング活動
 (イベント・シンポジウム企画、調査・分析・寄稿など)
・キャリアコンサルタント業務 (求職者向けのカウンセリング、求人企業とのマッチングなど)
※まずは人材紹介事業「Pubcari」をメインでリードしていただきますが、人材紹介事業を強化するか、別事業も含めて展開を考えるかはご自身のアイデアと行動次第。一緒にビジョン実現に向けたあるべき事業戦略を考えていける方を募集します。

■求める人物像■
■必須:
以下いずれかのご経験をお持ちの方
・公共政策・パブリックアフェアーズ関連業務
・官公庁での勤務
・人材紹介事業関連業務(法人営業・キャリアコンサルティング・事業開発いずれも歓迎)
・人材系事業、人事・採用業務
・新規事業開発・推進
※社内に人材紹介事業経験者、パブリックアフェアーズ業務経験者がいるので、経験・希望を考慮の上、知見を活かし合えるチームを組成します。

■求めるマインド:以下の3つの資質をお持ちの方
①Social Good志向:「より良い世の中」に向けた社会変革に関わる仕事をしたい、との意欲(※あなたの価値観・社会観をぜひお聞かせください!どんな世の中にしたいか、好きか、ぜひ語り合いましょう。)
②チームマネージャー/チームプレーヤー志向:多様なバックグラウンドのメンバーの互いの思いやり・助け合いを大切にし、一人ではなくチームの力で物事を進めることにやりがいを感じる人
③プロフェッショナル:
・常に高い理想を掲げて、クライアントの成功とマカイラのミッションを両立することにコミットできる人
・イノベーション領域、公共領域への関心、情報感度が高く、学習能力が高い人
・決まったソリューションやフォーマットが通用しない時、一から考え、それを実行しぬく熱意と能力のある人

■歓迎①:3つの活動(3L)ごとに歓迎するスキルとご経験をまとめました。
【Rule】政策・社会課題への関心と高い学習能力・構想力
 行政・非営利セクターや、コンサルティング、経営企画、リサーチなどのご経験・スキル
【Deal】様々なステイクホルダーとの交渉・調整能力
 法人営業、自治体営業、渉外、アライアンス・事業開発、などのご経験・スキル
【Appeal】社会にメッセージを訴え、支持を得る能力
 広報、マーケティング、クリエイター/デザイナーなどのご経験・スキル

■歓迎②:
・英語での会議に一人で参加し、ビジネスの交渉を英語で出来る英語力

会社の注目のストーリー

【PAJP記事】後編:公共戦略のWhy・What・How 企業が市民セクターに期待すること【講演レポート】
【PAJP記事】前編:公共戦略のWhy・What・How 企業が市民セクターに期待すること【講演レポート】
【PAJP記事】【PAサミット2020】パブリックアフェアーズ×PR/世論喚起による効果最大化——Session5【全文DL】
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
マカイラ株式会社
  • 2014/06 に設立
  • 1人のメンバー
  • 東京都千代田区隼町3-19 清水ビル5A
  • 公共と民間を繋いで社会課題解決を目指す、人材事業開発 兼PAコンサルタント
    マカイラ株式会社