1
/
5
事業開発/事業推進
中途
13
エントリー
on 2020/12/24 905 views

D2C化に伴いデータドリブンで独自拠点の立ち上げからオペレーション構築

株式会社Crunch Style

株式会社Crunch Styleのメンバー もっと見る

  • 株式会社Crunch Styleの代表です。
    26歳のときに起業し、今5期目です。

    毎日にちょっとした感動を
    をミッションにワンコインから毎週ポストにお花を届けるサブスクリプションサービス
    Bloomee LIFEを運営しています。

    様々な職種でメンバーを募集しています。
    みなさんにもかかわるような世の中の人の生活を少しよくするようななくてはならないサービスを一緒に創っていきましょう!

  • Rettyなど複数のスタートアップを経て、ドリコム新規事業部でCtoCサービス立ち上げを経験。その後、独立し自ECサイトを運営し、譲渡。
    Bloomee LIFEの新しいユーザー体験に惹かれマーケティング、UX設計などサービス全体のグロースを統括。


    経歴
    Retty→ドリコム新規事業部→独立してEC→譲渡して、今は花屋。

    主な領域
    サブスク/ブランディング/PR/マーケティング/CRM

  • 新卒で入社してから約7年、花の卸売会社
    その後、現在株式会社CrunchStyleで仕入れまわりを担当しております。

    簡単な経歴は
    ・日本大学 生物資源科学部 植物資源科学科
    (現:生命農科学科)
    花の科学研究室でファレノプシスの研究
    卒業後
    ・花の卸売会社に入社
    品質に関わる部門にて、花の日持ち試験等を担当(Facebookを活用した花についての役立つ情報発信)

    ・花の売れる仕組みの構築に関わり、花業界を盛り上げていきたい

    より考える力を身につけるため、
    グロービス にて、クリティカルシンキング を受講
    以下を目標とし3ヶ月間奮闘し、業務に生かせるように、コツコツと学んだことを実...

  • 株式会社Crunch Styleにて、お花のサブスクリプションサービス「Bloomee LIFE」に携わっています。主な役割は、事業開発促進、0→1の事業スキーム構築、コスト改善、オペレーション改善、アライアンス構築、コーポレートガバナンス構築、PB商品開発等々です。

    【過去略歴】
    株式会社Crunch Style⇐アグリホールディングス株式会社⇐アマゾンジャパン合同会社⇐メタウォーター株式会社

    新卒でメタウォーター株式会社に入社。入社後から約6 年半、合流改善事業向け設備である高速ろ過設備の設計から立上までのEPCC事業一連の業務を担当し、主幹エンジニア兼プロジェクトマネージャーと...

なにをやっているのか

◇毎日にちょっとした感動を
私たちは日常生活にちょっとした感動を与えるような、ライフスタイルに絡んだプロダクトを展開していくことを目指しています。

現在、日本最大級の花のサブスクリプションサービス「bloomee(ブルーミー)」を運営しています。全国のお花屋さんから定期的に季節の花がポストに届くという斬新かつ新しいサービスは大きな話題となり、複数のテレビ番組や日経などの全国紙、数々のメディアでも取り上げられるようになりました。現在ユーザーさんは7万人を超えており、花屋さんとの提携は200店舗以上です。

そして今後の構想として『花3.0』という構想を掲げています。
具体的には、マーケテイング4Pの中のうち、主に3つのプロダクト・プレイス・プロモーションを再定義することによって、新たな体験を創り、市場を創造しようと進めています。「bloomee(ブルーミー)」の現在のユーザーの8割が、これまでに花を買っていなかった人たちです。それは、私たちが「新たな市場を作っている」という自負にもつながっています。

『花3.0』構想を成し遂げるために、2020年3月には法人向けのお花の定期便サービスとして「bloomee biz(ブルーミービズ)」が立ち上がり、また、花を取り扱う実店舗も都内にオープンさせました。これまでも進めてきましたが、グローバルブランドとのコラボレーションを通じたキャンペーン企画の立ち上げなど、チャレンジは加速しています。『花の定期便といえばbloomee(ブルーミー)』という第一想起を僕らがとり、そして圧倒的なスピードで事業を成長させることで、他が追いつけない状態をつくりだしています。

今まで、新たな市場を自分たちの手で創り上げてきました。そして、今では『花』という市場全体を視野に入れ、企画を開始しています。さらには、2023年のIPOも視野に入れています。『花3.0』という我々が目指す変革の下地はできたため、ここからは「花」の業界ナンバーワンを確立していくための第2章が始まります!

なぜやるのか

  • 代表取締役 CEO 武井
  • オフィス

花の業界は市場規模が1兆円ほどと言われています。お花屋さんの数は全国に2万5000店ほどありますが、そのほとんどが個人店です。IT化も非常に遅れています。テクノロジーの力を使って店舗ビジネスとうまく組み合わせることができれば、もっとその魅力を伝えられます。

そもそも花業界の課題は、花を買うという行為が習慣化されていない部分にあります。これは創業理由の一つにもなりますが、花を買って誰かにプレゼントすることや、花を自宅用に買うということが、多くの人にとって身近なことではなかったのです。
業界が何もしてこなかったわけではありません。駅近にお店を出すチェーンが増えたことで、花を買いやすくなったのは事実です。しかし、「そこで止まってしまっている」のが花業界です。
お花を贈る、自宅用に買う習慣がない中で、そこを攻めてもニーズとしては弱い。だからこそ、私たちは新たな市場として、花のサブスクリプション事業をはじめました。

その業界課題に挑んでいくのが私たちであり、上記の『花3.0』構想です。
私たちのようなスタートアップが、今までに作ってきた市場をさらに拡大していくだけでなく、より新しいものに上書きしていく。前人未到の取り組みをしていくことが業界全体の拡大に繋がると信じています。

目まぐるしい変化の中で、たくさんのオポチュニティが生まれ、そして、会社としての意思決定に携わって行くことは、各々の自己成長にもつながっていくことだと確信しています。

どうやっているのか

  • メンバー

お花という商材は一般的に第一印象が良いものですが、単に花が近くにあればいいわけでもなく、ただ毎週届けばいいわけでもない。習慣として根付かせるというのは思ったより難しく、新たな市場を作るというのは簡単なことではないと実感しています。

より正確に、よりスピード感をもって事業を成長させるため、組織全体で数字やロジカルさを重視しています。新規ユーザー数や解約率・再送率など、事業状況や施策状況を可能な限り全て数字でモニタリングし、解像度を上げることを徹底しています。
また、これまで2年以上、毎月ユーザーさんの家に足を運び、対面でヒアリングを行なってきました。どういう家に住んでいて、どう飾ってくれているのか、サービスを利用していただいた際のきっかけはなんだったのか、僕らのサービスがどのように生活に影響を与えているのか。定性的なユーザーの声を聴き、『ユーザー目線』でサービスをつくることを何より大切にしています。仮設の質と検証できる数が圧倒的に他と違う自信があります。

プロダクトの面でも、ユーザー体験の細部に徹底してこだわっています。お花が届き、開けた瞬間。普段は自分が選ばないようなお花、先週とは違うバリエーション豊かなお花が届く。そういった楽しみは、全国のお花屋さんとの結びつきを創業以来大切にしてきてからこそできる強みであり、ユーザーに強く支持されています。また、ポストに入れるための箱の仕様についても、3ヶ月に一度は改善し、箱を開けるその瞬間までこだわっています。

社員数は約25名。一緒に働くメンバーは、エブリー、サイバーエージェント、アクセンチュア、Retty、リッチメディア、リクルートなど、少人数ながら事業を勝たせるために必要なマインド、能力を持っているメンバーが揃ってきています。3ヶ月に1回の合宿や、懇親会を実施し、文化の醸成や浸透に向けた取り組みも行っています。急成長中のスタートアップで、事業・組織、どちらの成長も感じられるフェーズです。

こんなことやります

【募集ポジションの概要と詳細/役割】
Business Growth Div.では事業成長に関する全てのことに携わりますが、現在は特に、お花のサブスクサービス「bloomee」の利益改善や、事業スケール時のオペレーショナル・エクセレンス実現に注力しています。
花のサブスクリプションサービスに関わる重要生産拠点(フラワーファクトリー)の計画立案・立ち上げ・オペレーション改善・P/L分析及び管理・人事制度設計、海外の産地を巻き込んだ花のサプライチェーンに関する新しい仕組み構築、毎週寄せられるユーザーからのお声を元に分析・サービス改善、既存の資材にとらわれない資材の開発・実験・変更など、事業全般における業務改善・コスト改善など、挑戦できる業務範囲は多岐にわたります。

【職務詳細】
具体的に、下記業務をお任せします。
・全国で造花する定期便ユーザーの需要予測及びそれに対応する生産拠点(フラワーファクトリー)の立ち上げ計画立案
・生産拠点(フラワーファクトリー)の立ち上げに伴うキャパシティ計算、不動産探索、内装工事調整、必要機器資材調達及びそれに伴う各ステークホルダーとの交渉、調整
・生産拠点(フラワーファクトリー)の人員採用計画、人員配置計画、人事制度設計、時間生産性管理
・定期便使用資材の仕様/発注先/コスト/リードタイム等サプライチェーン一切の見直し
・定期便使用花材の仕入基準策定、管理手法策定、産地/卸/仲卸を巻き込んだ新しい仕入スキームの構築
・定期便使用物流のキャリア見直し、タリフ交渉、関連するオペレーション確立
・社内外問わず不透明な業務プロセスの見える化及びその改善
・社内システムを用いた業務自動化による効率化の要件定義とそのプロジェクトマネジメント
・チームメンバーのピープルマネジメント など・・・

レガシー領域のイノベーションに多数のステークホルダーを巻き込んで携わることができます。
CEO直下でスピーディーに前に進める環境です。

【チーム組織体制】
社員3名(GAFA、外資コンサルティングファーム、日本一の花卉卸会社出身者)

【MUSTスキル】
・業務をロジカルに捉えて、高い熱量で取り組んだ経験

【歓迎要件】
・複数のステークホルダーとのプロジェクト/プログラムマネジメント経験
・Excel、SQL などの汎用ツールにてデータ抽出及び分析経験
・原材料や商品の生産管理経験,コスト削減経験,サプライチェーン見直し経験
・1 年以上のピープルマネジメント経験
・花卉の卸会社,仲卸会社,輸入商社等での仕入/流通/品質管理/加工に関する業務経験
・エンジニアリング会社で FS,FEED,EPCC の各フェーズに主体的に携わった業務経験
・スタートアップ企業での新規事業立上/経営企画/PL 管理/業務改善に関する業務経験"

【活躍できる人物像】
・論理性が高い
・課題解決力が高い
・コミュニケーションスキルが高い
・理念への共感
・スタートアップ適性(組織>私と思える目的意識、曖昧なものを整えていくことに喜びを感じるタイプ)
・想像力をベースにしたUX設計能力

会社の注目のストーリー

リアルとITの経験。花業界での起業。サブスクで業界構造変革へ挑む思いとは。~CEO武井の思い~
たった一人の社内エンジニアから見た、CrunchStyleの世界
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社Crunch Style
  • 2014/09 に設立
  • 25人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 〒150-0013  東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー5階
  • D2C化に伴いデータドリブンで独自拠点の立ち上げからオペレーション構築
    株式会社Crunch Style