1
/
5
居場所支援 拠点スタッフ
6
エントリー
on 2020/12/10 787 views

多様な子どもに寄り添い、成長をともにする居場所支援 拠点スタッフ募集!

特定非営利活動法人 Learning for All

特定非営利活動法人 Learning for Allのメンバー もっと見る

  • 1990年、兵庫県生まれ。東京大学卒業、同大学院教育学研究科修了。2014年に特定非営利活動法人Learning for All を設立、同法人代表理事に就任。これまでにのべ8,000人以上の困難を抱えた子どもへの無償の学習支援や居場所支援を行っている。「全国子どもの貧困・教育支援団体協議会」理事。2018年「Forbes JAPAN 30 under 30」に選出。

  • 中央大学総合政策学部卒業。株式会社公文教育研究会にて、教室の立ち上げや運営を行い、3歳から高校生までの子どもたちに数学・算数、英語、国語の指導を行う。2016年3月よりLearning for Allで、子どもの家の拠点マネージャーを務める。
    私が子どもたちに関わり続ける1番の理由は、彼らが困難を抱えているからではなく、子どもたちが教えてくれた「人の人生に深く関わる幸せ」があるからです。子どもたち自身も将来、誰かに対してその幸せを感じられるような社会を作ります。

こんなことやります

小学校低学年の子どもたちが放課後の時間を過ごす居場所拠点で、子どもたちの成長を育み、安心・安全な居場所を作る、居場所拠点のスタッフを募集します!

◉募集の背景
子どもの居場所拠点に通ってくる子どもたちは、家庭環境も様々、学校での学習の進度もまちまちで、個別のきめ細かいかかわりが必要です。
子どもたちは、下校後、最長21時までの長い時間、居場所拠点で過ごします。子どもたちが、のびのびと過ごすための環境づくり、そして将来、自立して生活していくための基礎的な力を身に着けられるような支援を行うことが私たちのミッションです。

子どもの発達の状況や個性を尊重するため、一人ひとりに合わせた支援計画を立て、学習のつまづきを解消するための勉強のサポートや基礎的な生活習慣を身につけるための支援など、多方面でのかかわりを行います。また、家庭の状況に応じて、保護者ともコミュニケーションをとり、心理面のサポートも行いながら、子どもの成長を育んでいきます。

◉仕事内容・基本的な1日の流れ
開室の準備、スタッフミーティングや相談

宿題や遊び(室内・室外)、おやつなど

夕食(子ども、スタッフ全員で食事します)

⻭磨き、読み聞かせ・読書

保護者への子どもの様子の引き継ぎ、帰宅見送り
片付け、ミーティングなど

◉雇用形態
契約職員(1年ごとの更新)

◉応募資格
<必須>
・子どもに接する業務経験1年以上
<歓迎>
・保育士、幼稚園教諭、教員、学童保育指導員、社会福祉士などの経験者は歓迎いたします。

◉求める人物像
・事業の趣旨・理念、Learning for Allのビジョン・ミッションに共感し、そのために自分で考え、責任をもって主体的に行動できる方
・子どもとのコミュニケーションが柔軟に取れる方(子ども観や教育観をもって一律に接するのではなく、ひとりひとりの子どもに合わせて対応できる方)
・チームで働くことがお好きな方。スタッフみんなで試行錯誤していく事にやりがいを感じて頂ける方
・心身ともに健康な方

◉勤務地
東京都葛飾区内(詳細は面談時にお伝えします)

◉勤務時間
12:00〜21:00(休憩1時間を含む)

*少しでもご興味・ご関心をお持ちの方は、「話を聞きに行きたい」ボタンよりご連絡ください!*

会社の注目のストーリー

【職員座談会】LFAの現場を支えるソーシャルワーカーとは?
NPOでキャリアアップは可能なのか?LFAの研修制度・評価制度を知ろう!
そう、「安心で柔軟な働き方」があるから「成長と貢献」ができるんです。LFAでの働き方を知ろう!
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
特定非営利活動法人 Learning for All
  • 2015/04 に設立
  • 50人のメンバー
  • 東京都新宿区新宿5丁目1-1 ローヤルマンションビル404号
  • 多様な子どもに寄り添い、成長をともにする居場所支援 拠点スタッフ募集!
    特定非営利活動法人 Learning for All