1
/
5
経理
中途
13
エントリー
on 2020/12/02 1,172 views

世界へ事業拡大するネット証券や暗号資産交換業の持株会社で経営管理業務

マネックス証券株式会社

マネックス証券株式会社のメンバー もっと見る

  • Inoue Akira
    その他

  • 藤原 大智

  • 小森 太志
    コーポレート・スタッフ

なにをやっているのか

わたしたちマネックスは「一歩先の未来の金融をつくる」をミッションに、最先端の技術を使った金融サービスを通してお客様のニーズにお応えする総合金融機関です。アメリカ、香港、オーストラリアでも事業を展開し、グローバル規模で拡大を続けています。

創業から20周年を迎え、お客様数は190万口座、お預かり資産額は4.5兆円を超えました。新しい時代におけるお金との付き合い方をデザインし、更には新しい時代の金融を再定義し、全ての個人の投資・経済活動をサポートすることを目指します。

■会社概要(サービスページ)
https://info.monex.co.jp/merit/index.html

■関連記事
・「バトンつなぎ100年企業に」MONEXな人々
 https://www.47news.jp/special/monex_interview10
・ネット証券初の女性社長の決意 「松本色」からの転換
 https://www.excite.co.jp/news/article/Jcast_kaisha_359166/
・マネックス証券「業界初の女性&最年少」社長のベンチャー魂は通用するか
 https://diamond.jp/articles/-/246571
・米国株で差別化図る マネックス証券の清明祐子社長に聞く
 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1909/25/news039.html

■展開事業
・コインチェック株式会社(暗号資産事業)https://corporate.coincheck.com/
・マネックスベンチャーズ株式会社(VC事業)http://www.monexventures.com/
・マネックスSP信託(管理型信託業)https://www.monextrust.co.jp/
・マネックス・アセットマネジメント株式会社(資産運用業)https://www.monex-am.co.jp/
・カタリスト投資顧問(投資助言業)https://www.japancatalyst.com/
・TradeStation Group, Inc.(オンライン証券/米国)https://www.tradestation.com/  など

なぜやるのか

■企業理念
「未来の金融を創造する」
"MONEY"のYの一歩先を行く"MONEX"という社名にも込められている通り、常に未来を見つめ、これからの時代にあった「一歩先の未来の金融」を創造し、社会に貢献する企業を目指します。

■「お金の未来」にマネックスが出来ること
これまでマネックス証券らしい視点から、ユニークなサービスや画期的な取組みを多く展開してきました。今後は「証券」という領域にとどまらず、「未来のお金」とうまく付き合えるサービスや「お金の未来」に自ら関わる事業を展開し、「お金」で人々の生活と社会をつなげる役割を担っていきたいと考えています。自社発のサービス・事業から他社協業なども積極的に進め、今まで以上に破壊的創造を繰り返していきます。

どうやっているのか

マネックスは、金融の堅実性とITの合理性、それぞれの文化が交わった社風が特徴です。良い意味で金融らしくないカジュアルで風通しの良い環境のため、年齢や性別・国籍に捉われず誰もが自分らしく活躍できる組織を実現できています。

■ダイバーシティへの取り組み
年齢や国籍などのバックグラウンドが異なる社員が多く在籍しています。職種もマーケター、クリエイター、アナリスト、エンジニア、カスタマーサービスなど様々です。プロジェクト単位で進む案件も少なくないため、部署や職種の垣根を超えて協働する機会がとても多いです。そのため社内のコミュニケーションはフラットでオープンな環境となっています。

■志向に合わせたキャリアステップ
全員がリーダーを目指すという一律したキャリアは存在しません。自分の志向に合わせて、「ジェネラル(管理職)」「プロフェッショナル(専門職)」といったように、キャリアコースを選択することが可能です。

■成果に応じた昇格や表彰制度
年功序列ではなく成績に応じて評価する人事制度となっているため、個人の頑張りに応じた昇給・昇格が可能となっています。また独自の表彰制度も複数設けており、それぞれがモチベーション高く働ける工夫も行っています。

■成長のための支援制度
・自己投資支援制度 (自己啓発費用を補助)
・資格取得支援制度(資格に合格したら受験料を一部キャッシュバック)
・社内研修、OJTによる各部での研修、外部研修

■関連リンク
・マネックスエンジニアブログ https://blog.tech-monex.com/

こんなことやります

■概要
マネックスは「未来の金融を創る」をミッションに、1999年に設立されたオンライン証券会社です。日本、米国、中国(含む香港)、オーストラリアで展開しているリテール向けの証券ビジネスや、資産形成事業、投資教育やM&Aなども営み、グローバル規模でさまざまな金融ニーズにお応えしています。

そんな当社のマネックスグループの「経営管理部」で、経理財務全般をご担当いただける方を募集します。

■経営管理部の詳細
「経営管理部」はグループ会社の経理・財務を統括しており、国内・国外子会社管理を行っています。東証一部上場企業でもあるため、有価証券報告書や決算短信等開示資料の作成なども担当しています。

グループ会社は多岐に渡り、ベンチャーキャピタルや暗号資産、海外子会社など幅広くご担当いただけます。金融らしくないカジュアルな社風と経営トップと距離が近い環境によって、スピード感を持って業務を進めることが可能です。

また当社では、金融業界では珍しいIFRS(国際会計基準)を2013年より導入しています。チャレンジと革新性を大事にする当社の姿勢が色濃く反映されており、攻めの経理として専門性を深めたい方に最適な環境となっています。

■募集背景
経営管理部はグループ会社の経理・財務を統括しており、国内・国外子会社管理を担当しています。
また、東証一部上場企業として有価証券報告書、決算短信等開示資料の作成業務も担当しています。

現在、暗号資産取引やFintech、VCファンドの運営等新しいビジネスを行っており、会計的・税務的な検討業務が増加しております。
そのような状況下で人員が不足しているため、組織体制の強化に向けて新たなメンバーを募集します。

■ポジション名
経理業務、税務業務、子会社管理業務
※マネックス証券で採用後、マネックスグループで勤務いただきます。

■具体的な業務内容
・月次及び年次決算業務、予算管理、各種税務申告
・決算報告、開示資料作成
・監査法人、監督官庁、税務調査対応
・プロジェクト対応(会計基準変更に伴う開示、業務プロセス改善等)
・子会社管理

■ポジションの魅力
CEOやCFOとも近く、経営に近いポジションで、意思決定に直接携われるのが魅力です。
また、金融業・暗号資産交換業、VCファンドを運営している企業がIFRSを導入しているケースは珍しく、変化が好きな方にとって知的好奇心を満足することが出来ます。
さらに企業内に会計士以外にも弁護士、税理士も在籍しており、専門家を活用する環境が整っているのも魅力です。

■求める経験・スキル
・日本公認会計士資格
・経理業務の知識、実務経験(監査実務含む)
・経営分析の経験(分析的手続等)

■歓迎する経験・スキル
・IFRS準拠の財務会計、経理、監査の実務経験
・金融業界の知識、実務経験
・会計システムに関する知識・スキル
・英語能力(TOEIC700点以上が望ましい)

■働き方
・フレックス勤務可(コアタイム11-14時)
・リモートワーク可(部の方針に基づく)

会社の注目のストーリー

工業男子が証券会社に就職?(2021新人の自己紹介#10)
自己紹介と入社の決め手(2021新人の自己紹介#9)
【秘湯と野湯とマネックス】(2021新人の自己紹介#8)
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
マネックス証券株式会社
  • 1999/05 に設立
  • 327人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
  • 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル25階
  • あなたが興味を持っていることを、マネックス証券株式会社の担当者に伝えます

    どれぐらい興味があるか教えてください。

    エントリーが完了しました
    エントリーが完了しました

    世界へ事業拡大するネット証券や暗号資産交換業の持株会社で経営管理業務
    マネックス証券株式会社