1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
インターン・学生バイト
学生インターン
3
エントリー
on 2020/12/30 162 views

自分らしさを追究して、働くかっこいい大人になりたい学生募集!

インビジョン株式会社

インビジョン株式会社のメンバー もっと見る

  • 新卒4年目。

    5年前の就活時代、学生ながら理想の企業は、「浮利を追わず、ヒトの繋がりを大事にし、ビジネスでガンガン上を行く」 理想でした。
    そんな時出会ったのがインビジョン。”想いをカタチに”という理念の輪を広げ、目先の利益にとらわれないビジネスで、100年続く会社を目指す。” この空気を肌で感じられたんですよね。
    今ではスタッフも数は当時の倍以上に。チーム超えてハイタッチする瞬間がめっちゃすきです(夏はみんな汗ばんでるし、時々断られるけどめげない。笑)
    仕事力云々以前に人間力もあがる会社だと思いますね。
    個人的に(勝手に)会社の合言葉にしてるのは#働くかっこいい大人か...

  • インビジョンをわかりやすく例えると「ラジオ番組のような会社」かもしれません。

    ラジオ番組のような会社ってどういうことかと言うと…
    あくまでも個人的なイメージですが、ラジオ番組って
    「相当コアなファンがリスナーになっている」
    「形式的な情報発信ではなく、自然体でリスナーとの距離が近い」
    そんな会社でありたいし、そうなりたいと思ってこの言葉を使っています。

    インビジョンは万人うけする会社ではなく
    熱狂的ファンがいる会社でいたいと思っています。

    そんな熱狂的なファンをつくるためにはあなたの持っている力が必要です。
    ぜひ私たちと「想いをカタチに」す...

  • インビジョンが目指すもの「働くカッコイイ大人を増やす」
    このビジョンが達成できたらどんな世界になるだろう?

    ある調査によると、やりたい事とやりたくない事の生産性の差は756倍もあるらしい。それなのに、日本で仕事を楽しいと感じている大人は、わずか15%程度しかいない。
    つまり、働く大人の約8割、4000万人は仕事を楽しんでいないことになる。
    もし、この人達全員がやりたい仕事に就き、仕事を楽しめるようになったら…
    GDP比で今の5倍、日本は豊かになるかもしれない。

    そんな未来を目指して、自分自身も楽しみながら仕事していこう。

  • インビジョンが掲げる「想いをカタチにする」という理念。 想いの架け橋となり、志の高い雇用を生み出す。そんな情熱的なつながりを作っていくことで社会貢献をしていきたいというもの。物静かな自分では一歩引いてしまうくらいに他社にはないアツイ会社。 自分が想ってること、やっていきたいことを初めて全部ぶちまけられた会社。 フルスロットルで止まらない自分の話を会社の代表である社長が嫌な顔せず、全部受け止めてくれたこと。 嘘偽りのない「想いをカタチにする」という想いの強さが大好きです。 僕は、「関わる人たちに幸せを振りまける人間でありたい」です。

なにをやっているのか

  • 代表の吉田です。ONもOFFもアソビゴコロを忘れない。
  • 社員数は50名。うち30%がリモートワーク。

invisionは、企業や地域のおダシ屋です。

おダシ、それは自然と出てしまう魅力。
いいおダシが出てはじめて、顔が見える。
いいおダシが出てはじめて、人が集まる。
あなたの行き場のない熱意こそ、おダシを出す火種。
その火をあおいで、アク取って、いいダシ出すのが私たち。

***インビジョンの提供価値***

《ダシ活メソッド》
HRテックや仕組み化で無駄な時間やコストを引き算(=アク取り)し、その企業・地域ならではのおダシ溢れるコンテンツの中身を強化する「ダシ活メソッド」で、ついつい人が集まってくる唯一無二のおダシの完成に伴走します。採用成功というより、志の実現が目的。

***主軸事業は2つ***

■採用マーケティング事業

お金をかけて求人広告を掲載すれば人が集まるのが当たり前だった10年前までと変わり、インターネットの普及とともに個々の価値観重視になっていくこのご時世。
採用マーケティングとは、従来のやり方(=アク)に縛られず、本当に出会いたかった企業と求職者が出会うためにおダシ溢れる仕掛けをつくることだと考えています。すなわち、「両想い採用のキューピット」なんてね。

【取り扱っているサービス】
①お客さんにノウハウを届ける
・自社開発のHRテック「HRハッカー」
・求人情報検索エンジン「Indeed」
・求人広告「全国100種類以上」
・採用ツール「採用パンフレット」「採用ページ」「企業ページ」「動画」etc.
・WEBマーケティング「WEB広告」「SNS広告・運用」「インフルエンサー」「動画」
・オフライン施策「イベント企画立案」
・プレスリリース配信

②世の中に採用のノウハウを届ける
・世の中の人事・経営者のお悩み解決情報発信メディア「採用ハック」
・その他、世の中の変化に合わせて随時アップデートしています。

■地方創生事業

Uターン・Iターンなど地方での働き方が注目されるなかで、魅力発信の仕方に悩む地方の方が多くいます。
その多くが、自分が住む地域を盛り上げたいという熱い気持ちがありながら、既存のやり方や決まりから抜け出せず、新しい挑戦ができずくすぶっている人たち。
インビジョンは地方自治体や地方の有力メディア企業を巻き込み、機能していないアクを取り除き、地方のおダシを発信するメディア運営やプロモーション企画を行っています。目指すは、雇用促進で天下統一!

なぜやるのか

  • 畑とか海に行って対談したり。商談場所は全国。
  • マネージャー合宿はキャンプ場だったり。最近はオフィスもキャンプ化してます。

《インビジョンの志》
『働く幸せを感じる、かっこいい大人を増やす』
invisionは、「働くって面白い!」と感じる大人あふれる未来を目指し、行動する人の集まり。「ちゃんとしなさい」ばかりで塗り固められてしまった大人の「今」と、それで育ってしまう子どもの「未来」をもっと明るく照らしたくて、毎日もがきながらおダシ出してます。

どうやっているのか

  • 習字だけでイベントでちゃったり
  • みんなでアイス食べたり

-----インビジョン飲み会での一コマ-----

『オフモードででるコトバって、結構本質的だったりして。』
(人事がコソコソ書き溜めました。笑)

「テイカーじゃなくてギバーがいいよね」
「本質的な人とのつながりって、ピンチの時に助け合える関係かどうか」
「それ、置きに行ってない?」
「結局は、目の前のことをよく考えてるかどうかだよ」
「こっちの方が面白くない?結果でないと面白くなくない?」
「ただのタスクみたいな感覚って、それは違うと思っていて」
「”お前、そういうんじゃねえんだよ!”みたいなぶつかり合いも、時には必要だと思うんだよ」
「一般的なフレームに踊らされるな」
「道徳に振り切れすぎてんだよね〜。ビジネスと道徳のバランスが大事じゃん」
「誰かがつくる会社じゃなくて、皆でつくる会社がいいよね」
「人間ってやつは、つまるところ幸せのために生きてんだよな。」

こんなことやります

「インビジョン 出会いの初めは 世界旅 染み渡ってゆく 人の繋がり」

鶴見さんへ
お元気ですか?まことです。
あの出会いから5年、私はインビジョンの戦略人事になりました。
全ての始まりだった鶴見さんとの出会いを短歌にしたんです。
その裏側の物語を書いてみます。

原体験は、中学時代だった。
「部活内でハブられた」
当時とにかく人に嫌われたくなかった私にとって、初めて味わう大打撃。
でも、思い詰めた結果気づいたのだ。
この辛さを知ったおかげで、私はこれから人に優しくできる。
私の中に「出来事すべてに意味がある」という価値観が生まれた瞬間だった。

時は過ぎ20歳になった私は大学生活の9割をバイトに費やしていた。
そんな中「人はハタチで人格が決まる説」を耳にする。
私、このままで胸を張って社会に出られるか?
そう考えた時、あの価値観が浮かんだ。

全てに意味があるなら、善悪の概念自体が疑わしくない?
私の価値観だって、育った環境の中だけで創られたもので、実はすごく偏ってるかもしれん。
色んな人の色んな価値観に触れ、心の幅を広げよう。こうして私は5ヶ月間の世界旅に出た。

海外に行くと価値観が変わるとよく聞くけど、実際に旅に出た結果、私は逆だった。
世界も同じ人間界やん!と笑
どの国のどの階層の人だって、嬉しいことは嬉しいし、悲しいことは悲しい。
人間ってやつはどこまでも人間だな!と旅に出て腹落ちしたのだ。

そして、人生において大事な出会いが。
アメリカで宿泊先のドミトリーの部屋に入った時のこと。
「もしかして日本人?」と話しかけてきた女性、それが鶴見さんだった。

彼女は東京で自分らしさを大事にする会社で働いていて、私はその話にとても共感した。
久しぶりに会う日本人に嬉しくなって会話も弾み、連絡先を交換。
まだ、この出会いが将来を決めるなんて思ってもいなかった。

帰国後、私はさらに人の心を深掘りする力を身に付けたいと思い、誰かの人生の選択に深く寄り添う仕事に憧れていた。
そして、学生と深く向き合うと噂の会社でインターンを開始。
実際にその会社は常々、「まこ、それでいいの?」と厳しくも成長を応援してくれた。
「成長したいなら、ここに入社せないかん」
そう考えるも、どうしても拭えない気持ち。
「何でこんな苦しいんやろ?本当にこの道を進むべきなんか?」
だれかにこの悩みを相談したい。
そうして私は、鶴見さんに連絡をした。

再会した鶴見さんは、私にある会社の存在を教えてくれた。
旅の時に話していた仕事で、協業していた会社だそう。
私と価値観が合いそうだと教えてくれたその会社こそ、インビジョンだった。

どんな会社なのかと説明会動画を開くと、そこで発されていた言葉に一瞬で心を掴まれた。
「ありのままのあなたで会いに来てください」
思わず涙が出た。
これまで、〜すべき、成長せねばと自分に鞭打ってきた私に「大丈夫。ありのままでいいんだよ」と言ってくれている気がしたのだ。

迷わず選考へ進み、最終面談で社長の誠吾さん、後の上司となる智菜さんとご飯へ行くことに。
そこで、自分の弱さとばかり向き合ってきた私に智菜さんが言った。
「できないことを補うのがチーム。得意を伸ばせばいいんだよ!」
ああ、私に必要なのはこれだ。自分を好きになれる場所で働こうと、インビジョンへ入社を決めた。

配属は戦略人事。正直、当初は一人前の人事になりたいとか明確な自己ビジョンがあったわけではなく。
だからこそまずは目の前のことをよく考えた。
論点思考、プロセス分解、ビジネスリテラシー...点を線で繋げるように、全力疾走の日々。

ビジョンを明確にしていく上で「自己理解」というテーマは大事にした。
自分やメンバーの自己理解を深めるため、MBTIに基づく全員分の取扱説明書を作り、メンターをした仲間の自己肯定感が生まれ前向きになってくれたりもした。

すると、社内で3ヶ月ごとに行う「おダシ祭り」で、最もおダシを体現した人を表彰するおダシ賞を4連覇。年度末にはMVPをもらえた。

今年、インビジョンの戦略人事は火起屋に生まれ変わった。
火起屋のミッションは社員全員が「働く幸せを感じてる」と胸を張って言える組織作り。
今はそこに活かすべくNLPの資格を取り、幸せの定義を洗い出してまとめたり、メンバーのポータブルスキル向上の仕組みを考えている真っ最中だ。

そして自己ビジョンも定まった。
「心のほぐし屋さん」として、誰もが自分に優しくできる世界を作る。
過去の私みたいに苦しむ人に「わかるよ、でも大丈夫だよ」と寄り添う人になる。
全ての人が自分らしく生きるために。

あ、最後に火起屋として一言!
自分らしく働き世の中良くしたい方、インビジョンで待ってまーす!

会社の注目のストーリー

「想いをカタチに」という”理念”の体現
インビジョン 出会いの初めは 世界旅 染み渡ってゆく 人の繋がり
どんな人にもある”生い立ち”という「極ダシ(キワダシ)」
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
インビジョン株式会社
  • 2008/07 に設立
  • 50人のメンバー
  • 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1丁目3−7 VORT代官山3階
  • 自分らしさを追究して、働くかっこいい大人になりたい学生募集!
    インビジョン株式会社