1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
IPO Planning
2
エントリー
on 2020/10/27 230 views

大企業で出世街道の経営企画部門、大きな仕事をリードするまであと何年?

株式会社ビットキー

株式会社ビットキーのメンバー もっと見る

  • 1985年生まれ。大学時代は建築/デザインを専攻、DJやアーティストとしても活動。

    2008年リンクアンドモチベーショングループに入社。
    入社2ヶ月目に初受注を達成、その後様々なコンサルタント業務に従事。

    2009年末にワークスアプリケーションズへ中途入社。
    コンサルタント配属後1年でMVPを獲得。
    2014年、4000名の中から社長賞を受賞。
    数百名程度のコンサルタント・サービス組織の統括も経験。

    2017年末、旧知のエンジニア中心にメンバーを集め、ブロックチェーン/分散システム研究会を発足。
    2018年8月、そのメンバーを中心に、ブロックチェーン/P2P・分散技術を活用した、全...

  • 高倉 充弘

  • 池田 慈
    Finance & Legal

なにをやっているのか

ビットキーでは、自社の認証認可技術、ハードウェアデバイス、モバイルアプリおよびWebサービスを用いて以下の事業を展開しています。

【Home事業】
2019年にリリースしたスマートロック bitlockシリーズ とそれを管理するモバイルアプリ・Webサービスを中心とした住居空間における新しい価値創造。
今後は、住居空間と、家事代行や宅配などのあらゆるサービスをつなぐハブとしてのプロダクト開発をすすめていきます。

< bitlock製品サイト >
https://www.bitlock.jp/
< 法人向けサービスサイト >
https://biz.bitlock.jp/

【Workspace事業】
ビットキーにおけるWorkspaceとは、「オフィス」「コワーキングスペース」「工場」「データセンター」「小売店舗」「ジム」などあらゆる"働く"空間を示しています。

それらの空間を、スマートロック、デジタル受付、顔認証ソリューション、アクセスコントロール、カメラやIoTセンサを使った分析などの、豊富なプロダクトを用いてアップデートします。

< サービスサイト >
https://workspace.bitkey.jp/

【Experience事業】
「ライブ」「ショッピング」「ホテル」「テーマパーク」といった非日常体験を対象にした事業です。これまで分断されていた一つひとつの体験をシームレスにつなげていきます。

なぜやるのか

高度経済成長を支えた日本企業は、2020年現在、世界の時価総額ランキングからすっかり姿を消してしまい、私達が日頃使っている製品やサービスの多くも海外の企業により生み出されています。

特に、目まぐるしく進化するソフトウェア技術やそれを活用したビジネス領域において、多くの日本企業は、ソフトウェア自体をつくりあげる力と、その価値をハードウェアを媒介にして現実世界へ届ける力が欠如してしまっているのでは、と考えています。

現在私達が享受している便利で快適な生活は、実際にGAFAを始めとする世界のテックジャイアントと、彼らのプロダクトにより成り立っていて私達は大いにその事実をリスペクトしています。

一方で、現在世界を牽引しているテックジャイアントは、自社のエコシステムに他サービスを取り入れたり、複数のサービスやプラットフォームを統合するようなアプローチで成長を続けていて、私達は、そのアプローチが作り上げる世界は、必ずしも全員にとって気持ちの良い世界ではないかもしれないと思っております。

例えば、自分の個人情報やデジタル上の行動データが自分の知らないところで流通していたり、特定のプラットフォームにユーザーやサービスが依存してしまい自由な選択ができなくなることを懸念しています。

こういった課題感に対して、ビットキーは【テクノロジーの力で、あらゆるものを安全で便利で気持ちよく「つなげる」】をミッションに掲げ、自社の認証認可技術、ハードウェアデバイス、ソフトウェアプロダクトを用いて、世の中の様々なサービスや事業者、およびデジタル世界と物理世界をゆるくつなぎながら、「暮らす」「働く」といった日常生活から、「旅行」「スポーツ観戦」などの非日常生活に至る人の営みのあらゆる体験において、例えば「生体認証ひとつで様々なサービスを自由に選択利用できる」「特定のプラットフォームに依存することなく企業からユーザーへサービスを届けられる」といった体験を生み出していきます。

どうやっているのか

==アプローチ==
上述のミッション達成のために、コア技術である自社の認証認可基盤 (bitkey platform) を中心に、各事業領域で、これまで複数の異なるサービスや、デジタルとリアルの谷間により分断されていたユーザー体験を、安全で便利で気持ちよくつなげる『hub』となるようなプロダクトを世の中に出していきます。

==価値観==
ビットキーでは以下の価値観を大切にしています。この価値観は評価制度にも落とし込まれております。

◎ Scale Value (創造性と再現性を)
全く新しいアプローチにて価値創造し、その価値を偶然や一度限りの産物とせずに再現性を持たせ、創造したモノを独占することなく広く利用される状態にすることで、価値をスケールする。

◎ Hand in Hand (手を取り合おう)
チームのパフォーマンスを最大化するために、安心して本音を言い合え、困難な場面では助け合うことができる強い信頼関係を築く。

◎ Commit to Excellence (歓声とゴールを)
全体視点に立ち、チームメンバー全員の歓声を生み出すようなゴールを決める。

こんなことやります

==事業説明==
ビットキーは「テクノロジーの力であらゆるものを安全で、便利で、気持ちよくつなげる(Connect Everything)」ことで、新しい価値を世の中に提供していくことをミッションとした会社です。
汎用的なデジタルコネクトプラットフォーム (bitkey platform) と様々な物理デバイスを要として、日々の生活のあらゆる領域でこれまでになかった新しい体験を生みだすべく、暮らす、働く、移動、エンタメ、金融など多岐にわたる事業展開をしています。
bitkey platformを中軸に各事業領域が更につながりあっていくことで更にひとつの大きな体験を生みだしていきます。

==募集背景==
2018年8月の創業から2年が経過し、本格的に「Home事業」「Workspace事業」「Experience事業」と事業多角化の一歩目を踏み出しました。次世代のID認証基盤を武器に人間の営みのあらゆる領域で新しい体験を創造するビットキーは、今後も事業領域を拡大していきます。
従来の「Home事業」、「Workspace事業」に加えた「Experience事業」の一例としては、「モビリティ」「エンターテイメント」「ペイメント」などがあり、既に具体的な顧客やアライアンスパートナーとのビジネスの種は芽を出しつつあります。

また、2020年1月にはシリーズAにて約50億円の資金調達を完了し、今後はグローバル展開などももちろん視野に入れております。
・ソフトウェアとハードウェア
・あらゆるビジネスモデル
・事業の多角化
・圧倒的事業スピード
・既成概念に囚われない次なる打ち手
次々に現れる経営課題に対処しながら、未踏のIPOを実現するため、2020年10月からIPO planning Officeを新設し、次のステージに向かっていくチームメンバーの募集を開始しました。

==業務内容==
1、内部管理体制の整備
 -規程の整備、それに則した業務運用の実現
 -適切なリスクチェックプロセスの設計と内部監査機能の構築 等
2、証券会社、監査法人対応
3、財務会計、管理会計の高度化、予実管理
 -Accountingチームと連携し、決算の早期化の促進
 -KPIを適切かつ迅速に把握し、打ち手を実行するために必要な仕組みの構築
 -予実分析を踏まえて、経営及び現場とPDCAを回していくためのビジネスサイクルの運用
4、内部統制の構築
 -「フローチャート」、「業務記述書」、「リスクコントロールマトリックス」の策定支援
5、その他特命業務
 -M&A
 -新規事業・海外進出に関するリサーチ及び計数管理
 -PMI 等

==求める人材要件==
・スキル
 -経営課題に対する想定力と構造整理(抽象と具体を行き来できる思考力)
 -実行を想定した経営及び現場のアクションプランの調整と提案
・ナレッジ
 -財務会計、管理会計の基礎知識
 -関連法令の基礎知識(会社法、金融商品取引法、資金決済法、その他事業に関わる業法)
・経験
 -事業会社における経営企画業務
 -コンサルティングファームにおける事業戦略の立案・実行支援業務
 -スタートアップにおける一人で管理部門を構築、運営してきた経験

==求める人物像==
1、IPO準備に向けて、あるべき経営管理プロセスと現場の実態を踏まえて、ルール整備ができる(やること)
2、未経験の特命業務に対して、スピード感とバランス感を持って、突破していくことができる(姿勢)
3、経営及び現場に対して、積極的にコミュニケーションを取り、問題解決に必要な意見調整ができる(コミュニケーション)
4、問題解決に必要となった情報、スキル等を都度、キャッチアップし、活用できる(インプット)
5、「クレイジー」と言われる事業計画の達成に心躍り、一緒に取り組める
(求めない人材)
・ルーティン業務を確実にこなしていきたい人
・自分の職域を限定して、働いていきたい人

==担当Managerからのメッセージ==
「こんなにポテンシャルの高い会社は、日本で何十年かに一度しか存在しない、と思います。
 このポテンシャルを、とんでもない大きさにスケールさせることにコミットできる、
 このチャンスを一緒に楽しみ、成長し、実現していける仲間を求めています。
 Go crazy, Do the right things!」

会社の注目のストーリー

ビットキーって結局何をやっている会社?
創業1年で社員80名を超えたスタートアップ。「嘘をつかない」というスタンスを貫く採用責任者原田のストーリー
一緒にコミュニケーションのデザインをしませんか?ビットキー流・マーケティング領域の仕事をご紹介します。
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社ビットキー
  • 2018/05 に設立
  • 193人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    社長がプログラミングできる /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都中央区京橋3丁目1-1 東京スクエアガーデン14階
  • 大企業で出世街道の経営企画部門、大きな仕事をリードするまであと何年?
    株式会社ビットキー