1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
HR戦略の立案と実行サポート
15
エントリー
on 2020/10/23 188 views

ハイテク製品特化型商社?ユニークな中小企業をHR戦略作りを通してサポート

Japan21

Japan21のメンバー もっと見る

  • 会社での役割:CEO
    役割
    ・経営戦略の立案と実行
    ・主力ビジネスであるMobileyeビジネスのマネジメント
    ・新製品の導入交渉
    ・人材採用

    過去
    ・外資系製薬会社に12年勤務

なにをやっているのか

  • インテルに1.7兆円で買収されたMobileye社の後付け製品を扱っています
  • モービルアイの他にも、世界で1000万人ものユーザーがいるコードモンキーや、衛星画像を使った漏水探知システムユーティリス等、イスラエルのユニークなスタートアップハイテク製品に関わっています。

イスラエルの商材を国内に導入し、事業開発をしています。
主力製品はインテルに2017年に1.7兆円で買収されたことで話題となった「Mobileye」ですが、その他にもユニークな製品を多数抱えています。

世界トップクラスの自動車用カメラセンサー「Mobileye」後付け製品に関しては国内総代理店です。
世界30社以上の自動車メーカーが、300以上の車種でMobileyeの技術を採用しています。
自動運転にも使用される、Mobileye社のEyeQチップは、国内では日産のプロパイロットにも使用されています。この贅沢な画像解析用チップを、後付け品に転用し、B to B向けに販売しているのが、弊社ジャパン・トゥエンティワン株式会社です。
本年も大手の物流会社様にて、1500台一括で採用されるなど、交通事故の予防効果や、警報音による運転習慣の改善評価、デジタコやドラレコと連動させた、データや動画の取得と活用は、今最もニーズの強い分野です。

世界で1000万人以上のユーザーが存在する、プログラミングゲーム「Codemonkey」も取り扱っています。プログラミング教育の必修化に向け、ここ数年需要が大幅に伸びています。

現在楽しみにしているのが、「UTILIS」です。衛星画像の解析技術を使った、漏水探知のサービスです。インフラの老朽化が徐々に問題視されつつありますが、水道管に関しても同様です。世界中で評価の高い、非常にユニークなサービスです。

なぜやるのか

世界トップクラスのスタートアップ大国とされるイスラエル。
彼らのユニークかつ、世界トップクラスのハイテク技術を日本国内で導入、事業開発を行い、日本の社会に貢献します。

主力ビジネスである「Mobileye」に関しては、交通事故を無くす、ビジョンゼロの実現が目標です。

社員にはユニークかつ素晴らしい製品の事業開発に関わることで、ビジネスパーソンとしての幸せを感じて欲しいと強く願っています。

どうやっているのか

・自主性を持ち、チャレンジし続けることを推奨し、評価しています
 大企業ではありませんので、受け身で仕事を待っていても、決まりきった定型業務が常に存在するわけではありません。新製品を国内に導入し、スケールさせるためには、常に新しいチャレンジをし続ける必要があります。

こんなことやります

新体制への移行に伴い、代表取締役と一緒に、HR戦略の立案と実行をサポートして頂ける方を探しています。まずはフルコミットの転職等ではなく、週1程度でリソースを割いて頂く形からで構いません。

2020年9月に事業承継をし、新代表取締役CEOに就任しました。

創業20年の会社ですが、創業者がトップダウンと直感に基づいて会社を運営していたため、HR戦略の作りこみや仕組みつくりは手付かずの状態でした。

新体制に移行したため、理念、ビジョン、行動指針等、企業としての基本的な考えや方向性を明文化し始めています。また、その軸に基づいて、評価・報酬制度まで作り上げたいと考えています。

中小企業の、上記のようなHR戦略の作りこみに関して、代表取締役と一緒に実行までお付き合い頂ける方を募集します。

会社の注目のストーリー

Wantedlyでの求人と採用状況
求める人材像「最新技術」に魅力を感じる方
求める人材像「職種に縛られない」
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
Japan21
  • 1992/10 に設立
  • 30人のメンバー
  • 東京都港区高輪4-18-12
  • ハイテク製品特化型商社?ユニークな中小企業をHR戦略作りを通してサポート
    Japan21