1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
テクニカルライター
4
エントリー
on 2020/10/26 225 views

自宅でスキルを伸ばせます!急成長スタートアップIT企業のFAQライター募集

Nota Inc.

Nota Inc.のメンバー もっと見る

  • NOTAの採用担当です。

  • 「人間味ある」プログラムづくりを掲げて、高校時代から紙copiなどのソフトウェアを開発する。

    2007年より渡米してNota Inc.を設立、世界向けのアプリやウェブの開発を手がける。現在は、Gyazo.comがスクリーンショット共有で世界のトップシェアを持つ。2003年度 IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ認定。

    1982年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。

  • シャープ、ソニーコンピュータサイエンス研究所、産業技術総合研究所、米国Appleなどに勤務後、2009年4月より慶應義塾大学環境情報学部教授。情報検索、テキスト入力、情報視覚化、実世界指向インタフェース、予測インタフェース、認証技術など、ユーザインタフェースに関連する幅広い研究開発を行なっている。
    携帯電話やスマートフォンで広く利用されている予測入力システムやフリック入力システムの開発者。Gyazo, Scrapbox, 本棚.org, QuickMLなど各種のWebサービスを運用中。

  • 慶應義塾大学SFC卒。ファッションアプリを運用する会社でユーザー向けのキャンペーン施策やパブリシティ戦略を担当。2015年からエンジニア向けサービス「Qiita」の広報・採用を経て、Nota Inc.ではマーケティングと採用を担当。

なにをやっているのか

  • どんな質問表現にも適切に答えられるFAQシステム"Helpfeel"
  • 導入企業(一部抜粋)

私たちは、(!= AI), Augumented Human をビジョンに世界中のクリエイターを支援するSaaSを開発している会社です。

2007年シリコンバレーにて設立し、現在は東京と京都に拠点を持っています。

2011年にリリースした"Gyazo"は、世界で1000万人ダウンロードを記録。全世界で愛用されるのスクリーンショット共有クラウドサービスとなりました。現在では、毎日100万枚の画像がGyazo経由でアップされています。

2015年には企画書やマニュアル、アイデアなど、チームに必要な情報を何千何万という単位で軽快に管理できる知識共有サービス"Scrapbox"をリリース。ユーザーは国内10万人を超え、企業利用も進んでいます。

そして、2019年4月にGyazoやScrapboxで培われた技術を活かし、どんな質問表現にも適切に答えられるFAQシステム"Helpfeel"をスタートさせました。
変化が乏しいと言われているカスタマーサポート界に革命を起こそうとしています。

リリースから約1年で、Horizontal SaaSとしてPayPayフリマ、Airレジ(リクルート)、パセラ(ニュートン)、くらしのマーケットなど様々な業界へ導入が進んでいます。

なぜやるのか

Nota(ノータ)は、インターネットで世界中の人々がコンテンツを作ったり発信することを支援する、クリエイティブなツールやサービスを開発することを使命とする会社です。

この会社の特徴は、実際のすべてのプロダクトを世界で展開していることです。ユーザー、売り上げ共に海外が80%を占めます。 日本の優良なソフトウェアが、世界展開をする海外プロダクトに駆逐されていくのを何度も目にしてきました。最初から、世界を狙う必要があることを痛感し、2007年にシリコンバレーに本社を立て、以後2年の滞在の間に世界展開のマーケティング手法を吸収し、現地スタッフとともに事業を展開しています。

どうやっているのか

  • リモートワーカーも参加するMTGの様子
  • 世界中で愛されるサービスを提供し続けている

主な拠点は東京と京都にあります。全従業員がフルリモートOKで、オンラインミーティングやチャットベースのコミュニケーションと自己管理を大切にしています。

自社のサービスをドッグフーディングしながら開発を行っています。

CTOには日本のユーザーインターフェース研究の第一人者で、SONYやAppleで日本語予測入力を発明した増井俊之氏が就任。日々ディスカッションをしながら革新性のあるプロダクトを作ることができます。

こんなことやります

2019年4月にスタートした自社サービス、Helpfeelのテクニカルライターを募集しています。

Helpfeelとは、人ごとに微妙に違ってくる曖昧な言葉の表現や、感覚的な言葉の表現、スペルミスなどにも対応できる「質問予測サポートシステム」を搭載した革新的なFAQシステムです。
Nota開発の革新的な技術「意図予測検索」によって、ユーザーのどんな質問表現にも適切に答えることができ、98%の検索ヒットを実現。
これまでのFAQサイトは75%のユーザーが問題を解決できないと言われており、変化が乏しいカスタマーサポート界に革命をもたらす注目のサービスです。現在はPayPayフリマやリクルート、お金のデザインなどに導入されています。

そのHelpfeelのライターとして、製品マニュアルや業務マニュアルの制作などをお任せします。

【業務内容】
・お客様のサービスやFAQを理解し、ホームページなどの文章を校正
・様々なユーザーペルソナを想定しながら、記事を探しやすく読みやすくなるように編集

【利用ツール】
・G Suite
・Slack
・Scrapbox
・Helpfeel
・Gyazo

【必須条件】
・ビジネスにおいて契約書や顧客へのメールなどの文章作成に関わる業務のご経験
・ペルソナの前提知識や理解力を基に、説明の粒度を調整できる方

【歓迎条件】
・制作会社やメーカーでアプリ・サービスなどのマニュアルの執筆経験
・執筆、編集、校正に関わる業務経験
・マークアップ言語(HTMLやMarkdown等)に関する知識
・ナレッジシステムやFAQを扱うサードパーティー製品に関する知識

【働き方】
・雇用形態:業務委託
・フルリモートOK
※東京オフィスに出社可能の方歓迎です

社員はまだ24名ですので、新しいプロダクトの立ち上げメンバーとして自ら仕事を作り、実行してしていただけます。
テクニカルライターとして、様々なユーザーペルソナを想定しながら、文章を校正していただける方とともに事業拡大をしていきたいと思っています!

まずは話を聞いてみたいという方もお気軽にご応募ください。
お待ちしています。

会社の注目のストーリー

メンバーの半分がフルリモート。GyazoやScrapboxを開発するNotaのVP of Engineeringに話を聞いてみた(前半)
未踏時代の話や社内の開発チームについて、GyazoやScrapboxを開発するNotaのVP of Engineeringに話を聞いてみた
command+Sを押したなら、ちゃんと保存されるサービスを。自然な習慣をコード化するNOTAエンジニアのワークスタイル
エントリー状況は公開されません
30人が応援しています
会社情報
Nota Inc.
  • 2007/12 に設立
  • 23人のメンバー
  • 海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター5階
  • 自宅でスキルを伸ばせます!急成長スタートアップIT企業のFAQライター募集
    Nota Inc.