1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
新卒採用
新卒 九州 未来志向の福祉!
2
エントリー
on 2020/10/22 357 views

従来の働き方はもうイヤ!それならデータを用いた新しい形の介護職はいかが?

社会福祉法人 櫟会

社会福祉法人 櫟会のメンバー もっと見る

  • くぬぎ苑は、設立されて15年の、
    社会福祉法人「櫟会」の特別養護老人ホームです。

    私たちが重視するのは、
    ・利用者の生活リズム、できることを尊重し、真心こもったケアをすること
    ・共に一日、一分、一秒を大切にできる家にすること
    ・日々、笑顔のふれあいで元気や輝きを作ること
    ・地域住民の方々と、笑顔や暮らしが共有できるような家にすること
    という点です。

    このような考え方を共有することで、
    リビング・オブ・ザ・イヤー2015の「大賞」を受賞しました!
    最も優れた取り組みをしている高齢者住宅として全国から選ばれています!

  • 社会福祉法人櫟会で課長代理をしています。
    介護に興味がある方、施設に興味がある方、お気軽にご連絡下さい🙋‍♂️

  • 山下愛
    その他

  • 中嶋 美鈴

なにをやっているのか

くぬぎ苑は、設立されて15年の、
社会福祉法人「櫟会」の特別養護老人ホームです。

私たちが重視するのは、
・利用者の生活リズム、できることを尊重し、真心こもったケアをすること
・共に一日、一分、一秒を大切にできる家にすること
・日々、笑顔のふれあいで元気や輝きを作ること
・地域住民の方々と、笑顔や暮らしが共有できるような家にすること
という点です。

このような考え方を共有することで、
リビング・オブ・ザ・イヤー2015の「大賞」を受賞しました!
最も優れた取り組みをしている高齢者住宅として全国から選ばれています!

なぜやるのか

「0歳児から高齢者までが一緒に暮らせる社会を目指す」
これが私たちの想いです。

高齢者は高齢者、子供は子供といった縦割りではなく
全員が交流し合えることが本来の姿だと考えています。
このような点から介護という仕事は、
社会の一端を担うために必要不可欠なものなのです。

2018年10 月には企業主導型の「くぬぎ保育園」を開園しました。
また、重度障がい者のための施設を開設することも予定しており、

「0歳児から高齢者までが一緒に暮らせる」共生型の社会を
実現させるためにくぬぎ苑は存在しています。

どうやっているのか

職員全員が笑顔になることで利用者も笑顔になります。
そして利用者自身の主体性や考え、生活リズムを尊重します。

一律一斉ではなく個人に合わせて行動を共にすることで、
一人一人が120%満足いく介護を私たちはしています。

①データに基づいた介護
私たちは、利用者一律や行き当たりばったりの介護はしません。
「24時間シート」で利用者の行動を日々記録、更新してこれをもとに介護をします。
そのため、
・データに基づいて柔軟に分析し対応する力
・物事を先取り、予測するスキル
を身につけることができるのです!

②ユニットケア
私たちは「ユニットケア」という介護手法をとっており、
利用者約10名と職員約5名のチームで常に動きます。
チームには上司が必ずいるので、わからないことはすぐに相談できる環境があります。
また3ヶ月ごとに全職員にフォローアップが入り、
そこでも疑問や業務上の不安を解消できる仕組みが整っています。

③自分が考える介護
私たちは、利用者も職員もやりたいことを尊重します。
一律の介護ではないため、自分が思いえがく介護をすることができます。

また、私たちは多くの共通の理念を共有しています。
「利用者の価値観・個性を大切にする」
「利用者の生活リズム・できることを尊重する」
「笑顔を引き出せる家族の関係を引き出す」
共通の理念をもとに、それぞれの思う介護をすることで、
利用者の笑顔につながっています。

こんなことやります

「介護の仕事は経験したけど、納得のいく介護ができなかった」
「もっと利用者に寄り添った介護がしたい」
「そういう施設ってあるのかな…?」

こんなふうに考えているあなたへ!

「特別養護老人ホーム くぬぎ苑」
というぴったりの企業があります!

しかし、
「何のデータを介護に使うの?」「 そもそもどういうデータ?」
このような疑問もあるかもしれません。

これらを今から見ていきましょう!

■ 「データ×介護」 ■
介護手法の形として、従来までは「一斉一律」で、
何か問題が起きたら解決しに行くという
行き当たりばったりのものが主流でした。

くぬぎ苑では、利用者個人の考えや価値観を尊重しており
そこで一人一人をケアする時に、
「データ」を用います。

その中の1つに「24時間シート」と呼ばれるものがあります。
利用者の行動やその特徴を細かく分析、記録、更新したものです!

24時間シートには、
このようなものが書かれています。
「起床時間」「食事メニュー」「好むお酒の銘柄」
「その時間の行動の注意点・確認事項」
「呼吸状態など医療的な情報」「利用者にどう声をかけるか」

これは利用者の数だけ、つまり約70通りのシートがあり、
くぬぎ苑では常に活用されています。

このように、
行き当たりばったりではなく根拠に基づいてケアを行うため、
「データに基づいて柔軟に分析し対応する力」
「物事を先取りし、予測するスキル」
を身につけることができます!

高齢者に対して最前線で働く仕事であるからこそ、
データの活用は重要になってくるのです。

従来の介護の仕事を経験したあなたへ。
データを用いた新しい形の介護職はいかが?

この記事を見て気になった方は、
ぜひ「話を聞きにいきたい」をタップしてください!

会社の注目のストーリー

くぬぎ苑主任が語る「介護に対する思い」とは。~vol.3~
くぬぎ苑主任が語る「介護に対する思い」とは。~vol.2~
くぬぎ苑主任が語る「介護に対する思い」とは。~vol.1~
エントリー状況は公開されません
16人が応援しています
会社情報
社会福祉法人 櫟会
  • 2004/09 に設立
  • 〒820-0052 飯塚市相田114-1
  • 従来の働き方はもうイヤ!それならデータを用いた新しい形の介護職はいかが?
    社会福祉法人 櫟会