1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
フルスタックエンジニア/研究者
1
エントリー
on 2020/10/19 177 views

米国カーネギーメロン大学博士CEO、次世代コンピューティング開発仲間を募集

コグニティブリサーチラボ株式会社

コグニティブリサーチラボ株式会社のメンバー もっと見る

  • 安達 賢一
    その他エンジニア

  • 志村 龍一

  • 塩田 香奈子
    コーポレート・スタッフ

  • ■My Goal:
    「人類を進化させる」Life Ahead!
    新世紀の人類が「心の豊かな生活」を送るために、21世紀の私たちが心からやりたいことを実現するプロジェクト

    ■Coaching
    認知科学(脳科学や心理学)に基づいたコーチングを実施
     ├ 企業経営者とリーダー向け イノベーション特化型コーチング
     ├ 芸能タレントとマネージャー向け スーパースター特化型コーチング
     └ 個人向け 認知科学をベースとしたライフ・コーチング】
    あなたには「実現させたい大きな夢」はありますか?あなたの隣にはコーチはいますか?

    ■略歴
    2009 慶應義塾大学 博士(理学) を取得
    2009-201...

なにをやっているのか

『本物の基礎研究と、本物のエンジニアリング』

Cognitive Research Laboratory(CRL)は、1988年、まだ世の中のほとんどの人が "cognitive science" や “cognitive computing” という言葉を知らない時代に、日本で数少ない基礎研究所として生まれました。

《Science》
「他の研究所ではできない研究がここではできる」
現在、日本では本物の基礎研究が行われているような企業は少なくなりました。基礎研究とは、特許のように期限あるものを作り出す行為ではありません。巨大な知識体系に追加される、もしくは、覆されるようなことを探求する活動です。CRLは、本物の基礎研究のできる場所です。

《Technology》
「工学は、人に役に立ってなんぼ、社会の役に立ってなんぼ」
私たちは、50年後に世界中の人たちがあたり前のように使うものを生み出します。パソコンやスマートフォンの起源をたどると、ENIACの存在に行き着きます。1950年代、ENIACはまだ軍事機密扱いであり一握りの開発に関わるメンバーしか知ることのできないものでしたが、半世紀を経た今、全世界の誰もが日常生活で使うものへとなりました。CRLは、次の時代の普通の人たちが日々日常で使うものを作り出す場所です。

《世界トップレベルのメンバー》
「ここでは、Google、Amazon に行かなくても、世界の最先端を学ぶことができる」
CEO苫米地英人は、コンピュータサイエンス部門で世界トップを独走するカーネギーメロン大学で、全米4番目、日本で初の計算言語学での博士号を取得し、現在は同大学 CyLab. のフェローを務めています。CRLは今日に至るまで、公開と非公開を含め数々の “先端的” な技術や製品を生み出してきました。世界トップレベルのエンジニアになるためには、才能とともに、優秀なエンジニアから教わること、エレガントなコードに触れることが重要です。CRLは、世界トップレベルのエンジニアが集う場所です。

なぜやるのか

『世界最先端のテクノロジーにより、ポスト資本主義・ポスト民主主義となる社会を実現する』

 CRLは、50年後を形作るプラットフォームの社会実装を行う会社です。そのためにも、CRLでは、サイエンスとエンジニアリングとを両輪で回しています。サイエンスの輪は、破壊的なイノベーションは生み出すために重要です。新たな知識がないテクノロジーだけでは、過去の最適化しかできません。一方で、エンジニアリングの輪は、社会を変革させるための直接的行動のための手段となります。

 弊社の扱うプロジェクトは、最新の研究・技術開発を進めるだけでなく「その技術によって、どんな社会的な課題を解決できるか」まで視野を広げて遂行されています。

 あなたは、ポスト資本主義、ポスト民主主義と聞いて何を考えますか?一緒に実現をしませんか?

どうやっているのか

『一人一プロダクト、エンジニア第一主義』

 弊社CEO苫米地は、経営者でありながら、世界トップレベルの科学者でありエンジニアです。
このバックグラウンドを持つCEOが、作り上げた「最高のエンジニア環境」がCRLという研究所です。

 CRLエンジニアの開発環境は、エンジニア一人ひとりのパフォーマンスを最大化できる環境であると共に、そのプロジェクト遂行に必要なエンジニア第一の環境が作り上げられています。

こんなことやります

<<正社員、業務委託、学生インターンいずれも歓迎>>

【最先端セキュリティ技術による次世代ネットワークコンピューティング技術の開発と取り組み】
 〜飢えのない社会をつくるために〜

(背景)
  近年、IT技術はGoogleやAmazonを始め、サービスのクラウド化やプラットフォーム化が行われています。それに伴い、私たちの生活環境のデジタルトランスフォーメーション化は、官民ともに急激に推し進められています。一方で、セキュリティに関する研究や実装、運用に関しては後進であり、まだまだおざなりにされている状況です。その中でも、米国では先進的な取り組みがすでに始まっており、新たな開発手法として、プロダクト開発時の設計・開発・テスト・運用などの各フェーズでセキュリティ観点を考慮する思想である「DevSecOps」が広がっています。一例として、米国空軍のF16戦闘のデジタルトランスフォーメーション化は、驚異の6ヶ月間で完了することができました。我が国においても、2020年10月にはDevSecOpsに関するコミュニティが発足され、第1回カンファレンス「DevSecOps Days Tokyo」(CRL協賛)が開催され、いよいよセキュリティへの意識が高まり始めました。

(CRLがやろうとしていること)
 CRLでは、次世代コンピューティングとして、全世界 約500億個といわれる多種多様なデバイスのコンピュータリソースを効率良く活用できるネットワークコンピューティングの研究と開発実装を進めています。ここでは、機器間のネットワークでのセキュアな通信が必須です。弊社CEO苫米地は、量子暗号通信の専門家でもあり、かつては米国 国防総省のプロジェクトの一貫として、理論の基礎となる離散数学による研究及び、最新理論を実装したチップ化を行っておりました。これら研究の成果を既存の社会システムに当てることで、セキュリティ課題を解決します。今後は、BtoC、BtoBの領域へのサービス展開に向け、実装を行なっていきます。

(CRLの向かう先)
 本事業が実現させようとしている社会は「誰もがセキュアな環境の中で、安心して暮らせる社会」であり「限られた地球資源(燃料や電力、コンピュータリソースなど)が有効活用される社会」です。その実現のためには、我々がデバイスを社会に提供するだけでは及ばず、個々のデバイスを所持し活用する協力者が増えることが重要です。協力者には、弊社デバイスによる安全安心なシステム環境を提供するだけでなく、現代の私たちが直面している社会課題解決に向けた誰でも参加することのできる直接的取り組みとの連携もご紹介いたします。(現在弊社が進めている、食料問題解決のための「フードディール・プロジェクト」など)

<開発環境>
・原則、一人一プロダクト
・プログラミング言語の指定なし
・クラウドサーバ上での開発
・完全リモートワーク


▼募集
・正社員
・業務委託
・学生インターン

▼必須要件
・フロントエンドからバックエンドまでの一気通貫した開発経験
・フルスクラッチでの開発経験
・一つでも得意と言えるプログラミング言語を有すること
・コンピュータサイエンスの基礎知識、または理数的な学問の修学


▼求める人物像
・本当の基礎研究をしたい方
・本当のエンジニアリングをしたい方、50年後の世界スタンダードを作りたい方
・世界トップレベルの集団の中で腕を上げたい方
・コードに美しさを感じられる方
・メモ一枚の手書きコンセプトから、プロダクトを作り上げられる方
・ホントのコンピュータサイエンスを学びたい方
・GAFAMで働いている方、働きたいと思っている方

▼応募条件
・ご本人が書いた自信あるコードと、そのコードによる動作するシステムが、GitHubやポートフォリオにより参照できる状態になっていること

▼その他
・論文博士を取りたい方、大学に戻りたい方も歓迎
・対面コミュニケーションが苦手でもOK

ご興味お持ちいただけましたら、お気軽にご連絡ください。

会社の注目のストーリー

【CEO動画】国内GAFAMで働く皆さんへ
【CEO動画】エンジニア募集に向けて
【iOSアプリ】機能音源BGMアプリ、「Dreamy Groovy BGMs 」を配信開始
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
コグニティブリサーチラボ株式会社
  • 2000/03 に設立
  • 11人のメンバー
  • (オンライン)
  • 米国カーネギーメロン大学博士CEO、次世代コンピューティング開発仲間を募集
    コグニティブリサーチラボ株式会社