1
/
5
プロダクトマネージャー
中途
17
エントリー
on 2020/10/06 1,044 views

SaaS事業をプロダクトドリブンで牽引する。プロダクトマネージャー募集!

株式会社プレイド

株式会社プレイドのメンバー もっと見る

  • 楽天、ビズリーチにて既存・新規事業でのサービスの企画ディレクション、マーケティング、プロダクトマネジメント業務に携わる。
    2017年2月にプレイドに入社し、KARTE for Appの立ち上げ、プロダクトマネジメントに従事。

  • 2006年、日揮株式会社に新卒入社。エンジニア職として情報システムの企画・開発・プロジェクトマネジメントからグローバルIT戦略の策定と実行を担当。

    2011年に株式会社リクルートへ転職。不動産・住宅領域プロダクトの企画・開発・運用部門の戦略立案から実行マネジメントならびに周辺領域における新規事業の立ち上げ・グロース、中長期経営計画に基づくR&D戦略の策定と実行を担当。

    その後、2社での事業開発責任者を経て、2017年より株式会社プレイドに参画。CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE(カルテ)」の事業開発からプロダクトマネジメント、アライアンス全般をリード。

    Busines...

  • 慶應義塾大学経済学部卒。新卒でM&AアドバイザーとしてGCAサヴィアン株式会社に入社。その後アソビュー株式会社では経営管理部の立ち上げから営業企画、カスタマーサポートチームを担う。スマートニュース株式会社では広告事業のオペレーションチームのマネージャーやクーポンチャンネルの立ち上げを経験。2018年9月プレイドに参画。
    プロダクト作りに関われる仕事が楽しいと感じてます。

  • 東京大学経済学部金融学科卒業。2015年、富士通株式会社にSEとして新卒入社し、自治体向けシステム開発に携わる。
    2016年11月より株式会社プレイドに参画。
    プレイドでは、管理画面のフロントエンドやサーバーサイドの開発、エンジニア向けの採用・広報、クライアントへの技術サポートなどを担当。
    趣味で続けている「しがないラジオ」というポッドキャストは、累計再生回数10万回を超えている。また、技術書典5で頒布した「完全SIer脱出マニュアル」という同人誌は、累計1,300冊以上を売り上げた。

なにをやっているのか

  • データを一人の人として捉えるプロダクト『KARTE』
  • 「顧客を知る」を様々な軸でビジュアライズすることに取り組んでいます

プレイドは「データによって人の価値を最大化する」をミッションに、
様々なプロダクトを展開しています。

まずはマーケティングの課題へのアプローチを起点とし、カスタマーサポートやデータアナリストなど、さまざまな職種の課題にKARTEを軸としてプロダクトを展開しています。
また蓄積した膨大なデータを活かした機能やプロダクトの展開にも着手し始めており、2021年に QualtData をリリースしました。

以下はプロダクトページです。
KARTEでどんなことが実現できるのかより深く理解することが出来る『KARTEプロダクトツアー』もございますので、ぜひ一度ご視聴ください。

【プロダクトページ一例】
KARTE:https://karte.io
KARTE for App:https://karte.io/product/app/
KARTE Datahub:https://karte.io/product/datahub/
KARTE Blocks:https://karte.io/product/blocks/
KARTEプロダクトツアー:https://youtu.be/C_zOA8wtNUY
QualtData:https://qualtdata.com/](https://qualtdata.com/

【メディア掲載】
KARTEはいかにCX市場のルールメイキングを進めたか
https://ascii.jp/elem/000/004/047/4047632/
企業の競争優位性を高める“3つのX”──CX・DX・EXの重要性を上場プレイド取締役が解説
https://signal.diamond.jp/articles/-/487
Web集客からWeb接客の時代へ。3年後の企業成長率を変える「CX」とは?
https://www.youtube.com/watch?v=rk0NHeZNUHI
プレイドが自律・分散型チームをつくる上で大切にしたコト
https://www.wantedly.com/hiringeek/interview/rc_ttb9/
「非効率にいこう。」というメッセージの意図をお伝えします
https://blog.plaid.co.jp/n/ne54032d91f4c

【自社展開メディア】
XD(クロスディー)MAGAZINE:https://exp-d.com/
CX Clip:https://cxclip.karte.io/
note公式アカウント:https://blog.plaid.co.jp/
PLAID Engineer Blog:http://tech.plaid.co.jp/
PLAID VOX:https://anchor.fm/plaid-vox/episodes/HRracchiPLAID-edum8r

なぜやるのか

  • オフィスはGINZA SIX、仕切りのないフロア
  • フリーアドレスで好きな場所で働くことができます

Mission「データによって人の価値を最大化する」

私たちは「人の創造性」を引き出すテクノロジーで世界を変えていくことを目指しています。
世界で爆発的に増え続けるデータをすべてシステムに委ねてしまうと、現在の技術ではデータの本質的な価値を引き出すことができず、単調な分析や結果に収斂してしまいます。

多様で複雑なデータ、その価値を最大化するためには「人の創造性」が不可欠です。
現在、人の発想力や柔軟性に敵うアルゴリズムは存在しません。だからこそ、私たちは大規模で複雑な非構造データを「直感的に」人が扱えるようにすることで、人の柔軟なアイディアや感性をミックスしながら、「データと人の相互作用を起こし双方の価値を最大化すること」を実現していきます。

どうやっているのか

  • オフィス内に構える広大な芝生スペース、使い方は自由
  • ディスカッションやブレスト、セミナー開催などにも使用できます

【働く環境】
本当に面白いことをするためにも"世界に価値観を押し付けて" 前に進むことが出来るように、メンバーの自由度をどこまで担保できるかを考えています。熱い議論がホワイトボードの前で毎日起きているのが私達の強みです。

また私達は、「メンバーへの最大の報酬は、プロダクトや事業そのものにある」と考えています。
働く場所 / 時間 / 経費 / 給与などの環境を「手段」と捉え、それらを「過剰」に満たすことでプロダクト / 事業に最大限集中できる環境設計をしています。
社員がより事業、プロダクト、クライアントに向き合えるように環境への投資は惜しみません。

MacBook Pro 16inch or 13inch / デュアルディスプレイ / ハーマンミラー or エルゴヒューマン / iPad(希望者付与) / コーヒー、エスプレッソマシーンなど、働きやすい環境を用意しています。

【メンバーの出身企業】
博報堂、P&G、Salesforce、Adobe、経営共創基盤(IGPI)、ベイカレント・コンサルティング、アビームコンサルティング、IBM、オリックス、ソニー、NEC、Fujitsu、ファンケル、楽天、リクルート、ヤフー、DeNA、サイバーエージェント、グリー、ベルフェイス、一休、wealthnavi、Speee など

【メンバーの出身職種】 
営業、事業開発、マーケティング、カスタマーサクセス、カスタマーサポート、人事、エンジニア、起業 など

こんなことやります

プレイドのプロダクトマネージャーは、非連続な成長を生むために
新規事業を作り、育てる/既存のプロダクトをグロースさせることがミッションです。
CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」およびその他のプロダクト「KARTE for App 」「KARTE Datahub」(以下、「自社プロダクト」と記す)の Product Manager として、ビジョン、ロードマップ、実行を推進する責任を負います。

▼想定される業務
・事業成長をプロダクトで牽引する
・エンジニア・デザイナーと1チームでの開発・事業化推進
・プロダクトアウトに作られた機能や技術の商品設計・ビジネス化
・創出したビジネスの価値検証(PMF)、ビジネスデザイン、各チームやロールとの連携

▼経験/スキル(Want):
・プロダクトマネジャー、プロダクトオーナー等の経験
・事業責任者経験
・エンジニア・デザイナーと共にプロダクトを開発・制作した経験
・ロールにとらわれず、事業成長のためにゼロベースの思考ができ、行動ができる人
・クライアントを巻き込みながらプロダクトを改善/成長させることのできる人
・高度な概念を顧客と議論するのと同様に、エンジニアリングチームと技術的な議論ができる能力を持つ人

▼やりがい
・ゼロベースでの発想から新たな事業を作り、プレイドの成長をリードできる
・圧倒的な技術力を持つ開発メンバーとともに新たな価値開発をすることができる
・プレイドのミッションやKARTEの思想を強く推進するための新たなビジネスを作ることができる

会社の注目のストーリー

世界で通用するプロダクトを作るには“尖った発想”が不可欠——プレイドが「プロダクトアウト」を大事にする理由
GitHub活用はエンジニアだけじゃない。「仕事の見える化」の進め方。
ただ作って渡すだけじゃない。最高の体験づくりの一翼を担うKARTEオリジナルグッズの全体設計
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社プレイド
  • 2011/10 に設立
  • 200人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 10階
  • SaaS事業をプロダクトドリブンで牽引する。プロダクトマネージャー募集!
    株式会社プレイド