1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
リードエンジニア
on 2020/08/06 256 views

創業5か月!事業成長の鍵となる開発部門でリードエンジニアを募集

ADAPTER INC.

ADAPTER INC.のメンバー もっと見る

  • 2020年3月、ADAPTER INC. に創業メンバーとして参画しています。
    代表の元木とは明治大学専門職大学院の同級生。苦楽を共にしながら2年間みっちり学びMBAを取得しました。

    社会人経験は製薬メーカーのMRから始まり、教育研修会社 法人営業部にて新規事業立ち上げを経験。
    その後転職した自動車関連会社の研修部門でも新規事業立ち上げに携わりました。

  • 30年間勤務した総合建設コンサルタント会社にて新規事業開発・経営責任者としての経験と実績をさらに人生を飛躍させたい、同時に大企業の組織の壁・社内事業開発の決定プロセスの遅さに限界を感じ始め、自身に足りないものを明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科に求めて、自分チャレンジを開始。経営学修士の修了を機に前職を退職し2020/3にADAPTER INC.を設立

    前職のビックデータを活用したビジネス開発の経験を活かし

    ・ 成長に困っている業界はどこ?
    ・ その業界を支援できるデータとは?
    ・ そのデータは現時点世の中にあるのか?無いのか?
    ・ 世の中になければ、そのデータを収集する...

なにをやっているのか

食品業界のマーケティング活動にDX(デジタル・トランスフォーメーション)を巻き起こす。当社は食品業界に特化したマーケティング支援アプリ・Webサービスを提供しています。

《主な事業概要》
生産者、卸、加工業者、物流業者、スーパーマーケットをはじめとする小売業など、食品が消費者の手に届くまでには沢山の人々が関わっています。

ADAPTER INC.は食品業界のクライアントを一本の川まるごとと捉え、食に関するマーケリサーチ情報をデータで切れ目なく繋げていくことを目指しています。

第1弾として、2020年7月15日、食品業界のマーケリサーチ活動に特化した業務支援アプリ「フードデータ・コンテナ」をリリースしました。これは食品メーカー・卸・スーパーマーケットのバイヤーやマーケティング担当者のために設計された専用アプリです。
9月末には、より幅広い層を対象にした新サービスもローンチ予定です。

*公式サイト「フードデータ・コンテナのご紹介」
https://adapter-inc.com/lineup/fdc/

なぜやるのか

【食品小売業が抱える低収益構造という課題】
あまり知られていない事実ですが、食品小売業の営業利益率は3%です。中には3%を下回るスーパーマーケットも存在します。消費者の期待に価格で応えようと競う経営により、食品小売業者の多くが経営的な壁に直面しています。

新しい売り方、新しい戦略にチャレンジしたくても、そこにヒト・モノ・カネを投資する余裕もない。従来通りの売り方・今までと同じ戦略で臨むしかない閉塞感を抱えているのです。最も身近で必要とされる業界にもかかわらず、その存在価値は見過ごされがちだと、私たちは危惧しています。

食品業界でデータに基づく経営が実現されれば、生産と消費の正しいサイクルが回ります。
消費者とのタッチポイントを増やせれば、価格に込められた商品価値を訴求することも可能になるでしょう。食品小売の低収益構造を打開し、積極的に新しい売り方・新しい戦略に取り組める状況を作ること。私たちの事業目的はここにあります。

【いま改めて見直したい「食の喜び」がある暮らし】
「食の喜び」はどこにあるのでしょうか。私たちの考える「食の喜び」とは、「生産する喜び」「消費する喜び」にあると考えます。しかし消費が追い付かずに廃棄コストがかさめば、いずれ家畜の殺処分にも繋がります。養殖においても、いけすの魚を出荷しきらなければ、次の稚魚の仕込みができません。

生産と消費のサイクルが噛み合わないことの損失が、どれほど長期的な爪痕を残すのか…
行き場を失った食材の問題は、これまでも「フードロス」と呼ばれ、昨日今日に始まった問題ではありません。ただ、フードロスで本当に失われているものは「作り手の思い・モチベーション」なのです。フードロスが作り手の思いを削いでいく…これは廃棄コスト以上の経営的損失かもしれません。

生産と消費のサイクルがしっかり噛み合うことで、望まれて食材が消費されていく社会を実現したい。そのために、私たちは食品業界のマーケティングを支援するサービスを開発しています。

どうやっているのか

【パートナー企業に開発を委託】
ADAPTER INC.は2020年3月に創業したばかりの小さな会社です。互いに全く異なる業界でキャリアを積んできたメンバーが、たまたまビジネススクールで出会い、MBA取得と同時に立ち上げました。

卸業界、食品メーカーでの勤務経験を持つ者もおり、業界のことを把握しながらサービス開発を進めています。平均年齢は40代前半です。またシステム開発においては、役割を分けた上で複数のパートナー企業へ委託しています。

【議論はじっくり、実践はスピード勝負で】
現在はそれぞれの自宅で週の半分は働き、そのほかはコワーキングスペースを拠点に活動しています。思い立ったら即行動ではなく、実現可能性が高いかどうかをしっかりと仲間で議論し合って進めていく文化です。しかしその分、決まったあとの行動スピードはとても速いです。

代表も役員も働きながらMBAを取得した経験を持っているからこそ、学ぶ楽しさ、大切さ、大変さも痛いほどわかります。そんな背景をもつ会社だからこそ、意欲的に社外に学びに出かけていく人を積極的に応援していきます。

こんなことやります

開発部門を束ねるリードエンジニアを募集します!共に創業期のゼロ⇒イチを築き上げ、今しかできない経験を積みませんか?
創業期のサービス開発を担うので、企業価値に直結する重要な役割を担っていただきます。
だからこそ「仕事をしている」というより「経営をしている」という実感を得られますよ!

【主な業務内容】
創業メンバーとして事業企画ユニットに属しつつ、開発チームのリーダーとして以下の業務をメインに活躍できます!!
 ・サービスとしての事業設計の検討
 ・新サービスのシーズ検討
 ・UI/UX設計
 ・開発パートナー企業のプロマネ

【必須条件】
・スマートフォンアプリのUI/UX設計の実務経験がある
・自社開発に携わった経験があり、請負型ではなく【企画型発想】での実績を持っている
・開発における外注先とのディレクションも実施できる
 (フロントエンドの知識だけでなく、バックエンド側の知識など幅広く理解が必要)
・フロントエンド領域に強い
 (HTML、CSSといった言語やJavaScriptなど動的言語が使え、実務レベルの能力を持っている)
・経営戦略も理解した上でのサービス戦略を企画できる

【こんな方と働きたい!】
・創業期の環境で会社立ち上げを推し進めたい気持ちがある方
・経営を自分事として捉え、経営者視点で物事を考え、判断できる方
・実現が難しそうに思えるアイデアでも何度も考え抜き、思考に磨きがかけられる方
・専門外の内容であっても、自ら調べ、学ぼうと努力できる方

★少しでも興味を持っていただけましたら、一度お話ししませんか?ご連絡をお待ちしています!

会社の注目のストーリー

実は意外と大所帯?ADAPTER INC.のメンバーたち
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
ADAPTER INC.
  • 2020/03 に設立
  • 3人のメンバー
  • 東京都港区虎ノ門3丁目7番5号
  • 創業5か月!事業成長の鍵となる開発部門でリードエンジニアを募集
    ADAPTER INC.