1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
事業開発
8
エントリー
on 2020/08/05 597 views

金融業界経験者活躍中!新市場開拓に向け、攻めのアライアンスを担う事業開発

OLTA株式会社

OLTA株式会社のメンバー もっと見る

  • <経歴>
    1987年生まれ。神戸大学経営学部卒業。新卒で2012年4月に野村證券株式会社に入社。投資銀行部門にて、主に上場事業会社の資金調達業務に従事。社債、株式及びハイブリッド・ファイナンス等の案件提案及び案件執行に関与。2016年10月、起業準備のため退職。2017年4月にOLTA株式会社を創業

    <趣味>
    カレー屋巡り、お酒

  • ・ソニーでは、中核事業であるゲーム(PlayStation)事業等で事業戦略、経営管理、経営企画を経験
    ・PS VRやスマホ戦略、次世代検討など幅広く担当、当時の社長に「武田総研」と呼ばれる
    ・ビジネスマッチングアプリ「yenta」で代表の澤岻(たくし)と出会い、OLTAに創業メンバーとして参画
    ・OLTAでは、CSOとしてビジネスグループ全体を担当。事業戦略の立案、事業開発(アライアンス・マーケティング)、CS、新規事業などを横断的に管掌
    ・三代目yentaエヴァンジェリスト
    ・ゲームと猫をこよなく愛する

  • 新卒にて三菱商事株式会社に入社し、トレーディング及びプロジェクト開発業務に7年間従事。3年間汎用品三国間取引(担当地域;東南アジア、極東アジア、中東)、在庫管理、予算管理、見越管理業務に従事。4年目以降は新規事業立ち上げメンバーに選出され(同時に海外駐在)、日系企業初となる国で新規プロジェクト開発(1,000億円規模)に貢献(担当業務;新会社設立、政府向け大口案件入札、政府・民間との交渉、契約書作成、認可取得、現地住民対策立案等、副産物のマーケティング)
    株式会社インキュベーション・アライアンスでは営業企画室の室長として新素材(ナノカーボン系)のマーケティング並びに営業全般(国内、極東ア...

  • OLTAでは主にクラウド会計様や地域金融機関様とのアライアンスを中心に事業開発を担当しています。

    これまで正しく評価されてこなかった中小事業者様の売掛債権を動かし、日本経済の活性化に貢献したいと思ってます。

    また、金融領域に限らず、中小事業者・法人領域のデジタル化にチャレンジしていきたいと思ってます!

なにをやっているのか

  • 「クラウドファクタリング」は売掛金の早期現金化を実現するサービスです。
  • Chatwork株式会社との業務提携を行い、中小企業の資金繰りをサポートするサービスの提供を開始しました。

企業が、入金待ちの請求書(売掛金)を売却することで資金調達する手法であるファクタリング。弊社では、オフィスにいながら資金調達ができるクラウドファクタリングサービス「OLTA」(https://www.olta.co.jp)を提供しています。また2020年2月には完全子会社のFINUX(フィナックス)株式会社がクラウド請求書サービス「INVOY(インボイ)(https://www.invoy.jp/)」を正式リリースしました。

【OLTAの特徴・強み】
■国内に競合がいない独自のサービス
クラウドファンディングなどのオンライン上で資金調達できるサービスは広がりつつありますが、弊社はオンライン完結の「クラウドファクタリング」を提供しています。ファクタリング領域におけるFintechのパイオニアとして、約3兆円とも考えられている巨大市場を開拓していきます。

■「はやい」「かんたん」「リーズナブル」という3つの強み
書類提出から24時間以内に審査結果を回答、申し込みから契約までの手続きはオンライン完結、手数料率は業界最低水準の2~9%と、圧倒的に便利な金融体験を提供しています。約20万社のデータに基づいた、AIを用いたスコアリングモデルにより、迅速な審査とリーズナブルな手数料を実現。リピーターとして利用されるお客様も多く、サービス開始からわずか2年で累計申込総額200億円を突破しています。

【金融機関・SaaSスタートアップと続々と提携!中小企業が力を発揮できる社会を目指す】
創業からわずか3年で、累計32億円の資金調達を実施。さらに事業にアクセルをかけるため、freee株式会社を始めとする企業との業務提携、りそな銀行などの金融機関とのビジネスマッチングなど、金融機関やSaaS企業との連携強化を進めています。積極的な事業提携により、中小企業の資金繰り改善や地域経済の発展に貢献することを目指していきます。

▼メディア掲載
・THE BRIDGE
『2年で16万件発行済、クラウドファクタリングのOLTAが“全部タダ”の請求書「INVOY」を投入するワケ』
https://thebridge.jp/2020/02/olta-invoy

・TechCrunch Japan
『OLTAが新生銀行と共同でクラウドファクタリングの新会社設立、金融機関との連携加速へ』
https://jp.techcrunch.com/2020/02/14/olta-shinsei-anew/

なぜやるのか

  • 全社会の様子
  • 創業2年のベンチャーとしては、異例の累計32億の資金調達を行いました。

【資金調達に新しい選択肢を】
弊社は、「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」をミッションに、今までにないスコアリングのエンジンをつくり、中小企業が力を発揮できる社会の実現を目指しています。
中小企業は銀行借入に対する依存度が非常に高く、資金調達手段を「選ぶ」ことはおろか、小規模な会社や社歴が浅い会社は、銀行から融資を受けたいと思っても審査の対象にならないということもあります。私たちは、資金調達に新しい選択肢をつくり、資金調達環境をフェアにすることで、日本経済を支える中小企業が力を発揮できる社会を創っていきます。

【与信の再定義に挑む】
弊社は与信を再定義する会社になることを決めました。属人的かつアンフェアな従来の与信ではなく、客観的データに基づいたフェアな与信を行い、いつでも、どこでも、誰でも簡単に与信を受けられる環境を作っていきます。
まずは巨大なファクタリングマーケットに参入し、中小企業の財務データを蓄積しながら与信モデルをアップデートし続けていきます。さらに「データ」と「与信」を切り口に中小企業のペインを解決するプロダクトを二の矢、三の矢として投入していきたいと考えています。

▼代表取締役CEOが語る、OLTAの事業について
「借りない資金調達」。OLTAが創りたい未来について 前編(https://note.mu/taxy/n/n5ad47994d04a
「借りない資金調達」。OLTAが創りたい未来について 後編 (https://note.mu/taxy/n/nc5e1270bfaf5

どうやっているのか

  • OLTAの3つのバリュー(OLTA STYLE)
  • 2019年忘年会の様子

【実行力に強みがあるメンバーが揃う】
現在、OLTAには20代後半~30代を中心とした、約40名のメンバーが在籍しています。
野村證券やソニー、三菱商事、三菱UFJ銀行など大企業出身のメンバーや、楽天などのインターネットサービス企業出身のメンバーなど、金融系や非金融系メンバーがバランス良く集まり、強みや個性が際立った、「一芸」のあるメンバーが集まっている会社です。

【「OLTAらしさ」を表す3つのバリュー】
「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」というミッションの実現に向け、チーム一丸となって取り組んでいます。
ミッションを達成するための行動基準や「OLTAらしさ」を表す言葉として3つのバリューを定めました。あらゆる意思決定を「Stay Gold」「Orchestration」「With Why」という3つのバリューに基づいて行っています。

【働きやすい環境づくりのための様々な制度】
OLTAではメンバーがより働きやすい環境づくりを心がけ、日々制度をアップデートしています。
・書籍購入制度などの自己啓発制度
・お好きなPCを支給・選べる椅子制度(アーロンチェア、エルゴヒューマン、エンボディチェアから選択可能)・フリーアドレス制(集中スペース、ラウンジスペースあり)など仕事に集中できる環境を整備
・定期的に1on1を実施
・副業もOK
・オフィス内の受動喫煙対策あり(喫煙所あり)

こんなことやります

□【未開拓領域に挑む!クラウドファクタリングの事業開発担当】
当社では「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」をミッションに、中小企業が力を発揮できる社会の実現を目指しています。
今回は、クラウドファクタリングサービス(https://www.olta.co.jp/)を販売するパートナー企業を拡大していくための企画立案・実行、そして契約締結後のパートナーのサクセスの陣頭指揮を担う事業開発担当を募集します。

今後も外部サービスとのAPI連携などを通して、他社サービス上からクラウドファクタリングサービスを展開していくための事業開発、アライアンスを強化していきます。主体的に社外のステークホルダーを巻き込みながら、攻めのアライアンスを実現できる方を求めています!

【業務内容】
パートナーの開拓(紹介・問い合わせベース)、提案、条件交渉、契約、オンボーディング、施策立案・実行など、あらゆるプロセスにおいて社内外のステークホルダーを巻き込んでいく役割を担っていただきます。

■提携事例
・東日本銀行とのビジネスマッチング契約を締結
https://www.wantedly.com/companies/olta/post_articles/228859
・山陰合同銀行と共同事業に向けた実証実験を実施
https://www.wantedly.com/companies/olta/post_articles/225001

【この仕事の魅力】
・中小企業経営を支え、地域経済の発展に貢献するサービス拡大を担えます。
・立ち上げメンバーにあたるので裁量が大きいです。チームづくりにも積極的に携わっていただけます。
・大小金融機関、プラットフォームを有する大手事業会社、SaaSベンチャーなど幅広いパートナー候補との提携交渉を推進していくことができます。
・日本ではまだまだ未開拓な市場に対するアプローチを行えます。

<メンバーインタビュー> 
■アメフト部主将、商社マンを経験した私が、OLTAに感じるフロンティア精神
https://www.wantedly.com/companies/olta/post_articles/223504

【必須スキル・経験】
※下記いずれかのご経験がある方
・メガバンクまたは投資銀行の本部での企画業務経験(2年以上)
・コンサルティングファームまたは金融機関営業経験(2年以上)

【歓迎スキル・経験】
・自社またはアライアンス先とのプロジェクトマネジメント経験
・ソリューションセールスやコンサルティング経験
・パートナーシップの構築に携わった経験
・業務提携締結や設立などに携わった経験
・新規事業立ち上げに携わった実績

【求める人物像】
・OLTAのミッション、バリューへ共感ができる方
・不確実性や難易度の高さに対するチャレンジを楽しめる方
・自責思考で物事を捉えられる方
・能動的に思考して行動できる方
・個人ではなくチームの目標にコミットできる方

少しでも気になった方は、一度カジュアルにお話しましょう!ご応募お待ちしています!

会社の注目のストーリー

OLTAと新生銀行が共同運営するanew、トレードシフトジャパンと顧客紹介に関する連携を開始
東京都主催の東京金融賞2020支援対象に採択されました
anew、ギークスとクラウドファクタリングのサービス連携を開始
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
OLTA株式会社
  • 2017/04 に設立
  • 40人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区南青山1-15-41 QCcube南青山115ビル 3F
  • 金融業界経験者活躍中!新市場開拓に向け、攻めのアライアンスを担う事業開発
    OLTA株式会社