1
/
5
中途
プロデューサー(大阪)
12
エントリー
on 2020/07/30 543 views

1年で組織が2倍に拡大!成長企業を牽引するプロデューサー@大阪

株式会社タンバリン

株式会社タンバリンのメンバー もっと見る

  • タンバリン(tambourine.inc)代表でウェブサービス開発のディレクションやテクニカルディレクター、ソリューションアーキテクトをやっています。SalesforceやHerokuなどなどクラウドプラットフォームでの開発やマーテクを活用したプロジェクトが好きです。

    仕事以外ではデジタルアート・電子音楽・デザイン全般に興味があり。最近始めたフットサルがはやく(小学生レベルまで)うまくなりたい。

  • Salesforce/herokuといったクラウドプラットフォームを活用した「webサービス開発」や「BtoBマーケティングサイト構築・運用」「ECサイト運用」において、プロジェクトマネージャー/プロデューサーの役割を担っています。

    ユーザーとデータとマーケター、それぞれの視点に立ったサイト設計/システム設計はもちろんのこと、プロジェクトチーム内でのコミュニケーションのハブとして”コト"をドライブさせる事を意識しています。

    虚構(アニメ/漫画)と現実(プロジェクト/ミッション)の狭間で、おもしろさを追求し続けることが生業です。

  • SIerでプライムベンダーPLとして金融機関のCRMシステム(スクラッチ開発)の更改PRJ、合併対応等を経てR&Dプロジェクトに参画。
    Microsoft Dynamics CRMをバンドルしたパッケージの企画・開発・セールスエンジニア・導入・保守、全行程を経験。
    結婚を機に制作会社へ。その後WEBディレクター/SEを経て2018年タンバリンに。
    Salesforceのクラウドプロダクトを主とした提案/運用保守にてPM/ディレクター/運用業務に携わっています。
    主たるプロダクトはSalesforce B2C Commerce(Salesforce Commerce Cloud)です。
    よ...

  • 駒田 美沙子

なにをやっているのか

  • 社員紹介によるリファラル採用も多く、同じビジョンを持ったメンバーが集まっています。
  • クライアントのパートナーとして一緒に考え、課題を解決します。

タンバリンは、クライアントのビジネスの「デジタルシフト」をサポートしている会社です。
具体的には、Salesforceなどのクラウドサービスを活用したWebサービス、Eコマース、モバイルアプリの開発を手掛けています。

【Let’s PARTY!最高のチームになろう】
社内メンバーはもちろん、クライアントや外部パートナーも一緒に課題を解決するチームであると考えている私たち。この想いを集約したメッセージが「Let’s PARTY!」です。パーティ=仲間で『仲間になろう!』という呼びかけと、プロジェクトが成功したときはハイタッチでもするくらいパーティみたいに盛り上がって一緒に達成感を味わおうという想いのダブルミーニングです。1つのチームとして仕事をしているからこそ、単に依頼された開発をするだけではなく、本質的な課題解決をゴールとしてプロジェクトに取り組んでいます。

【コンサルティング要素を強みとした開発】
Salesforceなどのクラウドプラットフォームをベースに開発することで、従来のスクラッチ開発よりもスピーディーに良質なプロダクトやサービスを作ることができます。その分、クライアントの課題発見やコンサルティングに時間を使い、「何を・どう作るか」という設計部分から担うことをタンバリンの強みとしています。

▼目まぐるしい時代の変化に対応しながらサービスインテグレータとして生き残る秘訣
https://note.com/8120001123887/n/nb7a43b00daa3?magazine_key=m7338b08ddd48

なぜやるのか

  • 入社後に分からないことは先輩が教えてくれますので、なんでも聞いてください。
  • 気軽にアイデアを出し合ったり、アドバイスをもらったりできる活発な雰囲気です。

【妥協なく「つくる」ことで、メンバーの「できる」を増やす】
IT業界はフリーランスとしても生きていける時代。それでもあえて会社に所属して仕事をする理由は、チームとしてプロジェクトにチャレンジすることで、より大きな達成感や成長のチャンスを掴めるからだと思います。タンバリンは、最良のプロダクトやサービスを妥協なく「つくる」ことで、さまざまな要件に紐づいたプロジェクトで、メンバーの「できる」を増やします。

【デジタルシフトによってもたらされる多くの需要】
IoTやAIといったデジタル技術の本格的な活用によって多くの情報が統合可能になり、これからの企業戦略とマーケティングにおいてデジタルシフトは必須項目となっています。こうした背景から、SalesforceなどのクラウドシステムをWebサービスと連携させ、顧客接点のデジタル化を推進させたいという企業ニーズが急増しています。私たちはクライアントの「こうなりたい」をゴールとして設定し、そこへできるだけ早く到達することをミッションとしながら日々開発を進めています。

【受賞歴】
・第4回Webグランプリ「企業グランプリ部門」企業 BtoC サイト賞 優秀賞  
 株式会社資生堂様『日本の美しいものづくり』https://award.wab.ne.jp/winner/gp04c_detail/124
・Salesforce Partner Summit 2020 Partner Award "Innovation Partner of the Year" https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000031445.html

【主なクライアント】
日本経済新聞社、OCS(ANAグループ)、セールスフォース・ドットコム、株式会社JTB、株式会社ソフマップ、ロート製薬株式会社、デサントジャパン株式会社、株式会社リボルブ・シス、ライオンハイジーン株式会社、ヤンマー株式会社(順不同敬称略)

どうやっているのか

  • 新しい知識を取り入れるため、勉強会やミートアップを積極的に開催しています(写真は大阪オフィス1Fのイベントスペース)。
  • 東京オフィス8Fには広々としたコワーキングスペースを完備。一息つきながら仕事に励めます。

【組織構成】
メンバーの平均年齢は30代前半、男女比は3:2。エンジニアが全体の約40%、PM・SEが約30%、残りが営業職や管理部、役員となっています。

◇アカウント&プロデュース部
デジタルシフト実現に向けたプロジェクトを提案・受注する部門。

◇クラウドインテグレーション部
Webやモバイルサービス、ECサイトなどのサービス開発を行う部門。

上記の他、CTO直轄でプロダクトの品質保証を担うQAチーム、組織的な動きや改善などを総合的にサポートする開発支援チームがあります。

▼タンバリン開発ブログ/技術はもちろん、組織・チーム、ツール、プロジェクなど幅広いテーマで更新中
https://developers.tam-bourine.co.jp/

【成長を支援する環境】
スキルマップを作成して各メンバーのスキルを把握し、タンバリンに足りない技術や各自が身に付けると良い技術を可視化しており、個人のスキルアップや目標設定に活かしています。また、本人のキャリア志向を重視したプロジェクトアサインにより、最先端の技術やツールを活用しながら自ら積極的に経験が積める場を用意しています。 また定期的に面談を行いながら正当な評価を行うことで、メンバーのモチベーションアップに繋げています。

▼リクルートサイト、Facebook、Instagram、Twitterなどタンバリンの情報発信まとめ
https://linktr.ee/tambourine_inc

【リモートワーク主体の働き方。スマートワーク推奨】
現在、基本的にリモートワーク、月に数日出社というリモートワーク前提の働き方をしています。個々人が業務の生産性を保つ努力をしつつ、相談や議論もしやすいようオンライン社内イベントなど、様々な取り組みを行っています。
また、ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方をサポートしており、フレックスタイム、子育て応援制度等を導入しています。

▼誰もが"ものづくり"に集中できるように。就業規則をアップデート
https://note.mu/c_matsuzaki/n/n68a71dbad771

【社内外でオープンな勉強会を主催】
大阪・東京オフィスに併設されたコワーキングスペースにて、定期的に勉強会やミートアップなどを開催しています。Salesforceの資格取得支援制度もあり、新しい技術を勉強したい方の後押しをしています。
■tambourine inc.イベント https://tambourine.connpass.com/
■関西フロントエンドUG http://kfug.connpass.com/
■Umekita Force https://www.facebook.com/umekitaforce/

【健康のための取り組み】
屋内の受動喫煙対策あり(社内禁煙です)

こんなことやります

<クライアントとワンチームで課題を解決。チームで最高のものづくりがしたいプロデューサー募集!>
タンバリンではただ売上をあげるだけではなく、クライアントの課題を解決しビジネス成長に貢献することをモットーにしています。プロデューサーはクライアントと最初の関係性を築き、プロジェクトの方向性を決める重要なポジション。単なる御用聞きではなく、クライアントのベストパートナーとして伴走できる方を求めています!

【業務内容】
▼社外担当者との関係構築
セールスフォース・ドットコム社からの引き合いが多く、案件によっては同社の担当(プロダクト担当・営業担当)と共同で提案を行うこともあります。

▼新規クライアントとの関係構築、ニーズヒアリング
飛び込み営業はありませんが、クライアントの課題をしっかり把握するために、業界情報や技術ノウハウ、マーケティング知識は不可欠。またタンバリンの成長のために、先進的でチャレンジングな案件を獲得することもプロデューサーのミッションです。そのため待ちの姿勢ではなく、攻めの姿勢でのクライアント交渉を期待しています。

▼社内調整(スケジュール、予算)
クライアントからヒアリングした内容を社内メンバーに共有し、スケジュールや予算を相談した上で、プロジェクト化できるかを協議します。

▼ソリューション提案、見積、契約
開発チームやデザイナーと話し合い、システム的な切り口やデザイン的な視点を交えながら企画提案を行います。

【プロジェクト例】
▼EC/アプリ/Webサービス開発
HerokuやSalesforceプラットフォームを活用したアプリ設計からデザイン、開発/運⽤までをワンストップで実施

▼IoTの導⼊⽀援
「IoT を使った新規ビジネスに踏み出したい」というニーズに対し、ワークショップ実施からプロトタイプ制作、実証実験を通してアイデアの事業化を⽀援

【こんな方と働きたい】
▼必須スキル/経験
・Salesforceの営業経験
・課題に対する打ち手の検討から実行・検証までを1人で進められる方

▼求める人物像
・クライアントの真の課題を汲み取り、目的を持った提案ができる方
・テクノロジーやクライアントに関する情報収集を自発的にできる方
・チームでの仕事を大切にし、相手を尊重できる方
・クライアントの成功を自分ごとのように喜べる方

【リモートワーク主体の働き方。スマートワーク推奨】
月に数回の出社が発生するものの、基本的にはリモートワーク前提の働き方をしています。個々人が業務の生産性を保ちつつ、オンライン社内イベントなど様々な取り組みを行っています。また、ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方をサポートしており、フレックスタイムや子育て応援制度等を導入しています。

少しでもご興味を持って頂けた方は、一度お話しませんか?あなたからの「まずは話を聞いてみたい」をお待ちしています!

会社の注目のストーリー

目指すは、大阪No.1のエンジニアパラダイス。僕らと一緒に大阪オフィスを構築してほしい/代表 中尾達也&CTO 狩野裕介
キーワードは“相互理解”【タンバリン式全社総会を開催しました】
いま、組織のカギを握るPM。受託事業でアジャイル開発を推進する意義とは/馬場大輔&濁沼貴志
エントリー状況は公開されません
7人が応援しています
会社情報
株式会社タンバリン
  • 2015/09 に設立
  • 70人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
  • 大阪府大阪市北区同心1-11-6 プラスビル
  • 1年で組織が2倍に拡大!成長企業を牽引するプロデューサー@大阪
    株式会社タンバリン