1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
BizDev
4
エントリー
on 2020/07/05 121 views

自分のキャリア、本当にこれで良いの?そんなモヤモヤを抱えたセールス募集!

株式会社pring

株式会社pringのメンバー もっと見る

  • pring / 事業開発担当 / BtoC送金領域の事業責任者
    法人企業向け、業務用プリン(BtoC送金サービス)の事業責任者を務め、
    店舗向けビジネス戦略・実行、代理店のアライアンス締結の検討・実行、戦略パートナー様とのアカウントエグゼクティブ業務なども担当。

    2016年よりパーソルキャリアにてIT業界の法人様を中心に、求人広告を用いた採用支援業務に従事。
    2018年に社内公募制度を利用し新規事業領域のMyReferに異動。サイバーエージェント以来初のインテリジェンスからのスピンアウトベンチャーの立ち上げに携わり、新規開拓の法人営業と採用支援に向けたカスタマーサクセスも兼務。
    201...

  • webクーポンアプリの企業で企画営業 →pring 事業開発部 ディレクター
    toC向けサービスの企画営業を行う中で、「ユーザーファースト」ではないサービスの部分を感じもやもやした日々を過ごしていました。そんな時に「ユーザーが使いづらいサービスは生き残らないよね。」と、ズバッと言ってくれた代表に惹かれて現職に。
    一部上場企業からスタートアップ企業への転職に最初は不安もありましたが、大手では感じることのできなかった、会社や自分自身の成長スピードを日々実感しながら、ユーザーが求めるサービスを作り上げていけることに、日々楽しさを感じて働いております。

  • 大学卒業後、銀座の割烹で板前となる。その後、システムエンジニアを4年経験し、2006年に大和総研入社。情報技術研究所で環境・通信分野のアナリストを経て、2010年に大和ネクスト銀行を立ち上げ、半年で預金残高1兆円を突破。
    2012年からDeNAにてEC事業戦略室および決済代行事業にて新規事業の立案に従事。2014年にはメタップスに参画し、株式会社SPIKE代表取締役として無料決済サービスSPIKEを3年で黒字化、営業利益1億円を達成。2017年にみずほ銀行、WiLと共に株式会社pring(プリン)を立ち上げ、同社代表取締役に就任。2018年3月に無料送金アプリ「pring」をリリース、同...

  • メタップスという会社を経営しています。

なにをやっているのか

◆pring(プリン)の事業内容
お金コミュニケーションアプリ「pring(プリン)」を運営しています。

プリンはお金を「おくる、もらう、お店で支払う、銀行口座からの入金・出金」をすべて無料で行えるアプリです。
操作性にとことんこだわり、おばあちゃんでも使いこなせるアプリを目指しています。
キャッシュレスを可能とするアプリは多数ありますが、決済手数料も業界最低水準(0.95%)で、ユーザー目線でのサービス開発に注力しています。

◆pring(プリン)の特徴
(1)CtoC送金
完全無料のCtoC送金を可能にし
お金コミュニケーションを促進します。

(2)銀行口座直結ウォレット
決済アプリはクレジットカード経由であることがほとんどですが、クレジットカードの場合、コンビニ・飲食店などの店舗側は決済毎に3〜4%の手数料を支払っています。
プリンは銀行口座直結にすることで、手数料を0.95%という低水準に抑えています。

(3)資金移動業の登録
金融庁管轄、資金移動業としてpringを運営しています。
資金移動業の登録は、1年近くの期間を要するなど手間とコストがかかることから、キャッシュレスを推進する送金・決済アプリ企業で資金移動業登録をしている企業は現在プリンの他に1社しかありません。
資金移動業の登録により、送金により受け取ったお金を銀行口座へ出金することが可能となります。

◆Fintech業界の中でも「キャッシュレス市場」が注目を浴びる理由
数年前から盛り上がりを見せているFintech業界の中でも、政府が推進する「キャッシュレス市場」の成長が注目されています。

日本政府は2017年6月に「未来投資戦略2017」という戦略を発表しています。この中で政府は、数ある重点分野の中で「キャッシュレス決済比率」に着目し、今後10年間で現在(約20%)の2倍である40%程度まで引き上げることを目指すと発表しました。
現在のキャッシュレス決済比率20%へ至るまでに50年の歳月を要しましたが、これを10年で2倍にする方針です。

キャッシュレス決済比率を世界各国と比較すると、
 日本 :18.4%
 韓国 :89.1%
 中国 :60.0%
 英国 :55.0%
 カナダ:55.4% 
となり、日本は大きく遅れを取っています。

また、キャッシュレスが進むと様々な社会課題の解決に繋がります。
例えば、コインパーキングがキャッシュレスになると、各駐車場に集金に行く必要がなくなります。
その他、レジの現金管理に割く時間が軽減されるなど、人手不足の業界ほど、その恩恵を受けることになります。

なぜやるのか

◆pring(プリン)が目指している世界観
「お金の通り道にある摩擦をなくす」
プリンの目指す世界観です。

例えば、ATMでお金を引き出す時、銀行間でお金を送金する時、クレジットカードなどを使ってお店で決済を行う時など、お金の通り道には何かと手数料(摩擦)が発生しています。
現在の日本では、お金のやり取りには手数料がかかってしまうのが当たり前ですが、そういった摩擦を少しでもなくし、消費者/事業者にお金を取り戻すことによってお金の流動性を高め、お金コミュニケーションを促進していきたいと考えています。

◆pring(プリン)が目指す世界観の背景
代表の荻原は、大学生の頃にある飲食店で板前として働いていました。
店舗の粗利率は15%程度でしたが、クレジットカードの決済手数料が5%かかり、利益の1/3が手数料に奪われていました。
正にお金の通り道に「摩擦」を感じていました。

また、荻原は大和総研において銀行設立やカード決済事業に携わりましたが、そこでも度々違和感がありました。
例えば、銀行からお金を出金する際、自身のお金にも関わらず、時間帯によっては200円の手数料がかかります。
もちろん手数料が銀行収入の柱の一つであることは理解していましたが、自ら携わった事業が「摩擦」を生んでいたのです。

その後、2014年にメタップスに入社し、子会社として株式会社SPIKEを設立。
SPIKE社は「オンライン決済をシンプルに」というビジョンのもとに、加盟店手数料を完全無料としたカード決済サービスを運営する企業で、初期費用・月額・決済手数料が月間決済額100万円まで無料で利用できるサービスを運営していました。

荻原がこれまでのキャリアで感じたお金に対しての「摩擦」については、プリンを銀行口座直結とすることが解決の糸口となっています。

◆「お金コミュニケーション市場」について
プリンが創造したいのはCtoCの「お金コミュニケーション」という市場です。

お金のやり取りは、その前後に必ずコミュニケーションが発生します。
例えば、当日に支払っていなかった、昨日の飲み会代3,000円を支払うという時には、その前後で「昨日は楽しかったね」などのコミュニケーションが発生します。
また、知人とのお金の貸し借りで借用書を作る人は少ないと思います。信用してお金を貸したにも関わらず、返済が滞ると友人への催促(コミュニケーション)はしにくいものです。
やがて借りた側が忘れてしまってうやむやになる、ということも多いと思います。

店舗でお金を支払う際にはあまりコミュニケーションは意識しないかもしれませんが、CtoCでのお金のやり取りは、よりスムーズにコミュニケーションできるよう「摩擦」を無くすべきなのです。
プリンは相手にメッセージを送るような感覚で、簡単にお金のやりとりができますし、お金の貸し借りも記録されますのでうやむやになってしまうこともありません。

◆銀行との関係性について
お金コミュニケーションに関する普及活動をしていると、「銀行から決済事業を侵食するつもりか?」と思われることがありますが、そうではありません。
現実的に、銀行振込でCtoCのお金のやり取りをすることはほとんど無く、これまで手渡しだったお金のやり取りを、プリンで交流することにより、CtoCのお金コミュニケーションを盛り上げたいと考えているのです。

QRコード決済市場、送金サービス市場というと競合が多いように思われますが、お金のやり取りに「感情」を乗せたコミュニケーションができるサービスはプリンしかありません。
コミュニケーションというと抽象度が高いですが、チャットに近いものとお考えいただければ理解しやすいかもしれません。

CtoCのお金コミュニケーションにおいてはもちろん手数料を取りません。
加盟店手数料を除く全てにおいて手数料を無料としており、個人向けの手数料を有料化する予定はありません。これはプリンの認知度やユーザー数増加に必要なことであり、今後しばらくは投資が必要な期間だと考えています。

どうやっているのか

◆2018年11月に12.8億円の資金調達。
CtoCのお金コミュニケーションに加え、法人向けの展開も強化
プリンは事業拡大のため、日本瓦斯(ニチガス)、ユニー・ファミリーマートホールディングス子会社のUFI FUTECH、伊藤忠商事、SBIインベストメント、SMBCベンチャーキャピタルなどから12.8億円を調達しました。

現在(2018年12月時点)、プリンはCtoCのお金コミュニケーションアプリとしてサービス開発を強化しておりますが、設立以降取り組んできたQRコード決済サービスについても邁進しており、コンビニ、飲食店など様々な店舗でプリンを使うことができるよう日々開拓を行っております。
そして、現在ではファミリーマート様でもプリンが実験的に導入され、今後は実店舗に限らず様々な決済方法にも対応する予定です。

また、直近では法人向けに経費精算や報酬支払いサービスを提供しており、大手エネルギー会社であるニチガス様では、検針員や配送・工事業者に対し、プリンを通じて報酬を支払うシステムを運用しています。今後は、法令の改正も見据えた新たな仕組みを検討しています。

◆働く環境/社内環境について
会社と社員でゴール設定の共通認識を形成した上で、各社員がゴールへ到達する方法を自由に考えるという形で、社員の裁量が大きい文化だと感じています。組織として会社が社員を抑え付けることはありません。
自由に考え、動き、挑戦してもらう、ということにこだわっています。その「結果」に対しては責めません。目標に対して結果が芳しくない場合も、その結果を知見として蓄積していれば問題ありません。それが個人として、また、会社として成長するということだと考えています。

現在の従業員数は、業務委託なども含めて20名ほどで、平均年齢は30代半ばです。正社員は全員が中途入社で、組織の強化を行っている最中です。

残業時間は、担当業務や時期により異なります。ミーティングはさほど多くなく、無駄なミーティングは一切行わない方針です。2017年5月設立の新しい会社ということもあり、教育制度は今後社員の要望を聞きながら整備を進めていく予定です。

これまでに採用されて活躍している人のキャリア例としては、総合人材サービス大手の広告営業でNo.1の成績を上げていた者や、決済関連サービスで10年以上の営業経験がある者など様々です。

今回の募集では、性別や学歴、資格は不問です。求められる要素としては、知的好奇心が多く自走できること、自分の中に「ものさし」があり、最高・最低のレンジの中で価値を判断できることです。「センスの良さ」や「地頭の良さ」を持ち合わせていることが望ましいです。

こんなことやります

ウォレットアプリ「pring(プリン)」で、サービスの拡大から社内の組織作りを担うセールス(事業開発)を募集します。

これまでpringは2018年3月のサービスローンチ以降、「お金の通り道にある摩擦をなくす」という世界観を実現するため、多くの取引先を開拓し、アライアンスを組むなどして積極的にサービス拡大に取り組んできました。

ただ、その道は夢半ばであり、多くのアイデアや可能性はあるものの、全てを実行し実現するには至っていません。

だからこそ、今このタイミングで、中核事業を牽引しさらには新規事業の拡大も一緒に進めていく新たな仲間を採用することに決めました。

今回募集するポジションは、自社サービスに関する戦術の立案から、実際の営業、組織の構築、業務の仕組化・効率化まで幅広い事業開発業務を自ら中心となって創出し、推進していただきます。

【このポジションの役割】
・銀行や加盟店などとのアライアンス締結や販路開拓
・事業計画の立案、実行、運用
・その他「pring」の事業拡大に必要な取り組みの推進
・営業組織の構築(業務効率化や仕組み化)

【こんな方に来ていただきたいです】
・法人営業経験をお持ちの方
・新規事業における業務経験をお持ちの方
・これから組織/事業の仕組化を行うフェーズが得意、もしくは興味がある方
※上記に当てはまらない方でも、ぜひ一度気軽にお会いさせていただきたいです!

【このポジションの魅力】
・固定業務がないため、「ミッションを達成するために何ができるのか」という考えのもと、自らの裁量で業務に取り組むことができる
・決済ツールというサービスが乱立する分野で、「お金でコミュニケーションを活性化させる」という新たな領域でマーケット創出を進めることができる
・これまでの営業や事業開発のキャリアに加えて、組織の仕組み化も含めた0→1のフェーズを経験することができる

初回のカジュアル面談の中で、弊社の事業やビジョンについてもお話しながら、一緒にディスカッションできればと考えています。

世の中の決済に関する常識を一緒に覆していきませんか?
どうぞお気軽にご連絡ください!

会社の注目のストーリー

板前→エンジニア→新規事業→事業経営。常に大切にしてきたのは「5の努力」。
「成長曲線」を極限まで鋭角にできた転職
業界・職種未経験で、5名のベンチャー企業へ転職した理由
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社pring
  • 2017/05 に設立
  • 15人のメンバー
  • 海外進出している /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    社長がプログラミングできる /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
  • 自分のキャリア、本当にこれで良いの?そんなモヤモヤを抱えたセールス募集!
    株式会社pring