1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
ソリューションディレクター
17
エントリー
on 2020/02/06 620 views

ファッションからトイまで。顧客のブランド理解を深化させるディレクター募集

ミューゼオ株式会社

ミューゼオ株式会社のメンバー もっと見る

  • ミュージアムが作れるコレクション投稿SNS「ミューゼオ」、現代アートコレクター/ギャラリーを結ぶクローズドSNS「CaM by Muuseo」などを運営するミューゼオ株式会社の代表取締役CEO
    監査法人トーマツ勤務、東京証券取引所上場部出向を経て、2007年にクックパッド株式会社に初代の取締役CFO(委員会設置会社移行後には執行役CFO)として参画。管理体制の構築や資本政策、東証マザーズ上場、東証一部への市場変更等を仲間達と成功させ、2012年3月に独立のため退任。
    2013年4月に「育てよう、モノへの好奇心。楽しもう、大切なモノとの生活」というミッションを掲げミューゼオ株式会社を創業。...

  • Tatsuya Hasegawa
    取締役副社長

なにをやっているのか

  • MUUSEO / ミューゼオ
  • Muuseo Accademy

 「Muuseo/ミューゼオ」はイタリア語で「ミュージアム」を意味する「Museo」、英語で「使う」を意味する「Use」からできています。好奇心の結集であるミュージアム、もっと使って楽しみたいという二つの意味を込めました。この精神は、私たちのミッション「好奇心と大切なモノが生み出す楽しみを増やし伝える」ともリンクしています。

私たちは、新しい世界の扉を開き続ける楽しさと大切なモノと生きる喜びが世界で一番集まる場所を提供するため、テクノロジー、コンテンツ表現、学習など成長に繋がる体験の知見を磨きながら、密接に関連する個人向けサービスとそれをベースにした法人向けのビジネスソリューションを提供しています。

【個人向け提供サービス】
■「ミューゼオ」:https://muuseo.com /
「みんなのミュージアムが集まる都市」をコンセプトに、好奇心を表現すること、新しい好奇心が見つかり深まっていくことが相互に連鎖しながら産み出されていく場を目指して、自分のコレクションでミュージアムが作れる「Myミュージアム」、知る・学ぶ・体験できる「アカデミー」という二つの機能をシームレスに提供するサービスです。
(Myミュージアム)
コレクションを登録して自分だけのオンラインミュージアムを作ることで世界観を表現し、さらには同じ好奇心を持つ仲間と楽しむことを目指した機能です。好奇心の集積であるコレクションと、それを作り上げるための知識や想いなどを形にして 自分だけのミュージアムが作れる、そしてその表現を見た人に新しい好奇心を呼び起こしていきます。
(アカデミー)
当社が専門家の協力を得て作成したコンテンツとリアルな学びの場を提供することで、オンとオフを繋いで、興味のきっかけと理解が深まっていく体験を提供しています。もっと理解を深めることが新しい体験に繋がり、人生を味わい深く楽しめるようになるというコンセプトでアートやトイ、フレグランスといった奥行きがあり人生に楽しみを与えてくれる分野で一貫した体験を提供していきます。
■Muuseo Live
当社の様々なプロダクトを横断してオンラインミートアップやオンラインアカデミーを提供しています。

■「CaM by Muuseo(キャム・バイ・ミューゼオ):https://muuseo.cam.com/
現代アート・コレクターとプライマリーギャラリーのコミュニケーションを一貫してデジタルで提供するプラットフォームです。
コレクター同士、コレクターとギャラリーのコミュニケーションを一括してデジタル化するとともに、プライマリーギャラリーが担っている才能あるアーティストのインキュベーション機能を支援しています。
◼︎「ミューゼオ・ファクトリー」https://factory.muuseo.com/
 傑出した作り手が熱狂して生み出す製品だけを提供する受注生産型のECサービスです。新しい扉を開き末長く愛せるような良いモノとの出会いの機会を作っていきます。

【法人向け提供ソリューション(ミューゼオ・ビジネスソリューション)】
理解を深めること、ファンを育むことにフォーカスしたソリューションを提供しています。いずれもファーストチョイスの獲得を目指し、世界観を表現し製品への理解と愛着を深めることとファンが楽しむためのコミュニティ機能を一貫して提供していることに特徴があります。

■「クラウド・ミュージアム for Business」:https://muuseo.com/about/cloud-museum
 オンラインミュージアムが簡単に作れるSaaS型サービス。世界観の表現をミュージアムという形式で行うことで、自社製品について興味が生み出されるきっかけと理解が深まるコンテンツを一貫して提供し、ファンとそのコミュニティを生み出していく動的なマーケティング支援サービスです。

■「ミューゼオ・アカデミーfor Business」
 クライアントの課題をベースに消費者にとっても楽しみとなるより深い製品理解に向けて基礎知識や体験の実際の提供など当社が企画・提供を行い、オンラインとオフラインが結合したアカデミーという形式で提供していきます。

■「ミューゼオ・カテゴリースポンサー」 
 現代アートからファッション、トイまでミューゼオが展開するいろいろなカテゴリーのいずれかのスポンサーとなっていただき、長期間、各カテゴリーのさまざまなコンテンツと関連付けて表示されることで特定分野と密接に関連付いた認知の獲得とコミュニケーションを主目的としています。

なぜやるのか

  • 目黒の静かな場所にオフィスがあります
  • 日の入りが気持ちの良い、居心地のよい環境です

「好奇心を育み、その力で人生の新しい扉を開き続けることの楽しさを広げたい」
「モノを慈しみ楽しむカルチャーがもっと広がって欲しい」

 そんな思いでミューゼオはスタートしました。

 スマートフォンやSNSなどの普及により、あらゆるシーンで情報がプッシュされ、ノイズも溢れています。モノの情報もコトの情報も否応なく目に入り、人々が割く時間も増え続けています。
一方でインターネットがあらゆる行動のきっかけとなることはずっと続くでしょう。

そんな今だからこそ与えられたものではなく、自分で道を選び切り開いていくことがとても重要ではないでしょうか。必要なことは、自身の好奇心を磨き実際の世界で新しい経験をし続けること。もちろんいろいろな局面でも好奇心は育むことは可能ですが、「楽しいと思えること」で学び、実体験を重ねていくことは、人生を歩む力をつけていくためにとても有益だと考えています。

 また、良いモノは人を新しい経験に導く力があります。一方でサステイナブルやエコといった概念も一般化してきましたが、実行の難しい原理主義的な批評よりも自分たちで簡単にできることを実行に移すことが重要だと考えています。
その二つの観点から、良いモノに出会い人生の新しい扉を開くく手伝いをしてもらいつつ、慈しんで大切に使うことを大事にしたい。シェアリングサービスなどモノをめぐる新しいサービスが登場し、モノと人の関係性が変わりつつある時代だからこそ、自分が良いと感じるモノを選び、楽しんで慈みつつ使っていくことが大切ではないでしょうか。

 こうした背景で私たちは、好奇心を深掘ることと人生を変えてくれるような魅力的なモノの重なる領域を事業領域として選択し、私たちのミッション「好奇心と大切なモノが生み出す楽しみを増やし伝える。」は生まれました。

どうやっているのか

  • 対等に議論しあい、ミッションの達成を目指します
  • 表現と技術にこだわり、開発を進めています

 私たちは、「テクノロジーと表現、学習の知見を磨き、好奇心で新しい扉を開く楽しさと大切なモノと暮らす喜びが世界で一番集まる場所を作る。」をビジョンとして掲げています。

 私たちがサービスとビジネスを提供するのは高い感性と知性が必要な領域です。そういった人々へサービスを提供していく必要があります。
サービスを長く使ってもらうためには、コンテンツやサービスデザインなどにおける磨き込まれた表現と、それを実装するための卓越した技術が必要だと考えます。さらに、人々が人生を通じて好奇心で新しい扉を開き続けること、その中核となる実際の体験とそれによって生まれる意味のあるコミュニケーションを通じて人の成長を加速したい。単に便利とか面白いではなく、「個々の人々が成長し続け、もっと良い存在になるには何をしていくべきかのか」を常に一番に考えています。

そのためにも、人とモノの関係を通して、より良い人生のきっかけを提供できるよう表現と技術にこだわりながら洗練させ続け、それをビジネスとして永続的に提供できるようなチームでありたい。

常にインプットとアウトプットを全力で積み上げながら、新しい仲間たちとの出会いをさらなる表現と技術の進化へつなげる。そんな生態系のようなチームを理想としています。

誠実で実行力が高く、協働して世界をより良くしたい人を集め、相互に信頼できるような基盤を作り、社会にとって有益なサービスと高い採算性を両立するために考え、行動し続けることが重要です。
そうして集まり切磋琢磨する人たちがサービス開発チーム、コンテンツ編集チーム、事業開発チームを作り、その三つのチームが対等に議論しあって常に最適解にたどり着くためにチームとして切磋琢磨しつつミッションの達成に向けて道を進み続けます。
また元ピンタレストの日本・アジアの責任者や元ミクシィの開発担当役員、博報堂の著名クリエイティブディレクターなど卓越した経験を持つアドバイザーと一緒になってサービスの開発に取り組んでいます。

 また、チームワークと一緒に過ごす時間を最重要視しながらも、特定職種についての地方在住者のフルリモートワークや集中作業時のリモートワークなどこれからの新しいチームのあり方や働き方に関しても積極的に取り組んでいます。

こんなことやります

ファッションや家具、そしてアートからトイまで趣味性の高い分野において興味を生み出し、理解を深めることに特化した法人向けソリューション事業において、クライアントとのコミュニケーションをハンドルしつつクライアントのビジネス課題の解決に向けて営業担当や社内外のコンテンツディレクターなどと協力してプロジェクトの進行を支えるソリューション・ディレクターを募集しています。

大好きな靴や気に入ったアートは知らなかった世界に連れていってくれる力があります。そうした「良いモノ」は、デザインだけでなく厳選された材料や惜しみない技術が使われています。わかっている人にはその手間と明確な価値が伝わりますが、全てが溢れる今、一瞬のわかりやすさに最適化され、そういった理解の難しいものはニッチな商品となってしまっています。

楽しむために一定の知識を必要とする分野の製品やサービスを提供している企業に向けて単なる認知やリテンションではなく、当社が個人向けに提供しているミューゼオ・アカデミー/ミューゼオの機能を活用し、深く理解こと自体を楽しんでもらうことでファンになるという提供価値に焦点を当てて支援していきます。

現在、ミューゼオでは、アートやファッション領域などにおいて学びと体験を続け理解を深めるためのwebサービスやコレクション管理・交流サービス、アートコレクターとアートギャラリーを結ぶ会員制プラットフォームなど既3つの利用者向け無償サービスに加え、これらのサービスとシームレスに繋がり、利用者に新たな価値を提供できるミューゼオ・ファクトリー(作り手が熱狂して作った製品を企画販売)といった個人向けサービスを提供しています。

これらのサービスの価値をフルに使い、魅力ある製品やサービスについての「興味と理解を深める」「ファンとの長期的な関係作り」を支援するソリューションを提供していきます。現在開発を進めているのは以下の二つのソリューションです。顧客候補に合わせて最適なソリューションを選択して提案していきます。

■「クラウド・ミュージアム for Business」:https://muuseo.com/about/cloud-museum
 ミューゼオが提供する各サービスを活用して売り込むのではなく、理解を深めファンとなるきっかけとなるコンテンツを作り、ファンのコミュニティを生み出していくツール提供型の動的なマーケティング支援ソリューションです。

■「ミューゼオ・アカデミーfor Business」
 より深い理解が必要となる領域において前提となる基礎知識や体験と組み合わせ、オンラインとオフラインが結合したアカデミーという形式で提供していきます。特定の商品やサービスを対象とすることも当社が個人向けサービスとして提供している各カテゴリーのアカデミーをスポンサードしていただき、要所要所に無理なく接点を置くことで認知・ブランディングを高めるプランの提供も可能です。

この中であなたの役割は代表やアドバイザーとともにクライアントを訪問し、課題を明確にして当社の持つサービスを組み合わせて最適なソリューションを提案し、企画の実行時にはあなたが社内とお客様を結ぶハブとなってディレクションしていただきたいと考えています。

【こんな経験できます】
・新しいビジネスを作り上げていく経験
・社内のエンジニアや編集者を巻き込んで事業の形を作っていく経験
・オンラインとオフラインを相互に結んだビジネスモデル作りの経験

【求める人物像】
クライアントの要望や課題に答えていくのが好き、もっとビジネスに直接関わっていきたいと考えている編集ディレクターやウェブディレクターなどのご経験のある方がおられればぜひご応募ください。またカスタマーサクセス出身で進行管理等に興味ある方でも社内の編集ディレクターが支援するのでやる気さえあれば大丈夫です。

会社の注目のストーリー

業務拡大につきオフィスが目黒に移転いたしました
「“モノを大切にすることを広めよう”という考え、私も好きなんです」ミューゼオの人Vol.2 入社2ヶ月ベトナム出身のCaoさんにインタビュー
シチズンのハイテク時計とマッチ箱の共通点「ミューゼオの人Vol.1 後藤敦さん」
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
ミューゼオ株式会社
  • 2013/04 に設立
  • 10人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都品川区上大崎4−5−18 マスヤマハウス2F
  • ファッションからトイまで。顧客のブランド理解を深化させるディレクター募集
    ミューゼオ株式会社