1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
マネージャー(リモートOK)
12
エントリー
on 2020/01/29 440 views

急成長中の映像解析AI企業で対インシデントチームのマネージャー募集!

株式会社VAAK

株式会社VAAKのメンバー もっと見る

  • 日比谷高校卒、横浜国立大学中退。学生時代より起業し、大手クライアントへのシステム開発会社、業界シェア2位のプログラミング教育会社など経営、また経営戦略およびAI活用のコンサルタントとしても活動する。のち行動解析に焦点を定めて研究開発を進め、株式会社VAAKを設立。犯罪や人口減少といった社会課題の解決を目指す。

  • 九州工業大学情報工学部卒。新卒でNEC情報システムズに入社。世界初の群衆行動解析を含む、数多くの映像解析システムの設計開発およびプロジェクト管理に従事する。のち独立創業し、アプリ/WEBなどフロントから、業務システムなどバックエンドまで幅広くシステム開発を扱う。2017年11月よりVAAKに参画。

  • 大学生時代は一日中JAZZ研室内で過ごす。
    2011年ソフトバンクBB(現ソフトバンク)入社、通信インフラの面白さを知り、一念発起しエンジニアに転身。主にネットワークとセキュリティに強みを持っています。
    セガサミー(現セガゲームス)系列のダーツライブ、米国大手広告会社I&S BBDOと大手企業を渡り歩き大規模構築と運用を経験。
    2019年よりVAAKにて事業のオペレーション構築をマネージャーとして担当しています。

なにをやっているのか

  • 映像解析AIを扱い、小売・警備・不動産など最大手と連携
  • 世界各地で話題になりグローバル企業や政府からも注目

■ WHAT WE DO
映像解析AI (https://vaak.co/tech) を強みとして、犯罪や事故を未然防止する「VAAKEYE」や三密回避を促す「VAAKEYE+」、人手不足を解消する無人レジ「VAAKPAY」を開発し、グローバルな社会課題の解決を目指しています。

■ MEDIA
Bloomberg、Forbesなど国内外主要メディアに多数掲載いただき、世界各地からお問い合わせいただいています。
- Bloomberg: These Cameras Can Spot Shoplifters Even Before They Steal
https://bloom.bg/2GWEM45

なぜやるのか

  • CI: 構造化、分析、自動化、予測
  • 映像解析AIにより、容疑者逮捕に貢献

■ VISION
- 犯罪や事故のない豊かな社会 -
人工知能の眼で世界を認識し、犯罪や事故を未然に防ぐこと。人工知能の眼で世界を豊かにし、犯罪が起こる内因をなくしていくこと、私たちはこの2つのアプローチで「犯罪や事故のないゆたかな社会」を目指します。

■ MISSION
- 人工知能の眼で社会課題を解決する -
VAAKの名は「Visualize, Analyze, Automate, prediKt」の略で、あらゆる事象をデジタル化し、新たな価値を創っていこうというメッセージが込められています。私たちはこの「VAAK」を通して、社会課題への新しいソリューションを生み出し、ビジネスの力で迅速に、世界中のエコシステムへ実装していきます。

- AWS Startup Day 基調講演:
https://ledge.ai/aws-startup-day-vaak/

どうやっているのか

  • 開放感のあるオフィス(FAエリア)
  • 基本フルリモートの働き方

■ VALUE / 価値観・行動指針
- FLOW: 仕事が人生のビジョンと重なり、没頭できること
- EVOLVE: チームの化学反応で、群を抜く成果を達成すること
- HACK: イシューを吟味し、非常識な最適解を打ち出すこと

■ MEMBER
技術陣は国際機関出身の研究者やNEC出身のエンジニア、CTO経験者 (6名) など技術に長けたグローバルなメンバー、Bizは上場企業の代表経験者や外資コンサル出身者といったメンバーで構成されています。やる気のある方にはどんどん裁量をお任せします。

■ COMMENT
- 松尾豊氏(東京大学大学院工学系研究科特任准教授)
「これからの機械は目を持つようになるとも言えます。万引き防止AI『VAAKEYE』は、この『機械の目』を防犯に活用したもので、事業としての広がりが大きく、そして社会的な意義も高い取り組みだと思います。」

こんなことやります

緊急事態調査センター(Emergency Analysis Center)とは、VAAKのAIが検知した緊急事態を、利用者に確認を行い、また関連機関と連携を行う部門で、この度の募集では、当センター候補を募集しております。

・業務内容
AI検知後のオペレーション管理や実際の対応
(検知映像の確認や関係者との連絡など)
利用者サポート管理や実際の対応

・募集条件
コツコツと作業することが得意な方
報連相をきちんとこなせる方

・歓迎要件
コールセンターやサポートセンターの体制構築を経験された方
オペレータ・サポート業務経験をお持ちの方
カスタマーサクセス業務経験をお持ちの方

会社の注目のストーリー

万引き防止AI「VAAKEYE」の正式版をリリース
和製「Amazon Go」で実現したい未来とは?
映像解析AI「VAAKEYE」で万引き容疑者逮捕へ
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社VAAK
  • 2017/11 に設立
  • 50人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都千代田区平河町1丁目1−8 麹町市原ビル8F
  • 急成長中の映像解析AI企業で対インシデントチームのマネージャー募集!
    株式会社VAAK