Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
QAエンジニア
on 2020/01/24 101 views

プロダクトの成長に寄り添えるQAエンジニア募集

株式会社ビザスク

株式会社ビザスクのメンバー もっと見る

  • 2013年にビザスクを共同創業としてはじめ、現在はCTOとして開発全体を見ています。企業当初はひたすらに開発をしておりましたが、最近は開発組織の課題解決に多くの時間をさくようになりました。でもやっぱりコードを書くのも楽しいので、なんとかすきを見つけて開発しようと画策しています。

    現在エンジニアの積極採用中です!とにかく開発の方にお会いしたいと思っており、yentaでも週2ペースでお会いさせていただいております。まだ転職の検討はされていないかたでも、情報交換やキャリア相談にも乗れるとおもいます。ぜひお気軽におこえがけください!

  • Visasq
    QA Team Leader

  • Sier経験15年を経て、ウィルゲートの開発室グループのゼネラルマネージャーになりました。
    前職・前々職ではオフショア開発経験もあり。
    2000年頃から作ったサイトは大小合わせて50サイトを超え、BtoBtoCサイトであれば大体の事は経験済み。
    前職では某検索サイトのPMとして40名規模の開発を成功させました。


    エンジニアは常に孤独になりがちですが、チーム開発におけるエンジニアリングとは密なコミュニケーションと一体感だと思っています。
    チームを構築する上で最も気を付けているのは「どんな状況でも笑いが絶えないチーム」かどうかです。

    エンジニアと話すときはほぼ全て牛丼で例え話をします。

なにをやっているのか

「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに、ビジネス知見に特化した日本最大級のナレッジシェアプラットフォームを運営しており、多種多様なビジネスの「知りたい」「相談したい」とピンポイントな知見を1時間のインタビューでマッチングする「スポットコンサル」をメイン事業として提供しています。

国内外で約95,000名のアドバイザーが登録しており、圧倒的な質・量・深さの個人の知見データを蓄積しているところがビザスクの強みです。
直近1年で26カ国のアドバイザーとマッチングしており、海外のアドバイザー登録数も10,000名と国外からのニーズも高いことから2019年にグローバルチームを立ち上げました。

2019年10月には、トーマツが主催するTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象にした過去3決算期の収益に基づく成長率のランキング「日本テクノロジー Fast 50」にて、第6位(成長率:512.95%)を収め、0から作ってきたサービスが市場に受け入れられ、順調に成長を続けています。
今後は、ビジョンである「世界中の知見をつなぐ」ことに最速で到達するために、強みであるデータベースを活かした新規事業の展開や、アドバイザー数を10万人、20万人、100万人と組織・世代・地域を超えて知見を集めつなぐことで、世界のイノベーションに貢献します。

■ビザスクの現在と未来 
代表端羽のブログ内のスライドを是非ご覧ください。 
ビザスクの現在と未来についてのストーリーが記載されています。 
http://hashibaeiko.hatenablog.com/entry/20181203/1543820765

■ビザスクエア(ビザスクWeb社内報) 
ビザスクの社内の様子を発信していきます。 
https://square.visasq.com/

■提供サービス 

・ビザスクlite(セルフマッチング形式):https://service.visasq.com/ 
・ビザスク(フルサポート形式):https://visasq.co.jp/service/interview 
・toB向けオンライン定量調査《エキスパートサーベイ》:大手法人向け 

・各種研修 / ワークショップ  / サイトビジット / 業務委託

■スポットコンサル事例紹介 

https://case.visasq.com

■Topics 

・「2019年 日本テクノロジー Fast 50」で6位を受賞 https://visasq.co.jp/archives/8554

・メンバーブログ https://www.wantedly.com/feed/s/visasq 
・代表ブログ「プライドはクソだ」 
http://hashibaeiko.hatenablog.com/entry/20170212/1486884070

なぜやるのか

  • 社内システムも常に進化中。セキュアだけどみんなが使いやすいシステム環境を本気で考えています。
  • 毎月の全社での飲み会。人数が増えてもコミュニケーションはずっと大切していきます。

①人生100年時代と、働き方改革
人生100年時代、働き方改革、副業解禁、労働人口の減少と、個人のさらなる活躍が求める時代に変化してきました。ビジネス知見に特化したナレッジシェアのビザスクは、個人の機会を拡大するプラットフォームを目指しています。
②イノベーション創出への貢献
国内市場が長期的に縮小し、グローバルな競争環境も厳しさを増す中で、商品開発や新記事事業創出は重要な課題であり、オープンイノベーション、イノベーション人材育成、デザイン思考など様々な試みがなされています。ビザスクはこの市場とテーマに暗黙知をデータベース化し、イノベーションにつなぐ仕組みを構築します。

■現状と私たちが感じている社会課題 


近年、オープンイノベーション、副業解禁と5年前の日本の価値観としてなかったものが広がりつつありますが、 
考えとして知られているだけで、まだまだ実現できていないのが現状です。

・本当に必要な技術・知見・人材に、必要なタイミングですぐアクセスしたい

・自社の技術や、自分のスキルを求めている人と出会いたい 

・どんな会社とも、誰とでも信頼できる取引ができるような世の中に

現在は会社の中にだけは、社員の情報・規則・取引先との信頼関係があり、情報や技術、人材の囲い込みが「会社」というものの差別化となっており、上記を実現するためにはまだまだハードルが高いですが、「会社」の在り方が変化しなくてはならないタイミングがすぐそこまで来ています。

■ビザスクが世の中に貢献できること 

ミッションがあるとき、ニーズがあるときに、組織が開放される世の中を実現したい。 

ビザスクの知見DBによって、必要な技術・知見・人材がすぐに見つかり、信頼を担保するためのルールがあり、取引コストも下げることが出来る。 
つまり会社の在り方、世の中の境界線を変えるために一番近くにあるのがビザスクの知見プラットフォームだと考えています。

どうやっているのか

  • 年1回全社合宿での様子。将来を見据えた議論を本気でします。
  • 打ち合わせ風景。いつでも真剣にそして楽しく議論します!

■バリュー:
1. 初めから世界を見よう
2. 一流であることにこだわる
3. 圧倒的に成長するサービス
4. プライドはクソだ
5. 広める努力は全員で
6.自由を自覚しているか

■チーム構成:
社員数は86名 (2019年8月時点)
- 開発:ビジネス:管理(役員含む)= 1:3:1
- 男性:女性 = 6: 4 (産休中2名)
- パパ/ママ = 25名
- 与論島からのリモート1名

■全社員対象/家事代行サービス無料利用制度導入
https://visasq.co.jp/archives/6779

■ビジネスチームの思い
システムの開発はエンジニアが実装しますが、常にサービスを進化させる視点を持ち、エンジニアと議論をしています。
クライアントやアドバイザーの声を直接聞けることはビジネス側で仕事をしている強み。全員が当事者意識を持って「こんなのあったらいいな」をすぐにエンジニアに伝達をしてサービスを進化させます。

■開発チームの思い
私たちビザスクは、創業期から現在まで、エンジニアがオーナーシップをもって施策に取り組むというスタイルを貫いています。
エンジニアが「どんな価値を提供するのか」を意識しながら主体的に開発することで、知見を提供するアドバイザーはよりスポットコンサルに集中でき、依頼者は早くスムーズに適確なアドバイザーと出会えるプラットフォームとして、更に加速度的に成長していけると考えているからです。

参考資料
- ビザスクを支える技術 日本最大級のスポットの変遷
https://www.slideshare.net/ssuser6dc7ce/2017-75497482
- ビジネスマッチングサービスの裏側
https://www.slideshare.net/ssuser6dc7ce/visasq
- ビザスク tech blog
https://tech.visasq.com/

開発チームとビジネスチーム、一方だけでは成立せず、常に近い距離で動いているのがビザスクの特徴です。
一人一人はプロフェッショナル、チーム全体は家族まで大事にする昭和の良き連帯感、そんなチームを目指しています。

こんなことやります

◯ QAポジションの募集背景
昨年2月にQAを発足し “ビザスクに最適なQA” を模索してきました。
クリティカルなところから徐々にテスト対象の領域を増やし、テストをする文化やテストフローが浸透してきたことで、プロダクトの成長を促進するQAチームが組織に定着して来つつあります。
ですが、まだQAチームが担保できている領域はクリティカルな部分に留まってしまっているため、より広い範囲に目が行き渡らせることができるように、QAチームのメンバーを募集することにいたしました。

◯ こんなことやります
ビザスクのソフトウェアテストに携わり、サービスの品質を向上させて品質を担保するためのQA業務を担っていただきます。
ビザスクの持つ開発力をより向上させ、チーム・プロダクトに最適なQAを模索、実践していただきます。

◯ 具体的にお願いしたいこと
・リリースに際してのテスト方針、設計、及び実施
・品質を高めるためのテスト技術調査や導入
・障害に対しての対応策や再発防止策の考案
・デバッグ用機能の開発、テスト用の諸操作の自動化
・自動テストの作成、運用

◯ 求める人物像
・「世界中の知見をつなぐ」という、ビザスクのビジョンに共感できる方
・職能に拘泥せず、プロダクトを主体にアクションを起こせる方
・プロダクトの成長と共に柔軟に対応できる方

◯ 開発環境
コミュニケーション:Slack, QiitaTeam, Esa
開発環境/デプロイツール:Docker GitHub, CircleCI
開発マシン: MacBookPro full-spec、 ThinkPad X1 Carbon 最大構成(もしくは同等の性能のご希望のマシン )
自動テストツール: Ruby, Selenium Webdriver, Capybara, Rspec

会社の注目の投稿

2018年全社合宿の振り返りと6つ目のvalue誕生
【ビザスクCTOの花村に突撃インタビュー #1】
全社員対象、全額会社負担の家事代行無料利用制度を導入しました!
エントリー状況は公開されません
9人が応援しています
会社情報
株式会社ビザスク
  • 2012/03 に設立
  • 86人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 〒153-0042 東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ9F
  • プロダクトの成長に寄り添えるQAエンジニア募集
    株式会社ビザスク