Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
ソフトウェアエンジニア
1
エントリー
on 2019/12/13 28 views

ビジネスを変える!AIで世の中を本気で変えたいエンジニアを募集!

ゼネリックソリューション株式会社

ゼネリックソリューション株式会社のメンバー もっと見る

なにをやっているのか

  • 「情報空間とリアル空間」
  • 「4つの事業領域」

ゼネリックソリューションは、
ビッグデータ解析と人工知能(AI)テクノロジーに特化した企業です。
私たちは、「ビジネスとデータをもっと近くに」をビジョンに、
データからビジネス上の課題を発見し、解決するためのソリューションを提供しています。

私たちが人工知能を活用するのは、
人間のようなアンドロイドを創るためでありません。
これまで人間の経験則や勘に頼っていた知的タスクを自動化し、
ビジネス上の意思決定に確かな判断基準を提供するためです。

自動化できるタスクをどこまで拡大できるか。
自動化の精度をどこまで高められるか。
そうして、人がより「人にしかできない」ことに力を注いでいくことはできないか。
私たちはそのために、まだ誰も解けていない課題に向き合い、挑み続けています。

私たちがかかわるのは、B to Bの領域。裏方ですから、
目に見えるかたちで世界を変えることはないかもしれません。
しかし、私たちのソリューションは、ビジネスを変え、働き方を変え、
人間をより創造的な存在にするでしょう。

世界を、静かに変えていく。
そのためには、ともに挑むエンジニアが必要です。

なぜやるのか

2015年12月からの、
千葉銀行との金融ビッグデータ分析の分野での協業開始を皮切りに、
いまでは中国銀行、愛媛銀行、七十七銀行、北陸銀行とともに、
次々とFinTech分野における、協業を開始しています。

たとえば、そういった金融機関の成功事例では、
ビッグデータ解析を使い、お客様一人ひとりのニーズを把握。
その変化を捉えるために、
人工知能テクノロジーを使った業務プロセスの改革に取り組むことで、
従来のテクノロジーの成果を超えるイノベーションを引き起こしています。

こうした成果は働き方の改革にもつながり、単純労働の機械化に貢献。
機械にはできない、人間ならではの創造力を引き出すことにもつながっています。

従来の方法では見つけることができなかったニーズを発見し、
お客様個人に特化したベストタイミングでアプローチできるようになること。
それによって、今までできなかった仕事のやり方が生まれ、
常識と思われていたアプローチにイノベーションが起きていく。

そうした成功事例を体感できるとともに、
それは新たな研究開発にもつながっていく。

何より、業界が変化していく予感を感じられることは、
とてもワクワクする瞬間です。もちろん、これはほんの一例です。

私たちはこれからも、
さまざまな業界や業務でこうした実績を少しずつ積み上げていきます。

どうやっているのか

私たちはテクノロジーと社会のギャップを埋めることで
社会を変えていこうとしています。

そのために、まずは目の前の顧客が抱える課題を解いていく。
時代はいま、大きく変わろうしているタイミングです。
新しい時代をつくろうと果敢に挑む企業のパートナーとして、
イノベーションを起こしていきます。

私たちと顧客との関係はいたってシンプルです。
数値目標を決め、成果にコミットする。
お客様と同じか、それ以上の気持ちで目標達成に全力を尽くします。
おかげさまで、取り組み内容と成果については
全顧客より満足をいただいています。

ちなみに私たちのソリューションは全産業に適応可能ですが、
各業界のトップクラス企業をターゲットの中心においています。
そこを押さえることで、同じような課題を抱える業界業種に水平展開できる。
そうして社会への最大波及効果を狙うためです。

私たちのソリューションを支えるのは、
ゼネリックソリューションのコア・テクノロジーを製品化し、
ビッグデータ解析と人工知能テクノロジーを搭載した「GS8」。

膨大なデータに対する分析タスクの自動化を効果的にサポートし、
ビジネスにインパクトを与えていきます。

特に、ビッグデータを低コストで処理する技術基盤と、
ビッグデータから意味を見出す人工知能に強みがあるため、
顧客の業界や業務に合わせた分析・活用が可能となります。

具体的には、情報検索・推薦、知識獲得・表現、機械学習などを要素技術として、
お客様に合わせたPDCAを効果的にサポートし、売上高の向上、コスト削減などの
経済効果の向上を実現していきます。

■ともに働くメンバーについて

ゼネリックソリューションは、2006年に会社が誕生しました。
ルーツは当時、慶応義塾大学総合政策学部の学生だった小西が、
在学中に起業した会社にあります。

人工知能テクノロジーを支えるキー・テクノロジーである、
データベース研究の第一人者、慶應義塾大学・清木康教授のもとで、
データベース研究に従事していたのが起業のきっかけとなりました。

当時大学生だった創業メンバーに加え、大学を卒業したのち、
アクセンチュア、日本IBM、ヒューレット・パッカード、日立製作所、トランスコスモス、
ソフトバンク・テクノロジーズなど、大手企業で活躍してきたエンジニアやコンサルタントが、
創業当時のチャレンジを知りつつ、ここ数年の弊社の可能性に未来を感じて再集結し、
現在では30名ほどの社員が在籍しています。
平均年齢も30歳と若く、社長も38歳です。

世界を変えていくこの仕事は、イノベーションです。
私たちの目指す成果に焦点を絞り、それぞれの社員のバックグラウンドを強みに
スキルや経験を掛け合わせる。そうして、新たな化学反応を起こすような組織づくりの上に、
事業を通じて組織を成長させてきました。

イノベーションには、
志の高い人材が支える、組織の力が必要不可欠です。

こんなことやります

ゼネリックソリューションは、
ビッグデータ解析と人工知能(AI)テクノロジーに特化した企業です。
私たちは、「ビジネスとデータをもっと近くに」をビジョンに、
データからビジネス上の課題を発見し、解決するためのソリューションを提供しています。

私たちが人工知能を活用するのは、
人間のようなアンドロイドを創るためでありません。
これまで人間の経験則や勘に頼っていた知的タスクを自動化し、
ビジネス上の意思決定に確かな判断基準を提供するためです。

自動化できるタスクをどこまで拡大できるか。
自動化の精度をどこまで高められるか。
そうして、人がより「人にしかできない」ことに力を注いでいくことはできないか。
私たちはそのために、まだ誰も解けていない課題に向き合い、挑み続けています。

私たちがかかわるのは、B to Bの領域。裏方ですから、
目に見えるかたちで世界を変えることはないかもしれません。
しかし、私たちのソリューションは、ビジネスを変え、働き方を変え、
人間をより創造的な存在にするでしょう。

世界を、静かに変えていく。
そのためには、ともに挑むエンジニアが必要です。

エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
ゼネリックソリューション株式会社
  • 2006/12 に設立
  • 40人のメンバー
  • 東京都渋谷区南平台町1-9 南平台宝来ビル4F
  • ビジネスを変える!AIで世の中を本気で変えたいエンジニアを募集!
    ゼネリックソリューション株式会社