Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
法務担当
1
エントリー
on 2019/11/28 413 views

CLO直下で安心・安全なサービスを創る、法務担当募集!

READYFOR株式会社

READYFOR株式会社のメンバー もっと見る

  • 1987年生まれ。東京大学法学部・東京大学法科大学院卒業。2013年12月より弁護士登録(第二東京弁護士会)。
    2014年1月より森・濱田松本法律事務所で執務。コーポレート・ガバナンス、ベンチャーファイナンス、会社訴訟・非訟、M&Aその他企業法務一般に従事した。
    弁護士としての経験から、適切な法務戦略が事業を加速させるとの確信を得て、戦略法務の観点から「法の遅れ」を解決できる法律家でありたいとの思いを強め、スタートアップへの移籍を決意。
    2018年7月よりREADYFOR株式会社に参画。現在は執行役員CLOとして、「シェアリングエコノミー」×「金融」という法的に未解明の部分も多い事業領域...

  • ▪️入社理由
    「本当に必要とされているところにお金を届ける」という金融の本質を愚直に追求できる事業モデルと、良いものを世に広め、人と人が繋がる機会の創出に挑戦し続けることにやりがいを感じました。誰もがやりたいことを実現できる、そんな「世界」と「会社」を創りたいと思っています。

    ▪️経歴
    在学中コンサルティング会社にて社員研修構築や採用コンサルティング、WEBマーケティング事業などを経験。
    2013年、三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資銀行本部に入社。
    エクイティ・キャピタル・マーケット部にて事業会社と不動産投資法人(J-REIT)の株式引受(PO,IPO)業務、コーポレート・ファイ...

  • 大学在学中に、東京大学との産学連携ベンチャーにて、アスリートやものづくりに取り組む個人が継続的に寄付をつのることができるサイトを立ち上げ、その後スタンフォード大学に留学し、クラウドファンディングの仕組みについて勉強をしていました。
    大学院在学中に日本初のクラウドファンディングとしてREADYFORを立ち上げ、2014年7月に法人化をし、READYFOR株式会社で代表取締役をしています。

  • 東京大学理学部物理学科卒。同大学院在学中に電子書籍分野での起業をして以来、複数のスタートアップの事業立ち上げに携わる。
    2012年11月、スマートニュース社の初期メンバーとして参画。急拡大する組織の中で、技術を軸に幅広い業務を担当。その後、自動運転やブロックチェーン等、新技術を扱うプロジェクトを経て、2019年1月よりREADYFOR社にCTOとして参画。

なにをやっているのか

READYFOR(https://readyfor.jp/)は、日本最大級※のクラウドファンディングサービスです。2011年3月のオープンから1万件以上のプロジェクトを掲載、総額100億円の資金を全国のチャレンジャーへ流してきました。
2019年7月にはこれまでのクラウドファンディングの実績や培ったネットワークを活かし、「READYFOR SDGs」(https://sdgs.readyfor.jp/)をローンチ。企業のお金を志のある活動へ流していく取り組みを始めています。

※日本最大級=プロジェクト掲載件数、累計支援額

<READYFORが、第5回日本ベンチャー大賞 経済産業大臣賞を受賞!>
https://blog.readyfor.jp/n/n18aeda6e4989

<READYFORで実際に資金を集めたプロジェクト>
・ぜん息の子供と親の負担を減らしたい。新しい治療法への挑戦
https://readyfor.jp/projects/difto

・認知症の方と作る「注文をまちがえる料理店」広がれてへぺろの輪
https://readyfor.jp/projects/ORDERMISTAKES

なぜやるのか

  • プロジェクトの記者会見の様子
  • 第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞

私たちREADYFORは、資金がないことを理由に「やりたいこと」や「夢」を諦めてしまう、そんな人々を1人でも減らしたいという思いから、クラウドファンディングサービスを業界に先駆けて2011年よりスタートしました。

最初は6件のプロジェクトからスタートしましたが、8年かけて掲載は10,000件ほどに。少しずつクラウドファンディングの認知も広がり、個人から個人のお金の流れのみならず、研究機関や医療法人・ソーシャルセクターなどに資金調達の手段を提供してきました。

今後はよりお金の「出し手」「受け手」を増やしていくため、人や事業への投資を加速させています。
2019年10月にはCI(コーポレート・アイデンディティ)の刷新を敢行し、クラウドファンディングの枠を超えたお金の流れの創出を目指しています。

<CI刷新について>
https://blog.readyfor.jp/n/nc1e3777a53e4

どうやっているのか

  • 緑に囲まれた開放的なオフィス
  • 社内はソファーやビーズクッションもありリフレッシュしながら働ける環境です。

【組織】
社員80名、アルバイトやインターンのメンバー含めると120名を超える組織となりました。
Web・コンサル・金融・メーカーなど様々なバックボーンを持つメンバーがそれぞれの専門性を活かしながら、部署をまたいで協力しつつ、仕事に取り組んでいます

【大切にしていること】
「安心してエネルギー高く働き続けられる組織」を掲げ、相互の信頼と尊敬を持ってアクションしています。
全メンバーがSlackにジョインしており、カジュアルなコミュニケーションで情報共有しながら、組織としてのアウトプット最大化を重視しています。

こんなことやります

弊社クラウドファンディングサービスは、多様なジャンルの新たなチャレンジを「資金調達」の面からサポートしています。
「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」というビジョンの実現に向けてクラウドファンディングをなるべく身近で手軽なサービスにしたいと思っています。
他方で、サービスの安心・安全を維持し、支援者の想いやサービスへの期待が裏切られることを適切に防止することも求められます。そのような背景から、2018年7月に森濱田松本弁護士事務所から草原をCLOとして迎え、サービスの安心・安全やみなさまからの信頼を維持する仕組みづくりを進めています。

今回の募集では、法務・コンプライアンス室のメンバーとして「コーポレート法務」「審査・サービス法務」を担っていただく方を募集します。
現在はCLO草原が室長を兼務し、学生インターンが常時1-2名ほど稼働している状態です。社員はおらず、志向性に応じて同チームインターン生のマネジメントを含めたチームビルディングなどもご担当いただく想定です。
また、新規事業開発における法的検討や資本政策、規制領域に対するアプローチなどもゆくゆくご担当いただく可能性があります。

【コーポレート法務担当】
▼コーポレートガバナンス
- 機関設計
- 内部統制
- ガバナンス・コード対応
▼リスクマネジメント・コンプライアンス
- 情報セキュリティ
- BCP
- 個人データの利活用
▼契約法務
- 金融機関・大学・自治体とのアライアンス
- NDA
- 業務委託契約
- サービス(ソフトウェア・人材紹介サービス等)の利用に関する契約
▼クラウドファンディング事業
- ユーザー間トラブルの調整
▼CSとの連携(しくみ・オペレーションづくり)

【審査・サービス法務担当】
▼クラウドファンディング事業の審査業務(各プロジェクトの違法性・実現可能性など)
▼サービス運営上の法律相談
▼ユーザーのコンプライアンスチェック(反社チェック)
▼アルバイト/アウトソーシング先のマネジメント業務
▼法人新規事業
- 法人新規事業におけるDD対応

会社の注目の投稿

10ヶ月に渡るCIリニューアルの裏側「想いをつなぐ金融機関へ」-電通チーム×READYFOR米良はるか
舞台裏でクラウドファンディング達成を支える仕事って?「キュレーター」をテーマにしたミートアップを開催しました!
エンジニアの人数が一年で2倍に!CTOに聞く、サービスの未来を描ける技術組織のつくり方
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
READYFOR株式会社
  • 2014/07 に設立
  • 85人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 〒102-0083 東京都千代田区麹町一丁目12-1 住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階
  • CLO直下で安心・安全なサービスを創る、法務担当募集!
    READYFOR株式会社