1
/
5
バックエンドエンジニア
60
エントリー
on 2019/11/27 4,128 views

国際色豊かな環境でビッグデータSaaS開発を進めるエンジニア募集!

株式会社ビービット

株式会社ビービットのメンバー もっと見る

  • 株式会社ビービットにUXコンサルタントとして新卒入社。アクセス解析、ユーザ行動観察調査、画面コンセプト設計などによる、Webサイト・アプリの改善プロジェクトに従事。地方銀行・大手住宅検索サービス・大手ホームセキュリティサービスなどのサイト改善を手がける。
    その後、ソフトウェア事業部に移り、エンジニアとしてデジタル行動観察ツール「Usergram」の保守・改善を手がける。

  • 東京大学学部卒業後、中国吉林大学にてコンピュータサイエンスの修士課程取得。
    Bytedanceで2年弱レコメンドエンジニアとして北京で現地勤務後、帰国してインフラ、バックや国際チームなどのエンジニアマネジメントをしている。

    英語、中国語をはじめとする外国語をサブツールとして有し、専門である機械学習、データマイニングの知識とプログラミングスキルで、既存の問題解決を楽しみとしている。
    学部4年生から、Web開発を始め、修士課程では、学部時代の研究室の先輩の立ち上げたITベンチャー企業でデータ解析を務めてきた。また、モチベーションを維持するのが得意で、趣味の中でも、自分の目標をはっきりさせ、...

なにをやっているのか

  • UXチームクラウド「USERGRAM(ユーザグラム)」
  • 「ユーザ行動観察調査」などの科学的な手法を用いてユーザの体験設計を行っています

【ビービットの事業内容】
■UXデザインコンサルティング
ユーザリサーチ・カスタマージャーニー可視化・ウェブサイト/スマホアプリ成果改 善・デジタルサービス開発企画支援・ユーザロイヤルティ向上

■UXグロースハック支援サービス
USERGRAM(ユーザグラム)・UXグロースハック実践支援プログラム・並走型運用支援

ユーザ中心主義のもと、上記のサービスを通じ、デジタル化社会における「あるべきマーケティング活動」の実現を支援しています。

なぜやるのか

  • 例えば中国の都心部では、Mobikeやofoといったレンタル自転車が、単なる一企業によるサービスをこえて、社会のインフラになっています
  • コトラーも企業のデジタルトランスフォーメションの必要性を説いています

AIやIoTといったさまざまなデジタルテクノロジーが社会・経済・生活を大きく変えようとしている現代は、「デジタルがすべてを包み込む」デジタルオーバーラッピング時代といえます。その進化は加速の一途をたどり、とどまることを知りません。

そのような環境下において、企業は自らをデジタル時代にあわせてリデザインしていく必要に迫られています(デジタルトランスフォーメション)。

すべての行動は何らかの形でデータ化され、物理制約を越えたオンラインの競争原理の中で利活用されていくことでしょう。

オンラインとオフラインを別物として考えた上でそれらをつなげようとするO2O(Online to Offline)の考え方はすでに陳腐化し、デジタルとリアルを一つのプラットフォームとして捉えるOMO(Online Merges Offline)の時代に移行しつつあるとビービットは考えています。

テクノロジーによる拡張性は人々の利便性を増加させ、体験価値を向上させます。すなわち、OMOの考え方においては、すべてのビジネスはプロダクト(製品=モノ)ベースからエクスペリエンス(体験=コト)ベースへ転換していき、より社会インフラに近づいていくことになります。

つまり企業は「自社の製品・サービス・プロモーション」を「デジタル/リアルの区別なくユーザの生活に溶け込む体験」として再定義する必要があり、私たちはその「エクスペリエンスデザイン」をサポートすることで、企業・消費者の双方にとって「より良い社会」を実現していきたいと考えています。

どうやっているのか

  • ホワイトボードが社内のいたるところに置かれ、部門を越えて常に活発な議論が行われる文化が浸透しています
  • 積極的に思考をアウトプットし、必要に応じて図示することで、認識を共有しようとするのもビービット社員の特徴です

創業以来こだわってきたユーザ中心アプローチを活かし、OMO時代のエクスペリエンスデザインに取り組みます。

「UX(User eXperience)の可視化→コンセプトの見直し→体験シナリオ・ジャーニーの改善→ビジネスインパクトの創出」 という方法論で、企業の取り組みを体験軸で再設計し、成果につなげていきます。

また、上記のようなUX中心業務を企業全体で継続性を持った活動として実現とするための支援も行っています。

こんなことやります

「USERGRAM(ユーザグラム)」は、ユーザの『状況』を捉えることに特化したSaaS型のクラウドサービスです。ユーザの行動データを、各種デバイスにとどまらず、リアルな行動まで計測し、その順序や流れをユーザ1人1人、丁寧に可視化することに挑戦しています。クライアントが直感的にユーザ心理を把握できるようになることで、ビジネスとしての成功と共に、使い手に対する想いのこもったサービスや商品が溢れる心地の良い社会の実現を目指しています。

2017年にリリースしたUSERGRAMですが、翌2018年より、会社としてもソフトウェア事業に重きを置く舵を切る決断をし、大規模な投資をはじめました。リリース当初10名に満たなかった開発チームは、今では約30名にまで増えました。ですが、まだまだソフトウェア開発組織としては歩き始めたばかりのベンチャー企業です。USERGRAMのバックエンドは現在15名程度のエンジニアが開発していますが、さらなるグロースのため、まだまだ戦力が足りない状況です。そこで、USERGRAMのバックエンドを一緒に開発してくださるエンジニアを募集します!

【担っていただきたいミッション】
USERGRAMにおいてあらゆるデジタルユーザ行動のタッチポイントを計測することに責任を持ち、中長期的な視点でユーザ行動観察の提供に貢献することが出来るエンジニアを求めています。

【ポジションの魅力】
・多くのユーザの体験に直結する
USERGRAMは、自社開発のBtoB SaaSには珍しく、クライアントの多くが大企業です。そのため、クライアント企業がUSERGRAMを使って立案するサービス運用施策は、非常に多くのユーザに影響を及ぼすことになります。USERGRAMによって、クライアント企業が抱いていたユーザ像が180度変わることも珍しくありません。1つの新機能・あるいは1つのバグがユーザの体験の質を変えうるので、常に緊張感とやりがいがあります。

・絶えず変化することが求められる環境である
ビービットでは創業以来、プロトタイピングによる高速の仮説検証にこだわってきました。そのスタイルは会社のカルチャーとして浸透しており、USERGRAMでもチーム内の開発サイクルや使用技術がめまぐるしく変化しています。特にデータパイプラインやinfraはこの半年で技術スタックが急速にモダンなものに変わり、業務環境がどんどん面白くなっています。自分や周りのやり方を変えようとする動きは常に歓迎されます。

・国際的なチームでプロダクト開発ができる
チームは多様性に富み、10ヵ国以上から集まったメンバーが約半分です。色々なバックグラウンドをもったメンバーと共にプロダクト開発ができます。日本語で起きた議論を外国のメンバーにどう共有するべきか?など、国際チームならではの課題も多く、試行錯誤しながら一緒にチーム運営をすることは貴重な経験です。英語力を伸ばすための制度もあり英語のスキルアップが可能です。

・心理的安全性を大切にする文化
プロダクトを成長させるために開発・ビジネス関係なく議論できるため、チーム一丸となって試行錯誤しながらプロダクトを成長させる経験ができます。また、ハイレベルな技術もポジティブに議論できます。

【マッチするエンジニア像】
自分からプロダクトの課題を発見し、改善策を提案することができる
・ 現在のバックエンドのPythonアプリケーションのトラブルシューティングと強化
・ 業界の動向やトレンドを分析し、効率的なプロセスを策定する
・ 技術的な問題を解決し、ユーザーにとってよりシームレスな体験を提供する

一つの技術やコンポーネントに閉じず、他チームの管轄部分も含めたサービス全体の設計とその課題に関心を抱くことができる
・ 価値あるプロダクトを開発するために、ビジネスサイドとコミュニケーションをとり協力して進める
・ 当社の技術スタックを常に最新の状態に保つ
・ サービス全体のデザインとその問題点に関心を持つ

チームメンバーとコミュニケーションを行い、サービスや技術に関する知見を共有し合うことができる
・ テックレビューに積極的に参加する
・ ジュニアメンバーの教育、コーチング、メンタリングを行う

【応募資格】
・PythonとAWSを使ったウェブサービスの開発および運用経験2年以上
・Dockerを用いたパブリックサービス開発および運用の経験
・英語でのコミュニケーション能力(日常会話レベル)
・日本語でのコミュニケーション能力(日常会話レベル)

会社の注目のストーリー

【社員紹介_vol.7】理論と実践の融合。UXに関する生きたノウハウを学び、自らの専門性を高める。
【社員紹介_vol.6】人が変わる瞬間に立ち会える仕事。ユーザーファーストの伝播で、社会の幸せの総量を増やす。
【社員紹介_vol.5】エンジニアリングにも顧客にも精通した、プロダクトを支えるテクニカルサポート
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
株式会社ビービット
  • 2000/03 に設立
  • 125人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
  • 東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル10F
  • 国際色豊かな環境でビッグデータSaaS開発を進めるエンジニア募集!
    株式会社ビービット