Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
フィールドセールス
on 2019/11/21 405 views

テクノロジー×カラダの痛みで、個と組織のパフォーマンスを最大化する法人営業

株式会社バックテック

株式会社バックテックのメンバー もっと見る

  • 株式会社バックテックを2016年に創業し、肩こり・腰痛対策アプリ”ポケットセラピスト”を運営。医療機関等での7年間の臨床業務と、京都大学大学院医学研究科での研究の両立をしてきた。
    大学院在学中には、MIT、Harvard Innovation Lab、Warton Schoolなどで起業研修に参加。0から1を創り出すことが得意。
    人間性として、メンタルマッチョであることが特徴。趣味はスキューバダイビングやサーフィンなど。

  • 現在、株式会社バックテックのソフトウェア開発全般を担当。
    世界中の体の悩みで困っている人を助けるための製品・サービスの開発に悪戦苦闘中です。
    ****
    新卒で入った会社(エンジニアとして入社した訳ではない)で、幸運にも良いプロジェクトに配属され、また良き同僚にも恵まれ、エンジニアとしてのキャリアを積むことが出来ました。しかし、もっと小さい組織でスピード感のある開発し、エンドユーザーとの距離も近い環境で働きたいと思い、フリーランスのエンジニアとして出発しました。
    そんな中でバックテックに出会い、社長の情熱に感銘を受け、社長のビジョンを達成させてあげたいと思い、ジョインしました!

  • 1993年2月1日茨城県つくば市生まれ。

    現在は神戸大学大学院保健学研究科博士後期課程に在籍しながら、株式会社バックテック(ヘルスケアITベンチャー)のインターン生として勤務しています。

    中学の時に大好きな祖母がくも膜下出血で倒れました。昏睡状態の時期から最終的な自宅復帰までサポートして下さり、人生に寄り添う職業である理学療法士という職業に憧れました。

    大学入学後、病気の予防に興味を持ち、卒業研究から現在に至るまで、労働者の腰痛予防の研究をしてきました。

    趣味は相撲観戦(マニアレベル)、海外旅行、洋楽、洋画鑑賞、グルメ巡りです!

    =======
    キャリアサ...

  • 受託開発から新規ビジネス企画まで、10年間エンジニアとしてキャリアを積んできました。
    そのなかで、1年間デザイン会社に出向した経験から、よりユーザー視点でエンジニアリングに携わりたいと、株式会社バックテックにジョインしました!
    UXにこだわり、ユーザーの声を第一としてより良いプロダクトを作っていきます!
    よろしくお願いします!

なにをやっているのか

  • 肩こり・腰痛対策アプリ”ポケットセラピスト”
  • UXなどプロダクト開発はみんなで議論しながら!

バックテックは、未だ誰も解決していない健康問題である”カラダの痛み”にフォーカスし、医学的エビデンス × 認知行動療法アプローチ × テクノロジーで「痛みの可視化」に挑む、ヘルステック・スタートアップです。
2016年に理学療法士(Ph.D)でもある福谷が創業し、今後5年以内でのIPOを目指しています。

「カラダの痛みに不安を抱えながら生きるヒトの人生をデザインする」
我々はこのビジョン実現に向け、現在は、医学的エビデンスとの融合でこの見えない「カラダの痛み」を可視化することによって最適な対策メニューを提供する、健康経営アプリケーション『ポケットセラピスト』を開発・運営しています。
カラダの痛みや不調が原因で仕事に集中できない・・・まずはこの身近な労働問題に、国家資格を持つ専門家に遠隔で相談できるサービスでアプローチ。「既存サービスでは改善しにくい肩こり・腰痛」による「働くパフォーマンスの低下」を解決することで生産性向上・医療費削減を目指し、組織状況の可視化から対策までをワンストップでサポートしています。
https://pocket-therapist.jp/

我々がプロダクト開発を進めるうえで大切にしているのは、医学的エビデンス、人々の行動変容を起こすための丁寧なアプローチ、そしてUX。
臨床研究に用いられる実証実験でその効果も検証されたことから、ヘルスケア領域に留まらず、現在は、大手企業をはじめとする健康経営や働き方改革などのウェルネスソリューションとして、HR(EX・ES)施策や経営企画から注目を集めています。

[オムロンヘルスケア共同実証研究]
https://www.backtech.co.jp/omron_backtech_press_190919/
[産業医科大学森教授・永田講師が顧問に就任]
https://www.backtech.co.jp/bt_ueoh_adviser_190909/
[導入事例]
https://pocket-therapist.jp/case/

今春、大きな資金調達を終えました。
今後は「痛み」を起点としたO2Oモデルを実現し、あらゆるデータ(生体データや記録データなど)との連携することで、「痛み」のプラットフォームを構築していきます。

[資金調達]
https://jp.techcrunch.com/2019/03/20/backtech-fundraising/

なぜやるのか

  • 世界共通の働く人々の健康の課題解決についてプレゼン
  • 最新の医学的知見をもとに専門家の教育にも力を入れています。

「仕事をやめないと病院を受診する時間がなかったので、仕事をやめてからきました」

これは、バックテック創業のきっかけとなった、患者さんの言葉です。
我々は本来、仕事は楽しくあるべきだと考えています。しかしストレス社会の現代、楽しいはずの仕事が原因で、健康を損なう人が増加の一途を辿っているのも事実です。

– カラダの痛みにより仕事を休んだ経験がある割合 25% ※
– カラダの痛みに悩む従業員の割合 67% ※

調査データが示すのは、カラダの痛みや心の疲れが原因で、仕事を辞めたり、仕事に集中することができなかったりする人は日本だけでなく、世界中にも数多くいるということ。

いつ、どんなときに、どんな痛みが起こるのか、どんな周期で起こるのか、なにが効果があったのか、、、

我々は、「痛み」の可視化により構築したデータハブと、信頼と楽しさのエッセンスを加えたアプリケーションで、人を元気に、企業を元気に、世界を元気にしていけると信じています。

痛みのプラットフォームを実現することで、オンライン・オフラインどこでも、正しい医学的知見を必要とする人々の手に最速で届け、それぞれに最適な情報やソリューションを提供していくことこそが、我々の存在意義でもあります。

長年悩んだカラダの痛みから解放され、やりたいことをイキイキと楽しむユーザーさんの声を聞けることが、我々の原動力です!

※Fujii T et al. Eur Spine J. 2013より
※上場企業2社アンケートデータより

どうやっているのか

  • エンジニア・デザイナー・社長が一同に会し、スピーディに意思決定しています。
  • チーム全体が常にお互いを高め合う存在です!

資金調達を終え、事業としてもマーケットを再定義しながら、
「カラダの痛みを科学する」という新しい領域で急成長を目指すフェーズです。
だからこそ、職域を超えたチームワークを最重要視しています。

それは、単なる“不足の補い合い”ではありません。

まだまだ、小さなチームですが、大企業出身、医療職出身、CSのプロ、急成長中のエンジニア、フリーランス…など、個性豊かなメンバーが個々の持てる力を最大限に発揮し、それぞれが職域を跨ぎながら、事業戦略・サービス開発・セールス拡大施策など、キャリアの掛け算効果を爆速で回しています。

組織としても、すべてが“創造中”。
ビジョン達成のために、ユーザー価値創出のために、我々の組織はどうありたいか、我々のサービスはどうありたいか、我々自身がどうありたいか、日々ディスカッションをしながら進めています。

今後は、『カラダの痛みで悩む世界中の人々に、最速で最適なソリューションを提供できる世界最大の“痛みのプラットフォーム”の構築する』という壮大な夢に向かって、新たな領域にチャレンジしていく予定です!
(詳細は面談時に)

我々の事業やスピード感を肌で感じて、一緒にワクワクしながら働きませんか?
ヘルスケア市場をアップデートして社会を最高なものにしていきましょう!

こんなことやります

肩こり・腰痛対策アプリ”ポケットセラピスト”は、大手企業を中心に健康経営ソリューションとして、順調に導入企業を伸ばしています。今年3月にはエムスリー株式会社および株式会社MTG Venturesより資金調達も完了し、いよいよ本格的に拡大フェーズに突入しました。

現在、「健康投資の見える化」など世の中の意識も高まっており、中小企業や地方企業からの問い合わせも増え、セールス、CS、開発と一丸となった体制構築を急ピッチで進めています。

これまで代表の福谷が主にセールスを担当していましたが、ポケットセラピストのさらなるグロースを見据え、強いセールス組織を一緒に創り上げていただける仲間を探しています。

まずは気軽に話を聞きに来ていただければと思います。

【業務内容】
・事業収益最大化のための営業組織の構築、部内組成
・健康経営課題解決サービスの営業・営業企画・販売戦略と実行
(リードジェネレーション〜顧客ナーチャリングまで含む)
・事業アライアンスなどの新規商流、顧客開拓
・営業状況KPI管理とPL管理
など

【経験・スキル】
必須
・フィールドセールスの経験のある方
・圧倒的な数値実績を出されてきた方

以下はいずれかでも可
・SaaS系サービスの営業経験がある方
・部内組成や業務設計、PL管理とKPI管理の経験のある方
・職種の枠を超え、エンジニアやマーケティング、CS、など巻き込みながら仕事をされてきた方
・からだの不調に関して、何かしらの原体験をお持ちの方
・起業経験のある方

こんなご経験も!
・Slerやコンサルティング(組織開発、BPR)企業での営業経験

【マインド】
■バックテックの理念への共感
■忖度なしにご自身の意見をはっきり伝え、かつ職種の枠を超えたチームでの協働に積極的な方
■ユーザー視点を重視できる方
■社内外に積極的な情報発信をすることを厭わない
■ベンチャー企業との親和性(曖昧耐性・自主性・自立性・達成意欲)

【バックテック×ポジションの魅力】
■チャレンジングな市場
■「痛み」の世界観やUXを、世界初で具現化していく裁量と成長機会
・初期メンバーとして参画・部門のみでなく会社全体の組織づくりも担うフェーズ
・代表は元医療従事者かつ現研究者。業界の先端情報にアプローチしながらメディカルドメインの新サービスに携わるやりがい
■ユニークな事業ドメイン「痛み」×医学的エビデンス、社会貢献性の高い誇りの持てるプロダクト
・身近な「カラダの痛み」をテクノロジーで可視化することで、企業で働く人々を活性化する
・日本さらにはグローバル市場の変革とその健康寿命延伸に貢献していく

会社の注目の投稿

「エンジニア健康サミット2019」に登壇しました!
テストコードを書いた
当たり前のことを当たり前に!プロダクトに安定感をもたらすバックテックのCSの今!?
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
株式会社バックテック
  • 2016/04 に設立
  • 9人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区円山町28-1 渋谷道玄坂スカイビル8F
  • テクノロジー×カラダの痛みで、個と組織のパフォーマンスを最大化する法人営業
    株式会社バックテック