1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
リレーションシップマネジメント
10
エントリー
on 2019/11/22 642 views

外食におけるシェアダイニングを世の中に普及したいセールス募集!

株式会社キッチハイク

株式会社キッチハイクのメンバー もっと見る

  • 1985年 東京都出身
    早稲田大学卒業後、2008年博報堂DYメディアパートナーズ入社。
    出版社プロパティとITを活用した新規事業の立ち上げ、企画提案を担当。退社後は、世界各国を周って人を訪ね、一緒に食卓を囲んでごはんを食べるフィールドワークを行う。著書「キッチハイク!突撃!世界の晩ごはん(集英社)」

  • 筑波大学在学中に休学し、京都へ渡る。1年間の修練後、西本願寺で住職の資格を取得。その後、世界中の人々が無償で1つのものを創り上げていくオープンソースコミュニティに仏教の世界観との共通点を見いだし、エンジニアとして活動をはじめる。
    筑波大学大学院を卒業後、2008年に野村総合研究所へ、仏教の専門知識を活かせるテクニカルエンジニアとして入社。
    MongoDB勉強会、MongoDB JPコミュニティの主催者。2012年からgihyo.jpでMongoDBでゆるふわDB体験を連載する。
    http://gihyo.jp/dev/serial/01/mongodb

    2013年に野村総合研究所を退社...

  • 株式会社キッチハイクの事業開発担当です。

    KitchHikeの料理人(「COOK」)が好きなキッチンを利用できる
    レンタルキッチンサービス「みんなのキッチン」を中心に、
    KitchHikeを成長させる仕組みを日々考えています。


    *東京大学文学部卒業後、楽天に入社。
    *ECコンサルタント、社長秘書を務めたのち、楽天レシピで念願の食関係の仕事に。
    *2017年2月、事業開発担当としてKitchHikeに参画。

  • 立命館大学国際関係学部を卒業後、株式会社コスモスイニシア(元リクルートコスモス)に入社。賃貸物件のカスタマーサポートに約2年間従事し、顧客分析のシステム構築を主導。2018年2月、カスタマーサクセスとして株式会社キッチハイクに参画。

    管理栄養士の母の影響、米国留学時代に現地で食料問題を学んだ経験から、「食のシーンを通じて人と人・人とモノをつなげるための場作り」に関心を持つようになる。

    COOK名「Shirokuma Kitchen」としてPop-Upを開催中。

なにをやっているのか

【2019年12月にMistletoe・MTG Ventures・OPENSAUCEから、2.5億円の資金調達を完了】

キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"仕組みとして2013年にスタートしたサービスです。
2020年6月からは新しく食のECをスタートし、現在は以下の事業を行っています。
・「食と文化を旅する体験ができる」ECサイト運営
・「実際に現地の人と交流できる」食体験イベントの開催・運営

▼Webサービス「キッチハイク」
食と文化を旅しよう Taste the World.
https://kitchhike.com/

▼ 採用向け会社紹介スライド(2019年11月)
https://speakerdeck.com/kitchhike/recruitment

なぜやるのか

  • 大好きな飲食店を応援する
  • 食と文化を旅する体験ができる商品を開発

「世の中に、ワクワクする食体験を生み出すため」

Our society is what we eat.
- 社会は、私たちが食べるものでできている -

「食べる」は日々の行為です。その一食の選択が、世の中を大きく変える力を持っています。
何を食べるか?どう食べるか?ひとつで、食文化や社会の担い手になることができます。

コロナ禍において、食べる人の存在が飲食店や地域を支え、かけがえのない食と文化を維持していることがよくわかりました。

わたしたちがいま取り組むのは、飲食店や地域とともに、
「食べてみたい!」と言ってしまうようなワクワクする商品を生み出すこと、
つくる人と食べる人の関係性がつづく体験をつくること、
これによって、食と文化が生み出しているこの世界の豊かさを届けることです。

キッチハイクを通して、持続可能な未来と食文化を創造することが、これからの社会をよりよくすることへの貢献になると考えています。

どうやっているのか

  • 日当たりと風通しが良いオフィス
  • リモートワークでも距離の近いコミュニケーション

◎会社について
グロース・エンジニア・デザイナーを合わせて20名程度の小さな組織です。
すべてのメンバーが自分の手で未来を良くするというマインドを持ち、キッチハイクを通して「世の中に、ワクワクする食体験を生み出す」ことに全力で向き合っています。

◎チームカルチャー
・SESSION
個性を尊重しながらもチームでグルーヴし、「自分が自分らしく」いられるチームを目指します。

・FUTURE USER FIRST
今への最適化よりも、未来のユーザーにとって必要な機能を優先して提供していきます。

・BE LAZY
手間を惜しまずに自動化・文書化を推奨。長時間労働ではなく、最小の工数で最大のインパクトを出すことを目指します。

こんなことやります

外食領域における“シェアダイニング”の普及に向けた取り組み、食や地域にまつわる他企業とのコミュニティアライアンスを進め、ここ数年で月10万人が使うサービスを目指します。そこで、飲食店セールスチームにおいては、キッチハイクを開催する提携飲食店を2020年春までに100店舗、2020年中には300店舗まで拡大を計ります。大切にしているのは、キッチハイクは飲食店にとって「外食の未来をつくる」パートナーになっていきたいということ。そこで「キッチハイク」導入店舗の拡大と、飲食店のファンを増やす仕組みづくりを担うセールスメンバーを募集しています。

▼「新しい外食の楽しみ方」を目指す取り組みを開始 (プレスリリース)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000006899.html

▼飲食店向け案内ページ
https://kitchhike.jp/omise

【業務内容】 
食で繋げる体験をつくる、外食から世の中をもっと楽しくしたい。そのためには、「みんなで食べる」文化をキッチハイクで飲食店でにとって前例のないサービスとして価値を提供していく必要性があります。セールスチームとして、キッチハイクに共感してくださる飲食店を増やし定着させる役割を担います。また、飲食店ドリブンでキッチハイクのユーザーを増やすための戦略立案から実行までをメンバーと取り組みます。

・キッチハイク導入店舗の開拓営業
・導入店舗へのフォロー・企画提案
・飲食店ドリブンのユーザーグロース施策 企画提案
・営業プロセスの改善

【必須条件】
・ミッション、カルチャーへの共感
・食×IT業界に携わってきた方
・飲食店への営業経験(2年以上)ある方
・飲食店ドリブンの企画・実行ができる方
・人を喜ばせるマインドを持っている方
・前例がないことへの挑戦にモチベーションがわく方
・サービス理解のため、キッチハイクへの参加経験(応募後に予約しても可)

【歓迎条件】
・渉外能力、プロジェクトマネジメントが得意な方
・食や暮らし、社会をより良くしたい人

《期待しないこと》
・チームのマネジメントや経営へのコミット

会社の注目のストーリー

【休学編】僕たちインターンエンジニアが、大学や新卒ではなくキッチハイクを選ぶ理由。
転職は、深夜のラブレターから。朝起きると、採用が決まってた。2度見してから、2度寝した。夢じゃなかった。
【休学編】インターンで人生が変わった!キッチハイクの大学生3人が発見した未来の「はたらく」
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社キッチハイク
  • 2012/12 に設立
  • 13人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG. 4F
  • 外食におけるシェアダイニングを世の中に普及したいセールス募集!
    株式会社キッチハイク