Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
iOS/Androidアプリ
5
エントリー
on 2019/11/12 4,601 views

スポーツの環境の格差をなくす!オンラインコーチング事業のテックリード募集

Pestalozzi Technology株式会社

Pestalozzi Technology株式会社のメンバー もっと見る

  • 高校時代からアメリカンフットボール(ポジション:QB)を始め、 早稲田大学卒業後NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)に挑戦するため単身渡米。
    2009年に室内プロリーグAFL(アリーナ・フットボール・リーグ)で1シーズン過ごし、先発4試合を含む合計7試合に出場。
    約5年間のNFL挑戦を終え日本に帰国後、2014年THE CAMPを創業。
    その後メディカルフィットネスラボラトリー株式会社 取締役最高執行責任者、株式会社Xiborg執行役、株式会社Deportare PartnersにてExecutive Directorを務めた。

  • 早稲田大学卒業後、大手証券会社に入社しリテール営業を行う。
    その後大手プラットフォーム会社に転職。広告代理店への営業を担当。
    Pestalozzi Technology株式会社を共同創業し、現在に至る。

なにをやっているのか

具体的な活動としましては下記5点

・現状アナログで測定/集計している新体力テストのデジタル化
・各部活動におけるテスト(スコア)の導入
・部活動におけるHow To動画のリコメンド配信
・スカウトとのマッチング(リクルート)
・競技者とコーチがいない部活動へのマッチング

他にも今後世界のスポーツ産業をより盛上げるべく、
様々なことにチャレンジしていきます。

なぜやるのか

子供たちの新体力テストの結果は昭和60年ごろから現在まで約35年間低下傾向にあります。
この要因としては子供たちを取り巻く環境の様々な変化が考えられますが、このまま今の子供たちが大人になり運動することから離れてしまうことに危機感を抱いております。

生活習慣が悪化することはもちろんですが、各スポーツにおいても競技人口が減っていくことでスポーツのレベルが落ちてしまうこと、日本におけるスポーツへの興味関心の希薄化、スポーツ産業の衰退など、大げさかもしれませんが可能性としては大いに起こりうることではないでしょうか。

こうならないためにも、神経系の発達が活発な子供たちに少しでも運動することに対し興味関心を持ってもらうことが大事だと考えます。

どうやっているのか

まだ会社を立ち上げてから間もない会社ですので社員はまだ多くありません。
共通点はたくさんありますが、しいて例をあげるのであれば「教育をアップデートしたい」ということと「スポーツが好き」なことです。
現状国語や算数など勉学の分野ではデジタル化が進んできておりますが、体育や部活動では未だにそれが進んでおりません。
またスポーツが好きだからこそ、現状に対し危機感を覚えていて、この状況を打破したいという熱い気持ちがあります。

こんなことやります

我々が目指す体育や部活動におけるエコシステムの中枢を担う「オンラインコーチング事業」におけるアプリ開発エンジニアを募集します。
具体的にはアプリ1つで動作解析を用いて選手個人個人の動作(フォーム)を教師データと比較し、どこを改善すればいいのか、最適な練習方法等をリコメンドするシステムの開発になります。
アプリ開発経験が豊富な方はもちろん、体育の授業や部活スポーツにイノベーションを起こしたいという方も大歓迎です。

エントリー状況は公開されません
7人が応援しています
会社情報
Pestalozzi Technology株式会社
  • 2019/07 に設立
  • 5人のメンバー
  • 東京都新宿区西早稲田1−22−3 早稲田大学インキュベーションセンター12室
  • スポーツの環境の格差をなくす!オンラインコーチング事業のテックリード募集
    Pestalozzi Technology株式会社