Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
バックエンドエンジニア
3
エントリー
on 2019/11/07 885 views

Scalaで自社プロダクトを開発するエンジニアを募集

Givery,Inc.

Givery,Inc.のメンバー もっと見る

  • 2012年3月に筑波大学理工学群社会工学類経営工学専攻卒業。学生インターンシップ時代に「エンジニア」領域に特化した支援事業を株式会社ギブリーにて立ち上げ、入社。現在は取締役を務める。オンラインプログラミング学習・試験ツール等の自社サービスを立ち上げ、同社のHR tech部門を管掌。また、日本最大規模の学生ハックイベント、JPHACKSの組織委員会幹事を務めるなど、若い世代のイノベーターの発掘・支援にも取り組んでいる。

  • 金融システム開発の SIer から 30 歳を過ぎて Web アプリケーションエンジニア に転身。大小様々なプロジェクト経験を経て、アットウェアに入社。アーキテクトやテックリードの立ち位置で各種開発プロジェクトを支えたり、社内の情報共有基盤の構築などの改善活動を行った後、CTOに就任。
    2018年、オンラインプログラミング学習・試験プラットフォーム「track」のバックエンドエンジニアとして、株式会社ギブリーに入社。
    個人ではオープンソース活動を積極的に行っており、Facebook4J 等のソフトウェアを公開・メンテナンスをライフワークとしている。

  • 日本国内におけるHeroku導入の第一人者。「エンジニアの育成・評価プラットフォーム構築のため、フルスタックエンジニアとしてジョイン。現在はエンジニア向けのプロダクトの開発をメインで実施しながら、各プロジェクトの開発効率化や新しい開発スタイルの導入も務める。英会話ガチで勉強中。メキメキとしゃべっている。

なにをやっているのか

GiveryのHR Tech部門では、「Empowering Engineering!!」というビジョンを掲げ、創造力を持って新しい価値を生み出すことのできるエンジニアを支援すべく、いくつかのサービスを展開しています。

■track
https://tracks.run/
世界を席捲する日本発Techベンチャーを輩出する、Webエンジニアの教育/評価/採用のプラットフォーム
■athletics
https://athletix.run/
採用前からスキルが分かるエンジニア採用プラットフォーム

特にエンジニアのスキルを可視化して正しく評価、さらに育成することでより強い組織を作る助けとなるSaaSプロダクト「track」は、第16回 日本e-Learning大賞において、4つの大臣賞の中より「総務大臣賞」を受賞するなど、成長著しいサービスを運営しています。

*受賞履歴
New!〇第16回 日本e-Learning大賞において、4つの大臣賞の中より「総務大臣賞」を受賞
https://givery.co.jp/press/5190/

◯ HRテクノロジー大賞 管理システムサービス部門優秀賞
https://tracks.run/news/20180810/

◯ 日本HRチャレンジ大賞 奨励賞
https://givery.co.jp/news/780/
https://www.facebook.com/giveryinc/posts/1545757052387967

◯ HR Tech GP 2018 ファイナル出場
https://tracks.run/news/20180718/

◯ Infinity Ventures Summit 2016 Kyoto Launch Pad ファイナリスト
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1844913199129263&id=1844212299199353

*取材実績
◯ track――生涯エンジニアが活躍し続けるためのスキルチェック&学習プラットフォーム、他社・業界とのスキル比較も可能
https://itjinzai-lab.jp/article/detail/1029

◯ track――プログラミングの教材・試験を誰でも作れることにこだわって開発、エンジニアもきっと学習コンテンツを自作したくなる
https://itjinzai-lab.jp/article/detail/1041

◯ 自立自走できるエンジニア輩出を目指し、新たに生まれ変わったプログラミングスキルチェックサービス「track」
https://jinjibu.jp/hrt/article/detl/techsolution/1923/

◯ 事業撤退、ピボットを経験した20代役員が描く社外エンジニアを巻き込んだEdtech革命への道
https://www.fastgrow.jp/articles/givery-yamane/

なぜやるのか

多様なサービスが生まれる現代、「ITエンジニア」の存在は欠かせません。
エンジニアの採用/育成は、あらゆる企業で急務となっています。
そこで、活躍するのが、弊社プロダクトです。

弊社のHR Tech部門では、「Empower Engineering!!」というビジョンを掲げ、エンジニア採用・評価・育成のソリューションを複数展開しております。

その中でtrackは、オンライン上でプログラミング試験や学習コンテンツによる「スキルの可視化」「スキルの定量指標化」を提供することでプログラミングスキルをベースとしたエンジニアの採用、研修、配属・評価制度設計を企業内で実現することができるプラットフォームです。
私たちは、このプロダクトを通じて企業内におけるエンジニアの適切なHR(採用・育成・評価)の実践を提供することで、企業内におけるエンジニアリング力の最大化を支援しています。

どうやっているのか

  • ファミリーデイを行うほど仲が良いです
  • trackのユーザー会での集合写真です

"<多様的でスキルフルな少数精鋭チーム>

GiveryのHR Tech部門のチームは、40名とまだ人数は決して多くありませんが、優秀なメンバーが集まっています。エンジニアという領域への飽くなきビジョンを掲げるプロパーメンバーと、そこに共感をして集まった様々なスキルを持つスペシャリスト集団です。

・東京大学名誉教授 竹内郁雄先生
・600名のエンジニアを率いたソーシャルゲームの社長兼CTO
・リサーチコンサルタントとして大手消費財メーカーのブランド戦略を立案していたマーケター
・外資系マーケティング会社にてSaaS系toBプロダクトの推進をしていたカスタマーサクセスマネージャ

また、国際色も豊かで、イギリス・フランス・ベトナム・バングラディッシュなど、様々な国籍のメンバーが働いているのも特長です。

チームメンバー一覧は以下よりご覧いただけます。
https://tracks.run/team/

また、産学官の連携も豊富で様々な方からの応援をいただきながら推進しています!

◯ 東京大学名誉教授によるプログラミング問題の監修
https://givery.co.jp/press/881/

◯ 会津大学との教材の共同研究も開始!
https://tracks.run/news/20180820/

◯ 学生ハックイベンントを産学官と連携して運営
- JPHACKS(ジャパンハックス)は,全国の学生を対象にしたハックイベントです。
https://jphacks.com/"

こんなことやります

【概要】
自社プロダクト(track)のバックエンドエンジニアとして従事していただきます。

【業務内容】
■開発業務
・Playframework(Scala)を用いたバックエンドの開発
・スプリントミーティングへの参加
・メンバーへのコードレビュー

【必須(MUST)】
・Java/Scalaでの開発経験
・PostgreSQL/MySQLなどのRDBMS/ORDBMSの使用経験
・新しい技術に対する興味・関心
・Dockerの利用経験
・Git/GitHubを用いたチーム開発経験

【歓迎(WANT)】
・AWSの利用経験
・HR Tech領域における基礎知識
・語学力(英語)

【 こんな人におすすめ! 】
・自社のプロダクトの開発に従事したい
・作って終わりではなく顧客と向き合い改善していく開発プロセスを経験したい
・ダイバーシティ(多国籍)な環境で働きたい
・スクラムをベースとしたアジャイル開発プロジェクトに関わりたい

ご応募お待ちしております!

会社の注目の投稿

人事でキャリアを積んだ私がHR Techサービスでカスタマーサクセスにチャレンジする理由
「成長した先に見える世界がある」やりたいことが分からなかった私がギブリーを選んだ理由
ギブリーは初めて出会えたレインボーカラーな会社
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
Givery,Inc.
  • 2009/04 に設立
  • 90人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
  • Scalaで自社プロダクトを開発するエンジニアを募集
    Givery,Inc.