1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
新規事業副責任者
9
エントリー
on 2019/11/11 472 views

終活領域で社会課題を解決!新規事業責任者の右腕をWanted

株式会社鎌倉新書

株式会社鎌倉新書のメンバー もっと見る

  • ・インタネットサービス業界に18年以上います。
    ・前職では、国内外のECビジネスに携わってました。
    ・インターネットを使って地方をエンパワーメントするというコンセプトが大好きです。
    ・今は、供養×ITの業界で、高齢者とそのご家族が必要とするサービスを提供してます。
    ・現在勤めている鎌倉新書は、サービスの、企業の急成長を肌で感じることができる最高に面白いフェーズ。
    ・ご興味がある方、オフィスにぶらりと遊びに来てください。

  • (株)鎌倉新書でお墓の事業部を担当。
    今までに石材店2社で得た知識経験を元にしたサービス作りを心がけています。

    【担当サイト】
    いいお墓 :https://www.e-ohaka.com/
    樹木葬なび:https://www.e-jyumoku.com/
    納骨堂なび:https://www.e-nokotu.com/
    いいお墓 :https://www.e-eitai.com/
    (永代版)
    その他お墓関連サイト

  • 株式会社鎌倉新書
    執行役員 プロダクト開発部部長
    (2018年5月に鎌倉新書に入社)
    現職での取り組みは以下のメディアでも紹介してもらっています。

    【鎌倉新書 執行役員 プロダクト開発部部長 溝口氏】約1年で個→組織の働き方へシフトさせたマネジメント術と今後の組織課題とは?
    https://octopass.jp/interview/2019/10/23_536

    ●過去の職歴
    ・SIer(4年半)
    ・コンサルティング(3年)
    ・大手IT事業会社(8年)

    ●主なキャリア
    ・プロジェクトマネジメント
    ・ビジネス(事業)サイドと開発(システム開発)サイドのつなぎ役
    として、キャリアを築い...

  • 株式会社鎌倉新書(東京証券取引所マザーズ上場)代表取締役社長
    1990年父親の経営する社員3名の同社に入社。顧客は出版物が欲しいのではなく、そこに書かれてある情報が知りたいのだという視点から、出版業ではなく情報加工業と定義。同社を出版からセミナー・コンサルティングへそしてインターネットサービスへと業態を転換させてきました。また公益財団法人つなぐいのち基金専務理事、東京ニュービジネス協議会理事るなど、社会奉仕活動も積極的に行っています。

なにをやっているのか

鎌倉新書は、供養や終活の領域で、WEBプラットフォーム事業などのサービス業を展開するベンチャー企業です。

■ いいお墓 http://www.e-ohaka.com/
全国の霊園や墓地を検索することができるお墓の総合情報サイトです。

30年以上の業界知識とネットワークにより、日本全国9,000件近くの墓地・霊園を掲載し、お客様の希望される地域や予算に合った墓地・霊園を簡単比較。安心のお寺の墓地から、話題の樹木葬まで、お客様にあったお墓探しをお手伝いします。

さらに、お客様センターのお墓専門相談員がお墓の選び方や紹介の相談を承っています。

■ いい葬儀 http://www.e-sogi.com/
全国の葬儀社や斎場を検索することができる葬儀の総合情報サイトです。

1,000社以上の葬儀社と提携し、全国5,700以上の葬祭場の中からお客様の希望される地域や予算に合った葬儀のお見積もりを簡単に比較できます。

また、実際に葬儀社を利用した方からご投稿いただいた20,000件近くの口コミを参考に葬儀社を選ぶことも可能です。

24時間(年中無休)のお客様センターでは、葬儀専門の相談員がお客様からのご相談をお受けしています。累計相談件数は36万件以上、緊急時にも病院など現在地から近くの葬儀社や火葬場を探すこともでき、スマートフォンならではのサービスも充実しています。

■ いい仏壇 http://www.e-butsudan.com/
全国の仏壇店を検索することができる仏壇の総合情報サイトです。

日本全国8,000店舗以上の仏壇店を掲載し、お客様の希望される地域や予算に合った仏壇の見積もりを簡単に比較できます。

なぜやるのか

近年、「終活」という言葉が一般的に使われるようになりました。

その理由は、高齢化が進み、高齢人口が増えたことだけではありません。加えて、産業のサービス化や都市化が進んで親子が離れて暮らすようになり、親子関係が変わったことが影響しています。今、子供たちは親がどのような希望、思いを持っているのかを分からなくなっています。

そんな時代だからこそ、高齢の方々は自らの希望や思いを自ら実現しなければなりません。そういったことから「終活」がクローズアップされるようになったのだと、わたしたちは考えています。

わが国において、終活領域の事業規模は約2兆円という巨大マーケットです。葬儀やお墓等、人生の最後を迎えた際に必要となるものから、相続、不動産などのお金のこと、また介護や医療などのからだのことまで、終活に対するニーズは多岐に渡ります。

わたしたちは、終活領域においてお客様の立場から適切なサービスを提供し、もっともお客様のお役に立てる、「ありがとう」と言っていただける会社を目指します。

どうやっているのか

■ 一人ひとりがオーナーシップを持つ
鎌倉新書は、中途入社が9割の会社です。それぞれのメンバーが、各自の知識と経験を活かし、責任を持って仕事に取り組んでいます。

また、自分のアイデアをドンドン具現化していくために、積極的にチャレンジしていける風土があります。

■ フラットで、公平に評価される
社内の雰囲気はかなりフラットです。新卒から役員まで並びの席に座り、仕事をしています。
部長や役員とも気軽に意見交換をすることができるため、学びの機会に恵まれている環境です。

また、人事制度には多面評価なども取り入れ、より公平に評価できるように工夫をしています。

■ 働く仲間とのコミュニケーションを大切にする
社内には「はらっぱ」と呼ばれるリラックススペースがあり、気分転換やお昼休憩に利用できます。部署を超えたカジュアルなコミュニケーションが取りやすく、新しいアイデアが生まれることも。
社員同士でミーティングを行う場合には、仕切りのないファミレス席を活用しています。話し合いの内容がオープンになっていて、より活発な議論ができるようになっています。

こんなことやります

鎌倉新書はこれまで、お墓、葬儀、仏壇のプラットフォーム事業を運営してきました。現状、それらの事業はそれぞれ独立しています。今後は、終活領域において多岐に渡るお客様のニーズに応えるべく、クロスセルを推進していくとともに、既存のビジネスにとどまらない相続や介護、医療などの近隣領域のビジネス開発も同時並行で行っていきたいと考えています。

中でも、新規事業の立ち上げは重要なポジションです。既存事業で得たキャッシュフローを新規事業に投資し、スピーディーに立ち上げることができなければお客様のニーズに適切にお応えできている状況であるとは言えません。我々のいる終活周辺領域はビジネスの挑戦の場所として非常に魅力的であり、業界の内外をつなぐハブになれる当社のユニークなポジションは他にはないフィールドです。ここで次のチャレンジをしていただける方を募集しています。

具体的には…
・全体戦略に基づき拡張性・収益率を考慮した新規事業を矢継ぎ早に立案し、事業の初期立上げをリード
・新規事業になるマテリアルからフィジビリテストを行い新規事業の立ち上げからオペレーションをメンバーとともに構築
・実際の現場での肌感覚とデーターからマーケットインである事業をスピーディかつ楽しみながら作る
・ともに夢見るオーナーシップ持ったメンバーが集まる組織を作り運営していく

応募にあたって…
■必須要件
・新規事業の立上げ経験
・圧倒的な成果を過去に出したことご経験がある方
・新しい視点や手法を常に吸収し、主体的に実践できる方
・ビジネスを通して成長する機会を求める方
・チームとして信頼し合うメンバーとの連携に価値を置ける方
・マネージメント経験

□歓迎要件
・起業・事業責任者の経験
・プラットフォーム事業に携わったことのある方
・終活領域でのビジネス経験 もしくはこの領域に非常に興味がある方
・コンサルでの就労経験・MBA保有

会社の注目のストーリー

「考える力」と「ガツガツした営業力」、どちらも鍛えたかった僕が鎌倉新書を選んだ理由【19卒インタビュー】
コンサル、楽天の次に選んだのは社会課題に向き合う会社。挑戦と成長をつづけ、鎌倉新書の縁の下の力持ちを目指す
大企業相手のコンサルからベンチャー企業へ。お客様目線のコールセンターから終活領域の課題解決を目指す
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社鎌倉新書
  • 1984/04 に設立
  • 147人のメンバー
  • 東京都中央区京橋2丁目14-1 兼松ビルディング3階
  • 終活領域で社会課題を解決!新規事業責任者の右腕をWanted
    株式会社鎌倉新書