Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
機械学習エンジニア
3
エントリー
on 2019/10/19 196 views

累計5億円調達済!膨大なVRデータや視線データを活用する機械学習エンジニア

株式会社スペースリー

株式会社スペースリーのメンバー もっと見る

  • 1980年生まれ、東京都出身。
    2003年東京大学卒業、2005年東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修了、JAXA宇宙科学研究所研究員(修士)の2年間では、ソフトウェア、ハードウェアの開発を経験。

    その後、経済産業省(METI)では、主に内閣官房への出向時の宇宙基本計画取りまとめなど、宇宙開発分野に携わる。2011年からシカゴ大学へのMBA留学。現地Accelerator Programに選ばれ起業。

    METIを2013年に退職。2014年からアート事業を始めて現在も運営。2016年11月から、どこでもかんたんVR、スペースリー(Spacely)のサービスにフォー...

  • 東京大学卒業後、2003年 三井住友銀行入行、2006年からのBNPパリバ証券を経て2016年に参画。収益不動産オーナーでもあり、不動産分野に精通。現在、不動産分野最大の業界紙「全国賃貸住宅新聞」にコラムを連載中。Spacelyの事業開発、営業、マーケティングを主に担当。

  • 2017年東京工業大学大学院卒業(基礎物理学専攻)後、野村證券で金融市場マーケティング部の業務に従事。エンジニアとしての成長を志向してスペースリーに参画しフルスタックエンジニアに。日々成長の毎日。ダンサーの顔もある。

  • 鹿児島生まれの鹿児島育ち。
    高校卒業後、現役で大阪大学経済学部に入学したが、1年で退学して東京大学教養学部文科Ⅲ類に再入学。農学部国際開発農学専修に進学し、卒業論文ではフィリピンのウシエビ(ブラックタイガー)の生態について研究。
    新卒で製薬会社に入社し、MRとして約2年間従事した後に、しばし海外で生活。起業も含めた選択肢を検討する中で、スタートアップに魅力を感じ、声をかけてもらったスペースリーに入社。スペースリーでは主にカスタマーサクセスを担当し、お客さんにどうやって自社の製品を使ってもらうのがよいのか日々考えています。オウンドメディアの運営も担当しており、自社のメディア(https:/...

なにをやっているのか

  • 「どこでもかんたんVR」アプリ不要でスマホでも編集可能なVR制作編集クラウド
  • 手のひらサイズでスタイリッシュな折り畳み式VRグラス「カセット」

どこでもかんたんVR、がコンセプトのクラウドソフトウェア「スペースリー」の開発をしています。提供開始から2年がたち、不動産分野を中心に、旅行、教育・研修分野など約2000アカウントをご利用いただくサービスへと成長しました。

クラウドのVRアクション編集や、どこでもかんたんVR遠隔同期機能など独自のアプローチで他には無い技術を開発しています。

また、ソフトウェアだけでなく、手のひらサイズのVRグラス「カセット」を開発しました。ビジネスの現場でもVRが活用されるようになる中で、持ち運びが簡単で、かさばらず、スタイリッシュなVRデバイスを提供しています。

スペースリーは、比較的新しい表現手法である360度VRが様々な分野で当たり前のように活用されるような将来を見据えて、そこに必要となる技術開発をしています。今後、毎月蓄積される膨大な行動データや、360度画像や動画を機械学習(AI)技術を活用して、役立つソリューションを提供することを目指した開発を推進していきます。

【記事掲載】
▼[テッククランチ]不動産中心に2000社以上が活用、VRクラウド「スペースリー」が4億円を調達
https://jp.techcrunch.com/2019/06/03/spacely-fundraising-series-a/

▼[リフォーム産業新聞]九州TSUTAYAが企画運営するライフスタイル提案事業にて360度VR活用ソフト「スペースリー」を採用
https://www.reform-online.jp/news/renovation/15191.php

▼[日本の人事部]VRを活用した研修コンテンツを直感的な操作で制作し、研修を実施できるサービス~VRクラウド「スペースリー」、VR研修事業を4月より提供開始
https://jinjibu.jp/hrt/news/detl/16246/

【まずはチェック!!サービス紹介動画】
https://bit.ly/2rTGRnQ

なぜやるのか

  • スペースリーを活用して効果を実感する事業者も多く出てきました
  • 特に現在は不動産分野での活用が進んでいます

「新しい驚きと発見を多くの人に届けよう。」

不動産の内見をオンラインで済ませる、レストランの個室や導線を確認して下見せずにデートや接待用に予約をする、先輩の業務を追体験しているような研修が受けられる、そんなことが360度VRによって当たり前にできる世界にします。

VRをみんなの日々の当たり前に。

新しい表現、新たな情報伝達方法の360度VRが、スペースリー(Spacely)によって様々な分野で当たり前に活用されることで、より便利な世の中になります。

現在の利用者は不動産事業者が多いですが、オンライン発信の利用で、問い合わせ反響率が2倍になった、契約率が4割から6割になった、内見業務や管理業務が効率化した、など具体的な効果が現れたという事業者の声が多く聞かれるようになっています。また、教育・研修分野でも導入が進んでいます。

どうやっているのか

  • オン・オフ問わず職種を超えてコミュニケーションをとっています
  • Spacely Labでは環境整備が進んでいます

まだまだ小さなチームですが、個性溢れる各領域でのプロフェッショナルの集まりです。新しいもの好きで、勉強熱心、自由と責任を大事にするメンバーの集まりです。

資金調達と同時に、VRと機械学習の掛け合わせで新たなアプリケーションを実用化するための開発を推進するSpacely Labを設立しました。営業、マーケティング、エンジニア、デザイナーと個人が責任を裁量を持って事業を推進し、一緒に会社を作り、共に成長できるメンバーと一つ一つを形にしていきたいと思います。

オフィス自体も渋谷の駅近に移転したばかりです。これから集まるメンバーと共にさらに大きくなっていく、そんなまだ小さく柔軟なスタートアップです。

こんなことやります

まずは気軽に遊びに来てみてください!!
具体的にやっている開発の詳細もお話しします!

【あなたにとって魅力になると考えていること】
■ 月間数十億近くの視線データや膨大な360度VRデータが蓄積しています。データがあり、また、GPUを買い漁って構築した開発環境、そして資金があります。DLでできないテーマがたくさんあります!

■ 働き方について最大限、個人の自由を尊重します。当然、開発しやすく生産性を上げるためにスクラムでの開発が必要な時もあるので、そのバランスを取りながらですが、出来る限り個人の自由を尊重します。

■ 複雑な承認フローもないため、フットワークが軽くスピード感ある開発ができます。自身の裁量が大きくある環境です。

【具体的にやること】
■ 通常画像のアルゴリズムを発展させて、歪んだ360度VR画像の画質向上、角度補正、欠損補間など。スペースリーのサービスのプラットフォームの価値向上に役立つテーマ設定からアルゴリズム開発です。
■ 現在は当社に蓄積するパノラマ360度の2Dから3Dモデルを構築する研究開発、Layout netなどがホットなテーマです。

【必須のこと】
■ TensorFlowやPyTorchやChainerなどの機械学習ライブラリとPythonを用いた研究開発経験
■ 自ら考え、調査し、ユーザーファーストに問題解決を率先し実行できる
■ 未経験分野でも勉強しながら取り組むことができること

【開発環境】
言語: Pythonなど
OS: Ubuntu
Framework: TensorFlow, PyTorch, Chainer, OpenCVなど
GPU: 社内サーバ, AWS SageMakerなど

会社の注目の投稿

デザイナーも研究したい
スタートアップの制度作りはたけのこみたいだなぁ、って
スタートアップ1人目デザイナーに求められる役割
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社スペースリー
  • 2013/08 に設立
  • 29人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    社長がプログラミングできる /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区渋谷3丁目6−20 第5矢木ビル 5F
  • 累計5億円調達済!膨大なVRデータや視線データを活用する機械学習エンジニア
    株式会社スペースリー