Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
QA+英語で飛びだせ!
4
エントリー
on 2019/10/11 333 views

エクセルにスクショ貼付じゃない!ほんとうの品質向上がやりたいQAエンジニア

株式会社YNS

株式会社YNSのメンバー もっと見る

  • 中学生のときにBASIC(いまのVBAの元)のプログラミングを始め、大学卒業後に社内SEからキャリアをスタートし、何社か起業にかかわって取締役の職務を経験しました。
    未経験言語の契約をとってきては1週間で勉強し3日で仕上げて納品するなど…、いろいろ楽しくがんばりました。
    代表取締役としてのYNSは、もちろん顧客の利益に貢献するのは当然として、メンバーをどう育てるかに注力していきたいと考えています。

  • 高砂です。趣味はゴルフで、最高スコアは81です。
    Instagramのマーケティングも頑張ってますが、ITのことはよくわかりません(笑)
    でも、ITで困っている人の気持ちはわかります。
    やさしくしますのでどなたか助けてください m(_ _)m

  • 学生時代は高専と技大で橋の設計やら汚い水をきれいにする研究をしてましたが、
    社会人になってからはずっとIT領域。

    大学は3年次に中退しその後1年ほど上海でメディア事業立ち上げの仕事して、
    中国も良いが東南アジアの成長の音に魅了され、フラフラしている時に現在のボードメンバーと縁があり、立ち上げから参画し、かれこれマニラに住み始めて5年ほど経過。

    自分でコードも書きますが、マニラ開発チームの教育やリードとPM的な動きがメイン業務。

  • 株式会社YNSの東京拠点で事業企画/プリセールス/PMなど。器用貧乏なので、活動領域をせばめると貧乏になる恐れがあり、役に立てることはとことんやって現在に至る。

    たいせつにしているのは、できるだけフェアな姿勢で、自分の長所と他人の長所をトレードすること。人類の敵は、卑屈な気持ちや嫉妬(短所で現実と戦ってしまうとわいてくるそれら)だと断定し、弱点は克服するより諦めちゃいなよと言ってまわっている。

    10代を過ごした実家の自室に母が掲げた「ものを置くべきところへ置く」という謎の標語に、いつの間にか深刻な影響を受け、ものが置くべきところへ置かれない状況に我慢ならなくなってしまった。どのような...

なにをやっているのか

  • 社内勉強会
  • チーム交流会

東京とマニラに拠点をかまえ、50名規模でソフトウェア開発事業を営んでいます。
実績としては多店舗展開しているサービス産業を中心に受託開発をおこなうことが多く、iPadやPCで操作するPOSをスクラッチで開発し運用したり、Monacaを利用しスマホアプリ各種を開発したりしています。小回りのきく、小規模から中規模のトータルサポートが得意です。

R&Dにも積極的に取りくみ、機械学習やIoTの分野に直結する先端技術の研究に着手し、今後の市場展開を予定しています。

なぜやるのか

  • クリスマスパーティー
  • 社員旅行

なぜ?と問われたら、がんばれば報われる場所をつくりたいからです。

株式会社(営利企業)が収益を追求する過程には、綺麗事だけではうまくいかないこともあるでしょう。「がんばれば」とはいえど、困難を乗りこえる力を組織がそなえるには、おのおのががんばれるかどうかだけでなく、得意な能力をそれぞれいかせる環境をととのえる必要があります。

したがって弊社経営陣は、組織づくりにこそ重きを置き、よりよい環境をととのえるよう努めます。せっかくの得意な能力をいかせば活躍できるはずなのに、なんらかの不遇によって能力をいかす機会が得られないなら、当人にとってだけでなくまわりの人にとってももったいない状況(機会損失)だと言えます。メンバー各位が、育った境遇や過去の蓄積の影響を受けながら「今」できることをおこない、活躍することによって、日々幸せな生活が送れる場所になるよう、みんなで楽しく働いています。

どうやっているのか

  • 社内勉強会
  • チームミーティング

東京拠点には事業部や営業部を置き、マニラ拠点は開発部です。

事業部や営業部では、参加者がアイディアを持ちよって議論できる体制を確保し、無茶はしないが挑戦はする組織運営に取りくみます。言うまでもありませんがパタハラやマタハラなどなく、育児休業の支援など含め、家族も仕事もたいせつにできるよう設計した制度を運用中です。

開発部では、熟達した経験者の指導のもと、未経験者や発展途上の仲間がスキルアップできる仕組みをつくりました。それを活用するプロセスで、無駄(になりそう)な努力をしてしまうのを排斥したり、各プロジェクトが安定した状態を保つようモニタリングしたりします。勤務時間内に興味をもった技術が試せるよう「Self-education hour」をもうけ、社内制度として、おのおのの学習に投資しています。
社内勉強会や気軽な雑談を通じ、各案件でどんな実装をおこないどこでスタックしてどう解決したのかの情報共有もおこないます。

法人設立から現在まで10年間、無借金経営を続けることができました。それはあくまで通過点としてですが、収益全体の30〜50%ほどリピーター顧客にご愛顧いただいてきたからでもあります。信頼されない会社では実現できないことだと胸を張りながら、広義の「品質」向上に全力を注ぎます。

こんなことやります

▼ 募集背景
弊社には、Webシステムやスマホアプリ開発の委託(見積もり)依頼が日々寄せられます。ご発注いただいたお客様は、弊社に求めたとおりに動く製品が納入されると期待しています。しかし、システム開発には不確実性とのたたかいの側面もあり、想像を設計に、設計をソースコードに落としこむ作業を人間の手でおこなうため、残念ながら実装漏れや品質不足が生じることもあります。そうした事態をできるかぎり回避するよう、納入前にテストや判定を適切におこなってこそ、お客様から信頼を得ることができるのです。お客様から信頼されつづけるための重要な役割を担う体制をととのえ、QA(Quality Assurance)チームを運営していますが、このチームをパワーアップし、より高品質な製品が開発できるよう、メンバーを募集します。

▼ たいせつにしていること
システム開発には、さまざまな要点がありますが、なによりもお客様に安心して快適にシステムを使っていただくことを第一としています。安心・快適を担保するQAチームは、お客様を含めた利害関係者だけでなく業界関係者に影響力があり、社会的意義の大きな役割であると言えます。

▼ 応募者のみなさまに期待していること
QAチームの具体的な作業は主に下記のとおりです(一部抜粋)。

・お客様の課題が実装される(た)仕様で解決されるか検証する
・わかりやすい画面遷移でなければ指摘する
・使いやすいインターフェースかユーザの気持ちで操作する
・画面表示速度などのパフォーマンス計測をおこなう
・決めた仕様に漏れがないか実装前に検討する
・セキュリティホールのおそれがあればただちに報告する
・テストケースを設計し実行する
・デバッグにかかる影響範囲を相談する
・コードフリーズ前に探索的テストをおこなう
・コードフリーズ後にリグレッションテストをおこなう

またQAチームのマネージャー(にアサインした場合に)は、全プロジェクトの進行状況やテスト実施のスケジュールを把握し、遅延なく納入できるよう、同チームの稼働コントロールだけでなく、開発チームと密に連携できる体制をととのえます。また、世界じゅうで進化するテスト手法各種の本質を見抜き、適宜採択し、QAチームの稼働効率を上げることも課題の一つです。システムの「品質管理」の領域は広く、将来バージョンアップがしやすいか、機能追加や改修がしやすいか、担当者引継ぎの難易度がいかほどかなどをできるだけコントロールすることも求められます。

▼ 弊社にジョインすると得られるメリット
多くのプロジェクトにたずさわり、蓄積してきたナレッジを包みかくさず共有します。英語を活用しながらの職務となりますので、いわゆるITのスキルセットだけでなく英語力も飛躍的に向上できるかと思います。自覚的に申しますと悪名高い「オフショア開発(の品質)」の事業ドメインにおいて、お客様からあつい信頼をいただくに至ったYNS品質を保ち、高める実績があげられれば、個人のキャリアパスの中でまた一つ誇れることが増えるでしょう!

会社の注目の投稿

海外で働きたい!前職を辞めてフィリピンでたどり着いた先は?
コミュニケーションを大事にする、フィリピン歴17年の愛されQA(品質管理)エンジニア!
社交性ゼロのモグラ人間がエンジニアとして世界に羽ばたく!
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社YNS
  • 2009/07 に設立
  • 50人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    海外進出している /
  • 東京都文京区本郷4-25-11 ハイシティ本郷菊坂 806号室
  • エクセルにスクショ貼付じゃない!ほんとうの品質向上がやりたいQAエンジニア
    株式会社YNS