1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
オープンポジション
25
エントリー
on 2019/09/11 1,174 views

オープンポジション│長期ジョイン可能なインターン生も募集!

O: inc.

O: inc.のメンバー もっと見る

  • 株式会社O: (オー) Founder/CEO (https://o-inc.jp/)

    広告代理店でコピーライター/デジタル・プランナーを経験。

    「時計を持たない1週間の無人島生活」で健康が劇的に回復したことをきっかけに「体内時計」に興味を持つ。

    誰しもがそれぞれ持っている、人間本来の時間(=体内時計)を基にした新しい生き方、働き方を提唱したい。

なにをやっているのか

  • チームビルディングSaaS「Co:TEAM」のご紹介
  • 「Co:TEAM」のコンセプト

O:は「マネジメント × ヘルスケア」による戦略的チームビルディングをサービスにより推進している、他にはあまり競合がない企業です。

個人ごとに異なる「自分の中にある時間」にフォーカスして、「新しい時間を作る」をミッションにしています。

主に、チーム内のコミュニケーション改善を実現し、チームビルディングやオンボーディングの強化を支援する「Co:TEAM」の企画・開発・運用・販売をしています。

■ Co:TEAM - https://coteam.jp

クラウド型のBtoBブラウザサービスで、アプリやアンケートで取得したデータを基にマネージャー/メンバーそれぞれの「性格・自信・仕事に対する自信」を算出し、更にその情報から「私の場合、このケースでは、この人にはこのように接したほうがよい」という具体的なアドバイスが、サービス上で教えてもらえるサービスです。

最終的には「コミュニケーション改善」によって「チームビルディング」につなげることを目指します。

■ O: SLEEP

従業員の睡眠状態を可視化、分析し、得られたデータから自分の睡眠の悩みを解決できるコーチング、理想の睡眠時間を算出するスマホアプリが「O:SLEEP」です。

もっとも生産性や回復力が高まったり、睡眠質が向上する各個人ごとの「理想の睡眠時間」や「寝るべき時間」などを算出します。

こちらは国内外の睡眠研究者やデータサイエンティストの方と一緒に開発を進めています。

エビデンスを重要視しつつも、ヘルスケアサービスでは後回しにされるUI/UXとバランスを取るよう心がけています。

■O: SLEEP リテンション
「O:SLEEP 」から得られた各従業員の睡眠データより、
部署毎の離職予測、メンタルヘルス不調者、生産性の損失(プレゼンティズムロス)を把握可能にするクラウドサービスが「O:SLEEP リテンション」です。

こちらの管理画面で実際に睡眠状態で売上(生産性)やメンタル状態などがどう変わっていくかなどが分析されますが、
我々は睡眠改善による、企業のネガティブ離職の削減を行なっております。

詳細はこちら
https://o-sleep.com

なぜやるのか

  • 「体内時計の社会実装」がO:のミッションです
  • ミドルマネージャーの成長・オンボーディング・チームビルディングへの貢献を目指します

長年の研究から人間は、それぞれ遺伝タイプによって脳の覚醒度が時間帯ごとに変動することが知られています。

こういった一人ひとりの時間を大事にする働き方や、生き方を通じて、企業の生産性向上のご支援ができればと思っています。

この思想に共感してくださる、仲間を探しています。

創業のきっかけにご興味お持ちいただいた方は、下記ブログをよければご覧ください。

■この国の新しい働き方は、「やさしいが強いもの」であってほしい」https://note.mu/jyunmage/n/n088a14f9c634?creator_urlname=jyunmage

--

「体内時計という、自分だけの時間に回帰しよう」

あらゆる「便利」が進化しつつある時代なのに、
ますます時間に縛られる現代人。

誰もが自然な生き方を少しずつ忘れていく中、
私たちは「体内時計」を社会実装したいと思っています。

体内時計は、あなたの中にある、あなただけの時間で、
あなただけの生き方を教えてくれます。

体内時計は、多くの睡眠の悩み、パフォーマンス、
様々な現代病ともつながっています。

4000年間この地球に定着している 「時間」という概念を変え、
「体内時計」という新指標を基に、本来あるべき人間の生き方を取り戻す。

さぁ、体内時計という新しくも、
ずっと昔から自分の中にあった本来の時間に回帰しよう。
--

どうやっているのか

  • チームビルディングはとても難しいものだと言われていますが、その初歩をクラウド型サービスで実践できます
  • ご活用イメージについて

慶應義塾大学、東京医大、早稲田大学のヘルスケアやHRの専門家と一緒にサービスを開発しています。

現在も国から導入支援金の認定を頂き、多くの企業様に導入してもらいながら、サービスの改善を進めています。

メンバーが多くない分、個人に与えられる裁量は大きいですが、定期的な確認やフォローアップがあり、気を引き締めつつ責任感を持って業務に従事できます。

生産性や健康にこだわりのある人
お酒が大好きな人
温泉大好きな人
サウナが大好きな人
PUBGが好きな人
スプラトゥーン好きな人
グルメな人、、、

感情豊かでフレッシュなメンバーが待ってますのでぜひ!

こんなことやります

『スタートアップで力試ししたい方を募集しています!】

業務内容は下記の一部をお願いさせていただくことになります。

・カスタマーサクセス全般
・BtoBマーケティング全般
①WEB広告の企画・運用
②SEOやコンテンツマーケティング
③イベントの企画・運営
④メルマガの企画・運用

毎週KPIに基づいて各種行動を実施し、データを活用した最新のBtoBマーケティングを駆使する環境となるので、やりがいも強く、成長できる環境かと手前味噌ながら思っております。

我こそはと思う方の、ご応募お待ちしています。

お気軽にお声がけください!

■【事業概要について】
現在、人間の体内時計と睡眠に着目し、各個人ごとの最高の眠りの状態を算出し、その状態に近づけるAIコーチングを提供、更にそのデータから休退職の削減、生産性や売上を向上させる「O:SLEEP」という法人向けサービスを展開しています。
ローンチ1年で大手企業中心に100社ほどにご活用いただいております。
https://o-sleep.com/

「労働量に依存しない、生産性の高い働き方」を実現しない限り、日本はこれから大きな成長は見込めないですが、その打開策の1つとして「睡眠・体内時計を基にした、高い生産性の創出」をめざしています。

※創業のきっかけはこちらの創業者の谷本のnoteに記載しています。「この国の新しい働き方は、「やさしいが強いもの」であってほしい」
https://note.mu/jyunmage/n/n088a14f9c634?creator_urlname=jyunmage

生産性をあげるための施策は様々ありますが、我々は体内時計や睡眠領域から生産性の向上・健康経営をサポートしています。実際にこれまでたくさんの会社に、生産性向上やメンタル不調の改善を目に見える形で貢献してきました。

※こちらに弊社の事業やカルチャーなどについてまとめておりますのでご覧いただけますと幸いです。
https://drive.google.com/open?id=1eGxWtgyVdLT6yEQcZ5_OovIHrUc9McE1

■【歓迎条件】

①スタートアップでの勤務経験お持ちの方
②BtoBマーケティングやカスタマーサクセスの領域で今後生きていきたいと思っている方
③積極的に現場とコミュニケーションを取ることが得意な方

■【受賞歴】

経済産業省 J-startup採択 
週刊ダイヤモンド 日米ヘルステック・スタートアップ注目20選 選出
経済産業省 課題解決型先進的IoT Lab Selectionグランプリ
三菱総研未来共創ビジネスコンテスト 最優秀賞受賞
TECH SIRIUS 2018 グランプリ
第3回 デジタルヘルスラボコンテスト グランプリ 受賞
第6回 堀江貴文&キャピタルメディカ ヘルスケアベンチャーフォーラム優勝

■社内で活用中のツール

【コミュニケーション】
Gsuite
Slack
Notion
Googleドライブ

【会社としての受託作業の有無】
無し

会社の注目のストーリー

臨死体験から自分の痕跡をより多く残すためO:にジョインしました【社員インタビューCOO鎌野】
心理的安全性を保つための、チャット術。
睡眠改善アプリO:SLEEPの使い方動画を公開
エントリー状況は公開されません
8人が応援しています
会社情報
O: inc.
  • 2016/12 に設立
  • 8人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 目黒区目黒3-9-1 目黒須田ビル101
  • オープンポジション│長期ジョイン可能なインターン生も募集!
    O: inc.