1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
海外再エネ投資主要担当者
12
エントリー
on 2019/08/29 2,112 views

代表直轄で海外の再生可能エネルギー発電所への投資にかかる主要担当者1名募集

ENECHANGE株式会社

ENECHANGE株式会社 のメンバー もっと見る

  • ケンブリッジ大学在学中に電力データに関する産学連携研究機関、「ケンブリッジ・エナジー・データ・ラボ社」を設立。その研究成果をもとに、ENECHANGE株式会社(日本)とSMAP ENERGY社(イギリス)を創業。2017年6月、ケンブリッジ大学博士課程研究期間終了(博士論文執筆期間)により、両社の代表に就任。
    現在は、ENECHANGE株式会社 会長 兼 SMAP社 CEOとして、海外事業と電力データ事業を中心に事業を推進する。2017年「Forbes 30 Under 30 Europe」 に日本人として初選出される。

  • <略歴>
    開成高校、東京大学工学部社会基盤学科、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻卒業。大学院を1年間休学し米国ワシントン州のUniversity of Washingtonに1年間留学。スタートアップ支援団体の設立、地場IT企業での長期インターンシップ等を経験。2015年10月株式会社日本政策投資銀行(DBJ)に入行、一貫してM&Aにおける財務アドバイザリー業務を行う。主にクロスボーダーディールを中心に、案件のオリジネーション、DCFを用いた企業価値の算定、DD支援、最終契約書の交渉など、数多くの案件でチームをリード。2019年8月よりエネチェンジ株式会社に参画。子会社であるSM...

  • ラ・サール高等学校、東京大学工学部電気工学科、東京大学大学院工学研究科電気工学専攻修了。大学院修了後エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ(現:大和企業投資)にてベンチャー投資/バイアウト(買収)投資を手掛けたのち、フェニックス・キャピタルにて事業再生投資に従事。2014年にユーラスエナジーホールディングスに入社し、再生可能エネルギーの世界に飛び込み、東京ガス勤務も含めて再生可能エネルギー関連事業(資金調達、M&A、財務・経理業務、事業開発業務)に従事。2019年よりENECHANGE執行役員に着任し、Japan Energy Capitalファンドを立ち上げ、現在に至る。

  • 執行役員CFO
    2006年、神戸大学経営学部卒業。公認会計士。Deloitteにて監査業務及びM&A関連業務、JPモルガン証券株式会社投資銀行本部にて国内外の資金調達業務及びM&Aアドバイザリー業務に従事。その後楽天株式会社にて買収や業務提携等に携わった後、2019年7月、ENECHANGE株式会社執行役員CFOに就任。

なにをやっているのか

  • グッドデザイン賞を受賞したビジネススキーム
  • ビックデータ解析技術でエネルギー産業の活性化を推進しています。

----------------------------------------
▶ENECHANGEのミッションと目指す未来
----------------------------------------
ENECHANGEは「エネルギーの未来をつくる」を企業ミッションとした、英国ケンブリッジ発のエネルギーテックスタートアップです。

エネルギー業界は、「4つのD」と言われるメガトレンドにより大きな変革が見込まれています。

ENECHANGEでは、これまで電力・ガス料金比較サイトの「エネチェンジ」の運営や電力ビッグデータの解析技術を活用したサービス EMAP・SMAPなど、2つのD「DEREGULATION (規制緩和)」と「DIGITALISATION(デジタル化)」を事業化してきました。

今後さらに2つのD「DECENTRALISATION(分散化)」と 「DECARBONISATION(脱炭素化)」の事業を開拓すべく、JAPAN ENERGY CHALLENGEなどのオープンイノベーションプログラムを主催し、欧州エネルギースタートアップとの提携を通じて、早期事業化するべく準備を進めています。

----------------------------------------
▶ウィズコロナ時代の新しい働き方を!
----------------------------------------
2020年5月11日には「ウィズコロナ時代におけるENECHANGEグループの働き方改革宣言」をいち早く発表!
みんながしっかりと安心して働ける環境づくりに積極的に取り組んでいます。

1. テレワーク制度を恒久的に導入し、働き方の選択制度を設けます
2. オフィススペースを縮小します
3. ハンコ文化を取りやめ、契約書や請求書は電子契約へ移行します
4. コミュニケーション手当を新しく導入し「出社を楽しく」します

ENECHANGEグループノウィズコロナ時代の取り組みは、NHKをはじめとする各種メディアでも大きく報じられました。

◎[NHK]テレワーク導入で都心部のオフィス賃貸解約や面積縮小の動き
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200511/k10012425101000.html

----------------------------------------
▶これを見ればわかる!ENECHANGEのこと
----------------------------------------
1.「エネチェンジ」を完成させることが僕らのゴールではない/エネチェンジ創業ストーリー
https://www.wantedly.com/companies/enechange/post_articles/59110

2.巨大なエネルギー業界をドライブさせる存在でありたい / ENECHANGEの創業ストーリー
https://www.wantedly.com/companies/enechange/post_articles/132378

3. ウィズコロナ時代におけるENECHANGEグループの働き方改革宣言!
https://www.wantedly.com/companies/enechange/post_articles/238303

4.フォーブス欧州版「30アンダー30」城口洋平
http://forbesjapan.com/articles/detail/14960

5.ENECHANGEエンジニアブログ
http://tech.enechange.co.jp/

6.TechCrunch
https://jp.techcrunch.com/2017/01/23/enechange-3/

7.日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18HIV_Y7A710C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29250290R10C18A4X93000/

8.デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2019年日本テクノロジー Fast 50
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20191018.html
【ENECHANGEプレスリリーズ】
https://enechange.co.jp/news/press/fast50_2019/

なぜやるのか

  • ENECHANGEストーリーが飾られているオフィス
  • 会社のValueは会議室名になっており、日々Valueへのコミットをしています。

「エネルギーの未来をつくる」
―CHANGING ENERGY FOR A BETTER WORLD

みなさんもご存知かもしれませんが、
2016年4月には電力が、
2017年4月には都市ガスが自由化されました。

これにより電力・ガス・通信など変化が起きにくいと言われる「社会インフラ」が大きく動き、わたしたち消費者も自由に「でんきを選べる」ようになったという大変革が進行中です。

エネルギーという巨大な社会領域を「より幸せなかたちに再構築」する。 インターネットの力で、私たちがその素敵なミッションを実現できると信じています。

どうやっているのか

  • 綺麗なオフィス -Mtgスペース
  • 本棚には「知りたい」を勉強できる書籍が並んでいます

▶3つのValue

1. IMPACT DRIVEN - インパクトがあることをやる
中期的な視点をもって、エネルギーの未来に大きな価値を与えられることに取り組みます。「エネルギーの4D」すべての領域において、世界的視野をもって事業展開していきます。

2. GO AGILE - 素早く実行し結果から学ぼう
リーダーシップを発揮し、仮説を立て、失敗を恐れず素早く実行し、結果から学びます。
変化に対応して改善を繰り返し、最高の成果を出します。

3. BE OPEN - オープンであれ
良いことも悪いこともオープンに共有します、また共有可能な環境を作ります。
お互いの意見を尊重し、建設的に議論することで、チームの成功に向かいます

▶ENECHANGEの社風

組織サーベイで従業員の約7割が「自由と裁量がある」「職場の雰囲気が良い」「社会的意義を感じる」と回答。成果にフォーカスした健全な環境で業務に取組んでいます。
毎月従業員サーベイを実施しており、能力発揮がされ、やりががいのある職場を目指しています!

▶その他ENECHANGE情報

・日本経済新聞のNEXTユニコーン企業2018に選出
・日経ビジネス「Raise賞2019」ベスト5に選出
・経営者は欧州のフォーブス誌「注目の若手起業家30人」に選出
・Google/P&G/SONY/mixi/JPモルガン/accenture/GREE/Gunosy/KPMG/Deloitte/SoftBank/PwCなど出身者活躍中
・JR東京駅2分の新オフィス移転済み(社食/コンビニ/スポーツジム/動物園完備)

こんなことやります

代表取締役会長直轄の新事業において、初募集・1名のみの、超厳選ポジションになります。

日本のエネルギー企業は、いま軒並み、海外の再生可能エネルギー投資を実行しています。
我々は、その先駆者として、いち早く、海外のイマージング諸国(中東、アジアなど)での再生可能エネルギー投資を実行していきます。
そうしたイマージング諸国では人口増加・経済成長による電力需要の逼迫していますが、送電網が貧弱であり大規模な発電所新設による中央集約的な電力網の構築は構造的に難しい状況にあります。そのため、分散型発電所を建設して需要サイドで必要な電力を調達するマイクログリッド的な電力調達手法が注目を集めています。一方、よく知られている通り、世界的にRE100といった潮流があるなど再エネのもつ価値が高まってきております。
弊社グループではこのような世界でのエネルギー調達の変化を見越して、いち早く中東の中規模太陽光発電事業に進出しています。

今回事業拡大に伴い、中東・アジアの再生可能エネルギーの発電所(おもに太陽光。当面はトルコ・ヨルダンが中心)への投資・運営業務を牽引する新規事業を担当する主要担当者を募集します。

具体的には、中東のIPPチームと、日本のエネルギー会社・金融機関と連携し、中規模の太陽光発電所の取得・運営及び資金調達(プロジェクトファイナンス等)に取り組んでいきます。業務は東京ベースで実施しますが、中東への出張や日々のコールなどが入り、世界を飛び回りエネルギーの未来をつくる仕事になるかと思います。
弊社は自分に自信がある、世界で勝負したい、やる気のある人を探しています。

業務内容
・中東の太陽光発電所への投資にかかる案件精査・プロジェクトマネジメント
・日本の提携企業・外部専門家と連携した案件のDD・詳細検討の実施
・運営するファンドの企画・管理業務
・その他、付帯する業務

必須(推奨)スキル
・エネルギービジネス(IPP分野)での経験(事業会社・金融機関もしくはコンサルティングファーム)
・英語力(ビジネスレベル以上)
・スプレッドシートの解読(意欲があり、抵抗感がなければ問題ありません)
・迫力(中東では特に重要)

恒久的にテレワーク制度を導入し、さらに柔軟な働き方を選べるようになったENECHANGEグループ。
エキサイティングな環境のエネルギーベンチャーで活躍したいという方からのご連絡、お待ちしております!

会社の注目のストーリー

エネルギー業界の構造転換期をむかえ、ENECHANGE株式会社へ社名表記変更しました
巨大なエネルギー業界をドライブさせる存在でありたい / ENECHANGE株式会社の創業ストーリー(城口・有田編)
エンジニアインタビュー #01:エンジニアという職種は国をまたいで働けることも魅力のひとつじゃない?
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
ENECHANGE株式会社
  • 2015/04 に設立
  • 73人のメンバー
  • 海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル3F
  • 代表直轄で海外の再生可能エネルギー発電所への投資にかかる主要担当者1名募集
    ENECHANGE株式会社