Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
バックエンドエンジニア
on 2019/08/09 1,316 views

空いてるを見える化する自社サービス。バックエンドエンジニア募集!

株式会社バカン

株式会社バカンのメンバー もっと見る

  • 東京工業大学大学院修了(MOT)。株式会社三菱総合研究所で市場リスク管理やアルゴリズミックトレーディング等の金融領域における研究員として勤めた後、グリー株式会社にて事業戦略・経営管理・新規事業立ち上げ、および米国での財務・会計に従事。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。

  • 千葉大学卒業(理学)。大手IT企業でウェブアプリ開発後、海外派遣選抜されMakeSchoolへ。その後、サンフランシスコと日本を行き来しながら、グローバルネイティブプロダクト構築、運用を推進。インフラを含むバックエンドの構築、API設計と実装、Web / Nativeアプリ開発におけるフロントエンドの実装まで幅広く担うとともに、エンジニアの枠にとらわれず、サービス企画もこなすスーパー・フルスタック・エンジニア。

  • 韓国出身。韓国の大学卒業後2005年来日。5年間受託開発後に、ゲーム業界へ。RockYou Asiaで開発、インフラ、運用業務をすべて1人で実現。大手IT企業では、内製ゲームのプロジェクトのテックリードとして活躍。バックエンドから分析システムまで、幅広くリード。その後、オークション相場検索サイト運営会社では、DevOpsマネージャーとしてベトナムオフショア開発等を担当し、多数プロジェクトを成功に導くとともに、ハイブリッドクラウドの導入することで次世代IT基盤構築に大きく貢献。2018年5月入社。

  • 1987年愛媛県松山市生まれ。大学卒業後、ERPパッケージの開発・スマホアプリのサーバーサイド開発等に携わったのちニート生活へ。自分が好きなものを気の向くままに作ったり調べたりした結果、Webやアプリといった画面の中だけではとどまらない世界観の体現に惹かれ、Gateboxに入社。各種センサーと連携しながらキャラクターの動作を決めるコア部分を担当し、未経験だったエージェントアーキテクチャ・ゲームAIを設計に落とし込んでTry&Errorしてました。
    2018年7月より、フリーランスに転身。さらにいろんなことにTry&Errorで取り組んでます。

なにをやっているのか

  • どこのレストラン・カフェが空いているかが1秒でわかるサービスを展開
  • どこのトイレが空いているかが1秒でわかるサービスを展開

バカンは、「いま空いているか1秒でわかる、優しい世界」の実現を目指し、IoT・AIを活用した空席情報検索プラットフォームの開発・提供を行っている会社です。

2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に選ばれました。また、直近では大手企業やベンチャーキャピタルから、総額7.9億円の資金調達を実現。数多くのアクセラレータープログラムでも採択され、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。

そんな私たちの事業には、3つの柱があります。

(1) 「VACAN(バカン)」
レストランやカフェ、トイレなどの混雑状況を集約する空席検索プラットフォームを開発。「今、空いているか」が足を運ばなくても分かる世界を構築しています。すでにデジタルサイネージ版「VACAN for digital-signage」を公開。さらに、ポータルサイトの作成も進めていく予定です。

(2) 「THRONE(スローン)」
センサーとITを組み合わせて、トイレの空席情報をリアルタイムに利用者へ提供。1秒でトイレの空き情報が分かる便利なサービスとして、ユーザーのみなさんから高く支持されています。

(3) 「QUIPPA(クイッパ)」
スマホやパソコンでお弁当を注文し事前決済、あとはお店に取りに行くだけという「お弁当おとりおきサービス」を提供。日本経済新聞社とのコラボレーションで展開しています。

▼海外に進出中!
混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出を目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。

なぜやるのか

  • 行ってみたけど、ダメだったという悲しみをなくすために
  • レストランまで行かなくても店舗の入口で混雑状況がわかります

【そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界。】

たとえば、前から行きたかったレストランの近くを通ったとき。
たとえば、空港のセキュリティチェックを急いで通過しないといけないとき。
たとえば、時間がない中でトイレに行きたいとき。

そんなときに、混雑状況がすぐに分かるサービスがあると便利ではないでしょうか。私たちは、「行ってみたけど、ダメだった。。」という悲しみをなくすために、サービスを展開しています。

なぜこの事業を始めたのか――そこには、代表である河野が経験した、ひとつの原体験があります。

「子連れで外出したときのことです。外出先でレストランを探したのですが、どこも混雑していて、なかなかお店に入ることができなかったんです。どこに行っても満席で…。そうしているうちに子どもは泣き出してしまい、結局、もう帰ろうということになってしまいました。楽しいお出かけだったはずが、混雑のせいで残念な結果になってしまったのです」

こうした経験から、「AI・IoTを使って、ありとあらゆる空き情報を検知して、リアルタイムに表示する新しいサービスを作りたい」と強く思うようになりました。

私たちのサービスを通してユーザーが得られるものは、「時間」です。「時間」が持つ価値は、今後さらに高まっていくはずです。混雑による不幸な時間をなくし、優しい世界を実現する――この目標に向かって、私たちはこれからも突き進んでいきます。

どうやっているのか

  • 全社員参加の勉強会も定期的に開催
  • 空探科技(上海)有限公司のlogo

▼一緒にはたらくメンバー
バカンでは現在、合計27名のメンバーで事業に取り組んでいます。ざっくりと、セールス、エンジニア、バックオフィスの3部門に分かれていて、エンジニアは現在8名です。大手SIerやソーシャルゲーム会社でエンジニアとして経験を積んできたメンバーのほか、海外から来たメンバーもいます。ときには英語も飛び交う、国際色ゆたかなチームです。

▼カルチャー
2016年6月に誕生したばかりの新しい会社だけあって、組織は非常にフラット。年齢や立場関係なく、自分の意見を発信することが評価される文化です。インターン生がアイデアを出し、それが採用されることもありました。全員が主体的かつ前向きに取り組んでいる刺激的なチームだと言えるでしょう。

<バカンのカルチャーについては、FEEDをお読みください>
https://www.wantedly.com/companies/vacancorp/feed

<バカンのニュースについては、Facebook/ Twitterもご覧ください>
https://www.facebook.com/vacancorp/
https://twitter.com/vacancorp

<社員の雰囲気については、Instagram をご覧ください>
https://www.instagram.com/vacancorp/

▼はたらき方
状況に応じてリモートワークやフレックス勤務もできます。実際、今いるメンバーは、時間をずらして出社したり、集中してコードを書きたい場合は自宅で仕事をしたり、比較的柔軟なはたらき方をしています。今後、制度を整えていくので、変更になる可能性もありますが、時間や場所に縛られないはたらき方が、バカンなら可能です。

▼コミュニケーション
事業の拡大にともない社員数が増えています。そこでお互いのコミュニケーションを深めるために、あえて仕事とは関係のない、「前日にあったよかったこと」を共有しあったり、「QUIPPAランチ」と題してQUIPPAで頼んだお弁当を、一緒に食べたりしています。新しく入る方も自然と輪に溶け込めるよう、工夫していく予定なのでご安心ください。

こんなことやります

【業務内容】
「そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界をつくる。」ために、空席という概念をシステム化することに取り組んでいます。
世の中には、混雑状況を扱うことのできる対象がたくさんあります。
それらの対象を
- いかにして扱いやすい概念に落とし込むか?
- 混雑状況を取得するために配置されるセンサーは、どういったビジネスロジックに基づき判断を下すのか?
- センサーをいかにして安定的に稼働させ続けるのか?
といったビジネスロジックを主体的に考えていただきます。

新しいマーケットに対してのシステム構築のため、答えのない問題に直面することもあります。
その時は、試して失敗することを繰り返しながら改善を続ける根気が必要になりますが、
非常に複雑なシステムが正常に動いた際の喜びもまた格別なものです。

【必要な能力経験・求める人物像】
- Vacanのサービスへの強い共感
- 自分で勉強し、問題解決できる人
- サービスに共感でき、目指すビジョンを達成しようと動ける
- 知らない知識を自分で読み解き取り込める力
- 相手の意図を汲んで会話ができること
- gitでの複数人での開発経験
- 文章を読める程度の英語力

【歓迎スキル】
- IoT デバイスを利用した大量のトラフィックをさばいた開発・運用経験
- 3年以上のサーバーサイド開発経験
- Microservice の考え方を用いた開発・運用経験
- ユニットテスト等のソフトウェアテストに関する経験
- DDD への理解

【開発環境】
- 開発言語: NodeJS ES6, TypeScript, Scala
- インフラ: AWS, MySQL, Redis, Docker
- 開発手法: Microservice, BFF, DDD
- 利用ツール: GitHub, CircleCI, Asana, Slack, Sentry

会社の注目の投稿

【号外】Twitter RT&フォロー企画!
【号外】QUIPPA FOR OFFICEをご紹介!
*おべんとうガイド21* その季節の美味しい魚を厳選吟味し、職人が技を振るう<金沢まいもん寿司 珠姫>の【ばらちらし】
エントリー状況は公開されません
28人が応援しています
会社情報
株式会社バカン
  • 2016/06 に設立
  • 50人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    社長がプログラミングできる /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
  • 東京都新宿区揚場町2-20 嶋田ビル5F
  • 空いてるを見える化する自社サービス。バックエンドエンジニア募集!
    株式会社バカン