Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

デザイナーさんへ:私たちの会社をデザインしてください

RABBIT CREATIVE Inc.

RABBIT CREATIVE Inc.のメンバー

全員みる(4)
  • 2010年、兵庫県立大学経営学部在学中に動画制作事業を創業。2011年からは家業である動物病院グループの経営にも携わり、組織変革に取り組んだ。ITシステム管理責任者としては、医療業務・事務のRobotic Process Automation(自動化)、採用責任者としては獣医師・動物看護師・事務員の採用戦略設計に取り組み、年間応募数を30→1500人にすることに成功。2014年に世界最大手の動物製薬会社 Zoetis Japan(前 Pfizer Animal Health)へ入社。250社の動物病院を担当し、ソリューションセールスを実行し、1年で薬剤別売上 関西エリアトップに。2015...

  • 兵庫県篠山市生まれ。神戸松陰女学院大学人間科学部心理学科卒。心理カウンセリングもできるブライダルビデオグラファー。VCA認定心理ファシリテーター、認定心理セラピスト。誕生日にサプライズ映像を制作したことを機に、デザインと映像に魅せられ、本格的に学び始める。在学中から企業PVや音楽PV制作を多数手がけた後、日本最大手ブライダル映像会社にて数々の高級ホテルでの結婚式の映像制作経験を経て、同社のカメラマンコンテストにおいて3部門の中で2冠を達成、優秀者として表彰される。
    一眼ムービーの美しさと可能性に魅了され、2012年よりブライダルシネマトグラファーとして独立。Merci Wedding c...

  • 高校を卒業後、漫画家を目指しアルバイトをしながら制作活動をしておりました。
    そして週刊誌にて賞を受賞し担当編集者の紹介により東京でアシスタントをしていたのですが年齢などを理由に夢を諦め平成25 年に就職を決意いたしました。
    その後、職業訓練のweb クリエイター養成科が開校されることを知り、販売員時代に人気のないイベントをツイッターで告知することで集客が上がった経験から、宣伝におけるweb の訴求力の高さや有益性を実感し、高い魅力を感じていたため創造者リカレントスクールに入校いたしました。
    4 ヶ月の受講により基礎知識が習得できた事と共に企業の問題解決にweb の有益性を生かしたサービス...

  • 今年から参加した、りなです!
    WEDDING映像の編集やSNSを担当しています。
    撮影もできるクリエイターを目指して日々勉強中です!

なにをやっているのか

  • 私たちの使命。それは良い動画・デザインを制作することではありません。マーケティング的思考で、届けたい人に伝わるようには、どのようなクリエイティブがふさわしいのか。その戦略を立て、実行することです。
  • 私たちが目指すのは、クリエイターとマーケターの共存です。制作会社は、マーケティングが弱いために、代理店から案件をもらい、広告代理店はクリエイティブの制作を制作会社に外注しています。私たちは、クリエイターとマーケター、どちらかの志向に偏っていない文化を目指しています。

---------------------
◆RABBIT CREATIVEとは
---------------------

私たちは、『動画×デザイン×マーケティング』の力で、「意義深く正しい事業・サービスを普及し、
人びとの心を、愛と革新で満たす。」ことをミッションとして、事業を展開しています。

動画が事業の柱ではありますが、Webサイトやランディングページの制作や、Web広告運用など、動画を中心にデジタルマーケティング全般を支援しています。

--------------------
◆3つの事業
--------------------

①動画 × デザイン × Webプロモーション事業
『価値を形にし、届けたい人へ届ける』

みなさんもご存じの通り、今やモノやサービスは、効果効能だけでは消費されなくなっています。いかにそのモノ、サービスに“価値”や“意味”を持たせなければ、消費者に振り向いてもらえません。
その役割を担う部分が、動画であり、デザインであり、マーケティングです。
この3つのうちどれが欠けても、消費者に対して、モノやサービスの本当の魅力は伝わらないと考えています。

そして本来マーケティングとは、認知を広げて購入をしてもらうことが目的ではありません。本当の目的は、自社のモノやサービスを愛してもらい、消費者との継続的な関係性を築いていくことです。
そのためには、データドリブンなマーケティングだけではなく、動画やデザインなどのクリエイティブで消費者の共感を得ることが大切なのです。

だからこそ、ラビットクリエイティブは、動画 × デザイン × マーケティングで本当に届けるべき人に価値を届けられる、動画マーケティング会社を目指します。

///////////////////////////////////////
②動画 × デザイン × 採用マーケティング事業
『企業と人のミスマッチを解消する』

就職は人生の大きなターニングポイント。
それにも関わらず、30%の会社が入社半年以内に退職しやすく、
入社者の60%以上が入社前後に事前情報とのズレを感じており、
【企業と人のミスマッチ】が大きな社会問題です。

私たちは、これまで約300社の企業の採用を、支援してきた中で、
感じることは、

・採用マーケティングは母集団をより多く集めることだと勘違いしている人事担当者が多いこと
・採用に効果の出ない高額な動画が量産されていること

これらは、ナビ媒体による「エントリー数至上主義」が招いた弊害であり求人広告を売ることが仕事である、求人広告代理店が多額のマージンを乗せて販売していることが原因です。

そういった現状にストップをかけるべく、RABBIT CREATIVEは採用動画や採用ランディングページ、デジタルマーケティングの力で、日本の採用を変えたい。そう思っています。

//////////////////////////////////////////
③ハイエンド層向け 結婚式映像制作サービスの運営
『愛をカタチにする』

自分のだいすきな人たちにお祝いされて、
大切なひとたちに見守られているんだなーと思えたり、

なんでも受け入れられそうな空気感の中で、
普段は決して言えない「産んでくれてありがとう」って素直に伝えられたり・・・

そんな、普段は日常に隠れて見えづらいいろんな愛が、
人生で唯一カタチになるのが結婚式だと思う。

一生に一度しかない時間だからこそ、
そのかけがえのない瞬間を思い出に残したい。

そして時間が経ってもずっと大切に観て、
あの時の感動をいつでも感じてもらいたい。

そんな愛をカタチにするために、
私たちはブライダル動画を制作し続けています。

なぜやるのか

  • 人が最も輝くのは、「好きで得意」なことに取り組んでいるときです。メンバー全員の「好きで得意」が輝ける会社をつくり、社会をもっとハッピーにしていきたい
  • 私たちの目的はただひとつ。「愛を形にし、必要とする人へ届けること」です。「愛と革新の力で世の中を大好きな場所にする」のです。

「愛は、相手に伝わらなくては意味がない。」

どれだけ相手のことを愛していたとしても、
勇気を出して、それを「行動」に起こし、
相手にその真意が伝わらないと恋愛は実ることはありません。

まったく同じことが、社会に対しても言えるのです。

この世界には「もっと世の中に伝わるべき素晴らしいもの」がいっぱいあります。

誰かの幸せを願い、本気で愛を込めて作り出されたものやサービス、テクノロジーには、
本当に社会を一歩前進させるような素晴らしいものがあります。

しかし残念なことに、今の社会は必ずしも、素晴らしいものだけが受け入れられるわけではなく、
流行に乗れなかったり、既得権益に潰されてしまうことだってあります。
また、強力な技術やスキルは、お金がある者のために使われ、良いものを広げるために使われるわけではないのです。

だからこそ、私たちはこの新しい技術「動画マーケティング」に活路を見出しました。
私たちは動画×デザイン×デジタルマーケティングによって、本当に素晴らしいものを世界へ伝え、
社会を一歩前進させられる存在になりたいと思っています。
そんな「甘い理想」だと思うかもしれません。
しかし、だからこそいま、あなたのような本物の「伝えるスキルや技術」をもった
プロフェッショナルを必要としています。

まだ技術が確立されていない「動画マーケティング」という業界を開拓し、
動画マーケティングの確かな技術の確立と、カスタマーサクセスに注力する。
そうしてイノベーティブなカスタマーと共に培ったその技術を
より素晴らしいものが社会へ広がっていくために還元していきたいと思っています。

「伝える力」こそが、人を動かします。
人が動けば、経済が動きます。
経済が動けば、社会は変わります。

愛に溢れたものを広めようという理念を持った私たちが
「伝える力」を強く正しく使えば
もっと幸せな社会に近づけることだってできるはず。

これから先、アジア経済圏が生まれて
アジアが世界の経済をリードしようとしている今、
私たち日本人はアジア人として生きていく時代です。

そんな非言語が当たり前となっていく時代に、
動画は、必ずこれからのコミュニケーションの中心になると確信しています。

「世界を変えるためには、動画が必要になる」
私たちはそう強く確信しています。

//////////////

愛あるものを伝え続けた先にある世界は
「誰もが誇らしく生きる世界」。

動画とウェブとマーケティング。
自分が好きで得意なことを仕事にし、家族や仲間から認められ、愛されている人生。
そんな”誇らしい人生”で溢れた社会はきっといい。

RABBIT CREATIVEはこれまで数々の動画を手掛けてきました。
その中で見えてきたのは、すごくいい価値を持っているのにも関わらず、その価値に気づけておらず、誇りを持てていない人が、世の中にはたくさんいるということでした。

私たちはそれをなんとかしたい。
もっと多くの人に仕事に人生に誇りをもって生きてほしい。

だからこそ私たちは、見えていない価値を顕在化させる、動画ブランディング。
顕在化した価値を必要としている人たちへ届ける、動画マーケティング。

この2軸をベースに『誰もが誇らしい人生を生きている社会』を目指していきます。

どうやっているのか

  • 毎月最終金曜日は、その月の制作物を披露しあう、RABBIT AWARDを実施しています。もちろん制作物は動画やデザインだけでなく、マーケティングも制作物の一つです。社内のみんなで、それぞれの仕事に対して賞賛しあえる。そんな企業文化です。
  • 私たちの大切にしている価値観の一つが合理化です。合理化とはクリエイティブとは反対の意味にとらわれがちですが、私たちの言う合理化とは、ITツールなどを導入することで、仕組化を進め、クリエイティブに割ける時間を多くすることです。

RABBIT CREATIVEが実現しようとしていることは
これまでの「当たり前」に「挑戦」し続ける事です。

お客様が解決したい事や本質的な提供価値は何なのか?
という事に対してとことん追求する組織集団です。

そして、私たちは社会に意義あるものを広げることと同様に、
自分自身の人生を“愛”に溢れた、幸せなものにすることを大切にしています。

そのためには、自動化できるところは自動化し、
クリエイティブに割ける時間を多くし、
生産性を上げがるのであれば、新しいテクノロジーも導入します。

一人で成長するのではなく、全員で成長するという
組織文化でこれまでも成長してきました!

こんなことやります

現在、ラビットクリエイティブでは【UI/UXデザイナー】【ウェブデザイナー】を募集しております。

具体的な業務としては、自社向けには、コーポレートサイト、採用サイト、サービスランディングページ、オウンドメディアの構築と運営。
カスタマー向けには、ビジネス理解やコンセプトワークなどの上流工程から関わっていただき、
カスタマーのビジネス成功、ウェブプロモーションに必要なあらゆるデザインに関わっていただきます。
今のタイミングで入っていただく方には、アートディレクターとして
ラビットクリエイティブ全体のブランディングやデザイン統括をお願いできればと思います。
制作会社のデザイナーでは経験する事ができない事を担っていただければと思っております。

【ようやく、関西の動画マーケティングといえばラビットクリエイティブ と言っていただけるようになりました。】

これから動画業界に起こる最も大きなイノベーションは
「ウェブマーケティングと動画の融合による成果の数値化」です。

ただ、この変化は動画業界にとどまらず、
インターネットを含めた、広告業界全体に波及しています。

日本の「インターネット広告費」は1兆7,500億円となり、
いまや「地上波テレビ広告費」の1兆7,848億円に迫っており、

アメリカにおけるデジタル動画広告の市場規模は
1350億ドル(約15兆円)を超えるとさえ言われています。

日本においては
デジタル動画広告市場は2020年に2000億円を突破し、
YouTuber市場は2022年に579億円になると言われています。
実際、2018年には昨年比134%の1,843億円となっており
その中でも、スマートフォンは市場における85%のシェアを持ちます。

スマートフォン上ではSNS経由で多様な情報があふれる中で
動画はその圧倒的な情報伝達量と、ユーザーの感情にダイレクトに訴える特性によって、他の広告手段を一蹴します。

WebCMなどでブランドの認知を高めるだけでなく、
企業ブランドやサービス利用ユーザーのナーチャリングやカスタマーサクセスまでも含めた、
マーケティング活動の中心的な存在として認知、活用されるはずです。

日本だけでなく世界的にも、10代、20代の若者は文字や写真よりも
動画から情報を仕入れるようになってきていることは、すでに肌で感じられていることだと思います。

この先、その成長速度はさらに加速します。
ライフスタイルの変化や、通信技術の進歩、5G回線の開始、
そして新たな動画ビジネスプレーヤーの登場によって、
市場は大きく成長、動画に溢れた世の中になっていくことは疑いようもありません。
そこにはたくさんの成長のチャンス、ワクワクするような人生体験が待っています。

実際、私たちも動画制作、ウェブ制作、デジタルマーケティングを行う中でも、
お客様が私たちに対する期待の高さを感じています。

その高まりきった期待に応え、期待を超えていく、
さらには社会全体に対して、必要な人に必要な情報を届けて
より合理的で幸せな社会の実現に貢献する。

「伝える技術」「伝わる技術」
をさらに磨いているところです。

これまで培ってきた動画クリエイティブの技術や知見と
デジタルマーケティングのノウハウを結集させ、
さらに【ウェブデザインやUXデザインのチカラ】を掛け算することで、
今の10倍、100倍の規模になっていきたいと考えています。

今、これから伸びる直前の動画マーケティング市場なら
圧倒的に自己成長できる、
圧倒的にこの業界に関わってよかったと思える
はずです。

ただ、ウェブをつくる、動画を作るということではなく、
デジタルマーケティングやセールスといった観点を持ちながら、
世の中にある多用な価値を深く追求し、
企画デザインするような仕事をしていただきます。

<こんな人を待ってます>
・変化の激しいスタートアップで、変化を楽しめる人
・無駄な事はせず、合理的な働き方で、人生と仕事の幸せを両立したい人
・プライドを捨てて、新しいものを取り入れられる、良いものはどんどんパクる精神のある人

会社の注目の投稿

ポートフォリオ

募集情報
探している人 アートディレクター
採用形態 中途採用
会社情報
創業者 長谷和俊
設立年月 2015年12月
社員数 13人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / メディア・出版 / 広告・販売促進

応援している人(4)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(4)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

大阪府大阪市西区阿波座1-7-12 東新ビル503