1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Androidエンジニア
9
エントリー
on 2019/07/04 1,905 views

UIリニューアルを推進するBtoB SaaSのAndroidエンジニア募集

株式会社スタディスト

株式会社スタディストのメンバー もっと見る

  • SIerから脱出して、Androidアプリエンジニアやってます。
    アーキテクチャ、DDD、TDDなど学びながらより効率的な開発を常に模索してます。
    二児の父。育児奮闘中。
    コーヒーが大好きで通販で色々なコーヒー豆を取り寄せて味の違いを楽しんでます。手焙煎も始めました。
    電子工作に興味が出てきたので、自動焙煎マシンを作れたらいいなぁとか妄想してます。

  • 株式会社スタディスト ネイティブアプリグループ マネージャー

    SIerで7年間揉まれた後、スタディストに入社しました。入社後から2年間はTeachme BizのWindowsアプリ開発を担当していましたが、現在はiOS, Android, Windowsアプリの開発を行うネイティブアプリグループでエンジニアリングマネージャー的なお仕事をしています。趣味はボードゲームで、ツォルキンが大好物です。

  • 株式会社スタディスト 取締役/CTO

    慶應義塾大学環境情報学部卒。株式会社リクルートライフスタイルにて、アジャイル開発プロセス導入、各種開発プロジェクトリーダーを歴任。同社TechLead、グループマネージャーを経て、2018年10月より開発部長として株式会社スタディストに参画。2019年1月にCTO、同3月に取締役就任。IPA主催 2009年度下期 未踏ユース 採択、慶應義塾大学非常勤講師。

    毎年冬は生存戦略として山で狩猟に勤しんでいます。

なにをやっているのか

  • 多くの有名企業様に導入頂いています

「伝えることを、もっと簡単に。」をコンセプトのもと、B to B向けの手順書作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz(ティーチミー・ビズ)」を開発・提供しています。
https://biz.teachme.jp/

どの企業においても「知らないから出来ないだけ」の業務が多く存在します。
開発環境の構築手順書、交通費の精算方法、ロッカーの鍵番号変更、接客時の鉄板トーク、レジの返金操作手順など…。Teachme Bizはそんなあらゆる企業内の業務知識を写真・動画ベースで簡単に手順書として作成し、共有を可能にする新しいスタイルのクラウドサービスです。

Teachme Bizは金融から小売、飲食、宿泊、物流、医療まで国内外問わず導入されており、様々な社内業務や手続きを可視化・共有するプラットフォームとして各社の生産性向上に寄与しています。

▼お客様導入事例
・キリンシティ株式会社様 (飲食業)
https://biz.teachme.jp/casestudy/kirincity/

キッチンやホール、共通業務のマニュアルを作成・配信することで新人スタッフの自己学習を支援するのと同時に、Teachme Bizを使って社内でマニュアルコンテストを開催。トップダウンで手順書を配信するだけでなく、現場のベテランスタッフが持つナレッジを吸い上げ、組織全体に拡げる取組みとしてもTeachme Bizを活用頂いています。

・株式会社トレタ様 (ITサービス業)
https://biz.teachme.jp/casestudy/toreta/

アプリのオンラインマニュアルをTeachme Bizを使って作成、配信。従来のマニュアル作成時間が1/2以下に短縮され、常に最新の手順書をわかりやすく伝えられるように運営されています。
参考URL: https://teachme.jp/16816/f/toreta/sf/3406/

なぜやるのか

◆会社のビジョン

「伝えること」のロスをなくし、生産的でクリエイティブな仕事に集中できるようにするため、「伝えることを、もっと簡単に。」していくことが当社のミッションです。
そうやって、知る、考える、作り出す喜びを感じられる場面を増やし、「知的活力みなぎる社会」を実現することが当社のビジョンです。

◆読むマニュアルから、見るマニュアルへ

手順や方法は正しく伝わらなければ、手順間違えやロスを生み、業務の生産性を大きく引き下げる結果になります。

世界中にはびこったマニュアルや手順書の多くは、紙ベースで文字で記述されたものが大半です。
文字は、理解のブレ、認識の間違いを生みやすく、ファイルで綴じられ大量の文字で記述されたものは読まれないというリスクもはらんでいます。

我々は、この課題を解決するために、マニュアルを「文字だらけ」から「画像、動画だらけ」にして、クラウドベースで早く、正しく届けるられるように「Teachme Biz」を開発しました。

これを日本にとどまらず、世界に広げ、企業の業務生産性向上に貢献するべく事業を展開しています。

◆日本の生産性向上への貢献

労働力が減少していく日本では、人材育成を効率化し、即戦力化すること、そして貴重な労働力として外国人をいかに活用していくかは、国策といってもよい重要なテーマです。

業種、業界、企業規模を問わず求められるこのテーマに、当社は「Teachme Biz」という事業を通して応えていきます。

どうやっているのか

  • 各部にミッションがあります。

◆徹底したミッションへのこだわりと実践
当社のメンバーはみな、スタディストが掲げる
「伝えることを、もっと簡単に。」というミッションに共感し、
集結したチームです。

全社ミッションは、部門ミッションにブレイクダウンされ、全社一丸となった取り組みを重視しています。
新たに改定されたValueとともにスタディストは次のフェーズへと進んでいきたいと思います。
____________________
〈Value〉
◇Deep Work
仕事とは、長く時間をかければ良い結果になるというものではない。
策を立て、密度高く、集中して取り組むことを心がけよう。 仕事において、時間やリソースが潤沢になることなどあり得ない。 不足があるからこそ、回避策の工夫、ひらめきやアイデアが出る。
「どうしたら、できたと言えるか?」
「どうしたら、時間やリソースの不足、浪費を回避できるか?」
この「どうしたら?」が「策」である。 策は、想定もできなかったような成果を、早く引き寄せてくれる。
人生は短い。 「策を練らず、時間をかけて仕事をする」ことに慣れてしまったら、 知的活力が漲ることもなく、膨大な時間が浪費されるだけだろう。 ディープワークは、「study - st」としての基本姿勢。

◇Fair Play
道のド真ん中を、両手を振って、 太陽の下を堂々と歩くかのようにいこう。
真摯な態度と謙虚な姿勢で、サービスを提供することにこだわろう。
企業とは、社会に役立つ事業を行うために存在するチームである。
正しい行いすら実践できないチームは、 社会に役立つことなどできない。
正しい行いを貫く姿勢は、チームの最大の強みである。
どんなことであれ、フェアプレイをしよう。

◇Full Ownership
他人事、自分の仕事だけ終われば良い、クオリティも適当で良い、 そう思って取り組む仕事ほど結果が出ないものはない。 成長もしない。
どんな仕事であっても、取り組むからには 自分の価値を何か付加できないかを意識しよう。
そうすれば、全体最適の視点になり、知恵も出る。 結果として、大きな成果に結びつく可能性も飛躍的に高くなる。
他人事になり、逃げの姿勢が出た瞬間に、 成長のチャンスは逃げていく。
オーナーシップを持って取り組み続ければ、次のチャンスを獲得し、更に成長する。
これぞまさに「study - ist」のあるべき姿。
何事も、フルオーナーシップでいこう。

◎Value改定の記事はこちら~
https://www.wantedly.com/companies/studist/post_articles/160987
____________________

こんなことやります

手順書作成・共有サービス「Teachme Biz」Android版の開発業務全般をご担当いただきます。
Teachme Biz の手順書を Android のスマートフォンで作成・閲覧するためのアプリケーションです。

▼募集背景
iOS / Android アプリの UI リニューアルを予定しており、 Android の開発を推進してくれるリード候補となる方を募集しております。
詳細は以下の記事にまとめました。

Teachme Bizモバイルアプリ開発の今とこれから - https://medium.com/studist-dev/teachme-biz-mobi

▼業務内容
・Kotlin, Java による Android アプリケーション開発
・プロダクトの UI/UX 改善

▼求めるスキル・経験
・Android アプリの開発経験
・サービス、プロダクトへの関心

▼以下のいずれかのスキル・経験をお持ちの方、歓迎します!
・アプリを一から作って、リリースまで全体を経験していること
・Kotlin を用いたアプリ開発経験
・GitHub を使っての開発ができる方
・単体テストコードをかく習慣がある方
・アプリケーション要件に基づいたアーキテクチャの設計、ライブラリの選定を経験していること
・Android アプリ開発体制の改善施策(自動化等)を経験していること

▼求める人物像
◆ 知る、考える、作り出す喜びにあふれる
私たちのビジョン「知る、考える、作り出す喜びにあふれた 知的活力みなぎる社会をつくる」を実現するためには、私たち自身が実践する必要があります。

◆ 深く考え、早くためす
私たちのバリューの1つである DeepWork ( https://studist.jp/value/ ) の真髄は、そもそもやらないことを決めることにあります。試す前に、その仕事はなぜやるのか?そもそもやるべきか?を深く考えることが大切です。目の前に飛び込んできた仕事をこなすだけのスタイルは、私たち自身も消耗しますし、本当にユーザー志向なのか?カスタマーサクセスなのか?は疑問です。そういった不毛な仕事をしないためにも、建設的な批判目線を持った人に来てもらいたいと思っています。

◆ 楽しく働くために、チームを信じる
スタディスト開発チームでは「すべては楽しさのために」ということを大切にしています。このメッセージを実践するためには、チームを信じることが必要不可欠です。良いチームでは、メンバー同士の信頼関係が担保され、その結果、コトに向き合うことができます。チームを信じるからこそ、コトに向き合うことができ、酸いも甘いも含めた仕事の楽しさを感じられるようになると信じています。

◆ 多くの手札を持ちつつも、固執しない
ユーザー志向、プロダクト志向を突き詰めると、手段に固執する必要はありません。プロダクト開発は常に選択肢は無数にあるので、手札に固執せずお客様の価値を最優先にできる人物を求めています。

◆ その他
・「伝えることを、もっと簡単に。」という弊社のミッションに共感でき、学習意欲と技術的好奇心に溢れるエンジニアを募集しています!

▼開発環境
開発言語:Kotlin, Java
構成管理ツール:Gradle
モニタリング:Fabric, Crashlytics, New Relic, GoogleAnalytics for Firebase
CI/CD:CircleCI, Fabric Beta
Knowledge Tool:Google Docs, Wrike
その他:GitHub, Slack, JUnit, Espresso

Teachme Biz Android の現場と現状 - https://medium.com/studist-dev/teachme-biz-android-tech-stack-ff283c5bfbaa

▼働き方
1チームあたりエンジニア最大3~4名規模の少数精鋭チームで開発を進めています。
水平/垂直方向のクロスファンクショナル化を奨励しており、Androidエンジニアが業務を通じてiOSやWeb開発に挑戦したり、UI/UX検討に参加することも可能です。
定期的に社内勉強会や開発合宿を開催し、技術ナレッジを積極的に相互共有しています。外部カンファレンスや勉強会への参加・登壇も奨励しており、参加費は会社にて負担しています。

スタディスト開発部では丁寧なオンボーディングで、入社後の円滑な活躍を支援しています。
https://medium.com/studist-dev/ios-product-designer-onboarding-6b1ad3b53007

会社の注目のストーリー

本質を見極め、常に二手、三手先を考える。SREチームリーダーの仕事術。
「働く場所の選択」と「相互刺激」がコンセプト。スタディストの新オフィスをご紹介!
地域経済の役に立ちたい――。大手金融からスタートアップへ、飛び込んだ世界で見えたもの。
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
株式会社スタディスト
  • 2010/03 に設立
  • 105人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
    社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区神田錦町1-6 住友商事錦町ビル9F
  • UIリニューアルを推進するBtoB SaaSのAndroidエンジニア募集
    株式会社スタディスト