Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
アナリスト(テックリサーチャ)
on 2019/06/24 1,963 views

LayerXでブロックチェーンを突き詰めるテックリサーチャ募集!

株式会社LayerX

株式会社LayerXのメンバー もっと見る

  • 新規事業立上、プロダクト作り、数字伸ばし屋などをしてきましたが、最近はより社会的にインパクトのある事業・技術にコミットしたい気持ちで、ブロックチェーンな業界にいます。少林寺拳法三段。好きな経絡秘孔は合谷と天柱。

  • 最近はブロックチェーンの人です。この新しいパラダイムが社会をどう変えていくかに興味があります。
    プロダクトつくるのが好きです。少人数での最速な新規事業開発が大好きです。ハッカドール、ニュースパスとか。ユーザーや施策、数字のことを常に考えながら、スケール可能なサービスを設計するのが好きです。
    ネット上では @mosa_siru というハンドルネームでボンバーマンなどしています。

  • 中村 龍矢
    リサーチャー

  • ブロックチェーンと法律とリサーチとをやってます
    LayerX Analyst

    週間ニュースレターも書いています
    https://layerxnews.substack.com/

なにをやっているのか

  • 開発風景
  • お互いに分からない事を聞き合いながらブロックチェーンの知見も深めます

LayerXはブロックチェーン技術の全領域に挑戦し、ブロックチェーン技術を社会に適用していくことで価値生み出している、ブロックチェーンの技術にコミットする会社です。
現在は大きく分けて二つの軸で事業を展開しています。1つはブロックチェーンのプロトコルレイヤー、基幹技術のレイヤーへの貢献を目指した研究開発(R&D)チーム、もう1つは技術への社会への応用、ブロックチェーンが本質的に価値を出せるようなユースケースを世に届けていく開発&コンサルティングチームです。

ブロックチェーン技術はまだ研究開発の段階であり、世の中により広く受け入れられるためにはスケーラビリティ、セキュリティ、匿名性、オラクル、UXなど、多岐にわたる問題に対処する必要があり、世界中の優秀なプレイヤーが問題の解決に向けて尽力しています。LayerXのR&Dチームでは、そういったブロックチェーンの基幹部分にまつわる各種問題の解決策を提案、実装しようと試みています。R&Dの内容は全てscrapboxとgithubに公開されています。

https://scrapbox.io/layerx/
https://github.com/layerXcom

コンサルティングチームはブロックチェーン技術の社会への応用、適用を推進しています。金融、保険、貿易、教育、不動産、デジタル資産の管理、エネルギー、IoT、シェアリングエコノミー等など、ブロックチェーンの適用の可能性が指摘されている分野は多岐にわたり、世界的にも様々なプレイヤーがブロックチェーンのビジネスへの適用方法や新しい付加価値を見出すことに挑戦しています。LayerXでは、クライアント企業様と協力しながら、各ビジネスの領域固有の問題を解決するために「ブロックチェーンをどう使うべきか、どう使えば新しい価値を出すことができるか?」「逆に、どこに使わないべきか」等を議論しながら、検証するためのプロダクトを機動力をもって開発しています。最近では特に「金融領域」にフォーカスし、Programmable Securities(ブログラム可能な証券)を活用したサービス作りを進めています。

なぜやるのか

我々は「Evaluate Everything」というVisionを掲げています。
ブロックチェーンの登場によって、アセットの定量化・流動化が促進されると考えています。ブロックチェーンの技術によって価値の不均衡が起こっている箇所や正しく評価がされていない領域が減っていき、適切な人に適切なリソースが供与される時代が来ると考えています。
しかし、今すぐにそんな世界が実現するかというとそうではなく「価値」をどうやってプロトコル上に定義するか、「価値」に基づく権利の強制執行をどう実装するか、どう流動化するか、どうやって現実世界の法律等のレギュレーションに沿った形で実装していくか等など、ブロックチェーンの領域には課題が山積みです。

LayerXは一足飛びで理想の世界に向かうのではなく、今できることと未来に起こることをテクノロジーへの投資でつなげていこうとしています。

LayerX設立に際する考えに関しての詳細は、CEO福島の記事をごらんください。
https://medium.com/@layerx/establishment-of-layerx-6c10b7a95893

どうやっているのか

  • slackはDMやPrivate channelを極力禁止し、透明性の高さを第一にしています。
  • エンジニアコミュニティをサポートするため、blockchain.tokyoなどのイベントの運営を行っています。

各メンバーが事業に必要な物事をスピーディに調べてキャッチアップして、調査だけではなく実際にものづくりという行動に移していくのを是としています。開発言語や開発ツールに特に縛りはなく、透明性の高い密なコミュニケーションや情報共有を是として、自走できるエンジニアが個々に主体性を持って、ビジネスとエンジニアの垣根なくプロジェクトを推進しています。

チームとしては5つの行動指針を掲げています。
・Be Animal
・Bet Technology
・Trustful Team
・Fact Base
・徳

以下の記事で、LayerXのカルチャーを詳細に解説していますので、ぜひご覧ください。
https://medium.com/layerx-jp/f3faec87b951

こんなことやります

【業務内容】
新しいブロックチェーンのプロトコル、パブリックチェーン/コンソーシアムチェーン問わずブロックチェーンの基礎技術リサーチ、各種領域で利用されている技術やその実装、新しく提案されている標準規格(EIPのような)の意図と実装など、ブロックチェーンにまつわる幅広いテーマについて深い調査を行っていただき、レポートを書くテックリサーチャを募集します。

業務内容としては
・ブロックチェーンに関連するテーマに関する調査
・LayerX newsletterへの寄稿
・Medium等のパブリックなメディアへの寄稿
・社内勉強会での調査結果報告
などとなります。調査のトピックとレポートの方法などは状況に応じて柔軟に決めて進めていただきたいです。

雇用形態に関してはフルタイムでの勤務/副業で基本リモートで対応など、状況に応じて柔軟にします(ご相談ください)

【必須条件】
- 原典資料を読み込む英語力
- 新しい技術やプロジェクトに対する知的好奇心
- 知識を資料にまとめる整理力
- ブロックチェーンの基礎知識

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
14人が応援しています
会社情報
株式会社LayerX
  • 2018/08 に設立
  • 20人のメンバー
  • 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー25F
  • LayerXでブロックチェーンを突き詰めるテックリサーチャ募集!
    株式会社LayerX