Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

セールスフォース・ドットコムで世界トップの営業スキルを身に付けられるインサイドセールス

株式会社セールスフォース・ドットコム

株式会社セールスフォース・ドットコムのメンバー

全員みる(4)
  • 成田 麗子
    セールスディベロップメント本部 広域営業部 部長

  • 池内 さやか
    Account Executive, Commercial Sales

  • 神谷 昌宏
    Account Executive, Commercial Sales

  • 森 真里
    人事採用 リクルーター

なにをやっているのか

セールス・サービス・マーケティング・コマースなど、企業のさまざまな顧客接点業務をクラウドで提供するセールスフォース・ドットコム。大企業から中小企業まで世界で15万社以上の企業が導入しており、中でもセールス支援の「Salesforce Sales Cloud」は有名です。セールスフォース ・ドットコム自身も「Salesforce」のさまざまなツールを活用し、多様化する顧客接点に対応し、毎年成長を続けています。

そんなセールスフォース・ドットコムが一番力を入れているのが一般的に内勤営業と言われる「インサイドセールス」。通常の営業スタイルとは異なり、非対面接点型の営業スタイルです。テクノロジーの進化により、訪問に加えて、web会議や、Chatなどを用いて遠隔にいるお客様とコミュニケーションが可能になっています。また、顧客の購買形態も進化しており、従来型の営業活動の前にお客様はインターネットを用いて、大半の意思決定をなされています。そこで「インサイドセールス」を正しく活用し、お客様と直接会う前にお客様の深い課題をヒアリングすることで、訪問時に中身の濃い営業活動ができ、結果的に成約率を上げることができるのです。

今回セールスフォース・ドットコムが募集するのは、そんなインサイドセールスです。セールスフォース・ドットコムが成長を継続できる秘訣はインサイドセールス部隊があるからと言っても過言ではありません。

なぜやるのか

セールスフォース・ドットコムでインサイドセールスを経験することが、未来のキャリアにどういう影響をあたえるのか、広域営業部部長の成田はこのように語ります。

profile
成田 麗子
セールスディベロップメント本部
広域営業部 部長

how 成田 これから営業としてのキャリアをきちんと築きたいという方には、セールスフォース・ドットコムでの営業としてのキャリアを、インサイドセールスからスタートすることをお勧めします。特に成長意欲があり、前向きにご自身のキャリアについて考えている方には最適な就業環境なのではないでしょうか。セールスフォース・ドットコムでは、そういった若手の営業職志望者をしっかり教育できる環境が整っており、インサイドセールスで基礎を身につけて外勤営業となることは、この先の長いキャリアにおいてもプラスに働くことでしょう。

現在、時間の制約がある方に活躍してもらうのにもインサイドセールスは有効です。インサイドセールスであれば外勤のようにお客様を訪問するための移動時間を使うこともありませんし、極端な話、インターネットと電話が掛けられる環境があればどこに居ても働けます。私達もお客様にリモートでもインサイドセールスができることを提示するために、和歌山の白浜にサテライトオフィスを作りました。実証実験の結果、これまでと同じ生産性で実績も出ているので、自信を持ってインサイドセールスでのキャリアを勧められますね。

どうやっているのか

セールスフォース・ドットコムでインサイドセールスのやりがいについて、アカウントエグゼクティブの神谷と池内はこう語ります

profile
神谷 昌宏
第1営業本部
アカウントエクゼクティブ
profile
池内 さやか
第1営業本部
アカウントエクゼクティブ

how 神谷 インサイドセールスからキャリアをスタートすることによって『営業とはなにか』を改めて考え、振り返ることができ、さらに飛躍するための力がつけられたと感じています。インサイドセールスといっても、外勤営業はもちろん、その他の部署の方と関わることができるので、Salesforceの仕組みをよく学べます。

また外勤営業になった後も、自分自身がインサイドセールスで経験したことは大きな武器になります。昨今、インサイドセールスの仕組みに興味を持ち、立ち上げようとしている企業は少なくありません。自身のインサイドセールス経験談をお客様に伝えられるため、お役に立てることが非常に多いです。意外かも知れませんが、インサイドセールスでの経験が役に立つと気が付いたのは外勤営業になってからかも知れません。

how 池内 私もインサイドセールスを経て外勤営業をしているのですが、インサイドセールスをしていた頃にとても嬉しかったことは自分が外勤営業にパスした案件が無事受注されて、外勤営業の方に貢献できたことです。私は早く外勤営業になりたかったので、インサイドセールスとして自身のKPIを達成することに注力していましたが、外勤営業になった後のことも常に考えていました。事実、業務を行う上で日々、外勤営業の様々なケーススタディを間近で見ることができたので、勝ちパターンを多く学べました。セールスフォース・ドットコムはKPIが明確で、この成果を出したら次のステージに行けるというのが分かりやすいので、現在も達成意欲を持って働けます。

逆にインサイドセールスでの業務を開始した時に苦労したことは、会ったこともない経営層の方へ『2年後に実現したいビジョンはありますか』のような鋭い質問をしなければいけなかったことです。1、2週間もすれば慣れましたが、入社したてのころは躊躇しました。

how 成田 私がインサイドセールスで働く醍醐味は、0→1だと感じます。営業にはいろんなフェーズがありますが、やはり一番難しいのは最初に案件を作ること。セールスフォース・ドットコムのインサイドセールスではそのような経験ができます。電話で御用聞きをしていても案件は作れませんし、池内が言っていたように、踏み込んだ質問をしなければ課題は浮き彫りにはなっていきません。セールスフォース・ドットコムでインサイドセールスを経験すれば、経営課題を傾聴する力が身につきますし、案件を受注した時には『私がいなければこの案件はなかった』と思えるほど大きなやりがいに繋がります。

こんなことやります

profile

セールスフォース・ドットコムでインサイドセールスをやるのには、どんな人が向いているのか成田はこう応えます。

how 成田 こんな人がインサイドセールスに向いているというのは3つあります。 『素直な人』『主体的に数字のために動ける人』『お客様に興味を持てる人』です。

セールスフォース・ドットコムに営業職として転職される方の多くは前職で活躍してきた営業の方ですが、ほとんどの方が転職後、その成功体験をそのままは活かせません。なぜならセールスフォース・ドットコムの営業スタイルが他の会社と大きく違うからです。先程も言ったようにセールスフォース・ドットコムでインサイドセールスとしてキャリアをスタートする際には、初めて電話でアプローチをした時から踏み込んだ質問をしなければなりません。中には『こんな質問してもいいのかな』と思うこともあるかもしれません。しかし、本当にお客様の課題を浮き彫りにして解決するには、時として踏み込んだ質問も投げかけなければなりません。その踏み込みをするまで多くの人は時間がかかります。その時に以前の成功体験にしがみつくことなく、気持ちを切り替え、周りの声に耳を傾けられる素直さを持っている人は比較的早く立ち上がることができ、結果を出せています。

またセールスフォース・ドットコムのインサイドセールスは毎月数字を追う組織です。予算達成のために自分でアクションプランを考え、上手くいかないときは周りに主体的に相談する姿勢が求められます。セールスフォース・ドットコムには相談されればしっかり応える環境があるので、助けを求めることを積極的に行える人は結果を出しています。

最後にセールスフォース・ドットコムの商品は、単純にどんなに素晴らしい製品なのかを伝えただけで売れる類の商品ではありません。お客様のビジネスを理解し、お客様が目指す姿に興味を持てなければ商品のよさを理解してもらうことはできません。どんなにSalesforceのよさを理解していても、お客様への興味がなければ、そういったお客様の話に耳を傾けられられず、購入して貰うまでに至らないのです。

セールスフォース・ドットコムの教育制度はどんどんブラッシュアップされていて、今の教育制度は神谷や池内が入社した頃と比べても格段に進化しています。

how 成田 まずは入社して1ヶ月間は職種関係なく中途入社全員が受ける研修があります。会社の仕組みやサービス特徴といったどの部署でも必要になる知識を学びます。もちろんこの期間は、研修だけに集中します。

インサイドセールスでは、2ヶ月目に正式に配属され、業務に入りつつ、並行しての研修になります。この期間に実務により近いトレーニングをしたりテストをしたりします。

配属されて最初の2ヶ月間は求められる成果が少ない分多くのトレーニングを受けていただき、セールスフォース・ドットコムで営業をしていく上での基礎知識を習得していただきます。そのトレーニングはインサイトセールスユニバーシティ(ISU)と弊社では名付けているのですが、大学の講座のように単位制になっていて、いくつもある講座の中から昇格に必要な単位をとれ、また営業としての数字が伴っていれば次のステージにいける仕組みになっています。ただ、マネージャーたちのフォローもあるので、これまで単位が足りないことで昇格できないということになった人はいないので安心してください。

なぜこのような単位制の研修制度を導入したかというと、自発性を尊重したいという思いからです。将来的に考えているキャリアによって必要なスキルは違い、また個々のバックグラウンドによっても身につけるべきスキルは異なります。自ら何を習得すべきか考えながら講座を受けて欲しいと思っているのです。講師は社内で営業をしてきた人間もいれば、外部でコンサルタントをしていた人間もいるので、とてもハイレベルな講座を受けることができます。

profile

今回募集しているのは、セールスフォース・ドットコムのキャリアの根幹となるインサイドセールスです。 セールスフォース・ドットコムは世界でもトップクラスの営業組織を持っていますが、それらのスキルの多くはこのインサイドセールスによって培われています。現在社内で活躍している営業の多くがこのインサイドセールスを経験したことを今の外勤営業に活かしています。 世界トップレベルの営業スキルを身につけたいという方はぜひ一度お話しましょう。

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 インサイドセールス
採用形態 中途採用
会社情報
設立年月 2000年4月
関連業界 情報通信(基盤/SI/パッケージ)

応援している人(91)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(91)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12階

Page top icon