Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
インターン・学生バイト
コーポレート・スタッフ
on 2019/05/25 913 views

コンピュータクラブハウス加賀で子どもたちの創造性を育てませんか?

特定非営利活動法人みんなのコード

特定非営利活動法人みんなのコードのメンバー もっと見る

  • 過疎地教育の研究とプログラミング教育の普及を中心に活動中。
    コンピュータクラブハウス加賀( https://computer-clubhouse.jp/ )のコミュニティマネージャー

    末廣優太
    1997年生まれ。
    幼少期をアメリカ​で過ごす。​帰国後、高校まで茨城県の公立学校を進学。
    大学は横浜市立大学に進学し、国際経済論を専攻。3年次には入学理由の一つである、国連本部でのフィールドワーク/論文執筆を行う。(3年終了時に中退)
    2018年には東京から​石川県珠洲市に移住し、約1年間、地域おこし協力隊(ICT支援員)として市内11校のICT教育推進支援、メディアリテラシーや...

  • 採用/ファンドレイジング/Web・SNSマーケなどなど担当。
    (Newspicks次世代イノベーターピッカー)

    大阪出身。FBで繋がり2017年1月にjoin。みんなのコードでは全国10都市、合計1000人以上動員の文部科学省後援事業先生向けのプログラミング教育の研修会や全国15都市の教育委員会と協力する通期研修会のPM。その他先生向けのWebメディア立ち上げ従事。最近はファンドレイジングの立ち上げと採用という新しい仕事に従事。
    仕事以外では女子中高生向けアプリコンテスト世界大会の日本支部を展開、STEM女性の取材・記事執筆もしています。

  • NPO法人みんなのコード 代表理事
    1985年2月 千葉県生まれ
    2003年3月 慶應義塾湘南藤沢高等部卒
    2007年3月 慶應義塾大学経済学部卒
    2007年4月 森ビル株式会社入社
    2011年5月 ラクスル株式会社入社
    2015年7月 一般社団法人みんなのコード(現NPO法人みんなのコード)設立

    「全ての子供がプログラミング教育を楽しむ国にする」とのミッションの下、全国での小学校からのプログラミング教育の普及活動をしています。

    2016年 文部科学省 小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議 委員
    20...

  • 都内私立高校で教鞭をとる→エンジニアに転向
    * 2014年 習い事サービス「サイタ」の開発
    * 2016年 みんなのコード・ファンタラクティブ(株)のダブルワーク
    * 2017年 みんなのコードフルタイムjoin!→CTO就任
    ## 言語: JS, PHP, Ruby(on Rails), Python, Processing, Go
    ## 何やってるの
    * オンライン教材「プログル」を設計〜開発まで1人で行う
    * 2017年4月にリリース、23万UU突破
    * React.js, p5.js, Google Blocklyを組み合わせたSPA

なにをやっているのか

  • プログラミング指導教員養成塾の授業構想の写真
  • プログルのキャプチャ画像

【全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする】

みんなのコードは、プログラミング教育を推進するNPOです。
プログラミングの経験が乏しい先生でも、プログラミング教育を始められるよう、人と技術、2つのアプローチで学校の先生たちを支援しています。

これまで、47都道府県のうち34都道府県に足を運び、学校の先生に研修などを実施してきました。

2018年度からは、Goorle.orgと協働し、全国でプログラミング指導教員養成塾(養成塾については下記詳細記述)を開講しています。これによって、全国200万人の小学生が、プログラミングを楽しむことができる環境を実現できます。

◆人のアプローチ
ープログラミング教育のシンポジウム「プログラミング教育明日会議」
学校の先生がプログラミング教育を始める入り口となるよう、時代的な背景から具体的な授業のやり方まで、体系的に理解できるようにコンテンツを用意しています。

ー通期の勉強会「プログラミング指導教員養成塾」
「プログラミング教育を深めたい」という先生向けに実施しています。こちらに参加した先生は、プログラミング教育必修化を理解し、実際に授業を行い、周りの先生に広める中核的役割を担っていきます。

このような我々の活動に参加している先生は、累計4000人を超えました。未経験の先生向けからしっかりやりたい先生向けまで、体系的に実施しています。

◆技術のアプローチ
ーオンライン教材「プログル」https://proguru.jp/
プログラミング教育をやりたい・やらなければと先生が思っても、経験が無い人がほとんどです。そこで、経験が浅い先生でも、学校の授業ですぐに使えるように設計したプログラミング教材「プログル」を開発しています。全国各地の小学校で使われていて、利用者30万人を突破しました。

ーwebメディア「プロカリ」https://procurri.jp/
プログラミング教育の授業事例を紹介しています。実際の授業の事例をweb上で提供することで、先生が意欲的に取り組むキッカケを作っています。

このように、実際に授業をする先生向けに、情報とツールをテクノロジーを通して提供することで、プログラミング教育を行うチャンスを増やしています。

なぜやるのか

  • 機会が経済的に恵まれた家庭環境の子どもに限定ではなく、全ての子どもへの機会提供が必要だと考えています。
  • 子どもたちがまずはプログラミングを楽しむことが大事

<VISION>
子どもたちがデジタルの価値創造者になることで、次の世界を創っていく

デジタルネイティブ世代の子どもたちが
ゲームで遊んだり、オンラインで動画を見たりする価値を「消費者」ではなく、
ゲームを作ったり、自己表現したり、動画を発信したり、
デジタルで社会の課題を解決し価値を創っていく「創造者」としての姿を目指してほしい
と私たちは思っています。

日本の子供たちが皆、次の時代に必要なことを自分たちで創れるようになる。そうしたら世界はもっと明るく楽しいものになると思いませんか?

<MISSION>
全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする

◆なぜ「全ての」というと、
子ども向けプログラミング・コンテストなどがあるように、“既にプログラミングができる子がもっとできるようにすること”に対しては機会が多く恵まれています。
しかし、この先必要なのは、プログラミングをまだ知らないけれどプログラミングを楽しいと思う子どもが増えることだと考えています。

◆なぜ「プログラミングを楽しむ」かというと、
プログラミング教育が取り上げられる中で、IT人材不足など、大人の事情がでてきます。
しかしコンピュータに向き合うときに子どもにとって大事なのは、プログラミングを楽しむことだと考えています。子供たちに「プログラミングに触れることが楽しい」と感じてもらうことを何より大切にしています。

◆そして最後になぜ「国にする」かというと、
プログラミング教育の浸透は東京で先行し、そこから数年遅れてその他の地域に広がっていくと予測されています。 たまたま生まれた場が地方だからチャンスが無かった、というのではなく、日本全国平等に機会に恵まれるべきだと考えています。
日本の公教育の強みである「質の統一性」を生かして、地域間の情報格差・教育格差を取り除き、子どもたちに平等に楽しむ機会を提供したいと考えています。

どうやっているのか

  • 数年で約10名以上の組織になりました
  • 文部科学省の方や教育委員会の方と連携して進めています。

【メンバー】
みんなのコードのメンバーは現在10名です。
教員・エンジニア・若い世代で分かれております。
教員は50代の30年教鞭をとった元先生と60代の元校長先生で、業界内でもプロフェッショナルと呼ばれている2人。
エンジニアは元ラクスルco-founderでエンジニアとして創業を支えた代表と元高校教員で25歳からプログラミングを始めてエンジニアになったCTO。
若い世代は20代で、いくつものプロジェクトを横断してプロジェクト・マネジメントや営業を行なっております。
3つの領域からそれぞれの強みを生かすことで、全体としての成果を最大化しています。

【バリュー】
1. 未来のDeveloperになろう
まずは私たち自身が、Computational Thinkingし、社会の課題を構造的に捉えて、創造的に解決していくことで、子どもたちの未来を創っていくDeveloperになろう。

2. 多様性を強みにする
みんなのコードは老若男女様々なバックグラウンドを持ったメンバーが集まるチームであり、自身とメンバーの強み・弱みを把握し、その違いを認め尊重しあう。

3. 最初 × 最高 = 最大
みんなのコードは
最初に他者が手がけていない課題解決に取り組み、
最高のプロダクト・サービスを提供することで、
最大の成果を出すことを常に目指します。

こんなことやります

みんなのコードは、「全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする」ために、2020年小学校プログラミング教育必修化に向け、学校内を中心にプログラミング教育を実施してきました。
しかし、学校内では時間数が限られていたり、学校に馴染めず不登校の子どもには機会を提供できない、という課題を感じておりました。
そこで、「全ての子ども」に「学校外での発展的なこと」をするために、より包括的なプログラミングを楽しむ機会が増やすために、国内第一号のコンピュータクラブハウスを加賀市に設置しました。

【コンピュータクラブハウスとは?】
コンピュータクラブハウス(*1)とは、1993年に米国・ボストンで初めて設立された、子どもたちに「いつでも」「安全に」「テクノロジーを知ることができる」コミュニティのことです。現在、日本を含め世界中19カ国において約100箇所の施設が存在します。2013年には、オバマ元米国大統領もコンピュータクラブハウスに訪れるなど、注目が集まっております。コンピュータクラブハウスに通う10代の子どもたちの中には、独自の映画制作、DJ活動、動画制作、コーディングなど、テクノロジーを使って自分たちの好きなことを仲間と一緒に追求しています。この取り組みは、世界中で広まっていますが、日本国内での実績はありません(2018年12月12日、みんなのコード調べ)。 (*1)http://www.computerclubhouse.org/
https://theclubhousenetwork.org/locations/

【仕事内容】
コンピュータクラブハウス国内第一号を石川県加賀市に5月25日オープンしました。( https://computer-clubhouse.jp/
加賀市とみんなのコードと一緒に、未来の子どもたちの地域学習の基盤づくりや子どもたちと関わる経験ができるのではないかと考えております。
現在コミュニティマネージャーが一人在籍しているので、日曜日にインターン可能な方を募集しています。

具体的な仕事内容としては、

1.子どもたちの興味に沿った活動のメンタリング
2.Scratchのようなソフトウェアだけでなく、テキスト言語を使ったプログラミングや、micro:bit や RaspberyPi等を使ったフィジカルコンピューティング、3Dプリンター等を使ったFab活動等を幅広くサポート(他の専任の講師もいます)

などを行っていただきます。加賀市・みんなのコード本部と協力し、海外でのノウハウも活かしながら、加賀市とみんなのコードのスタッフが加賀市内での子どもたちにこれらの機会を提供できたらと考えております。

ちょっと興味あるなーって方はぜひ一度気軽にランチしましょう!

会社の注目の投稿

令和時代!優秀なエンジニアはNPOで働け!
前年比売り上げ3倍、海外営業も決めるトリリンガールがみんなのコードにjoinした理由
NHKニュース おはよう日本に、コンピュータクラブハウス加賀が取材されました!
エントリー状況は公開されません
6人が応援しています
会社情報
特定非営利活動法人みんなのコード
  • 2015/07 に設立
  • 7人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    海外進出している /
  • 石川県, 加賀市大聖寺八間道65番地 かが交流プラザさくら3F インキュベーションルーム8
  • コンピュータクラブハウス加賀で子どもたちの創造性を育てませんか?
    特定非営利活動法人みんなのコード