1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Webマーケティング
59
エントリー
on 2019/04/23 2,996 views

CMO直下!120万人が使う知育アプリをグロースさせたいマーケター募集!

ワンダーラボ株式会社

ワンダーラボ株式会社のメンバー もっと見る

  • 2009年に新卒で三菱商事に入社。
    人事部にて新卒採用担当、新産業金融事業グループにて事業投資担当、生活産業グループ管理部にて連結決算・計数管理などを担当。2014年から1年間モスクワ勤務。

    2016年冬、偶然から小学校からの旧友(=弊社代表、川島)に久しぶりに再会。2ヶ月後にはワンダーラボの一員として本郷三丁目に勤務することに。

    ワンダーラボでは現在、執行役員CMO、採用担当を務めています。
    「教育の現場に根ざして、培った知見とテクノロジーを結びつけながら、革新的な教材の力で世界の教育を変えていく」ことに興味を持てる方、ぜひ一緒に世界に挑みましょう!

  • 幼児向けの教材開発会社であるワンダーラボでセールス&マーケティング、経理総務法務はじめコーポレート機能のマネジメントを主に担当。教材開発のための研究授業Think!Think!の企画運営、週1日は親会社の塾「花まる学習会」で教室長。

    新卒でコンサルティングを4年経験後、大学時代の友人である代表の川島に誘われて花まるグループに参画、当初2名で花まるラボ(現在のワンダーラボ)設立。幼児教育の世界の奥深さと子どもたちのかわいさに感動しつつ日々過ごしています。

  • ワンダーラボでは、
    UX Managerという肩書きのもと、商品開発・運営・改善・カスタマーサポートを担当。

    幼少期をメキシコで過ごす。
    東京大学理科二類に入学するも、研究職やアカデミックな道は自分には向いていないと悟り、3年で文系の学部へ進学。

    新卒で三菱商事に入社し、機械グループに8年所属。
    外資系戦略コンサルティング会社 A.T.カーニーで2年働いたのち、ワンダーラボに転職。

  • 世界中の子どもたちから、知的なわくわく= Wonderを引き出すために、教育コンテンツを作っています。
    会社のコアバリューを数式で表現できたことが最近の誇りです。

なにをやっているのか

  • 2020年4月にリリースしたSTEAM教育の新しい通信教育「ワンダーボックス」。アプリとフィジカルなキットを組み合わせて遊びながら学ぶ、わくわくに溢れた教材です。
  • 知育アプリ「シンクシンク」は100種類の問題で「考えるって楽しい!」という気持ちを引き出します。世界で、累計120万ユーザーに使われています。

▼世界中の子どもたちが「感じて・考えて・つくり出す」ことを大好きになるようなコンテンツを作っています。

私たちは、2020年2月に発表したばかりのSTEAM教育分野の新サービス「WonderBox(ワンダーボックス)」や、120万人が使う知育アプリ「Think!Think!(シンクシンク)」を中心として、子どもたちから「知的なわくわく」を引き出すためのコンテンツを開発・運営する教育スタートアップです。

経営陣が幼児教育に豊富な経験・知見を持つ教育者であることに加え、現在も毎週、1-2年生向けの授業を運営し、常に子どもの感覚をキャッチし続け、子どもがもっとも躍動するコンテンツの提供を目指しています。

主力サービスである「シンクシンク」は、150ヶ国120万人のユーザーを持ち、Googleにより、子ども向けアプリの世界TOP5(Google Play Awards finalist)に選出。ユーザーからも、iOS/Androidでそれぞれ4.7/5と高い評価をいただいています。慶應義塾大学との実証実験では、学力やIQ、非認知能力(やる気や自尊心など)にも大きな効果が確認されました。

2020年7月には、初の外部からの資金調達も実施。今後は、コンテンツや、それを生み出す「人」への投資を加速し、サブスクリプションモデルによる収益化、世界展開を本格化させていきます。

また、JICAからの委託事業としてカンボジアの思考力教育への貢献を進めたり、三重県と教育振興の包括提携を締結したりと、官民の境・国の境を越えた取り組みを行なっています。

<参考>
■採用向けワンダーラボ会社紹介 https://wonderlabedu.com/recruit/index.html
■ワンダーラボ コーポレートサイト https://wonderlabedu.com/
■ワンダーボックス 公式サイト https://box.wonderlabedu.com
■東洋経済Online http://toyokeizai.net/articles/-/180756
■EdTechZine https://edtechzine.jp/article/detail/891

■弊社プレスリリース一覧 https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/12970

なぜやるのか

  • ワンダーボックスでは、アプリと毎月家庭に届くキットを組み合わせることで、わくわくが最大限引き出されるような仕掛けや工夫が随所に散りばめられています。
  • カンボジアでは、JICA事業として、公教育に弊社アプリを用いた思考力教育の導入をすすめています。図形やパズル・迷路など、言語を必要としない直感的な問題だからこそ、世界で受け入れられています。

▼世界中の子どもが本来持っている「知的なわくわく」を引き出すために。

「これからの時代にはこんな力が求められる、それを子どもたちに与えよう」。
そのようなアプローチではなく、私たちは、目の前の子どもの知的なわくわく=”Wonder”を引き出すコンテンツや体験を、その時代ごとにできる最高のアプローチで届けていきます。

バックキャスティング(未来からの逆算)の教育ではなく、今この瞬間、目の前の子どもが「感じて、考えて、つくり出す・表現する」ことを楽しんでいるかどうか、このことに真摯に向き合っていきたいと考えます。

なぜかというと、未来は、決して大人が思い描く通りにはなりません。
子どもたち自身が、予想もつかない未来を切り開いていくためには、幼少期に、こうした「知的なわくわく」が引き出されるような経験をどれだけたくさん味わっているかが、とても大切な鍵になると考えているからです。

私たちのミッションやコアバリューについて、詳しくはこちらをご覧ください。
https://wonderlabedu.com/company/index.html

どうやっているのか

  • コンテンツは、常に複数のプロジェクトチームが同時進行で開発しています。PM、エンジニア、デザイナーなど、様々な職種でチームを組成し、プロトタイプを授業で試しながら、コンテンツが出来上がっていきます。
  • 毎週、小学1-2年生を対象に研究授業を実施。全てオリジナルコンテンツで、子どもが「考えることが大好きになる」90分です。全ての社員が定期的に参加し、子どもの特性を学び、コンテンツ製作に活かしています。

▼プロダクトの開発は、基本的に複数のプロジェクトチームによって、同時進行で進められます。PM・コンテンツクリエイター・エンジニア・デザイナーなど、様々な職種でチームを組成し、コンセプト作りから作り込みまでを行っていきます。

毎週行っている研究授業で、プロトタイプを試し、子どもが心から楽しめているか、知的なわくわくが引き出せているか、を徹底的に観察し、試行錯誤を重ねていきます。

算数オリンピックの問題作成者や世界パズル選手権入賞者などからなる、圧倒的な問題作成力に加えて、一切の外注をせず、全て自社開発で作っていること、こうしたユーザーテストの場を継続的に確保できることが、私たちの強みです。

エンジニアやデザイナーといった職種のメンバーも授業に参加し、子どもの感覚に直に触れているからこそ、プロダクトの細部にまで、そのフィードバックを生かすことができます。

わたしたちは、社員31名、平均年齢31歳と、若くエネルギーに満ちたスタートアップらしく、全員が主体性や柔軟性を持ち、変化や未知への挑戦を心から楽しんでいます。失敗を恐れず、常識にとらわれずに自分の頭で考え抜くこと。常に他者を理解しようと努めること。こういった精神を何よりも大切にし、フラットでお互いを自然に尊敬し合える仲間たちです。

社員の国籍も日本にはじまり、スコットランド、フィリピン、カンボジア、アメリカ、中国、韓国など、バラエティーに富んでいます。(もちろん英語が喋れなくても大丈夫!)

オフィスは大江戸線/丸ノ内線の本郷三丁目駅からほど近い大通り沿い。学生街ということもあり、安くて美味しいお店も多く、歴史を感じさせるとても素敵で働きやすい環境です。

少しでも興味を持ってくださったら、ぜひご応募ください。社員一同、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

こんなことやります

自分の力で、サービスを世界中に広げたい。
自分が、このサービスを世界一の教育コンテンツにする!
そんな想いを持ったマーケターを募集しています。

【募集概要】
CMO直下で、日本・世界を対象としたマーケティング企画の立案・実行を担当するマーケターを募集します。

モバイルアプリマーケティング・Webマーケの経験のある方、マーケティングツールなどを用いたWeb広告運用知見のある方、海外マーケティングに知見のある方など、それぞれの領域における経験・知見をお持ちの方は特に大歓迎です!

【業務内容】
・弊社マーケティング戦略/施策の企画・実行
・弊社PR戦略/施策の企画・実行
・アプリLTV最大化のための企画・実行
(広告運用、ASO、CVR改善など、アプリマーケティング全般)
・その他マーケティング・PR関連業務全般

【必須要件】
1年以上のマーケターとしての実務経験

【こんな経験出来ます】
ここまで、シンクシンクは累計120万ユーザーを獲得していますが、これはほぼオーガニックでの獲得です。
また、今年4月にリリースした新しい通信教育サービス「ワンダーボックス」も、順調に立ち上がっていますが、まだまだ小さなサービスです。
7月に外部から資金調達を実施し、まさにこれから、本格的にブランディングやマーケティングに注力してプロダクトを大きくしていく、そんな経験ができます。

【こんな人を求めています】
・自ら考え、行動できる方
・文化の違いや自分と異なる考え方を受け入れ、自らの常識をアップデートしていける方
・未知や未開拓を不安に思わず、楽しみ、挑戦できる方
・何よりも、子どもが好きな方

【こんな人たちがいます】
ビジネスチーム:
戦略コンサルや商社などから集まった、個性豊か(で愉快)な各領域の専門家集団です。

コンテンツ開発チーム:
算数オリンピックや世界算数など、最高峰の問題製作を手がけるエキスパートが集っています。

各分野のプロが集まる専門家集団が、「世界中の子どもたちが心からワクワクしながら集まるようなプラットフォームを創る」という旗のもとに集まり、切磋琢磨しています。

こんなにワクワクできる環境は他にないと思っています。
ぜひ一緒にそんな未来を実現しましょう!

会社の注目のストーリー

小学館から2.5億円の資金調達を実施。各職種で仲間を募集中です!
ワンダーラボに興味をお持ちの方への会社紹介資料を公開しました!
【子育て中の社員を応援!】新しい通信教育「ワンダーボックス」の福利厚生プランをはじめました。ぜひご活用ください!
エントリー状況は公開されません
11人が応援しています
会社情報
ワンダーラボ株式会社
  • 2014/10 に設立
  • 31人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
    社長がプログラミングできる /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都文京区本郷3-32-7 東京ビル6F
  • CMO直下!120万人が使う知育アプリをグロースさせたいマーケター募集!
    ワンダーラボ株式会社