1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
カスタマーサクセス
19
エントリー
on 2019/02/15 1,851 views

カスタマーサクセスとして、電子カルテの成功体験を一緒に作り上げませんか?

株式会社メドレー

株式会社メドレーのメンバー もっと見る

  • 2010年 東京工業大学工学部経営システム工学科卒業。同年 三井住友銀行へ入社し、法人営業、システム導入推進、サービス企画といった業務を幅広に経験。その後、三菱東京UFJ 銀行(現 三菱UFJ銀行)へ転職を果たし、【金融】×ITによる新しいサービスの形を模索する中で、思い描いた働き方と共感するビジョン(納得できる医療の実現)をメドレーに見出し、【医療・ヘルスケア】×ITの世界へ。2018年2月よりメドレーに入社、オンライン診療システムCLINICS カスタマーサクセスを経て、現在はCLINICSカルテ カスタマーサクセスの一員としてカルテ導入・活用促進コンサルティングに従事しています。

  • 1992年生まれ。2010年宝塚音楽学校へ入学し、2012年宝塚歌劇団に入団。
    雪組男役として5年間舞台に立つ。(ベルサイユのばら、Shall we dance?、るろうに剣心、ローマの休日etc…)
    2017年に宝塚歌劇団退団後、株式会社メドレーへ入社。オンライン診療アプリ「CLINICS」のセールスを経て、現在は採用広報を担当。

  • 東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院での初期臨床研修を経て、日本赤十字社医療センターで消化器内科を専攻。その後ボストンコンサルティンググループにて、製薬企業における製品戦略の立案や、病院を含めたヘルスケア領域における経営改善を経験。2016年よりメドレーに参画、執行役員としてオンライン診療アプリ「CLINICS」やクラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」の立ち上げおよび事業部長を歴任。

  • 東京大学経済学部経済学科卒業。国内金融機関を経て、Googleに入社。法人向けクラウドサービス”Google Apps for Works”のエバンジェリストとして年間100回以上の公演を行う。メドレーでは、CLINICSのマーケティング責任者を務める。

なにをやっているのか

  • 予約〜カルテ〜会計〜レセプトまでの診療業務システムを統合し、効率化を実現するクラウド診療支援システム「CLINICS(クリニクス)」
  • ジョブメドレーは約20万件の求人情報を有する、医療介護分野で日本最大級の採用管理システムです。

「テクノロジーを活用して医療ヘルスケアの未来をつくる」というミッションの実現に向けて、現在は以下の事業を展開しています。

■医療介護福祉の人材採用システム「ジョブメドレー」
■クラウド診療支援システム「CLINICS(クリニクス)」
■オンライン医療事典「MEDLEY」
■介護施設の検索メディア「介護のほんね」

ジョブメドレー事業で築いた顧客基盤や収益基盤を元に、クラウドを活用した医療SaaSの開発と市場への導入を進めています。

なぜやるのか

  • 医療現場の負担増大や複雑化する医療など、日本の医療当事者は、様々な課題を抱えています。少子高齢化やデジタル技術の進歩といったマクロトレンドの影響を受け、デジタル活用の必然性は高まっています。
  • 共同代表の豊田は、日米での脳神経外科医としてのキャリアを歩む一方で、日本が直面する高齢社会や医療費の高騰、医師不足などの課題に危機感を募らせるようになり、「医療を救う医師になろう」と臨床現場を離れることを決意しました。

現在40兆円を超える医療費ですが、高齢化社会が進む中で急速に高騰し、2025年には58兆円を超えると言われています。今から50年ほど前は、65歳以上の高齢者1人を約10人の現役世代が支える構造でしたが、少子化も進み、2020年には約2人で支えなければならない構造になっています。少子化により現役世代が減り、高齢化により支える高齢者が増える中で、このままだと今後の税負担が高騰し、深刻に家計を圧迫する時代が到来してしまいます。

一方、他の産業においてデジタルの活用が積極的に進んでいる中、例えばカルテの約6割はいまだに紙で運用されているなど、医療におけるデジタル化は著しく遅れています。デジタル化せず、非効率なオペレーションが続く中で、すでに医療現場は慢性的な人手不足で疲弊しています。高齢化に伴い、医療現場の負担が今後ますます高まる中で、このままいくと日本の医療は破綻してしまうでしょう。

メドレーは、子供や孫の世代に致命的な負の遺産を残さないよう、医療現場におけるデジタルの活用、そしてそのクラウド化 / SaaS化を通じて圧倒的な効率化を実現し、未来への貢献を行っていきます。

どうやっているのか

  • 創立11年目、400名のメンバーで医療ヘルスケアの課題に向き合っています。
  • コーポレートカラーは革命の赤。「納得できる医療」を目指してさまざまなサービスを提供しています。

巨大な課題を抱える医療やヘルスケアの領域ですが、私たちはテクノロジーの力を活用して、一つずつ、新しく変えていけると信じています。各々の会社で第一線で活躍してきた多様なメンバーが「医療ヘルスケアの未来をつくる」というミッションのもとに集結しています。この2年でメンバーは倍増し、400名を超えるチームになりました。

シリアルアントレプレナーの創業社長瀧口と、日本・米国で医師の資格を持つ豊田の共同代表が経営陣を率いています。社内に医師免許を持つスタッフが10名程在籍し、エンジニアやデザイナーと共に自社プロダクトを内製で開発しています。社員の平均年齢は31歳、常勤役員の平均年齢も36歳と、20代後半から30代前半のメンバーが活躍しており、実力のあるメンバーには年齢問わず大幅な権限委譲を行っています。

医療に関わるすべての人たちにとって「納得できる医療」が実現できる社会づくりに貢献できるよう、メドレーはこの大きな社会課題に、これからも真正面から取り組んでいきます。

(参考)

「
私がメドレーに入社した理由 」

https://www.wantedly.com/feed/s/medley

「CREATOR’S STORY」
https://www.medley.jp/team/creator-story.html

「医療危機を超えろ。」
https://newspicks.com/user/3604

こんなことやります

こんにちは、はじめまして。
クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ(https://clinics.medley.life/karte)」で、カスタマーサクセスを担当している西部と申します。
私たちのチームでは、医療機関様がシステムを使いこなし、実際の診療に活用していくための柔軟なサポートを考え、実行するまでの幅広い業務を担当しています。

■メドレーへ入社するまで
私は、前職では銀行で法人営業やITシステム系の部署で働いていました。期待値を上回る成果を残せた時やプロジェクトを完遂できた時などに、自身の成長や達成感を感じていたものの、結果として「何かを変えることができたのか。本当に誰かのためになったのか。」という疑問が次第に大きくなっていきました。そんな時にたまたま出会ったのが、メドレーのネット記事だったんです。
「ITの力で医療ヘルスケア分野の課題を解決する」、ミッションを社員一人一人がまさに中央突破で実行している印象を持ち、更にカスタマーサクセスという役割に私が求めていた価値観が重なり、入社を決めました。

■「CLINICSカルテ」の魅力とは
私が現在携わっている「CLINICSカルテ」は、直感的にわかりやすいUIデザインと操作性はもちろんのこと、オンライン診療だけでなく、様々な機器/サービスとの連携の輪を広げていく成長性、医療機関の中心的システムとしての進化を肌で感じられるプロダクトであるということです。
私は約8年間「金融」という異なるフィールドにどっぷり浸かっていたこともあり、最初は勉強すべきことが山のようにありました。今でも毎日が学びの連続です。
一方で、吸収した知識は直に業務に活きているなと肌で感じることができます。これまでに出会ったことのない課題に対しても多彩なスキルを持つ同僚達の協力を仰ぎつつ「何が顧客にとってベストになるだろうか」と真剣に考え、行動に移し、解を導き出すプロセスは楽しく、常に未来志向で取り組める環境であることに感謝しています。

■カスタマーサクセスが存在する意味
実際に私が担当したクリニック様では、他社レセコン(診療報酬明細書を制作するコンピュータ)からの初の移行案件で、導入後予期せぬイレギュラー対応が求められることもありました。チーム一丸で力を尽くした結果、導入後1~2ヶ月程度で無事に定常運用に持っていくことができたんです。この成功体験が、メドレーのサービスを通じて医療機関様やその先にいる患者様の役に立てるのだな、という希望が確信に変わっていきました。
今後もカスタマーサクセスを通じて、もっと沢山の「メドレーファン」を作り、複数のプロダクトを喜んでお使い頂けるようなサイクルにも繋げていきたいと考えています。

■こんな方とご一緒したいです!
変化を楽しみ、新しいことにチャレンジしたい方。人とのコミュニケーションが好きで、医療を取り巻く環境への熱い想いのある方であれば、カスタマーサクセスは非常にやりがいのあるポジションだと思います。
皆様のご応募を、心よりお待ちしています。

会社の注目のストーリー

世界中を旅している私が、リクルートの新規事業責任者を経てメドレーに入社した理由
電子カルテの黎明期を体験したエンジニアの私が、メドレーに入社した理由
プロバレリーナを引退し、次の目標を探し続けていた私がメドレーに入社した理由
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
株式会社メドレー
  • 2009/06 に設立
  • 400人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー22F
  • カスタマーサクセスとして、電子カルテの成功体験を一緒に作り上げませんか?
    株式会社メドレー