Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Perl から Goへ!ミドルクラスの経験者プログラマーを募集中!

EDOCODE株式会社

EDOCODE株式会社のメンバー

全員みる(8)
  • CTO
    元Perl協会理事

  • Webフロント(デザインを除く)からサーバーサイド開発まで、システム開発に必要な範囲を全てやっています。

  • Webフロント + デザイナー

  • 前原 南海子
    ディレクター

なにをやっているのか

  • 天井高5m以上の開放感あるオフィスです。椅子は全脚アーロンチェアを導入しています。
  • PC やディスプレイはもちろん、キーボードやポインティングデバイスも社員の要望に合わせて手配しています。

基幹事業として、国内クレジットカード会社との協業によるポイントモールサイトを開発・運用しています。2010年に第一社目のクレジットカード会社と協業を開始し、2019年現在ではその数も20社以上に増えました。

このポイントモールサイトがあることで、金額換算で月に1億円以上をユーザーに還元することができています。私たちはこの金額をサービスの KPI として設定し、この金額を最大化するにはどうすれば良いかという視点で、日々のサービス開発を進めています。

またユーザーへの還元金額が大きくなるということは、ポイントモールを経由したオンラインショッピングの取引額が大きくなるということです。「ユーザーファースト」でサービスを常に改善し、それによってオンラインショッピングをもっと活発に、そして便利に利用できることを目指しています。

このポイントモール事業は、グループ親会社の Wano株式会社の一事業として始まりました。そして 2016年6月に、その事業部をスピンオフする形で EDOCODE株式会社が創業されました。安定した収益事業を持ちながらスピンオフした企業であるため、資金力が十分にありながらも、スタートアップ的なマインドセットでプロダクト開発を行うことができています。

創業から3年が経ち、EDOCODE はこれからいよいよ「世界中の人々に使ってもらえるサービス」を開発していきたいと考えています。

なぜやるのか

  • スタンディングデスクでの打ち合わせも可能です。可動式のホワイトボードも用意しています。
  • 自宅からリモートワークしている社員とは、専用の iPad と Bluetooth マイク/スピーカーで常時接続しています。

世の中には常に不便があると思います。その不便がどうやったらなくなるだろうかと考え、解決策を世の中に出していくことが、私たちの存在意義になると考えています。

ただビジネスをうまく回し、収益を得る。それだけの存在でも、社会の一部としての役割は果たしているかもしれません。しかし本当にやりがいを感じて取り組めるのは「お金稼ぎ」ではなく、世の中からの手応えを感じられる事業です。

まだ既存の事業でそれを実現できていませんが、少しでも世の中を前に進めるために、私たちができることから貢献していきたいと考えています。

どうやっているのか

  • 社員間の交流を目的に「本を使ったワークショップ」を定期的に開催しています。
  • 自分が読んだことのある本を自由に持ち寄ってワークショプは進みます。

【リーン・スタートアップ/プロダクト開発】
現在、従来型のサービス開発・運用体制から、リーン・スタートアップ手法をとりいれた「プロダクトチーム型」への移行を進めています。

これまで弊社では、従来のIT企業でよく用いられる体制をとっていました。すなわち、「"頭の良いひと" の意見をもとに」「ウォーターフォール型で」「要件定義を行い」「スケジュール(WBS)に沿って」「プロジェクトマネージャーが管理する」「ディレクター・UI/UXデザイナー・フロントエンドエンジニア・サーバーサイドエンジニアが」「期日厳守で成果物を出荷する」ような体制です。
この体制の問題は、答えがわからない状況では、リスクが高すぎるということです。誰かが要件定義の時点で考えた最高のアイデアも、実際にユーザーが使うまで正しかったのかがわかりません。従来のウォーターフォール型の開発手法では、ユーザーが製品を触れるのは、製品がリリースされプロジェクトが終了する日です。製品がリリースされるまで事業の成否がわからないのは、リスクが高いと言わざるを得ません。

私たちはこの問題に対して、リーン・スタートアップ手法によるプロダクト開発を採用しようとしています。従来のプロジェクトマネージメントのように「期日(スケジュール)」にコミットするのではなく、「製品の成功」にコミットする体制です。これは成功するのかわからない製品を期日を守るためにつくるのではなく、あくまで一つの製品が「どうあれば」成功できるのかを検証し続けるアプローチです。
具体的な手法については「リーン・スタートアップ(エリック・リース著)」に譲りますが、EDOCODE ではこの手法を用いて、本気で世界に通用するプロダクトをつくっていこうと考えています。

【多様性/インクルージョン】
世界中の人びとに使ってもらうプロダクトが、多様性のない組織でつくれるわけがありません。EDOCODE が多様性/インクルージョンを掲げるのは、なにも格好をつけたいからではありません。私たちは本気で世の中に通用するプロダクトをつくりたいと考えているからです。

また「インクルージョン」という言葉を含めているのにも理由があります。昨今では「多様性(ダイバーシティ)」という言葉を聞く機会は増えてきました。しかし、「多様な人びと」がいるだけでは意味がありません。彼らを理解し尊重して始めて意味があるものと考えています。

では実際に私たちの組織が多様でインクルーシブであるかというと、全く実現できていません。現在の EDOCODE 社員の構成は、以下のとおりです。

(2019年9月時点)
-----------------------------------
# 性別
- 男性9人(69.3%) : 女性4人(30.7%)
# 国籍
- 日本12人(92.4%) : フランス1人(7.6%)
- 日本人のうち、1名はアメリカ国籍も保有
# 年齢
- 90% が20代後半から30代前半
-----------------------------------

現在の EDOCODE は、「30歳ぐらいの日本人男性たち」が全てを考えていると言っても過言ではありません。私たちはこうした状況に非常に危機感を感じているとともに、多様性や個の尊重について理解ある方々と一緒に、ぜひ働きたいと考えています。

こんなことやります

サーバーサイドの領域を中心に、サービスの開発・運用を担当していただきます。

本ポジションでは、一定レベル以上の実力を持つエンジニアの方を想定しています。エンジニアとしての開発能力を思う存分に発揮していただき、今後もご自身のスキルをより高く伸ばしていきたい方を募集しています。

また EDOCODE では、チームでの開発を重視しています。個人の能力は発揮しつつも、一緒に仕事をするメンバーの個性や価値観を尊重し、思いやりを持って、人に優しくできる方を歓迎しています。

【◇◆ メインのシステム構成 ◇◆】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
OS は CentOS を基本とし、一部で Ubuntu を使っています。Webサーバーは Nginx、データベースは MySQL です。監視は Nagios がメインで、Prometheus も利用しています。

サービスは Perl で開発されており、Amon2 を独自に改造したフレームワークを使用しています。テンプレートエンジンは TT(Template Toolkit) です。

このメインのシステムが 10年近く稼働しています。多くの方が、「Perl かぁ... 」「10年のシステムかぁ... 」という感想を持たれるかもしれません。たしかに負の資産としてのレガシーは多分にありますが、一方でこれだけ長く稼働しているシステムが、どのような設計・実装で実現されているのかについては、開発言語や領域に関わらず、実力のあるプログラマー・アーキテクトの方には一定の興味を持って見ていただけるものと自負しています。

【◇◆ 技術スタックと Go ◇◆】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サービスのコアとなるシステムは Perl で実装されていますので、メインのシステムと連携が必要な開発では、Perl で書かれたコードを読む必要がでてきます。そのため、Perl を含めたスクリプト系言語の開発経験が、このポジションでは必須になります。

もちろん Perl 以外の言語や技術も利用しています。「メインのシステムと連携したサブシステム」「オプション的に拡張したサービス内の機能」「データ集計系」などでは、以下に列挙する言語や技術を利用しています。

[ Python, Elasticsearch, Docker, AWS(EC2, RDS), Cloudn, BigQuery, Google Data Studio ]

今後は、既存の Perl でできたシステムを、少しずつ Go に置き換えていきたいと考えています。長らく稼働してきたシステムの移行というのは簡単ではありませんので、私たちも大きなチャレンジだと考えています。

こうした取り組みへご興味がある方は、Go の実務経験がある方はもちろん、これから Go をやっていきたいと考えている方も大歓迎です。ぜひご応募ください。

【◇◆ チームワーク ◇◆】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちは、チームでの開発を重視しています。毎日オフィスに通勤するのはもちろん大変なことですが、メンバーと直接顔を合わせながら開発をしていく意義はあると考えています。

また自分以外の人と一緒に仕事をしていくと、どうしてもお互いのコンディションやモチベーショに差がでてくると思います。そういった社員やチームのマネジメントについては、担当領域外です。その代わりに、経験あるエンジニアとして開発チームへの助言や提言、知識の共有など、チームを引っ張っていく役割は積極的にお願いしていきたいと考えています。

一定以上の経験を積まれたエンジニアだからこそ、やれること/やりたいこと・やれないこと/やりたくないことが、明確にあると思います。そうした細かい部分も含めて業務内容をご相談させていただき、お互いに最適を目指していければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【必須スキル・経験】
・Perl, PHP, Ruby, Python などのスクリプト言語の実務経験
・データベース設計の実務経験
・Linux サーバーの構築運用の実務経験
・API 仕様書を読解できる程度の英語力
・情報を整理する能力

【歓迎スキル・経験】
・変更に強いシステムを意識した設計の経験
・開発フローの最適化や手法の導入経験
・コードレビューや CI の実践経験

【求める人物像】
・人に優しい方
・チームの成果を優先して考えられる方
・会社の成長に関与する姿勢がある方
・理論よりも実践に重きをおく方

募集情報
探している人 サーバーサイドエンジニア
採用形態 中途採用
募集の特徴 Skypeで話を聞ける / ランチをご馳走します
会社情報
創業者 田村鷹正
設立年月 2016年6月
社員数 13人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル)

応援している人(8)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(8)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都渋谷区恵比寿南1-24-2 EBISU FORT 1F