Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
ビジネスコンサルタント
266
エントリー
on 2019/01/30 5,174 views

顧客と併走して体験を生み出す!アドビがビジネス・コンサルタントを大募集!

アドビ システムズ株式会社

アドビ システムズ株式会社のメンバー もっと見る

  • 京都大学大学院工学研究科卒業後、2009年4月 旭硝子株式会社に入社し、電子部材向けガラスの技術開発エンジニアとして、既存製造プロセスの技術的アプローチによるコストダウン、新規事業向けガラス生産プロセス開発設計およびその量産立ち上げに従事し、世界で唯一の商品開発および事業化に大きく貢献。
    2013年3月より経営コンサルティングファームであるデロイトトーマツコンサルティングにコンサルタントとして参画。主に、化学・素材業界のクライアント企業を対象に、技術マーケティング戦略、新規事業実行支援、等のテーマでコンサルティングを3年3ヶ月経験。
    2016年5月より外資系医療機器メーカーの日本法人であ...

  • Talent Partner @ Adobe.
    Passionate about hiring!
    Hiring is the most happiest job for me that we can make both candidate and client happy :)

なにをやっているのか

アドビというと、PhotoshopやIllustrator、最近であればXDといったクリエイティブツールが有名ですが、企業のマーケティング活動全般を支援するプラットフォーム「Adobe Experience Cloud」が日本でも急成長しています。

ウェブ解析からコンテンツ管理(CMS)、メールキャンペーン(MA)から広告出稿最適化、そしてパーソナライゼーションからコマースまで、デジタル時代のマーケティングにおいて必要なツールが「全て」揃っており、複雑化するデジタル時代のお客様のニーズをひとつの「プラットフォーム」で捉え、最適なマーケティングを実施することが可能です。

さらに、単なる「ツールベンダー」に留まらず、デジタルマーケティングやデジタル変革に精通したコンサルタントを社内に多数揃えており、「デジタルと言ってもなにをすればいいのかわからない…」というお客様を強力に支援。コンサルティング部門は毎年40%以上の成長を遂げ、過去3年で売上は3倍以上と急成長を遂げています。

日本企業の多くがいま直面している「どうやればいいの?」という差し迫った課題に、ソフトウェアからサービスまで「一気通貫」で解決策を提示できるのはアドビだけです!

なぜやるのか

「人々は製品を買うのではなく、体験を買う」
アドビCEOシャンタヌ・ナラヤンの言葉です。

多くの企業がユーザーにとって魅力的な「体験」を作り出そうとしていますが、うまくいっていません。彼等の持っている顧客情報は「分断」され、ユーザーが本当に望んでいる体験を提供できていないからです。

アドビはプロダクトとコンサルティングが一体となって、その「分断」を繋いでいきます。顧客企業の対等なパートナーとして、今のユーザーが本当に価値を感じられる体験を一緒に生み出していく。これこそが我々が目指すコンサルティングです。

どうやっているのか

アドビはそのプロダクトだけでなく働き方でもクリエイティブ、つまり「自由と創造」を大切にしています。

個人に大きな裁量があり、働く時間や場所も自由です。創造性をなにより重要な要素と考えており、ダイバーシティ&インクルージョン、つまり、人材の多様性を認める考え方と、個々を活かす考え方を徹底しています。

事業への熱い想いを軸にして、この多様なメンバーが一丸となって新しい価値づくりに日々邁進しています。自らのユニークな強みを活かし、多彩なメンバーとコラボレーションしながら活躍していける環境です。

こんなことやります

<活躍の場はどこにでも>
アドビのコンサルタントと聞いて何を想像しますか?

一番想像されるのが、「製品導入のコンサルタント」かもしれません。もちろん、製品導入の場面でコンサルテーションに入る場面も数多くあります。

しかし、わたしたちのお客さまにとっても、わたしたちのビジネスにとっても重要なことは、「導入が終わってから成果を出すこと」です。

わたしたちコンサルタントは、お客さまに成果を届けるため、あらゆる切り口(組織、働く人々、エンドユーザーなど)からビジネス課題を捉え、解決策を生みだすクリエイティブ活動を業務最適化コンサルテーションとして日々行い続けています。

つまりアドビプロダクトの利用フェーズの中において、あらゆる場面でコンサルタントとして活躍できるステージが待っているということです。

<エクペリエンス・クリエイションで成果を届ける>
私たちコンサルタントが所属しているエクスペリエンスサービス本部では、お客さまの課題解決策の手段として「エクスペリエンス・クリエイション(体験創造)」を掲げています。

アドビには、体験創造を行うためのテクノロジーをたくさんあります。ただし、テクノロジーをどう活用していくか、は使う人次第で大きく体験創造の結果は変わっていきます。ここにアドビのコンサルタントとして関わる醍醐味があります。

私たちのメンバーには様々な経歴を積んだメンバーがたくさんいます。一人ひとりがこれまで得てきた経験と、アドビのテクノロジーを組み合わせ、エンドユーザーと働く人たちの体験創造をつくることで、お客さまに成果を届けています。

<高いプロフェッショナル意識と人の気持ちを考えられる人を求めます>
コンサルタントはアドビのプロフェッショナルとして、常に先端のテクノロジーに精通し、自身の専門性を深めていくことが求められます。この二面性を向上させることは、一筋縄にはいきませんが、飽くなき探究心と課題解決へのモチベーションが高い方にはとてもやりがいのある職種です。

また、メンバーのマインドとして共通しているのは、製品ベースでお客さまと会話をしないこと。

「何を達成するため」に「どうしてその課題に着目しているのか」に徹底して向き合い、成果を出すことを意識した仕事の進め方をしていきます。

そして、メンバー同士の個性を組み合わせ、チームでプロジェクトに取り組むことを厭わないメンバーが多く、専門性の幅広さで困難な問題に向き合って解決していく仕事の進め方も、多くのテクノロジーを抱えるアドビならでは。

私たちはより良い体験を作るために「人の気持ち」を大切にできる人を求めています。

募集要項
<募集職種>
・コンサルタント職(ビジネス/テクニカル)
・エクスペリエンスデザイナー職

<必須条件>
・エンドユーザーとお客さまの気持ちを考えられること
・チームでプロジェクトを進行でき、大きく成長させられること
・アドビのテクノロジーを好きになれること

<歓迎条件>
・to Bプロジェクトの経験(サービス開発・立ち上げ/業務システム導入・運用)
・デジタルマーケティングテクノロジーの知識と経験(データマネジメントやプラットフォーム)
・英語でのコミュケーションスキル(リーディング・スピーキング)

会社の注目の投稿

大和の挑戦。アドビのパートナーはどうやって急成長を実現したのか?
今ある選択肢の中から常にベストなものを選ぶ。アドビで売上世界一を達成した営業が築いてきたキャリアとマインドとは
営業からあこがれの広報へのキャリアチェンジ。そんなわたしが、再び営業職を選んでアドビに来た理由
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
アドビ システムズ株式会社
  • 東京都品川区大崎 1丁目11番2号 ゲートシティ大崎 イーストタワー19F
  • 顧客と併走して体験を生み出す!アドビがビジネス・コンサルタントを大募集!
    アドビ システムズ株式会社