1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
バックエンドエンジニア
193
エントリー
on 2017/12/18 16,761 views

農家・漁師から直接買えるC2Cサービスで開発の中核を担うWEBエンジニア!

株式会社ポケットマルシェ

株式会社ポケットマルシェのメンバー もっと見る

  • ポケットマルシェのプロダクトマネージメントをがんばる所存。

  • Mikio Yamaguchi
    その他

  • 2016年〜
    サービスリリースの2ヶ月前にポケットマルシェに入社。マーケティング担当を経て、2017年10月より開発チームのPM兼ディレクター。

    成熟社会の中で、経済的な成長を求めることよりも、社会に生きる人の心の豊かさにつながるような事業に人生をかけていきたいと考えていたところ、代表高橋のビジョンに出会い入社した。

    休日の過ごし方は読書(アカデミック系)、Netflix、たまに登山。




    これまで


    1988
    生まれる
    親の保守的でやや英才教育的方針のもと、平凡な人生を送る。

    2010
    アメリカに留学した時に人生の転機が訪れ、現在の自分を形成するベースはこの頃に培われ...

  • Framgia の立ち上げのためにハノイへ移住し、300人を超えるエンジニアを育ててきました。
    2015年6月末に3年半のハノイ勤務から日本へ戻り、ハノイに築いた開発チームの価値をお客様に最大限お届けできるよう、主にコンサルティングフェーズを担当しています。

    情報処理技術者(ST、SA、PM、NW、DB、SC)

なにをやっているのか

  • 全国の農家さん・漁師さんからこだわりの食材を直接購入できる”スマホの中のマルシェ"
  • 農家さんや漁師さんと直接やりとりをしながら、旬の食べものを味わう

▼農家さん・漁師さんが旬の食材を出品するオンラインマルシェ

ポケットマルシェ(ポケマル)は、全国の生産者と消費者を直接繋ぐ産直SNSです。
http://poke-m.com/about

現在、3,500名を超える農家さん・漁師さんに登録いただいており(2020年10月時点)、約7,500品の食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されています。購入した食材は、生産者から直接送られるので、新鮮な状態で味わうことができます。

最大の特徴は、農家さん・漁師さんとSNSのようにやりとりができること。美味しい食べ方や生産の工夫を聞いたり、ごちそうさまを伝えたり。ポケマルは、「食べること」をもっと楽しくするプラットフォームです。

▼一次産業を取り巻く社会課題解決に向けた取り組み

農業・漁業の担い手不足は、年々深刻化しています。ストーリーという付加価値のついた食材を、生産者がアプリ上で簡単に販売できる仕組みを整えることで、生産者の手取り額増加、ひいては一次産業の担い手増加に繋がるように、という想いでサービスを運営しています。

また、現在、フードロスが世界的に問題となっています。規格の制約なしに食材を販売できるプラットフォームの実現は、規格外品の廃棄量減少に繋がると考えています。さらに、「予約注文機能」によって需要予測の精度を高め、過剰生産による食材廃棄量を削減するなど、社会的意義のある機能の実装に取り組んでいます。

▼丸井グループや電通グループからも出資をうけ、さらに成長を加速

生産者のリアル、食べ物の裏側をより広く深く伝えるために、単なるマルシェを超えたサービスを展開していきます。成長を加速させるため、以下のように第三者割当増資を実施しています。

・2017年9月:メルカリ・ユーグレナ等を引受先とする、総額1億8,000万円の調達
・2019年8月:電通グループ・小橋工業等の計6社を引受先とする、総額3億3,000万円の調達
・2020年8月:丸井グループ・オレンジページ等の計6社を引受先とする、総額8億5,000万円の調達

次のビジネスを一緒に創っていく重要なメンバーを募集しています。

▼新経済サミット優勝!IVS準優勝!注目のベンチャー

食べる人とつくる人をコミュニケーションでつなぐ新しい試みとして、ポケマルは数々の舞台で高評価を得ています。
2017年4月新経済サミット2017ピッチコンテストでは優勝、2016年12月InfinityVentureSummitローンチパッドでは準優勝。また週刊東洋経済「日本を変える100社」にも選ばれました。
https://youtu.be/xOijEYYViyU

▼メディア掲載も続々と増加中

生産者と消費者をつなぐ取り組みとしてテレビや雑誌、新聞ほか多くのメディアで紹介されました。
(2019年2月14日 テレビ東京「カンブリア宮殿」など)

⇣ 放送/掲載履歴はこちら ⇣
https://www.pocket-marche.com/news/

▼webサービス運営の枠組みを超えて生産者と消費者を繋ぐ

当社代表の高橋が、生産者とポケマルユーザをゲストに迎えてトークをする「ごにょスタ」を月に1度の頻度で配信しています。
この配信を通して、生産者と消費者の出会いがどのような価値を生んでいるか、より多くの人に知っていただけたらと思っております。

⇣ ごにょスタ 第1回はこちら ⇣
https://youtu.be/CvCa5v1cP64

この他にも、リアルな場で生産者と消費者を結ぶ活動を推進していきたいと考えています。

なぜやるのか

  • ストーリーを知って食べると、一層おいしい
  • どんな景色の中で食材が育ってきたのか

あなたが昨日食べた食材のうち、生産者の顔が思い浮かぶものは、いくつありますか?

これまで、食材の流通は、仲介業者を通して効率的に行われてきました。その結果、食材を安価に購入できるようになり、私たちの食生活は安定しました。しかし一方で、生産者と消費者は分断され、日々の食事は工業的なものに変わりつつあります。食べ物の裏側にある情報が消費者に伝わらない社会で、地方の生産現場は衰退し、生産者は減少の一途を辿っています。

私たちは、このような状況を打開したいと考えています。

どのような想いを持って、農業・漁業に取り組んでいるのか。
日々、生産現場ではどういった苦労や喜びがあるのか。
この食材は、どんな景色の中で育ってきたのか。

ポケットマルシェ上では、生産者が日々、そうしたストーリーを発信しています。消費者は農家さんや漁師さんの想いを知って、心惹かれた食材をじっくり味わい、直接「ごちそうさま」の声を届けます。気づけば、料理をしながら、食事をしながら、ふと生産者の顔を思い出すようになっていたり。食べ物の裏側にあるストーリーは、日々の食事を一層おいしくしてくれるはずです。

ポケットマルシェは、単に食材を売買できるECサイトではありません。「買い手と売り手」という関係を超えて生産者と消費者が繋がり、想いをやり取りできる自由なプラットフォームを、私たちは作っています。

どうやっているのか

  • 集合写真。続々と社員が増えています!
  • ポケマル社員BBQ。農家さん・漁師さん直送の食材をおいしくいただきました!

▼多様なメンバーでサービスを運営
正社員は44名の、まだまだ小さな会社です。代表の高橋博之を中心に集まったメンバーは、スマホアプリのマーケター、海外MBAホルダーや元外資系コンサルタントなど多種多様。共通するのは、ビジョン実現への熱い思いだけです。

個性豊かな社員が書いたnoteの記事はこちらです。
https://note.mu/pocket_marche/m/m34c534761965

▼快適で自由な働き方
満員電車に揺られながら通勤し、1日中オフィスにこもって仕事するのではなく、より自由な働き方の実現を目指しています。現在は、リモートワークや、フレックスタイム制を導入しています。今後も、ワークライフバランス施策を拡充していく予定です。

▼改善提案ウェルカム!
社員もインターンも関係なく、日々気づいたことを積極的に提案しあい、改善に繋げていきます。

こんなことやります

# 開発のさらなるスピードアップを担うメンバー募集!
現在ポケマルでは、社内開発メンバー3名+外部2-3名の少数精鋭で開発を行っています。さらなる開発スピードアップを目指して新しいメンバーを募集します!

メインのC2Cサービスの新機能開発や改善のほか、外部企業などとの提携に伴う開発、社内新規サービスの構築など、幅広い開発に関われます。

年明けからシステムの大規模なリファクタリングを計画しています。
同時にフロントエンドとバックエンドの完全分離のためのAPI開発を進めていきます。
まずは既存のRailsをリファクタリングしていきますが、将来的にはGolangやElixirなどの採用を検討しています。

12/3追記:
検討の結果、Railsと併用でGolangの導入をすることに決まりました。

# 主な業務内容
- ポケットマルシェの新機能設計・開発、既存機能改善
- その他ポケットマルシェに付随する新サービスなどの開発
- システムアーキテクチャの設計
- 開発環境の改善
- チームメンバーのコードレビュー
- 分析基盤づくり、分析に必要なデータの抽出
- 各種モニタリング
など

# エンジニアとして裁量を持って開発に当たれます!
技術要素の選定や設計など、開発面では裁量を持って仕事に当たることができます。
希望次第ではインフラ(AWS)やiOSアプリ・Andrdoidアプリといったクライアントサイドの開発にも手を広げられます。

また長期的にサービス開発のパフォーマンスを高く保つために、チーム全体でアーキテクチャやソースコードにこだわりを持ち、徹底したレビュー体制を組んでいます。やりがいが大きいだけではなく、この機会を成長にもつなげていただけるのではないかと思っています。

開発チームの体制や動き方なども日々試行錯誤をしています。
開発効率を上げるための取り組みや、気持ちよく仕事をするためのルールなども積極的に意見を出し変化を起こせる環境です。

# 必要条件
- 業務でフレームワークを用いたWebの開発経験
- Linuxでのサービス運用経験

# 歓迎スキル・経験
- 様々な人とのコミュニケーション・調整に抵抗のない方、主体性が高い方
- ECの開発経験
- 可読性が高く、変更に強いコードを追及
- サーバ: MVCの概念についての深い理解と、パフォーマンスに留意した設計
- API: 一貫性のある扱いやすいAPI設計
- Webフロント: デザインを忠実に再現し、ユーザのUX向上を意識しつつも再利用性の高いコンポーネント設計
- 要件を理解し、具体的な実装方法のオプションやメリット/デメリットまで提示できる提案能力
- まだ自信はなくても以上の項目を身に着けたい気持ち

# 開発環境
- 言語
 - Ruby
 - JavaScript
 - Swift
 - Java
- サーバサイド
 - MySQL5.6
 - Redis
 - Elasticsearch
 - Amazon API Gateway
 - Ruby on Rails
 - Sidekiq
 - Grape
 - RSpec
- Webフロント
 - Vue.js
 - Slim
 - SCSS
- その他
 - Git
 - Docker

興味をお持ちいただけたら、ぜひお気軽にご連絡ください!

会社の注目のストーリー

【INTERVIEW】日本から世界へ!人と人とを繋ぐ「食のC2Cマーケット」が作る未来とは:ポケットマルシェCOO 山口幹生(前編)
【ポケマル社員インタビュー 】食材の買い方を変えることで社会を変えたい|プロダクトオーナー 布井 佑佳
【ポケマル社員インタビュー】リアルな場から地域コミュニティをデザインする|事業開発マネージャー 丸山 孝明
エントリー状況は公開されません
29人が応援しています
会社情報
株式会社ポケットマルシェ
  • 2015/02 に設立
  • 44人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビル201
  • 農家・漁師から直接買えるC2Cサービスで開発の中核を担うWEBエンジニア!
    株式会社ポケットマルシェ