1
/
5

多言語観光案内AIチャットボット「talkappi」を大阪観光局に導入

編集

186 views

ABOUT

株式会社アクティバリューズは、株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティングアクト(本社:大阪府大阪市都島区、代表取締役社長:横山桂子)と連携し、多言語AIチャットボット「talkappi(トーカッピ)」を、公益財団法人大阪観光局の運営する大阪公式観光サイト「OSAKA-INFO」に2019年5月より導入いたしました。

OSAKA-INFOは、都道府県公式観光情報サイトとして、PCでは第1位、スマートフォンでは第2位の閲覧数を誇るウェブサイトです(公益社団法人日本観光振興協会「2019年観光関連サイト閲覧者数ランキング」)。チャットボットは、OSAKA-INFOにも掲載するため、多くの観光客の方に利用される見込みです。

今回導入されるチャットボットの特徴は以下の通りです。

1.ユーザーが送信した位置情報に基づいて、現在地周辺の観光案内を行うことができます。
2.地域の商店街のWiFiに接続すると、チャットボットが自動的に立ち上がり、旅行者が便利に利用することが可能です。
3.日本語、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語の5カ国語に対応しています。
4.Webチャットに加えて、Facebook、 LINE、 Wechatに対応しています。

talkappiを活用した都道府県範囲の広域チャットボットとしては、高知県全域を案内するtosatripが2019年3月から開始されています。今回の導入は、都道府県単位のチャットボットとしては、2番目の事例となります。