荻原 一平 プロフィール - Wantedly
1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan(Japanese). Go to the page for users in Japan(English).

荻原 一平

株式会社Speee / 開発基盤ユニットエンジニア

Tokyo

荻原 一平

株式会社Speee / 開発基盤ユニットエンジニア

Tokyo

NewProfile beta

荻原 一平

株式会社Speee / 開発基盤ユニットエンジニア

Yahoo! Japanにて、ウェブエンジニアとしてキャリアをスタートし、その後、ゲーム機のネットワークサービス開発、AWSの技術サポート等幅広い業種を経験し、IncrementsにてCTOとして、インフラ全般の設計、運用、Qiita:Teamの開発など担当。Speeeにて開発基盤整備、セキュリティ業務、社内ID基盤整備などを担当したのち、現職はクックパッドでCorporate Engineerとしてより社内のデータ連係や業務フローの改善に従事。加えて副業で技術顧問やインフラ、セキュリティなど担当。

2020年8月
-
現在

Corporate Engineer
現在

2020年8月 -

現在

2020年6月
-
現在

Technical Advisor
現在

2020年6月 -

現在

2020年8月
-
現在

開発基盤ユニットエンジニア
現在

2020年8月 -

現在

2018年6月

開発基盤ユニットリーダー 兼 情報セキュリティ推進室

2018年6月

- AWSのセキュリティまわりの整備。AWS Organizationsを導入し、バラバラと、管理されていなかったAWSアカウントをまとめて、一括請求の事業部按分を開発基盤ユニットで実施することにより、エンジニアにとっては毎月の請求書提出とうオペレーションを無くし、また、AWSアカウントの新規作成に要する時間を短縮し、マルチアカウント化などモダンなAWS運用に舵取りを始めた。また、配下のアカウントでのCloudTrailや、AWS Config、GuardDutyなどの自動での有効化と一元集約、アラートのSlackでの通知や、Sumo Logicにデータを投入し、モニタリング、インシデント検知を中央で行えるようにした。セキュリティ推進室としては問題を検知しやすくなり、エンジニアは、事業開発により集中できるようにと、セキュリティ、エンジニア、双方にとってメリットのあるように整備を実施中。今後、GCP、Azureについても展開していく。 - 開発部の中に閉じず、社内シングルサインオン基盤の整備を実施。もともとAWSなどエンジニア利用SaaSの権限管理とセットのシングルサインオンがターゲットであったが、適切な社員マスタが存在しないなどの課題があり、それらの整備から始め、全従業員に展開。利便性をより高めるため、パスワードレスログインの全展開に向けて、ベータテスターを募り、展開を開始 - 開発基盤で構築しているAWS関連などの各種システムはすべてAWS LambdaやGCP CloudRun (TypeScript)、Azure Logic Appsなどフルサーバレスで構築している。 エンジニア視点を持ったセキュリティ施策が進められるよう、また、相談しやすいセキュリティ推進室にするため、一部協業していたが、セキュリティ推進室も兼務。セキュリティ推進室では、EDRなどのセキュリティソリューションや、ログ収集、分析基盤、社内共通の踏み台サーバの製品など各種システムやサービスの選定、実際に導入できるかの検証、導入などを担当。 - 情報システム部との連携で、モバイルデバイス管理の検証や、Sansanの社員登録の自動化など、コーポレートエンジニアリング業も担当。データセンタ経由でのAWSへの専用線接続の対応なども協力して実施。
本年6月頃からは、Azure AD Premium 2の導入により、その人が必要なサービスを漏れなくすぐに使えるようにする一方、SaaSアプリケーションのライセンスや権限の棚卸しの定期タスクを自動化し、不必要な権限のクリーンアップと、これらにかかる人的コストを削減していく。 - 事業部ごとの開発陣の横の繋がりの強化や、全体最適のためのタスク、AWSや各種技術的質問、システムアーキテクチャ、SREとしての動き方など、エンジニアからの質問に対してサポートしている他、他部署のエンジニアの 1 on 1 を実施するなど、技術的に成長できる環境をつくるようにすすめ、VPoEとともに開発部組織の運営を行うなどもしている - 2019年4月には、新人賞中途部門を受賞

2018年6月
-
2019年

Infrastructure Engineer

2018年6月 - 2019年

2017年4月

CTO / Application Engineer / Infrastructure Engineer

2017年4月

- Qiita:Teamのアプリケーション開発 - インフラ責任者として、AWS、GCPで稼働しているインフラの構築、管理、運用を担当。オンコールとして障害対応、セキュリティ関連の対応、監視体制の強化、アプリケーションエンジニアのサポート、コストの最適化等担当。EC2 Classicで稼働していたサービスのVPC化など大きな改善も実施。エイチームグループ側のAWS関連の質問のサポート等も担当。 - 情報セキュリティ責任者。 - エイチームグループ傘下に入ったあとの、両社間のやり取り、社内ネットワーク変更などの対応。 - 採用担当として、全エンジニア候補者の面談、技術面接を担当、また、コーポレート職、人事責任者職についても同様に1次面接を担当。

2014年1月
-
2017年4月

Cloud Support Engineer / Redshift Support Ops / S3 Subject Management Expert

2014年1月 - 2017年4月

- 顧客からのメール、電話、チャットによるトラブル対応、テクニカルサポート。AWSのサービス全てに加え、Webサーバの設定など顧客の仮想サーバ内の問題もサポート。 エンタープライズサポートを契約頂いている企業に訪問、技術サポートの視点からトレーニングを実施 - サポートチーム内のトレーニングの実施。新入社員向けトレーニング、及び、新サービスや、担当サービス、社内ツール等のトレーニングを行い、サポート品質の向上に貢献 - Amazon Redshift Support Operationsとして、グローバルで高緊急度の問い合わせの一次対応、Redshift内部の問題等より深い問題の調査を担当 - セールス部門と協業し、企業への導入支援、テクニカルセールスへのナレッジ共有、パートナーへのトレーニングの実施 - Amazon S3 Subject Matter Expertとして、Amazon S3のサポートに当たる - 中途採用、新卒採用の担当として技術面接、テスト問題の検討、採点、また採用イベントなど担当。

2010年9月
-
2013年12月

Network Application Engineer

2010年9月 - 2013年12月

- 自社ゲーム機用ネットワークライブラリ及びネットワークサービスプラットフォームの設計、構築、運用、サポートを担当。新規ローンチの携帯ゲーム機、据え置きゲーム機で利用する対戦、ランキング、ネットワークストレージ等のネットワークサービスを自社及びデベロッパーに提供。 - 最初に担当したネットワークストレージ機能で、任天堂で初めてAWSクラウドを導入する 大型ゲームタイトル向けのネットワークサービス利用のコンサルティング、専用機能の提供などを実施。多くの有名ゲームタイトルで利用される - ゲーム機ネットワーク機能のフィールドテストの実施。発売直前のゲーム機のネットワーク機能について、実際の市場の環境でうまく動作するかを検証するため、対応Wifiスポットを巡回して疎通確認を行ったり、エージングテストを行うなどして不具合を発見し開発者にフィードバックを行い品質向上に貢献した。

2008年9月
-
2010年8月

Rakuten

2年間

2008年9月 - 2010年8月

- 開発効率化を目的とし、社内の共通ライブラリのメンテナンスや、PHPを中心とした新規導入モジュールの動作評価、トラブルや脆弱性の詳細調査、エンジニアの問い合わせに対する回答などを実施。アプリケーションのPHP4から5への移行の技術的支援、PHP5.3の導入検証を実施。 - 他部署の既存システムのリリース作業について自動化方法の検討、提案を行い、リリーススピードの向上、トラブルの削減に貢献。 - レコメンドメール作成システムの開発。社内利用のメール配信システムの付帯機能として、各人向けのレコメンド商品情報を差し込む機能のバックエンドのシステムを設計からリリースまで対応。実績として数百万通レベルのメール配信に利用される。 - JSOX対応の作業承認を記録・保管するためのツール構築のマネジメント、リリース作業の証跡保全のシステムの開発および、関係部署との調整を担当。

2004年4月
-
2008年8月

Web Engineer

2004年4月 - 2008年8月

- 有料コンテンツ課金システムの開発、運用を担当。フルリニューアルに際し、フロントエンドを中心に設計、開発、運用を担当。機能を限定した第1フェーズは4ヶ月で設計からリリースを行う。それ以降も追加開発、改修を続けることで、利用サービスのニーズに応え、有料コンテンツの売り上げに貢献 - 社内技術者教育活動・全社向け社内技術ドキュメントの整備。ウェブ一般の技術から、社内独自技術まで広く情報収集・習得を行い、所属部門の新卒への講義や、全社新卒技術者向けの研修資料の監修も担当。社内ドキュメントの整備担当として、PHPの担当となり、PHP拡張モジュールの開発方法やPHP5への移行などのノウハウの蓄積を元にしたドキュメントの作成、公開を行う。


スキルと特徴

インフラ

カズスケ 佐世崎が +1
1
1

PHP

カズスケ 佐世崎が +1
1
1

Linux

0
0

AWS

0
0

データベース

0
0

Google Compute Engine、BigQuery、Azure AD

 他 35 件

さらに表示

実績

RubyKaigi Organizer

受賞と資格

情報処理安全確保支援士

2019年12月

Google Cloud Certified - Professional Data Engineer

2019年7月

Google Cloud Certified - Professional Cloud Developer

2019年7月

Google Cloud Certified - Professional Cloud Architect

2018年11月

AWS Certified Big Data - Specialty

2018年11月

さらに表示


言語

英語 - 日常会話