小山田湧亮 プロフィール - Wantedly
1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan(Japanese). Go to the page for users in Japan(English).

小山田湧亮

練馬区

小山田湧亮

練馬区

NewProfile beta

思い立ったが吉日、その日以外は凶日

初めまして。 私のプロフィールを拝見して頂きありがとうございます。 私は、エンジニアという職業を、プロダクトを作り大切に育てていくことで、ユーザを笑顔に、幸せにできる職業だと思っております。 業務経歴などは、1番最後にアップロードしている職務経歴書に詳しく記載しております。 また、私はサービス志向のエンジニアだと経験上思っている為、今後はグロースさせたいプロダクトをグロースさせたいと思っているチームで共に熱量を持って開発できればなと思っています。 直近ではスマホアプリ開発エンジニアとして、フロントエンドはreact, reactNative、バックエンドはruby, railsで、双方とも関わりながら開発していました。 現在ではポートフォリオが過去のものしかありませんが、今後、現職で学んだことを活かしたスマホアプリ又はwebサイトを作成する予定です。 ポートフォリオも徐々に更新していきます。 ここまで拝見して頂いてありがとうございます。 宜しくお願い致します。

未来

この先やってみたいこと

未来

・プロダクトを利用するユーザーに共感できるように、自分がグロースさせたいと思うプロダクトの開発に携わりたい。 ・より熱量を持って開発できるように、同じようにプロダクトをグロースさせたいと思っているメンバーと共にチームで開発をしたい。 ・自分が修正に携わった機能がユーザーにどのような影響を与えたのかを知りながら開発をしたい。 ・バックエンドだけでなく、フロントエンド、デザイン、インフラ等、関われるところは関われるだけ関わりたい。その結果として、将来的には自分が熱量を持って担当できる領域を把握して、少なくともその領域内ではユーザーに提供するサービスの向上に最大限貢献できるようになりたい。 ...etc これから気づいていくにつれて増やしていきます。

2018年12月
-
2020年5月

正社員

2018年12月 - 2020年5月

▪️ 期間: 2019/05 ~ 2020/05まで (開発チーム人数: 3人) 
(1) 経験言語、フレームワーク等
 (i) webアプリ
 ・フロントエンド: JS, React
 ・バックエンド: Ruby, Rails 
・インフラ: AWS
 ・DB: MySQL 
・ツール: CircleCI, Code Climate, GitHub, SideCI 

(ii) ネイティブアプリ(IOS / Android) 
・フロントエンド: JS, React, Redux, ReactNative
 ・バックエンド: Ruby, Rails 
・インフラ: AWS 
・DB: MySQL
 ・ツール: CircleCI, Code Climate, GitHub, SideCI 

(2) 事業規模
 事業規模を①0 ~ 1(プロダクトリリース初期段階)、②1 ~ 10(プロダクトリリース初期段階からの成長期)、③10 ~ 100(プロダクトの第2成長期)、④100 ~ (プロダクトがある程度成長した後)の4段階で捉えた場合、snapmartプロダクトは②に当たります。
 対象ユーザーはpixtaより身近な写真を撮れるユーザーとそのようなユーザーが撮った身近な写真を利用したい法人になります。snapmartプロダクトはこれらのユーザーを紐づけるプラットフォームになります。

 (3) 業務内容
 上記のようなフェーズにプロダクトがあったので行なっていたことは、新規ユーザーや既存ユーザーがよりプロダクトを利用しやすいようにする為の改修や不具合対応、新機能追加などを行なっていました。 

 具体的には、下記になります。 (i) webアプリ ・ElasticSearch(searchkick)を利用する際のパラメーターの修正 ・ElasticSearch(searchkick)を利用する際のwhere文の修正 ・プリペイドの入金がされた場合にSlack上で通知がくる機能追加 ・売上入金失敗ユーザーの銀行情報変更時にSlack上で通知がくる機能追加 ・定額制プランのアップグレードで月額支払額が旧プラン>新プランの場合、アップグレード月は差額分が決済されないようにする修正 ・ダウンロードされる写真のサイズの制限 ・定額制プランの支払い方法が請求書支払いの場合において、翌月もプランを更新する際、今まで手動で更新していたところを、自動で更新されるような仕様に変更 ・法人向けの写真コンテスト開催中に、画像が無料でダウンロードできるようにする => 前提 : 法人向けか一般人向けかを識別するカラム等がない。 無料で画像をダウンロードできるシステムがない。 ・写真コンテストに応募する際に会社側で指定した必須タグがデフォルトで応募作品について状態に変更 ・会社が提供している、写真を検索し、指定した画像をダウンロードできる外部APIにつき、画像検索の絞り込み要素の追加修正 ・定額制プライの決済が失敗している場合における、omise(クレジットカードを利用した決済サービス)を使った再決済ボタンの作成 (ii) ネイティブアプリ(IOS / Android) ・viewのテキストの修正 ・画面遷移の修正 ・重要なお知らせには重要アイコンが表示させるよう修正(RailsのDecoratorで表示条件につき実装) ・ModelRelease依頼を過去に送信したことがあるユーザーを一覧表示する機能を追加 ・マイページで振り込みがされる銀行の名前選択の際に、銀行を検索し、選択できるように機能追加 (4) 業務進行方法 隔週で開発をするスタイルで行なっていました。 具体的には、隔週ごとに開発会議があり、そこでどこまでチケット(施策や不具合対応などが記載されているもの)対応が終わったのか、これから何を行うのか、これからやって欲しい施策の優先度の共有などがなされていました。 より具体的な開発の進め方としては、まず運用側にチケットの背景や意図などを確認した上で、コードに反映して、コードレビューを行なってもらい、チケット起票者の確認後に、自分でリリースをするという形でした。 また、個人的には日ごとに、これからやること、今までやってきたこと、やることの優先度付け、反省・良かったこと・改善することなどをesaやvscodeなどにKPT形式で記載していました。 (5) チームの上長からの主な指摘とその改善、褒めて頂いた点 ・チームの上長以外にも他のプロダクトのメンバーや運用側の人にも積極的に質問に行き、チームメンバー間の関係性を比較的早くに構築できていた。 ・比較的早い段階でチームに溶け込んでおり、開発も障害なく行えていた。 ・コードレビュー時に対自分宛の指摘以外にも、対他人宛の指摘も取り入れられていた。 ・レビュワーに言われたからではなく、自分で納得がいく理由付けをした上で、それを共有し次に進むことができている。 ・自走力、調査力、質問力、提案力が優れていてスムーズに仕事ができた。 (6) 気づいた性格、適性、できるようになったこと ・pixtaとsnapmartの経験を経て、自走力(自力で答えまで辿り着ける能力)や調査力がある程度培われたと思います。その結果として、フロントエンド側にも対応できるように業務と並行してreactNativeなどを独学で学んでいたのですが、上司に特に相談することなく仕事にできるまでに技術力を高めることができました。 ▪️ 期間: 2018/12 ~ 2019/04まで (開発チーム人数: 9人(デザイナー含)) 
(1) 経験言語、フレームワーク等 
・フロントエンド: JS, React
 ・バックエンド: Ruby, Rails
 ・インフラ: AWS, Docker
 ・DB: MySQL
 ・ツール: CircleCI, Code Climate, GitHub, SideCI

 (2) 事業規模
 上記の事業規模① ~ ③の指針を利用すると、pixtaプロダクトは③に当たると思います。 
 対象ユーザーは、玄人感のある写真を撮れるユーザーとそのようなユーザーが撮った本格的な写真を利用したい法人になります。pixtaプロダクトはこれらのユーザーを紐づけるプラットフォームになります。

 (3) 業務内容 
 上記のようなフェーズにプロダクトがあったので行なっていたことは、既存ユーザーがよりプロダクトを利用しやすいようにする為の改修や不具合対応、pixta側がお問い合わせに迅速に対応できるようにする為の管理画面への機能追加などを行なっていました。 
 具体的には、下記など。 
 ・法人向けLPのメールフォームを設置 ・saveメソッド実行時にgetterメソッドが呼ばれることによる不具合をインスタンス自体に備わっているchanged?メソッドなどで修正
 ・クリエイターへのマイナンバー登録依頼メールを送るフローを画面でできるようにする 

(4) 業務進行方法 スクラム開発手法を採用していました。 具体的には、1週間ごとに行うチケット(施策や不具合対応などが記載されているもの)を決めて、日ごとに進捗報告をして、週の最後に次の週で行うチケットをベロシティごとに決めたり、その週の反省など行なっていました。 より具体的な開発の進め方としては、まず運用側にチケットの背景や意図などを確認した上で、コードに反映して、コードレビューを行なってもらい、チケット起票者の確認後に、自分でリリースをするという形でした。 また、個人的には日ごとに、これからやること、今までやってきたこと、やることの優先度付け、反省・良かったこと・改善することなどをesaやvscodeなどにKPT形式で記載していました。 (5) チームの上長からの主な指摘とその改善、褒めて頂いた点 ・メンター代わりの人以外にも積極的に質問に行き、メンバー間の関係性を比較的早くに構築できていた。 ・コードレビュー時に対自分宛の指摘以外にも、対他人宛の指摘も取り入れられていた。 ・レビュワーに言われたからではなく、自分で納得がいく理由付けをした上で、それを共有し次に進むことができていた。 (6) 気づいた性格、適性、できるようになったこと ・他者に質問しなくても自力で答えに辿り着ける必要性を最初から感じでいたので、その為の仮説立証力や調査力が上がったと思います。

2017年12月
-
2018年7月

株式会社SHT

8ヶ月間

正社員

2017年12月 - 2018年7月

<トータル経験> 経験言語 java 経験フレームワーク springBoot springMVC mybatis 経験ビルドツール maven gradle 経験バージョン管理ツール git svn github 経験テストツール junit <客先1社目> 派遣プロジェクトは、社内WebアプリケーションのWindowsのバージョンアップ対応案件 作業内容は下記になります。 ● 結合試験仕様書をVBのコード、画面構成を見ながら作成。 ● 単体試験仕様書をVBのコードを見ながら作成。 ● 単体試験を自分で作成した単体試験仕様書を元に行う。エビデンス作成。 ● 結合試験を既に作成された結合試験仕様書を元に行う。エビデンス作成。 <客先2社目> 派遣プロジェクトは、自社チームで他社に派遣され、他社の新たなシステムを開発するという案件 ● 使用言語はjava。 使用フレームワークはspringBoot、myBatis。 使用ツールはsvn、git、eclipse、junit。 DataBaseはpostgreSQLです。 ● 作業内容は下記になります。 DBから特定データを検索して取ってくる為のAPIをコーディング。 BuzinessLogic層からDataBase層を作成。 SQLを書いているsqlmap.xml(DataBase層)とBuzinessLogic層をつなげるmapperも作成(一部自動生成あり)。 詳細設計書の修正点を指摘、改善。 単体試験仕様書を作成、実施。エビデンス作成。 <客先3社目> 派遣プロジェクトは、自社チームで他社に派遣され、他社の既存基幹システムを開発するという案件 ● 使用言語はjava。 使用フレームワークはspringBoot、myBatis。 使用ツールはsvn、git、GitHub、eclipse、gradle、Redmine、jenkins、junit。 DataBaseはOracleです。 ● 作業内容は下記になります。 DBに対して検索、登録、更新したり、CSV出力/読み込む為のAPIをコーディング(画面、バッチ)。 BuzinessLogic層からDataBase層を作成。 客先独自のフレームワークを一部使用。試験用DB データはExcelで設定。 詳細設計書の修正点を指摘、改善。 単体試験仕様書を作成、実施(マトリックス仕様)。エビデンス作成。バグ表記載。 結合試験のバグ対応。バグ表記載。 <常駐先の上長から言われたお褒めの言葉・指摘> ・ドキュメント作成が上手い ・理解が早い ・データの流れを理解、意識した状態でコードを書けている ・仕事が正確 ・質問が何点あるのか不明(ちゃんとまとめてから質問するように) etc....

instagramClone

instagramClone

twitterClone

twitterClone

- 2018年3月

中央大学法科大学院(Chuo Law School)

- 2018年3月

司法試験合格の為に必要な、憲法、民法、刑法、刑事訴訟法、民事訴訟法、商法・会社法、行政法、民事・刑事実務を学んでいました。

国際法模擬裁判大会

国際法模擬裁判大会

国際法を使用法律として催された国際法模擬裁判大会。 具体的な内容は下記になります。 ・学生が参加大学ごとに原告、被告を担当。 ・国際法に精通した教授や実務家が裁判官を担当。 ・配布される資料は基本的に問題文と関連条文のみ ・最初の2〜3ヶ月は主張書面の作成。 ・論文や書籍を参考に主張をチームで作成。 ・書面提出後、約1ヶ月間、作成書面を参考に弁論内容を考察。 ・弁論者以外の人は、被告、原告、裁判官の立場から弁論内容を吟味。 ・本番では、弁論者が弁論していく中で、逐次裁判官の質問がなされる形成。 ・原告主張 → 被告主張 → 原告反論 → 被告再反論という形式。 ・評価基準は書面の良さ、弁論の良さ等総合評価。 <1回目 大学1年生の前期> 原告代理人として参加。 結果は、原告代理人9位(私だけ入賞にはならず) <2回目 大学2年生の前期> 被告代理人として参加。 被告代理人は再反論を行う為、当日の原告の反論を聞いて、その場で再反論を考えなくてはならず、非常に難しい立場。 結果は、被告代理人第3位(去年の悔しさをバネに) <3回目 大学2年生の後期> 補佐人として参加。 補佐人は、相手弁論者の主張を聞き、整理し、自分の大学の弁論者を補佐する役割。 反論、再反論の補助をする。 同じグループの弁論者双方とも入賞。 <上記経験を通して得たこと> ・1つの主張に対して、原告、被告、裁判官、傍聴者の立場から物事を考えられるようになった。 ・その場で臨機応変に対応できる経験を得られた。 ・自分の主張を言葉や書面で、できるだけ簡潔にまとめる経験を得られた。 ・本当に楽しいと思うことは時間も忘れて没頭する。 →実際に私が読んだ資料、論文は同大学のメンバーの中で1番読んでいたことが明らかでした。最終的には、膨大なインプット量と適切なアウトプットのお陰で、本番で臨機応変さが求められる質疑応答にも動じないで対応できました。 ・私は個人で活動するより、チームで活動した方が楽しいと感じるらしいです

国際法模擬裁判大会 被告第3位

国際法模擬裁判大会 被告第3位

2014年8月

- 2017年3月

法政大学

法学部法律学科

- 2017年3月

法学部公認学術団体 国際法研究会 副会長 同研究会が参加する他大学参加の外部主催の国際法模擬裁判大会において被告代理人3位受賞 当時では同研究会の歴代1位の成績でした

- 2016年2月

伊藤塾 御茶ノ水校

- 2016年2月

司法試験予備試験合格の為、その受験科目である憲法・民法・刑法・刑事訴訟法・民事訴訟法・商法、会社法・行政法・民事、刑事実務を学んでいました。 1日平均8-10時間学習を約2年半続けていました。

- 2013年3月

宇都宮南高等学校

普通学科

- 2013年3月


スキルと特徴

Ruby

Kensaku Tomiyamaとその他8人が +1
9
9

Git

Kensaku Tomiyamaとその他8人が +1
9
9

学習欲

Kensaku Tomiyamaとその他7人が +1
8
8

Java

Kensaku Tomiyamaとその他6人が +1
7
7

突破力

Kensaku Tomiyamaとその他6人が +1
7
7

ポジティブ、問題抽出能力、問題解決思考力

 他 1 件

さらに表示

出版と執筆

新しい技術を習得する際に心がけた事(ReactNative編)

2020年3月

事業会社に入社するまでの軌跡

2018年8月

実績

sharely

DIVE INTO CODE

instagramClone

twitterClone

国際法模擬裁判大会

受賞と資格

国際法模擬裁判大会 被告第3位

2014年8月

英検

2011年8月

漢検

2011年3月


言語

英語 - 日常会話, 日本語 - ネイティブ