This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
クラウドクレジット株式会社

CROWD CREDIT コーポレートブログ

Trending
話題の投稿

投資銀行からフィンテック企業に転職し、1か月で執行役員に ~ 執行役員インタビュー(第1回)

クラウドクレジットには現在4名の執行役員がおり、会社の運営を行っています。 今回は今年2月にクラウドクレジットに参画して翌3月に執行役員に就任、事業では法人営業部長(と次回組織改編で人事部長も兼ねる予定)でもある武居にインタビューを行いました。 スタートアップ企業でのキャリアに惹かれて 杉山:武居さんとは僕は採...

グローバルに活躍する執行役員の金さん。カメルーンに続き日本でもテレビ出演をしたので密着同行しました!

当社では、カメルーンやペルー、エストニアなど発展途上国のパートナー企業と組んで、日本の個人投資家の方に「ソーシャルレンディング」という新しい投資機会を提供しています。 海外出張も多く、新しいパートナー開拓、既存の取引先の定期的な視察、カンファレンスでのスピーチなど、結構な頻度でスタッフの誰かが海外に行っています。...

社会人1年目で気づいた、「やりたいこと」にはこだわらない方が成長する

私は大学2年生の時に金融の道に進むことを決め、学部は法律専攻だったのですが、金融工学のゼミに他学部で入れて頂くなどして学生時代はひたすら保険数理や金融工学の勉強をやっていました。 社会人1年目、新卒は日本の証券会社に入社したのですが、最初3か月間は同期60人くらいで新人研修を受けました。 研修は半分が市場業務に関...

クラウドクレジットがホラクラシーを採用しなかった理由

若干煽り気味のタイトルにしましたが、クラウドクレジットでは、エンジニア・チームや運用部といった「チーム内ではホラクラシー(平たく言うとフルフラットな組織)でいけないかな?」と感じた部署には、私からホラクラシーにチャレンジしてほしい旨を明確に伝えています。 しかしクラウドクレジット全体としてみると、部長、役員と...

「クラウドクレジットと考える社会インパクト投資セミナー in 名古屋」開催レポート

こんにちは。広報の水野です。 9月27日に名古屋で開催した、中京圏初の「社会インパクト投資セミナー」。 おかげさまで大盛況のうちに終えることができました。 私の生まれ育った場所でもある名古屋!ちょうど当社初のCMを流している時期でもあり、とても感慨深い気持ちで会場に向かいました。 (朝から現地入りしてい...

Latest
最新の投稿

インフルエンザ予防接種会を実施しました!

クラウドクレジットでは、福利厚生の一環としてインフルエンザの予防接種会を実施しています。 これは社員の健康を守り、安心して日々の仕事に臨めるよう去年から実施している取り組みです。希望者には接種費用を全額会社負担のもと、インフルエンザのワクチンを接種することができます。 今年もオフィスまでお医者様に来ていただき、イ...

大企業と起業初期で実体験した、「ベンチャーの成否はプロダクトかマーケットかチームか」の議論の結論は

ベンチャー業界では、「ベンチャー企業の成否はプロダクトか、その市場規模か、それをつくるチームか」ということがよく議論されます。 この議論に関しては当然様々な意見があり、全て大事という方もいますが、私は「100%チーム」スタンスです。 実は個人的に、起業なんていう選択肢が世の中にあることすら知る前に、最初の原体験が...

クラウドクレジットのミッションをご紹介します!

クラウドクレジットは、貸付型クラウドファンディング・サービスの運営を通じて世界のお金の受け手と出し手を繋ぐ活動を行っています。 なぜこの事業を行っているのか、こちらでご紹介します! ミッションは「世界を繋ぐ金融」 クラウドクレジットのミッションは、「世界を繋ぐ金融」です。 さらに細かくいうと、クラウドクレジット...

だから言ったじゃん!はナシで。~ビジネスとハインドサイトバイアス~青年COOの仕事術ブログ③

仕事術ブログ②はこちら https://www.wantedly.com/companies/crowdcredit/post_articles/153105 前回の記事では、サンクコストバイアスに気づくことの重要性を説明する為に一つの例を上げました。 簡単に要約すると、20年を見込んでいたプロジェクトでも5年...

部門マネジメントの仕組み3選をご紹介します!

部門という表現がいいのかわかりませんが、メンバーの数が50人を超えてきて、プロダクト・チームやエンジニア・チームの人数がどんどん増え、全社や小さなチームのマネジメントに加えて、社内で大きなチームのマネジメントを行う必要がある方も増えてきていると思います。 その中で、個人的に(まだ自社で採択したことの無い仕組みもあ...

「10年一緒に」から「Self-Mission Driven」へ ~ クラウドクレジットがメンバーへのメッセージを変えた時

クラウドクレジットでは、ちょうどWantedlyでの採用を開始した2015年くらいから、「10年間ご一緒いただきたい方」に参画をいただくようにしてきました。 もちろん今でもそういう素敵な方と10年ご一緒できるのが一番であることは全く変わっていないのですが、今一緒にクラウドクレジットというサービスを運営している仲間...

クラウドクレジットがホラクラシーを採用しなかった理由

若干煽り気味のタイトルにしましたが、クラウドクレジットでは、エンジニア・チームや運用部といった「チーム内ではホラクラシー(平たく言うとフルフラットな組織)でいけないかな?」と感じた部署には、私からホラクラシーにチャレンジしてほしい旨を明確に伝えています。 しかしクラウドクレジット全体としてみると、部長、役員と...

振り返るな!過去は返ってこない!~ビジネスとサンクコストバイアス~ 青年COOの仕事術ブログ②

あなたは5年間付き合った彼氏(彼女)と別れることを考えています。もう、うまくいかないのは分かっている。来る日も来る日もすれ違い、会うと喧嘩ばかり。もう、耐えられない!だけど、ここで別れたら今までの5年間は何だったんだろう!どうすればいいの!!?? こんなことを経験したことのある人はいないでしょうか?こんな時、どの...

均衡実質為替レートを1か月で学ぶのにお薦めのペーパーと本5選を紹介します!

世界経済の先行きや市場の動向の不透明感が増してきたことから、資産運用を行っている人にとって、欧米の経済状況が悪化したら円高になる、といういつものパターンになりリスク資産が目減りしてしまうのではないかと気になっている方も通常の時より増えてきているのではないかと思います。 その中でリーマンショックの時と異なることのひ...

バリューが「Not Go Bold」!? クラウドクレジットのバリューを紹介します!

クラウドクレジットはメンバーの数も50名を超えてきたので、ミッション、ビジョンやバリューをより明確にメンバーと共有することを目的として、CROWD CREDIT Culture Bookというのを作ってメンバーと共有することを2018年の後半からはじめました。 カルチャー・ブックの社外への公表はもうちょっと内容が...

2019年年初に読んでおきたい、景気サイクルに関する本(とレポート)5選を紹介します!

あけましておめでとうございます! 昨年12月の米国株式の下落を受けて、2019年の世界の経済・市場の動向が気になっている方も多いのではないでしょうか。 ベンチャー企業でも、本業が金融事業でなくてもベンチャーキャピタルから出資を受けている等から金融市場の動向を無視できない方も少なくはないと思うのですが、今回のこちら...

SDGS:持続可能な開発目標~ジェンダー平等実現に取組む投資~ 「メキシコ女性起業家投資」

はじめまして、クラウドクレジット商品部の松浦と申します。 私が所属している商品部は、当社のウェブサイトに掲載しているファンド商品を組成する部署で、投資先の発掘・条件交渉・ドキュメンテーション等販売に至るまでの過程を担当しております。 さて、ハロウィンの喧騒も過ぎ去り、いよいよ寒さが身に染みる季節となってまいりまし...

クラウドクレジットのオフィスを紹介します!

日本の投資家のお金を、メキシコやペルー、ミャンマーなど海外の事業者へ融資する事業を行うクラウドクレジット。 今回は謎に満ちた(?)オフィスをご紹介します! 当社は地下鉄茅場町駅から徒歩1分ほどの場所にあります。 茅場町は東京証券取引所などもあり、金融の街として有名ではないでしょうか? 金融マンたちが集うと...

「クラウドクレジットと考える社会インパクト投資セミナー in 名古屋」開催レポート

こんにちは。広報の水野です。 9月27日に名古屋で開催した、中京圏初の「社会インパクト投資セミナー」。 おかげさまで大盛況のうちに終えることができました。 私の生まれ育った場所でもある名古屋!ちょうど当社初のCMを流している時期でもあり、とても感慨深い気持ちで会場に向かいました。 (朝から現地入りしてい...

グローバルに活躍する執行役員の金さん。カメルーンに続き日本でもテレビ出演をしたので密着同行しました!

当社では、カメルーンやペルー、エストニアなど発展途上国のパートナー企業と組んで、日本の個人投資家の方に「ソーシャルレンディング」という新しい投資機会を提供しています。 海外出張も多く、新しいパートナー開拓、既存の取引先の定期的な視察、カンファレンスでのスピーチなど、結構な頻度でスタッフの誰かが海外に行っています。...

フォロワー
投稿数
27
いいね!
130
About
CROWD CREDIT コーポレートブログ
CROWD CREDITは投資型クラウドファンディング・サービスの運営を通じて、世界でお金の出し手と受け手がWin/Winの関係を築くお金の流れをつくります。
Writers