Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

裁量権が半端ないエンジニアインターン

杉田 賢人

freee株式会社 -

やったこと

私は1ユーザーからインターン生になりました。 ユーザーとしてTRUNKを知っていたこと。 そして、エンジニアやデザイナーの方のことを尊敬し、この方々に教わりたいと思ったからでした。

仕事の内容は多岐に渡ります。 まず、自社サービスである「TRUNK」( https://trunk.fm )の改善・実装。 オウンドメディア( http://room.trunk.fm )も1人で0から実装しました。

また、エンジニアインターンだからと言ってひたすらコードを書くわけではありません。 私はあるプロジェクトのマネージャーを任されました。 端的にいえば「自社サービスに重要な学生の利用率を上げる」プロジェクトです。

アナリティクスの数字やDBのデータを元に改善し、反応を見て、またさらに改善する。 この繰り返しを、デザイナーやセールスの方々をまとめて行なっています。

課題だと思ったこと

私が感じる課題は2つあります。

1つは、技術力。 まだまだ知らないこと、知っていても思いつかないようなことに日々出会います。 例えば、綺麗なコードとはどういうものか。バグが起きづらいようなコードはどのいうものか。 毎回のプルリクで社員の方から学ばせていただいています。

2つ目は、考える力。 思考を停止してはいけないと日々言われても、コードを書くのに夢中になったりします。 せっかくプロジェクトマネージャーを任せられているので、より考え、ロジックを持って行動していきたいです。

収穫できたこと

TRUNKでは、サービス開発のいろはを学んでいます。

今まで自分が思っているものが作れればいいと思っていましたが、よりユーザーのことを考えて作るようになりました。 なぜこの機能を開発するのか。開発した結果どういう効果が生まれるのか。 こういったサービス開発のノウハウを習得していっています。

しかし、それでも上にあげた2つの課題は依然あります。 私はこれらの克服のために、TRUNKで技術力・思考力を上げていきます。 まずは今のプロジェクトを成功させることです。 そして、TRUNKや自分のサービス( http://www.rep-rikkyo.com )でその知見を活かしていきたいと思います。

freee株式会社 -
立教大学経営学部国際経営学科5年 19卒 Ruby on Railsでのサービス開発や、フロントエンドも好きです。 立教生向けのサービス( https://www.rep-rikkyo.com)を開発・運営しています。10万pv/月達成🎉 【原動力は好奇心】 web系のプログラミングを2015年の夏から勉強開始。 大学卒業までに何かサービスをローンチするためにウェブプログラミングをスタート! ><><><><><><><><><><>< 【2015年4月】 アプリを作りたいと思い、Macを購入! Swiftの本を買うが、難易度の高さに挫折する日々...
つづきを読む