Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

トモノカイでのインターンを通じて

森 勝宣

株式会社ニット - マーケティング

やったこと

やったこととしては大きく2つです。1つはサイトのメルマガ運営。2つ目はチームの雰囲気作りです。1つ目のメルマガ運営は重要なプッシュメディアとして私の部門で大きな効果を持つものです。同時にFacebook、Twitterなどメディア運営を行いました。これらのSNS運用には外部のコンサルタントの方と連携し、毎週ミーティングを重ねることでブラッシュアップし続けています。

2つ目のチームの雰囲気作りは自身がチームを任されているということでメンバーが働きやすいチームにしようと意識しました。具体的にはミーティングの連絡事項等の報告は事前に共有ボードに上げてもらい、報告時間を短縮、業務上の問題点や相談したいことを話し合う時間を増やしました。またチーム内で各自の業務の目標を立てさせ、毎週進捗を発表することで適度に競争心をあおり、モチベーション向上を図りました。同時にメンバー同士での交流の場も増やし、チームや部門も超えて交流を深めました。

課題だと思ったこと

メルマガの作成の際、文面の変更やキャンペーンの創出など新たな取り組みを行う最初の段階で見切り発車してしまうところがあると思っています。やってみてその都度修正を加えていけばいいかと思ってしまうため、時に予想外の問題点にぶつかり、対応に時間がとられてしまうというケースを経験しました。 ある程度の見通し、リスクヘッジを考慮に入れた計画の立て方がこれから学んでいかなければならないことです。

収穫できたこと

スマホ市場が伸びている今、プッシュメディアの重要性が増しています。毎週KPIを取り、結果を計測することで次週の施策を考えすぐに改善策を実施することを心掛けました。取り組みがすぐに数値に表れる業務であったので素早くPDCAサイクルを回し数値にこだわることで結果を伸ばすことが出来ました。地道な試行錯誤や仕組みの改善の結果、昨対比+300%超えの成果を得ることが出来ました。その取り組みについて社内のコンペで発表し、何十人の学生スタッフの中で優勝を勝ち取りました。また会社の利益貢献賞も得ることが出来ました。

自分が優秀な先輩、社員さんのもとでのびのびと気持ちよく仕事をさせてもらえ、モチベーションもいい状態で取り組めたため成果を出せているという実感があったため、自分のチームメンバーにも同じような環境を提供したいと考えています。チームミーティングのやり方を考え、同じ時間内で多くの議論を交わすことが可能となり、コミュニケーションミスも減りました。 チームを創っていくという大切な経験ができました。

何より、優秀かつ僕ら学生にも真剣に向き合ってくださる社員さん、同じ目線をもった優秀な学生と一緒の環境でビジネスを行うという普段の学生生活ではできない経験を得ることができたのが一番の収穫です。きっとここのインターンをしていなければ自分の進路も全然違っていたと思うし、もっと退屈な学生生活を送っていたと思います。 自ら求め、自ら行動すれば大抵のことは実現できる。枠組みに収まるよりも仕事は自分で創り出していくのが面白いと考えられるように意識が変化しました。

株式会社ニット - マーケティング
学生時にベンチャー企業でインターンを3年経験。教育に特化したサービスの運営、学生インターン生の社内制度制定やSNSでの広告、メルマガ配信なども経験。 新卒でオンラインリサーチのシステムを提供するベンチャー企業に入社。 法人向けにシステム導入営業、新規事業、新卒採用、CS. アウトバウンド、インバウンドのオンラインリサーチを担当。 現在は株式会社ニットでマーケティング全般を担当。Webマーケ、広告、オウンドメディア編集長。
つづきを読む