Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

日本中が注目する動画サービスの広告セールスの立ち上げに携わる

市岡 陽

株式会社Radix - リクルーター

やったこと

私は関西での長期インターンを一年以上経験した後に実際にもっとハイレベルな経験をしたいと思ったり、社会人に求められることを早期のうちからしっかり学んでおきたいという意識より、強くなりました。 その中で自分の中では休学して規模の大きい会社でしっかりとした実務を積むことのできる様な長期インターンをすることを求めて東京の株式会社サイバーエージェントで働くことを意思決定しました。 また日本中が注目しているAbemaTVのセールス部門の立ち上げフェーズに携わることができるのも一つポイントでした。 実際に行なっていた仕事内容は配属先のチームにおいて上長の方とチームを組み、AbemaTVの広告営業の提案先に持っていく資料作成などをメインに行い、提案のロジック作成、業界リサーチ、ツールを使っての分析などを資料に落とし込んだりしていました。 またその提案にも同行して次回の進め方や新たな提案方法、CM企画構成などのディスカッションなども行なっていました。

課題だと思ったこと

自分自身は広告業界についての知識不足だったことが何よの課題でした。 その中でより早く知識をインプットして形にできるようにすることにこだわっていました。 提案資料のロジック作成などは通常の倍ほどできるアウトプットを出し切ったり、いろんなケースから考えるなどして経験不足をしっかりカバーしていました。 最後には生産性も上がり、通常のアウトプットで理想的な提案資料の作成などもできるようになっていました。

収穫できたこと

私自身が何より学びになったポイントは業務内容ではなく、考え方と仕事に対する姿勢です。 サイバーエージェントが考える活躍できる人材とは第三者に良い影響が与えることのできる人材と教えていただいた時、会社で活躍することの意味を知ることができたような気がしました。 仕事において個人の数値、決められた数値を達成する、生産性が高いなどはかなり大事なことですがそれができている前提で第三者に良い影響を与えることが重要なことを学ばせていただきました。 また自分自身の学び、成長は自己満足でしかなく、そこからその力をどう組織に還元することができたのかを考えることができる仕事のスタンスも重要だと感じました。

株式会社Radix - リクルーター
転職活動中です。
つづきを読む