1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「リアルウォンテッドリー@billage OSAKA」にブース出展してきましたー

大阪のエンジニア久保です。

3/29(木)に開催された「リアルウォンテッドリー@billage OSAKA」に我々ジークスもブース出展させてもらったので、そのレポートとなります。

目次

  • 会場
  • イベント全体の雰囲気
  • ジークス独自の取り組み
  • 感想

会場

会場は、4月オープンの "ヒト・モノ・カネ・情報" が集まるワークスペース「billage OSAKA」をプレオープン利用させて頂きました。

https://billage.space/

コワーキングスペースとシェアオフィスが併設しており、今回の様なイベントでの利用も可能とのことです。

「起業支援」「コミュニティ形成支援」「資金調達支援」のサポートを行うようで、
"起業を考えているけど、こんなことで困ってる""既に起業済みで困っている"なんて方達には、うってつけのスペースになるのではないでしょうか。

オープン後の動向も、要チェックです。

イベント全体の雰囲気

全10社が出展しており「ブース」「自社PR用のピッチ」自分達の魅力をアピールしていきます。

出展企業やイベント詳細は以下のリンクより
https://osakarealwantedly0329.peatix.com/


イベント参加者(企業側も含め)には、アルコールや軽食が配られフリースタイルな形式で交流するので、イベントコンセプトに沿った 素のジークス を知ってもらいやすい環境でした。

イベントコンセプト
「就職/転職博」というよりも「文化祭」に近い雰囲気で「フランクに会える」を体験をしてもらう


ブース

26期目を迎えたジークスのキャッチコピー「think IT, love IT」のロゴTを着用

自社フライヤーを元に、"あんなこと"や"こんなこと"をぶっちゃけちゃいました(笑)

ピッチ

主力事業の説明

「Webシステム開発&スマホアプリ開発」「フロントエンド開発」「UI/UX デザイン」「IoT」

スライドにも載っているように、プログラミング言語
サーバーサイド「Java」「PHP」アプリ「Swift」「Kotlin」を使用しています。(もちろん言語・フレームワークは最新のバージョンです)
フロントエンド「HTML」「CSS」「JavaScript」をベースに、フレームワークは「Vue」「Angular」(社内プロダクトとして一部「React」)を使用してます。

ジークスでの働き方仕事環境開発実績などの具体的な話はこの記事では省きますが、気になったらぜひジークスオフィスに気軽に話を聞きに来て下さい





ジークス独自の取り組み

「面白くて・他社がやらないようなノベルティを作ろう!」と思い立ち、作っちゃいました。

      アブノーマル ガム !!!!!

表面は、代表の渡辺がプリントされています。
しかも「この箱で書類選考免除!」の文字が(笑)※ガチです

裏面は、今回のリアルウォンテッドリー専用の募集ページへ飛ぶQRコードとなっており、僕たちのピッチやブースでの話を聞いて興味を持ってくれた方は、その場で応募してくれてました 👍

周りの反応も上々で、これだけでも今回イベントに出展した意味あったんじゃないかなー。と錯覚してしまいました。(笑)

感想

コンセプトにもあるように、
イベント全体が「学祭」に近い雰囲気で、僕が就活の時に体験した「合同説明会」とは全く違い、フランクに色々な企業の話を聞けるのは、正直うらやましいなぁと思いました。

ジークスの魅力も少しは伝わっていれば、嬉しいです。

リアルウォンテッドリーでお会いできた方・できなかった方も、気軽にジークスオフィスまで足を運んで話しませんか?

ジークスでは、「サーバーサイドエンジニア」「フロントエンドエンジニア」「UI/UX デザイナー」を積極的に採用中です。

株式会社ジークスでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング